bbz

Bフレッツやめようかな

_
previous | next | edit
1: 2003/11/10(Mon) 14:58
プロバイダ各社がP2Pトラフィックの帯域制限を始めた。わたしの加入しているところもその一社である。最近はP2Pの利用頻度はさがったが、やりだすととことんはまるのが私であるのでいつ再燃するともわからない。
Bフレッツでは混雑時でも20M、すいている時間なら50M近い帯域が使える。最近はダウンロードでいらいらすることがほとんどない。ソフトなどを落とすのは一瞬になった。ところがいざそうなってみると、ソフトダウンロードをあまりしなくなった。BフレッツにしたのもP2Pのためといっても過言ではない。それまでのCableTVのネットでもP2P使用時の速度不足以外に全く不満はなかった。しかし、それが致命的だったのだ。
2: 2003/11/10(Mon) 15:46
Bフレッツの使用料は、プロバイダ2000円+NTT6600円で8600円。
ADSLの26/1Mが、プロバイダ3480円+NTT2329円で5809円。
CABLETVは全部込みで30/2Mが5500円、8/2Mが4980円。
すでにTVを利用しているので、それとあわせた割引を考慮すると、
30/2Mが4720円、8/2Mが3280円となる。
前回一度ADSLはリンク確立すら不可能だった。その後新しい仕様ができるなど改善されたかも知れないが、NTTの局から2Km以上あるので、使用感はあまりよくないと予想できる。
3: 2003/11/10(Mon) 15:50
あとはいわゆるコストパフォーマンスを考えての選択となるが、
Bフレッツ以外の上り帯域の貧弱さは比較にならないくらいだ。
たしかに下りが圧倒的に利用率が高いだろうが、1Mっていうのはちょっと細すぎるんじゃないか・・・。ADSLは検討対象外。
ケーブルの30/2Mが適当そうだな。8/2Mだと今の半分以下だ。
4: 2003/11/10(Mon) 16:34
一つ重要な問題がある。それは今もっているプロバイダのアカウントだ。このアカウントは、そのプロバイダ独自のサービスが利用したいために、ケーブルTVのネットを利用していた時にも持っていたものである。また、いろんなところに登録しているアドレスでもあるし、会社にもこのアドレスを知らせてある。それから母親がこのアカウントの子アカウントになっていて、母親にも変更の影響が出てしまう。
これさえなければ、まよわずケーブル30Mにするところなのだが・・・
5: 2003/11/11(Tue) 16:40
Bフレッツ解約に立ちはだかる壁。
1. 子会員は無制限コースのみの特典
2. ホームページサービスがなくなる。

2は別にかまわないが、1が問題だ。母親は結構メールアドレスをバリバリ使っている。
6: 2003/11/19(Wed) 05:40
私の家ではADSLを使えなかったので、一時期ケーブルTV会社のインターネット接続サービスを利用していたが、現在はBフレッツを使っている。Bフレッツは100Mこそ出ないが、使用感は快適この上なく、混雑による使用感の悪化やメンテナンスによる接続不可などもほとんどなく、申し分ないサービスだと思うが、料金が少し割高なのが欠点である。
わたしは光ファイバーはもっと普及すると見ていた。ADSLというのは、既存の電話回線の未使用周波数帯を利用した、苦肉の策、MS-DOSのhimemのようなものであって、光ファイバが普及すれば不要になると思っていた。
しかしそうならず、ADSLが標準的な接続手段となって、帯域も1.5Mから26Mにまで拡大した。
7: 2003/11/19(Wed) 05:45
特にY!BBでは、「光収容でもあきらめないキャンペーン」という、光をメタルに戻すという、強引極まりないサービスをおこなってまで、ADSLを推進している。
ADSLは既存の電話通信用に敷設された銅線を使用したアナログ通信である。減衰や干渉をうけやすいのでサービス品質が安定しないことで悪名高い。
わたしはADSLなど早くなくなって、光ファイバーが普及して、料金が安くなるのを待っているのだが、なかなかそうならない。
8: 2003/11/19(Wed) 05:51
YBBだけではなかった。
hi-ho、T-COM、PoweredInternet、イーアクセス、DION・・・
なんだ、たくさんいるじゃないか。
9: 2003/11/19(Wed) 06:04
光をメタルに戻すことは時代の流れに逆らうことかもしれないが、
一部分だけ光にすんな、という言い分もある。
とにかく、光ファイバは普及していない。
私は実際引いてみてわかったのだが、光ファイバを使うには、建物に光ファイバを引っ張ってこなければならない。当たり前だが、これがADSLとの大きな違いだ。日本の都市居住者は、圧倒的多数がマンションなどの集合住宅に住んでいる。その住人が光ファイバを使用するには、マンション内に光ファイバを配線する必要がある。これは大変なことだ。一軒家ならたいした工事ではないが。
それでも、PDF?かなにかを壁の外側につけて、ドリルで壁に穴を開けて、光ファイバを通して、ONUを置くという工事が必要であった。
10: 2003/11/23(Sun) 22:08
JCOMネットを申し込んだ。Bフレッツにはまったく文句はないのだが。
ついでにNiftyもやめようと思う。もう、SPAMが激増してきた。フィルターにかからないものもずいぶん増えた。母親はメールアドレスが変わってもかまわないというので、全部やめる。フォーラムも全然みないし。キャンペーン中なので、工事費はもちろん3ヶ月間の料金も安い。
いままでの様子からすると、ADSLと同等のサービスを追っかけで出してきている。
11: 2003/11/23(Sun) 22:11
niftyの、アルファベット3文字+数字5桁というメールアドレスは、SPAMの格好の餌食となる。使う方としては、へんな名前をつけるよりは無機質でいいのだけれど。エイリアスをつけて、そちらのみの受信しか受付けないようにもできるが、そうすると無機質なniftyのアドレスのよさがなくなってしまう。エイリアスをつけた時はそんなこと考えなかったから、名前が連想できるエイリアスにしてしまっているのだ。
12: 2003/11/23(Sun) 22:15
niftyのサービスって、この機会に見直して見ると、わずかではあるが全体的に割高なんだよね。
13: 2003/12/05(Fri) 11:18
排除勧告が出た。さー、普及するかな光ファイバー。
14: 08/10/25(Sat) 11:10
JCOMやめようかな・・・ということでまずいろんなアカウントに登録しているメールアドレスを独自ドメインのアドレスに変えた。
ホスティングは違うドメインにする必要があったのでgmailにしたが、全部gmailにすればよかったかな。でも、gmailのアカウントってしょせんはフリーメールだからね。プロバイダのドメイン名が入ったメールアカウントって、一種の身分証明的な使い方をされてるよね。独自ドメインにしちゃったらアレかな?まあいいやどうせプロバイダは契約するから公的なアドレスはプロバイダのアカウントを使えばよい。
15: 08/10/25(Sat) 11:14
JCOMをやめてアンテナを立ててBフレッツにした場合、月額料金が3000円くらい安くなる。
たった3000円か。でも毎月の固定費は減らしたいからね。1年目の節約はアンテナ工事費で消える。
16: 09/01/31(Sat) 11:58
Bフレッツはえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
17: 09/02/13(Fri) 07:08
推定転送速度: 40300.038kbps(40.3Mbps) 5037.22kB/sec

だとさ・・・
18: 09/02/13(Fri) 07:09
下り受信速度: 38Mbps(38.5Mbps,4.82MByte/s)
上り送信速度: 22Mbps(22.7Mbps,2.8MByte/s)

だとさ・・・
19: 09/02/13(Fri) 07:11
いろんなところで測ってみたが下りでだいたい40Mbpsくらいですね。
今は時間的に空いてて速いのかな。
千葉の一軒家でBフレッツ引いてたときは、50くらいだった。
だんだん遅くなっていったな。
20: 09/02/28(Sat) 08:49
フレッツスクゥエアで測ると、58Mbpsくらいである。
なかなかじゃん。
^
previous | next | edit