bbz

口座

_
previous | next | edit
1: 2004/11/05(Fri) 21:23
たくさんあるよ。

MTFG(給与振込、各種料金支払い)
JNB(オークション入出金)
e-bank(オークション入出金、各種ポイント振替)
SONY銀行(外貨預金)
楽天証券(中国株)
リテラクレア証券(ミニ株)
りそな銀行(借金返済用口座)
カブドットコム(プチ株 リテラから乗換予定)
ガイタメドットコム(外貨信用取引 ギャンブル)
2: 2004/11/06(Sat) 18:11
基本的に私は商売も投資もすべて利己的な行為であるとみなしている。もちろん自分も仕事をしているわけだから、直接顔を見はしなくとも顧客にサービスを提供してその代価を得ている。株や外為の取引も細々とながらしている。それらの行為はやましいとは思わない。人に隠すこともしない。むしろカネを稼げる事は自慢すべきことでさえある。しかしやはり、カネ儲けというのは利己的な行為である。相手に喜んでもらう事が主目的なら代価以上の利益を得ることはどうやって正当化されるのだろうか?
3: 2004/11/06(Sat) 18:14
「利益」とはなんだろうかと、社会人になって数年たったときに考えてみたことがある。モノを売ってカネを得る、それはわかる。しかし、そのカネ、代金には必要経費と利益が含まれているのである。必要経費にはもちろん人件費も運送費もすべて含まれている。
4: 2004/11/06(Sat) 18:15
人々はそのことを誰も疑問に思わない。「慈善事業じゃないんだ」などという。しかし、人件費は代金に含まれている。利益が出なくても給与はもらえるはずだ。
5: 2004/11/06(Sat) 18:17
実は私はその答えを知っている。国富論に書いてあったのだ。
つまり、利益とは利子である。モノを生産、あるいは何かしらの手段によってモノを得て相手に提供すること、に必要な設備や道具や労苦に対する、利子なのである。
6: 2004/11/06(Sat) 18:18
ふむふむ、そうか、利子なのか・・・。
でも私はそれでも腑に落ちないものがあった。
「では、どうして利子を取るのか?」
「無償で提供することはどうしてできないのか?」
7: 2004/11/06(Sat) 18:21
神の見えざる手、需給による価格調整、競争によるサービスの向上、それらは資本主義の仕組みを説明しているだけで、その正当性は一切説明されない。
8: 2004/11/06(Sat) 18:27
実体以上に価値が膨らむことがバブルであるなら、利子というのはすべてバブルだ。利子が正当であるならバブルも正当である。バブルが不健全ならば利子も不健全だ。
人は年利29.2パーセントの金融業を軽蔑するが、年利0.01パーセントで銀行にカネを貸していることは利率の低さを根拠に恥じることはない。それどころか不平をもらすくらいだ。
9: 2004/11/06(Sat) 18:30
ちょっと想像しただけでも、利益がでなかったら人がまじめに働かないであろう事はわかる。公務員の仕事ぶりや共産圏の末路を見ても、営利が社会を豊かにしていることはすぐに納得できる。
10: 2004/11/13(Sat) 08:18
相場について語ってみたい。
社会人になりたての頃から、株ってなんじゃい、日経平均で何をさわいどんじゃい、とピンとこなかった。やってみたいとは思ってもなんせタマがなく、100円の株でも1000株で10万、そんな大金をつぎ込むことなどとてもできない、と、パチンコにあけくれて年100万は軽く負けていたのだった。
11: 2004/11/13(Sat) 08:21
パチンコは研究して努力すれば勝てるという人は多い。わたしもいろんな話をきいて、なるほどと思うこともあった。だが、それを実践するには仕事をやめねばならない。わたしは仕事帰りもしくは土日にふらっとパチンコ屋へいって、勝てばもうけもの、という感じでよかった。努力して儲けるものではないと割り切っていた。楽して勝てるものだと。そんなものだから負けたって仕方がない、と思っていた。
12: 2004/11/13(Sat) 08:22
そんなことを言っても、カネは1円でも・・・はおおげさでも、100円でも惜しいのが本音だ。負けてもしょうがないと口ではいっても、心のそこでは絶対負けたくない、いつか大勝して今までのマイナスがチャラになる時が来る、というキチガイじみた妄信を抱えていた。
13: 2004/11/13(Sat) 08:24
だがやればやるほど、それもものすごい勢いでカネはなくなっていった。なんとか逆転したい・・・。万馬券を1万円買えば100万円だ。それくらいのことはそう珍しいことでもない・・・。株が100円値上がりしたら1000株で10万円だ。そんなのは毎日おきていることである。
14: 2004/11/13(Sat) 08:27
株・外為はギャンブル的な要素があると思われている。私もそう思っていた。やっぱり、相場の波を利用してカネ儲けするなんて汚いことだ、汚くないまでも卑しい、かっこ悪いことだ、と。
それは今でも完全には払拭できていない。多少の後ろめたさはある。
しかし、わたしは投資がギャンブルとは違う健全な行為だから投資を始めたのではない。こちらの方がはるかに安全で容易に稼げるからである。
15: 2004/11/13(Sat) 08:37
外貨預金とか、投資信託とか、株も、口座開設時の注意書きに「元本をわることがある」などと書いてあるのだ。笑わせる。パチンコなど、玉を借りた時点で4万円が2.5円、4割近く減ってしまうのだ。
16: 2004/11/13(Sat) 08:46
相場の動きについて、ごく基本的なことであるが、実質にもとづいたおおきな傾向と、利食いや思惑による小さな傾向があり、高くなっている局面でも安くなることがある。デイトレーダーというのはこれを狙う。相場が不安定な方がよい。企業は逆である。相場が不安定では困る。相場に参加する人はすべてが儲けを狙うひとではない。本来は実体を売り買いする場である。しかし今は市場というのは儲ける場の色が濃くなっている。私はそれをいいことだとは思わない。やはり儲けを狙うという行為は卑しい行為であると思う。ハイエナのような行為であると思う。たとえそれがギャンブルでなくても、企業に資金を提供する行為であっても、合法であっても、それで家族を養っていても、それをナリワイとしていても。
17: 2004/11/13(Sat) 08:49
さて、是非はともかくとして市場にはハイエナのような奴が群がっている。かくいう私もその一人である。しかし、いくらハイエナであっても、ライオンが獲物をしとめてくれること無しには残りカスにさえありつくことはできない。だから、相場の小さなブレは、長い目で見ると必ず実体の傾向に収束する。
18: 2004/11/13(Sat) 08:51
「空売り」という言葉をよく聞く。海外投資家が日本企業の株を空売りして値をさげている、けしからん、という話を。しかし、私にはどうも府に落ちないものがある。「売れば安くなる」という原則はわかる。また相場が実体を取引するものでないこともわかる。しかし、いくら空売りといっても売ると見せて実際には売らないというわけでもないだろう。それなら値が下がったりしないからだ。
19: 2004/11/13(Sat) 08:54
空売りのしくみはよくわからないのだが、もしかしてこういうことかな、というのがある。
今外貨取引をしているのだが、まるで私の注文を待っていたかのように相場が思惑と反対の傾向を示すことがよくある。買った途端に下がり、売ったとたんに上がる、ということが。
わたしのバイバイ単位は1000ドル/ユーロだから、10万円程度だ。その程度のバイバイは市場に影響などないと思っていたのだが、どうやら10万円くらいになると影響があるようだ。もちろん、私一人の売買だけではなく、同じ局面で同じように売買する人がいるのではあろうが。

20: 2004/11/13(Sat) 08:59
さて、指値という注文方法がある。今105円のドルが、104円になったら買う、といった注文の仕方である。104円で買う、という注文は出すのだが、その時点では取引はない。キャンセルもできる。
これは最初知った時はなんて便利なんだろうと思った。なんどか指値で注文も出した。しかし、最終的にはいつもリアルプライスで決済した。わたしの取引は非常に短期で小額の利益を狙う。1秒未満のタイミングで勝負している。その場合、小さな波の浮き沈みというものがどの程度ふれるか、この上昇がどこまでいくか、ということは、じっと見ているとわかる。数秒のうちに2銭、3銭、と上昇していくときはそう感嘆にはとまらない。そうなったときに指値で買うのはもったいない。そこで、じっとチャートをにらみながらここだというタイミングで売買するのである。
21: 2004/11/13(Sat) 09:01
指値を使うのは、仕事などで取引ができないときに、急騰・急落したときのために念のため注文しておくときだけである。
さて、本題は空売りについてだ。
22: 2004/11/13(Sat) 09:05
指値は注文時に売買はないとはいえ、「買いますよ」という意思表示をしていることには変わりない。もし、あと「5銭さがったら買いますよ」という注文が殺到していたらどうだろう?状況によっては売り手は売値をさげてくるだろう。しかし、取引は機械的に自動で行われている。売り手が売値を下げるやいなや、指値の買い注文を取り消したら、売らずに値を下げることが可能になるのではないか?取り消されればまたすぐに値が上がるだろうが、多少のタイムラグはある。そこを狙うのが空売りではないだろうか?
23: 2004/11/13(Sat) 09:08
と思ったら全然違いました。
もっとえげつないやりかたです。参りました。
http://www.nikkei4946.com/today/0205/06.html
つくづく私はお人よしのオメデタ坊主です。
24: 2004/11/20(Sat) 09:53
外為に参戦して約1ヶ月。マイナス1万円くらいになってしまった。
最初はドルの下落傾向を見てずいぶん下がってるな、ブッシュが再選したらあがるんじゃねえの?といういい加減な期待でまず2000ドルのドル定期を契約し、つづいて保証金取引を始めた。
確かに、ブッシュ再選が決まった時はドル高になり、107円くらいまであがった。私はこのまま110円くらいまで上昇するだろうと決済せずに待っていたら、あっという間に反落してしまった。その後、雇用統計の数字がちょっと良かったということで再び小さな急騰があって、なんとか微+で決済できたが、その後の円高傾向はごらんの通り。102円まで下がるとは・・・90円台まで行くといっている評論家を少なくとも二人見た。
ドル安要因はとにかくdeficitにつきる。そしてそれが要因なら当分改善の見込みはない。これはアカン。
25: 2004/12/11(Sat) 07:43
ことごとく予想の反対となることに嫌気がさして一時撤退。
すると程なくしてドルが急騰し始めた。
株も三菱自動車の5株以外はすべて売却。
もう、投資はやめる。まだこんな時期じゃない。
雑誌や本や、その他、もっと身近で有効な投資がある。
というわけで、財テク体験はこれで終わり。
26: 2005/01/17(Mon) 22:11
バブル・・・。
実態とかけ離れた投機。
でも、そもそも、投資というものは、実態とは一致しないものではないか?
実体?
実体が実体ではすまないから、投資があり、リスクがあり、キャピタルゲインがあるのではないか?
だとしたら、実体とかけ離れるといっても、
いったいどれだけかけ離れたらバブルなのか?
27: 2005/02/02(Wed) 06:23
株の買い方。
1.値上がりしそうな株を買う。つまり、将来有望な企業の株。
2.割安な株を買う。1.も割安と言えなくもないが、こちらは企業の実力が過小評価されているので、未知数な新興企業の株を買うよりもリスクが少ない。まず、間違いなく値上がりする株である。ただし、割安かどうかの判断は非常に難しいし、少ないだろう。
28: 2005/05/26(Thu) 03:01
定期預金の利率は、JNBで3年で0.4パーセント。1年で0.1パーセント。100万円の元手で、3年で12000円の利益をあげれば、定期預金よりもトクになる。
29: 2005/05/26(Thu) 03:20
株なら、1株1000円の株を1000株買って、株価が1010円になったら、1パーセントの利息と同じことになる。カブドットコムの手数料は指値で2415円。売買でそれぞれかかるとすると4830円。0.483パーセント。これを差し引いても0.517パーセントの利益となり、定期預金よりもトクということになる。
30: 2005/07/14(Thu) 00:13
こないだユーロ円を久しぶりに買ったら1円くらいあがってすぐ売って1000円ほど利益を得ました。たった1000円ですが、1万円の出資ですから10パーセントです。2,3日です。大変なものです。
31: 2005/07/14(Thu) 00:17
私の使っている業者は手数料が片道100円かかります。
これは1000通貨単位、つまり1万円の場合です。
注文したその日に決済すれば片道だけですみます。
しかしそううまくいくことはないので、基本的に一度取引を完了させるには2パーセントの手数料がかかるということになります。
保証金取引を扱う業者の中でこれほど高い手数料を取るところはないようです。
32: 2005/07/14(Thu) 00:23
他の業者を見てみると数銭とか、ゼロとかいうところもあります。
ただし、もうめんどくさいので名前を出してしまいますが、ガイタメドットコムは確かに手数料が高いのですが、良さもあります。
・JNBの口座からの入出金に手数料がかからない。
・JNBからの入金は24H即時可能。
・出金は翌日には可能。
・最低取引金額が1000通貨単位、つまり1万円から。
・チャート表示や注文が普通のブラウザで可能であり、画面は見やすく操作性も良い。
33: 2005/07/14(Thu) 00:24
それから、
・レバレッジは10倍に固定されている。他社には400倍にも設定できるところがある。
34: 2005/07/14(Thu) 00:30
簡単な例を出します。
1ドル100円の時に、・・・おっとここで注意。よく新聞やニュースで為替レートが報道されますが、為替レートには二つの値があります。売るときの値と買うときの値です。物と同じで、同じものでも売るほうが安く、買うほうが高くなります。その差は通貨の種類などによります。
いまだと、ドルで4銭、ユーロで5銭、ポンドで9銭の差があります。
つまり、ドル円を1000通貨単位買って、値がまったく変わらない状態で決済すると、40円損するのです。そして先ほどお話した手数料が100円。決済を翌日以降に持ち越せばさらに100円。スタート時点で240円のハンデを負うわけです。
35: 2005/07/14(Thu) 00:32
240円のハンデを帳消しにするには、24銭値上がりする必要があります。あがるときはこれくらいすぐにあがりますが、ずっとチャートをにらんでいるとなかなか上がらないものです。
36: 2005/07/14(Thu) 00:38
それから、為替差とは別にスワップというものがあります。
これは通貨の金利差から生じるものだそうですが詳しい計算方法はわかりません。今ですと、1万通貨単位で、ドル円:101円、ユーロ円76円、ポンド円252円となっています。
1000通貨単位買った場合、10日その注文を決済しないでおくと(ポジションを保持するという)、左記のような利息がつくわけです。
ですから、先ほど述べた240円のハンデは、ドル円であれば約24日ポジションを保持すれば相殺されるのです。
37: 2005/07/14(Thu) 00:41
スワップは時々刻々というほどではありませんが金利の変動に応じて変動します。ある通貨が高騰すればその買い注文をしたときのスワップは減っていきます。ポンドのスワップは高いですが、動きが読めないので私は手を出しません。
38: 2005/07/14(Thu) 00:42
さて、今までのことはまるで誰かに教えるかのように書いてきましたが自分の知識の整理のために書いたのです。
これからが本題です。投資の大義についてです。
39: 2005/07/14(Thu) 00:43
投資という行為について、私はずっと否定的でした。自分が努力することなく金だけ出して値の上下を見て取引をするなどというのは賭博となんら変わりがない、と。
経済活動の寄生虫である、と。
しかし、じつはそうではないのです。
40: 2005/07/14(Thu) 00:47
今会社はある程度の規模になれば株式会社となりさらに業績がよければ株式を公開して資金を集めます。
株式はしばしば実態をかけ離れて価格が上下します。
これも投資の悪い作用であると、私は考えていました。
投資家の利己的な動機による売買が経済活動を不安定にしているのだと。
41: 2005/07/14(Thu) 00:49
しかし実は、それは逆なのでした。
株式や外国為替や食品、資源などの売買または売買権を市場で行うことは、価格を安定させるのです。変動させるのではなく、安定させるのです。
42: 2005/07/14(Thu) 00:51
神の見えざる手とたとえられた需給関係が商品の価格を適正なものとする、良いものは需要が多いので高価に、悪いものは安価になる、このように考えている人が多いと思いますが、この考え方は資本主義を、市場経済を否定的に見るものです。
43: 2005/07/14(Thu) 00:52
アダムスミスも、この仕組みはすばらしいものではなく、しょせん利己的な動機で価格がきまるのだと虚無的に述べているように思います。
44: 2005/07/14(Thu) 00:54
しかし、このような単純な需給の原理が働くのは市場を介さない場合です。市場というものが介在すると、需給の関係は本当の需給関係ではなくなるのです。ほしいものを買うのではなく、値が上がるだろうと思われるものを買う権利を買うのです。
45: 2005/07/14(Thu) 00:57
しかし実際は人は原則としてより安いものを買います。
「良い商品に投資する」事と「良い商品を買う」事は違うのです。
市場がなければ商品は良いか悪いかであり、それを買うか売るかしかありません。
46: 2005/07/14(Thu) 01:00
市場というのは商品の売買を行う場ではなく、商品の価格を決定する場なのです。そして市場の存在は価格を適正なものにし、その変動を抑えます。価格が上昇すれば買い手が減って上昇傾向がやわらぐ。
価格が下落していけば買い手が現れる。
47: 2005/07/14(Thu) 01:04
株についてはどうでしょうか。
株とは紙切れです。現金より使えない紙切れです。
株を買うとは会社に資金を提供することです。出資者はその見返りに配当を得ますが、株は配当よりも値段の変動による差益を狙って売買するのが普通です。
48: 2005/07/14(Thu) 01:05
このことも、わたしはずっとけしからんことであると考えていました。
資本主義とはやっぱり利己主義でしかないのだと。
49: 2005/07/14(Thu) 01:06
投資などというものは、相場が不安定でないと儲からない、その不安定さに巣食う寄生虫が投資家であると考えていました。
50: 2005/07/14(Thu) 01:08
しかし実は相場を不安定にするのは投資家ではなかったのです。
投資家は純粋に利益だけを求めるほうが相場の安定に貢献します。
企業に対する思想的な思い入れや個人的な関係を基準に売買がおこなわれると市場は不安定になり適正な値をつけなくなります。
51: 2006/12/07(Thu) 06:43
野口悠紀雄が、投資でぼろもうけするには不正か偶然しかない、という趣旨のことを言っている。村上が前者で、バフェットは後者であると。株でもうけようなんて考えるんじゃないよと。
52: 2006/12/07(Thu) 06:48
木村剛もテレビで、先の読める市場なんかないと言っていた。
転職したい会社の株を買って安くなったら、転職しなくてよかったと思え、
外貨を買って安くなったら日本人でよかったと思え、
投資と言うのはそのくらいの気持ちでやるものである、と。
きっとその通りなんだろうな。市場と言うのは投資家のためにあるのではなく、公正な売買をおこなうための機構なのだ。
53: 2007/08/18(Sat) 10:13
EUROが急落。それでも154円だけど。外貨はこれだから怖い。
54: 2007/11/13(Tue) 23:07
私はあるネット銀行をメインバンクとしている。引き出しは一定の回数であればコンビニで無料でおこなえる。
一番便利なのはオークションや買い物などで夜間や休日にも入出金が可能なことである。
また金利や手数料も普通の銀行よりかすかではあるがお得になっている。
先日、そのネットバンクのキャッシュカードをなくしてしまった。
土曜日で、これから遊びに行こうと意気込んでいた時だったので、悔しさもひとしおであった。
とりあえず交番で盗難届けを出し、銀行に連絡してカードの利用を停止してもらった。
銀行にカネは残っているが引き出すことができない。
しかしカードを止めるだけで口座を凍結するわけではないとのことなので、ネットで普通の銀行に振り込んでそっちで落とせばいいんだ!と思ったのだが、相手が普通の銀行の場合は相手が振込みを受け付ける営業日を待たねばならない。
しかたなく日曜日は家ですごすことにした。幸い雨が降って寒かった。そして月曜日に引き出せるようにネットで振込み手続きをした。その際に、そういえばと思い出して振込先のネットバンキングに久しぶりにアクセスしてみた。以前パスワードを忘れてしまい面倒な手続きで再発行した経験があるので念のためにログインしてみた。
このネットバンキングの使いにくさは異常だ。

最近あるブログで新生銀行のサイトをクソミソにけなしているのを読んだが、私の使っているところもほぼ同じようなインタフェースだった。たとえばパスワードがいくつもあるとか、口座番号ではなくネットバンキング用のIDが必要だとか。デフォルトがソフトキーボード入力になっているところとか。よく言えば厳重なセキュリティであるが、この厳重さは実際の不正利用を防止する事と同じくらい、客に対して安心である事を訴える目的があるように感じる。
銀行の人は、よっぽどネットワークを信用していないようだ。ネットバンキングとのこの差は何だろう。

まあまだネットバンキングも普及したてだからいいとしよう。しかし一番気に食わないのは、合併した銀行が、旧銀行によってログイン場所が違う事である。私はネット銀行以外の銀行を2行利用しているが、両方ともそうなっている。客に対してこんな対応をするくらいだから、社内でも旧○○系と××系がはっきりわかれているだろうと予想できる。

わたしは昔から銀行のサービスにはおおいに不満である。ATM利用手数料の高さ、利用可能時間の短さ。諸料金を払い込む時のスループットの遅さ。そのくせ高給取り。
55: 2007/11/21(Wed) 21:06
$が108円になったんだって?
素人のFXにわか長者が今頃発狂してそう。
56: 2007/11/21(Wed) 21:08
でもユーロは160円だね。ドル安なんだ。
57: 2007/11/24(Sat) 13:11
ebankのキャッシュカードをVISAdebitつきにした。これは便利である。credit cardを当分使えないと困っていた私に救世主登場である。本当は先にスルガ銀行に申し込んだのだが、もう2週間になるが音沙汰がない。これだから日本の銀行はクソなんだよ。このネット銀行でない普通の銀行の蔑称を考えよう。
58: 2007/12/28(Fri) 01:48
私のメインバンクはJNBで、1年位前からebankも使うようになった。オークションではこの二つしか使わない。三菱とりそなの口座も持っていて、以前は4つのうちどれかに振り込んで、とやっていたのだが、正直ネットバンク以外は振込みが遅いので使いたくない。知恵袋などを見るとJNBは同行口座への振込みでも5x円の手数料がかかるのがイヤだという意見が多かった。りそな、新生、三菱など同行無料の銀行は多い。わたしはなぜみんなJNBを使わないのか不思議でならないのだが、口座維持手数料やこの同行口座への振込み時の手数料が気に入らないらしい。口座維持手数料は、10万いれてあればかからない。10万なくても、3回振込みがあればかからない。私の場合たぶん今まで一度も払ったことはないんじゃないかな。入出金が無料の回数を超えて手数料を支払うのはほぼ毎月だけど。
59: 08/04/02(Wed) 20:37
私のメインバンクであるJ銀行には810円しか残高がなくて、ATMで引き出せるのは1000円単位だからおろせない。そこで、いくつかある口座から小銭を振り込んで1000円以上にしようと思った。なぜJ銀行から引き出すかというと、今引き出して手数料がかからないのはJ銀行だけだからだ。R銀行、T銀行、E銀行は近くにATMがないか、手数料無料回数を超えていた。なんせ数百円のやりとりだから100円200円の手数料も命取りになる。この3つの銀行の振り込み手数料を比較してみた。3万円以下の他行宛だと、100円、210円、160円であったので、R銀行から振り込むことに決めた。R銀行の残高は361円。260円を振り込んだ。火曜日の夜、家のパソコンでネットバンキングのページから、この銀行からは初めて振込みを利用したのだが、ヘンなインタフェースであった。振込先の銀行を選ぶとき、そして支店を選ぶとき、カタカナで先頭3文字までを入力させるのである。これは今までに見たことの無いインタフェースである。普通はあいうえおなどの表が表示されてそこから選ぶようになっている。文字を入力するくらいたいしたことないじゃないかと思うかもしれないが、意外に面倒である。入力しなかったら一覧が表示されるかと思ってやってみたがダメだった。入力は必須である。そして口座番号と宛名を指定したところ、振込先の口座が確認できないというメッセージが表示された。多分営業時間内であれば口座の確認ができるのだろう。人によってはここで振込みをあきらめてしまうのではないか。長い説明が書いてあったが多分夜だからだろうなと思って続行した。J銀行ではしょっちゅう夜中や休日に振り込んでいるがこんな警告が出たことはない。いったんあて先を間違えて振込みが取り消されたことがあったが、その場合はメールで通知が来るからそのときにやり直せばよい。翌朝起きて、メールを確認してみた。R銀行は普通の都市銀行だから、9時過ぎないと振り込まれないだろうなと思っていたが、7:44に、振込み元のR銀行からメールが来ていた。振り込み手続きが完了したという通知である。しかし、振込先のJ銀行からの通知はない。念のためログインして残高を確認してみたが入金されていない。J銀行は、J銀行同士なら、手続きをした瞬間に振込みが完了する。R銀行が振り込み手続きをしたけどJ銀行がそれを処理していないように見える。

昔の話なので今はどうなっているかわからないが、ある銀行員だった人の話では、銀行は毎日3時に受付を終了すると、お金を数えたり手続き内容の確認などをするそうである。そして翌朝、7時くらいだったかな、早朝からバッチ処理で前日の3時以降に手続きされた振込みを、バッチ処理でおこなう、という話であった。バッチ処理というのは今あまり聞かないが、入出金などをまとめてコンピュータで処理させることである。今もそのような処理方法だとすると、7:44に完了したというのは、7時からおこなわれたバッチ処理が44分たったときに、たくさんあった振り込み手続きのうちのひとつである私の振込み手続きが完了した、という事になる。しかし、もしそうだとしたら、J銀行ではその振込みを受け付けたとたんに入金処理をおこなって私の口座に入金されて通知も来るはずではないだろうか?J銀行では他の銀行からの振込みを人手を介して処理しているのだろうか?結局9:55にJ銀行に入金されたのだが、私の推測では、R銀行から来た7:44に手続きを完了した、というのは実際にシステムがそれを処理した時間ではない。何段階かある振込み手続きの最初の段階が済んだだけなのだ。もしかしたらそのときにようやくネットバンキングで受け付けた手続きを確認しただけかもしれない。わたしは銀行、特にR銀行には20年位前からずっと、恨みに近い不満を持っている。彼らに対する不信と不満は並々ならぬものがある。
60: 08/04/02(Wed) 20:44
異なる銀行間での振り込みに関しては、全銀ネットというシステムを使用しなければならず、
その稼働時間の縛りが受付時間の縛りであるそうだ。膨大でさまざまな利用者がいて扱うものがカネであるだけに、容易にシステムに手をつけられないことはわからなくもないが、やろうと思えば簡単にできると思うのだが・・・その実現方法はさておいて、そのような24時間いつでもどの銀行間でも入出金ができるようにする必要性とはどれくらいあるだろう?

私も何度かその必要性を感じたことがあるのだが、それは財布をなくしたとか、今回のように小銭を一箇所にまとめたいとかいう、一般的にはあまりない状況である。そもそも、そのような自由なネットワークができたとしたら、複数口座を持つ必要がなくなるだろう。複数口座を持っているのは、その銀行の口座でなければできないことがあるから持っているのだから。私の場合、アルバイトを始めてその振込先として最初に家の一番近くに支店があった三菱銀行に口座を作った。次に、別のアルバイトをしたときに、振込先の銀行を今はなき協和銀行指定されたのでそこに口座を作った。次に、ローンが年利11%という他のローンの半分以下という破格さのために今はなき太陽神戸銀行に口座を作った。その後、オークションをしたり、インターネットバンキングをするようになって、便利さからJNBの口座を作ってそこをメインにした。確か何かのポイントシステムで換金ができるというのでイーバンクに口座を作った。その後、VISA Debitカードが使えるというのでスルガ銀行に口座を作った。しかしイーバンクでも使えることを知ってイーバンクでVISA Debitを申し込んでスルガの方はまったく使っていない。太陽神戸銀行はそのご何度か合併して三井住友銀行となったがわけあってこの口座は解約した。しばらく東京三菱がメインだったがすぐにJNBに変えた。JNBは所得税の振り替えなどができなかったりするので、三菱の口座は必要である。協和銀行の口座は今はりそなになっている。りそなは振り込み手数料がなぜか少し安かったりするが、そもそもメインでない銀行の口座は不要なのであまりメリットはない。
61: 08/06/08(Sun) 10:14
おとといわけあってたくさん金を引き出したのだが、不要になったので入金することにした。
メインバンクのJNBは、一ヶ月内に入金が1回、出金が3回までしか無料でできないので、りそな銀行に入金することにした。
土日でも夜九時くらいまでは無料で入出金ができるようだったので。14万円くらい入れた。

そして今日、ネットバンキングでログインしてみると、残高がない。
まさか!何でだ?
と、よく見ると、「残高更新ボタンを押すと残高が更新されます」とある。
もうね、アホかと。りそな銀行。そりゃつぶれかけるわ。こんな銀行。つぶれればよかったのに。

なんで残高がログインしたときに更新されないの?そんなにたいそうなもんかね、残高の更新って。
全く理解できない。
俺がこのシステムをレビューしたら絶対許さないけどね、こんな仕様。
62: 08/06/08(Sun) 10:17
と思ったらリアルタイムに更新されるほうが少ないみたい。
まあ、もう非ネット銀行なんか予備口座でしかないからどうでもいいけどな。
63: 08/06/08(Sun) 10:18
いやでもさ、ボタンを押したら更新できるんだから、ログインしたら自動的に更新処理を動かせばすむ話じゃんか。やっぱり許せん。
64: 08/07/08(Tue) 22:53
一時期かじって懲りたFXであるが、ドルとユーロを1万円ずつ買ってみた。手数料が50円になっていた。レバレッジもバリエーションができている。1年くらいほうっておいて、銀行に預けるのとどれくらい違うかを確かめてみたいと思っているが、数百円儲かった時点で決済してしまいそうだ。
65: 08/07/09(Wed) 21:09
ユーロすごいな。
ホントに、来年200円いくんじゃないのか。
有り金全部突っ込みたいくらいだ。
66: 08/07/09(Wed) 21:13
スワップは、ドルが5円/日、ユーロが16円/日。
0.1でレバレッジは20。
67: 08/07/09(Wed) 21:14
知らなかったんだけど、07年7月になんかあったみたいだね。
どの通貨もそこをピークに急落している。
だが、ユーロだけは例外で、多少下落はしているが暴落にまでは至っていない。
68: 08/07/09(Wed) 21:20
先日競馬で一番人気の馬の複勝を1000円買った。
払い戻しは1300円。
買った額が少ないからつまらないが、もしこれが100万だったら、1000万だったら・・・。30万、300万が一瞬にして手に入る。

私には賭けるカネがないので、それはできない。
しかしもし宝くじでも当たって一億円持っていたら、ガチガチのレースで100とか1000とか賭けかねない。

もし、1000万をそういうことで10回スったら、それでもう1億が消える。
やりかねない、というか、多分そうなるだろう。
競馬じゃないにしても、FXだの株だの金だの先物だの、不動産だの、そういうものに手を出して大やけどする、そういう姿がありありと想像できる。
69: 08/07/09(Wed) 23:30
きっとカネ持ってる人は、100万とかを遊び半分でつっこんで、
遊んでんだろうな。
70: 08/07/10(Thu) 20:50
気になって仕事中もちょくちょく状況をチェックしている。
一時は1000円近くのマイナスになったが、盛り返した。
ユーロはがんばっているがドルはダメだな。スワップも安いし。
こうしてみてみるとドルを買う理由は何もないよ。
71: 08/07/15(Tue) 18:57
円高来た。やばい。
72: 08/07/15(Tue) 23:40
ちょっと・・・笑い事じゃないよ・・・
73: 08/07/16(Wed) 00:07
と、悲観的な見方をしようと思えばいくらでも悲観的になれる。
でも、月足にしてごらん。ほーら、希望が持てるだろう?
5年前、リアルタイムチャートをじっとながめて一喜一憂していた頃いくらで、今いくらか。
スワップがずっと付いていたらいくらになっていたか。
74: 08/07/16(Wed) 00:14
今年の3月に1ドル95.77円まで下がってたんだな。
ユーロも151円だった。そこから20円上がったわけだ。
75: 08/07/16(Wed) 00:33
実は株も買っています。約1万円分のプチ株を、2社。どちらも誰でも知っている有名な東証1部上場の企業です。
この2社の株と、ドルと、ユーロと、できれば全部1年くらいは保持してみたい。
76: 08/07/16(Wed) 23:57
ちょっと反発してるけど、
今ドルとかユーロとか買うやつってバカだろ
77: 08/07/17(Thu) 21:30
夕べ寝る前にドルもユーロも急落し始めて、
こりゃアカンとあきらめて寝た。
目覚めて朝刊を見たら、1ユーロが170円を突破している。
もしかしてあの後急騰したとか?
新聞をするのって何時だ?
とまさかを期待したのだが見事に裏切られた。

おちついて考えてみれば3時ごろには配り始めるのだから印刷を終えるのは多分
午前0時くらいではないだろうか。

しかしそれにしても、170円なんかいつ突破したんだよ
ドルも107円とかになってたな
あんな数字、もう絶対に見ないぞ
78: 08/07/18(Fri) 21:20
カネもないしここ2,3日ハラハラしどうしだったので、決済してしまった。
マイナス600円くらいである。決済とFXの口座から預金口座への移動は携帯で一瞬で終えた。
600円で為替ゲームをやったと考えることにしよう。
下手なゲームより全然おもしろかった。

・・・その後高騰してるけど・・・・・・

結果論、結果論。
79: 08/08/29(Fri) 21:40
EUROが激しく値を下げている。
こないだFXで買ったときには167円くらいで、買ったとたんに急落したが、
持ち直して数百円のマイナスで決済した。
ところがいまや160円である。
あのまま持っていたら強制決済されていただろうか?
FXなんてやるもんじゃない。
80: 08/10/23(Thu) 23:06
ユーロがすごい。124円だって。私が先日1万円でFXをやったときは16x円台で170を超えるかという勢いだったのに。
でもガクンと安くなってやや持ち直したときに売ってしまいました。
あのままにしてたらロスカットされてましたね。
いやー為替は怖い。株なんか目じゃないよ・・・・と思ったけど12000円が8000円になるのと160円が120円になるのでは、
どっちが・・・株の方がすごいか。
81: 08/10/25(Sat) 11:27
以前からなんどかこきおろしているりそな銀行のサイトに久しぶりにログインした。ようやくログイン場所が統一された。残高を更新するというふざけたボタンも消えた。秘密の質問を3つも入力させられた。3つが必須なのである。質問は3つとも一文字、回答も最小限の3文字とした。
82: 08/11/01(Sat) 04:57
いつのまにかドルが98円になっていた。
Gibson値下げしないかな・・・
買わないけど。
83: 08/11/04(Tue) 22:23
先週だったか、日本で空売りが禁止になって、
それで株価が上昇したと聞いた。

以前に調べたことがあるがどんなことか忘れてしまったので、
再度調べてみた。

投資家が証券会社に株を借りる。
このときの株価を1000円とする。

それを市場で売る。
1000円を手にする。借りた株による売却益なのでまだ自分のものではない。

値がさがる。
800円になった。

安くなった株を買う。
800円で買えるから、200円残る。

借りた株を返す。
手元に200円残る。


このとき、株を借りる料金と、売買にともなう手数料が200円より少なければ、
空売りによって利益があがったことになる。

というわけで、空売りとは株価の下降局面で利益をあげるためにおこなわれる。

こうして見ると、別に悪いことではないように思う。
株価が上がれば損するわけでリスクも負ってるわけだからな。
84: 08/11/05(Wed) 21:46
ぶっちゃけまいますけど私の今年の年収、540万円です。
85: 09/03/07(Sat) 06:43
久しぶりにJNBのFXで遊んでみた。
0.1をレバレッジ20で。
リアルプライスで注文したのだがプライスが97.0で固定されて更新されない。
以前にもそんなことがあったような記憶がある・・・なんだったかな・・・
でもめんどくさいので97円で買い注文をする。
JNBからの入出金は即時おこなわれる。以前は出金は即時でなかったのだが。
リアルタイムチャートをずっと見ていた。FXは24時間取引できるので、
注文してしまうとチャートから目が離せなくなる。
しばらく小幅に上下したのち、上昇し始め、98円で指値で決済し、250円の利益を得た。
1時間もたたない間のことである。
時給250円。アルバイトとしては安いが、secondlifeのcampよりは全然いい。

しかし、こんなことに味をしめて大きく買うと失敗するのがFXである。

今後もパチンコのような遊び感覚でしかやらない。

ついでにtoto Bigも3口、900円買ってみた。
86: 09/03/07(Sat) 06:50
失敬、97.7で買って98.0で売りです。
それで300円プラスで、手数料50円引いて250円の利益です。
手数料が下がったんですね。
87: 09/03/11(Wed) 23:36
FXは怖い。
全く読めない。
株と違って、24h取引ができるので、サラリーマンでもチャートをにらんで秒単位で売買できる。
しかし、それは逆におちおち眠れなくなるということでもある。
しばらくやっていなかったのだが、レバレッジが最大20倍になって、
手数料が片道50円と半額になっていた。
しかし、去年の夏の外貨の暴落は一体なんなんだ?
ユーロは、去年の7/23に169.95円まで行って、今年の1/21に112.06まで下がった。
57円。計算するのも恐ろしい。
FXでカネを失くすなんて、パチンコをやるよりもむなしいことだ。
88: 09/03/11(Wed) 23:40
これは本当になんとなく感じていることでしかないのだが、
ドルとかユーロは日本時間の夜にグンとあがり、
夜中に下がる傾向があるような気がする。
そしてそれは、サラリーマンや主婦などの個人投資家のせいなのではないかと
思っている。
89: 09/03/11(Wed) 23:43
今回初めて、ユーロドルというのを買ってみた。
1ユーロが何ドルかというもので、私が買ったときは1.28であった。
つまり、1ユーロが1.28ドル、1ドルが100円ならユーロが128円ということだ。
決済通貨がドルなので、さらにドル円のレートもかかわってくる。
今は1ドル=98.04となっているが、これが100円になれば損益も変わってくるわけだ。
90: 09/03/11(Wed) 23:45
当面は、暴落の反動で円安の動きになるのではないかと思っている。
そして最近ははじけてしまったが、ユーロは長期的には上昇傾向で、
ドルよりも強いと見ている。
91: 09/03/16(Mon) 23:48
わたしが以前パチンコについて書いたこと。
パチンコをする人は、大負けするまでやめない、買ってるか負けてるかの前に、タネが尽きたらやめざるを得ない、
そして、そこまでいかないとやめない、
つまり、負けるまでやめない、
つまり、必ず負ける、
というのは、投資にも当てはまると思う。
儲ければ、もっと儲けようと思う。
損すれば、取り返そうと思う。
そういう動機がある限りやめない。
やめるときは、やめざるを得ないとき、つまり、すっからかんになったとき。
92: 09/03/17(Tue) 01:00
帰ってきて食事をしてチャートを見ると、ユーロが急上昇していたので、
売り注文を買った。100円ほどの利益を得て、
今度は買い注文を買った。
すると急落し始めた。
あわててドルの買い注文を買った。
しかし、多分ユーロはまた上昇して140円くらいまではすぐに行くだろう。
一方、ドルは100円前後を行ったりきたりし続けるだろう。
93: 09/03/23(Mon) 22:04
ドルは一時急落して2000円くらいのマイナスになったが
なんとか耐えて先ほど+220円で決済した。
すかさずユーロ円を買う。
94: 09/03/25(Wed) 01:35
非常にわずかではあるが、今月FXの取引はすべてプラスだった。
FXで食っていけるかな?
こんな楽な仕事ないぜ?
95: Fri Jan 4 10:39:41 2013
インターネットバンキングで入出金明細を参照できる期間が銀行によって異なる。

A行 5年
B行 1年
C行 6ヶ月(PDFで13ヶ月)
D行 1ヶ月
96: Fri Jan 4 10:45:32 2013
確定申告のときにまとめて取ろうとしたのだが、2行は1年分も保存されていない。
C行はPDFがあったが1か月分ずつコピペしなければならなかった。
D行はナメているとしか思えない。電話すると「支店に相談しろ」という。支店に電話するとメンドくさそうに「記帳しろ」と言う。

ほんとに、日本の銀行のネットバンキングはダメだね。
A行はJNBであるから別格だ。
97: Wed Jun 19 19:02:47 2013
最近、ニコ生でFXのトレード状況を放送している人がいたので見ている。
私は「FXは素人にはまず勝てない」と思っており、あちこちでもれ聞える話を聞いてもそのようだが、その放送者は私が見ている間はほとんど負けていない。

彼はかなりの大規模な取引をしている。基本的に30枚(30万通貨)だ。30万通貨ということは、1ドル100円なら3000万円分の取引である。1銭の動きが3000円の損益になる。

資金は300~400万円くらいあるらしい。
98: Wed Jun 19 19:07:08 2013
取引は非常に細かくて、注文から決済までは数分である。

売り・買いの判断はほとんど勘にしか見えないが読みはだいたい正しい。

予想に反する動きがあれば損切りをするが、そのタイミングも私から見ると絶妙である。

見ているとまたFXをやって見たいと思い始めた。
99: Wed Jun 19 19:16:16 2013
その放送者の発言、その放送によせられるコメント、そしてそれ以外の放送者の話などを聞いていると、FXはちゃんと考えてルールのようなものを守れば必ず勝てる、という人もけっこういる。

特に皆が口をそろえて言うのは「損切り」の重要性である。

基本的に相場というものは誰にも予測できない。もちろん、投資家は皆相場を予測して売買するのであるが、その読みの正確さを向上させることよりも、予測に反したときの対応が重要だという。

100: Wed Jun 19 19:35:36 2013
FXの失敗談として、「朝起きたら数百万円がなくなっていた」などというのを、どこまで本当だかわからないが時々聞く。しかし、いくら予測できない急激な変動があったとしても、数百万円が消えてしまうような可能性を残したまま放置して寝るのが悪いと思う。

取引履歴が少ない私でさえ、寝るとか仕事に行くとかですぐに決済できない状態になるときは必ず指値の決済注文を入れておくようにしている。

101: Wed Jun 19 19:47:39 2013
さて、久しぶりにFXの取引をやってみようかなと思ったのだが、その前に練習として架空の取引をしてみることにした。FX取引業者でバーチャル取引ができるところがあるが、そういうものも使わず、紙に売り・買いとそのときのbitまたはask値を記し、決済時のbid/askをまた記すというものである。

14回の注文・決済をおこなって、プラスになったのは4回。
収支はマイナス370円。
ちょっと損切りするのが早すぎたかもしれない。

102: Wed Jun 19 19:58:31 2013
さて本題。

最近はFXがブームのようになって、主婦からサラリーマンからおそらく学生なども、みんなやるようになった。

昔は手数料がかかったのだが、今は手数料なしがあたりまえのようになっている。

私が初めてやったときは当日決済で50円、翌日に持ち越すと100円だったが、今はゼロだ。

手数料もなにもかからないのに、どうしてそれをサービスとして運営する業者が成り立つのだろうか?

それはスプレッド(bidとaskの差額)、スワップ(金利)などによるようだ。

私の利用している業者はスプレッドはドル円で3銭、ユーロ円で5銭である。

103: Wed Jun 19 20:19:44 2013
さて今度こそ本題。

私は、FX業者が利用者の取引を利用しているのではないかと疑っている。

注文が利用者に不利なように「滑る」ということがある。
動きの早いときに大量の注文がでたら、ほんの0.1秒の差もバカにならない。
それがシステム的に故意におこなわれていても、利用者から見たら「注文が殺到したから」「回線やサーバの状況によって」などといろいろな理由が考えられる。

最近新聞にそのような操作を取り締まるようになった、という記事が出ていたくらいなので、確実におこなわれているだろう。

そしてもうひとつ私が思ったのは、業者がユーザーの注文を受け付けて実際の売買をおこなう際に、売買する直前にその注文の合計がわかったら、相場が予測できるのではないかということだ。その予測に基づいて、業者が売買注文をほぼ同時に出すのである。

104: Wed Jun 19 22:16:11 2013
私はFXで注文するとことごとく予想と逆の方向に動くような気がしてならない。スプレッドがあるのでそれを上回る動きが必要だから五分五分でないということもあるが、それだけではない。それを差し引いても、まるで私の注文にさからうかのように動くような気がしてならない。
105: Wed Jun 19 22:18:02 2013
そして、その「逆らう動き」というのは気のせいではなく、投資家心理を読んで、あるいは注文状況を見て、本当に逆らって売買している人がいるのではないか。

それは、一般投資家にも、プロのトレーダーにも、FX業者の内部にもいる。
106: Wed Jun 19 22:23:42 2013
FX、つまり外国為替のレートというのは、プロでも読めないそうだ。株は適切な指標を見ればある程度予想がつくという。

FXで勝とうと思って、ダウ、日経平均株価、要人発言、雇用統計などを研究するのはあまり意味がないのではないかと思う。

重要なのはいわゆる「テクニカル」なチャートの見方のほうではないか。


長期的に円高傾向で、特になんのイベントもないのに急に円安傾向になったら、円高傾向に戻るだろうと予測する。基本的にこういう見方しかないと思う。

「介入」があってもレートにほとんど影響がないということもあるし、介入していないのにその噂だけでレートが動いてしまうこともある。

107: Wed Jun 19 22:24:57 2013
チャートを見ているとまるで上下にさまよう気まぐれだが意志を持った生き物のように見えるが、もちろん意志などない。まったくなんの意志もない。投資家の意志の反映ですらない。
108: Thu Jun 20 18:08:38 2013
Lは買い注文、Sは売り注文を意味するようだ。

なぜlongが買いでshortが売りを意味するのだろう?

私はlongというのは売買の区別に関係なく、長期的な視野で取引すること、shortというのは相場の細かい動きで利益を狙うことだと思っていた。
109: Thu Jun 20 18:26:24 2013
調べてみた。ネットで検索してみただけだが。

正確な起源というか理由は不明のようだ。

「shortとはshortageのことで、資産を減らすことからそう呼ぶ」
「longは資産を増やす、shortは減らすということ」
「買いはスワップを得るために長期的に保持する必要があり、売りは逆なので短気で決済する必要があるから」

などという説があるが、どれもあえてbuy/sellと呼ばずにあえて言うほどの強い理由とは思えず、後付のように感じる。

私は、これは一種の誤用ではないかと思う。

もともとは、long/shortは売買によらず、ポジションを長く持つか短く持つかを意味していた。

だが、部外者が見たときに、longと言ったときには投資家は買っていて、shortと言うときには売っているので、「longが買いでshortが売り」と誤解した。

その誤解がそのまま広まってしまった。
110: Sun Jun 23 13:51:51 2013
「FXで10万円を2ヶ月で6億にした男」がいたそうである。
だが、その後1度の取引で3億の損失を出すなどして最終的に30万までになったそうだ。

「なぜか突然勝ちだした」そうだが、その前に400万ほど負けているので、「10万から」というのは少し誇張がある。

その3億円の損失を出した時の取引はニコ生で放送されていて、その様子を見ることができた。
111: Sun Jun 23 13:59:53 2013
それを見て思ったことは、カネというのは多額になるとその重みが数字以上になるということである。

1億円は1万円の1万倍である。1万円を投資して1万1千円回収できた人なら、1億円投資すれば1億1千万円回収できそうに思える。

「投資金額が増えると平常心でいられなくなる」「利益も大きいが損失も大きい」
ということももちろんあるが、それだけではない。
112: Sun Jun 23 14:07:16 2013
まず、カネそのものの価値が、数字通りに増減しない。

たとえば宝くじで一等6億円があたったなどして、大金を手にしたら、利息とか低リスクの投資などを考えて、小額のカネにプラスアルファの価値があると考えるかもしれない。

だが、実際にはカネの価値はある程度の額を超えると上昇カーブがゆるくなっていく。「価値」というものは相対的というか主観的というか、評価や比較が難しいものだが、100万が200万になったときの価値の上昇度と、1億が2億になったときの価値の上昇度はちがって、私の考えでは後者の方が低い。
113: Sun Jun 23 14:12:31 2013
その理由のひとつは、人が使えるカネなんか限りがあるということだ。
2000万円とかする高級外車など必要なく、100万くらいの国産車で十分だし、家賃100万の部屋に住む必要もない。

むしろ、人の欲望には限りがないので、ぜいたくが進んでとまらなくなったり、カネがもっと欲しいと欲を出して無理な投資をしたりして、カネがないときではありえなかった消費や損失をしかねない。
114: Sun Jun 23 14:32:41 2013
ある一人の人が、無一文から働いて100万円を稼ぐのと、1億円を稼ぐのではもちろん1億円稼ぐほうが難しいが、何百億円という利益をあげる大企業にとっては、1億円くらいは誤差でしかない。

115: Sun Jun 23 14:50:51 2013
「大金はそれほどの価値はない」論は、なんとなく感じたことなのであまり深くは説明できない。
116: Sun Jun 23 14:54:19 2013
さて、FXは証拠金取引と言って、自分が持っていないカネを投資できるしくみである。

つまり、投資する際に業者に資金を借りるのである。

株式投資の場合、自分で保有していない株を借りて売り注文を出し、差益を得て株を返すことを「空売り」という。

FXも「空売り」「空買い」なのである。

「空買い」はあまり聞かない言葉だが、今調べたら存在するようである。
117: Sun Jun 23 15:13:08 2013
注文単位を「枚」というが、1枚は10000通貨単位である。ドルを(円で)買うとしたら、1枚の注文で10000ドルを買うことになる。買ったときのレート(ask)が1ドル=100円であれば、本来は100万円必要なのだが、今私が使っている業者では、「約定金額の4%+スプレッド評価損」である。
118: Sun Jun 23 15:17:29 2013
約定金額の4%、これが証拠金であり、この場合40000円となる。

スプレッド評価損はいくらになるのか・・・1ドル3銭だから・・・0.03x1万で、300円か。

4万円で100万円分の取引ができるから、レバレッジ25倍ということになる。
119: Sun Jun 23 15:32:27 2013
レバレッジは2010年の規制で50倍、2011年に25倍まで下げられた。
私が初めてFXをやったのは2010年よりも前だが、レバレッジがいくつだったのか知らない。
知らないが、今と同じか、もしかしたら今より低かったかもしれない。
120: Sun Jun 23 15:39:47 2013
私のFXトレードはほんとにちょっとだけ、おっかなびっくりやったので、大きな得も損もなかった。
記録は残していないが、覚えている範囲だと、1日500円くらい儲けたのが最大。1ヶ月で1万円弱くらい損したのが最大で、そのときにいったん手を引いた。

その後、たしか2010年ごろだったと思うが、ちょこっとやってみたが、損益が数百円程度の遊びみたいなもの。

しかし、勝率および損益比率が話にならないくらい悪く、これはとうてい儲からないな、と、本格的なトレードには乗り出せなかった。

それはいろんなFXトレーダーの失敗談を聞いていると正解だったというか、幸運だった。別に、「やるべきではない」と考えてやめたのではなく、投資できるほどのカネがなくてできなかっただけで、何百万とかの貯金があったら、確実に突っ込んで失くしていただろう・・・
121: Sun Jun 23 15:44:53 2013
外貨預金を、一度だけしたことがある。

2004/10/26 に1ドル=107.81円のときに2000ドル預けた。

その後、たしかちょっと下がって解約した記憶がある。
1万円も減っていないはず。
122: Mon Jun 24 21:13:04 2013
FXについては断続的にではあるが数年くらい研究していて、実際に取引をしたこともあるのでどんなものかは大体わかったつもりでいた。

しかし、いまだにほとんど勝てない。今はやっていないが、チャートを眺めてその後を予測してもほとんどあたらず、ことごとく逆へ行くようにすら感じる。

最近はトレードの様子を放送したりする人まで現れているし、ブログなどで情報発信している人も多く、私がやり始めた頃にくらべると情報量は格段に増えている。

今日も、外出中にiPhoneである投資家のブログを読んでいた。その人はもとディーラーでその後独立していて、経済、金融の知識が非常に豊富である。

そして私は、自分の圧倒的な知識不足、経験不足を感じ、さらに、もしかして自分は根本的にFXというトレードを誤解しているのではないか?と思い始めた。
123: Mon Jun 24 21:14:33 2013
もっとも基本的な原則は、「安いときに買って、高い時に売る」もしくは「高い時に売って、安いときに買う」ということである。

これだけは間違いのないことで、問題はいかにその安いとき高い時を見極めることだと思っていた。

しかし、今日、ふと、もしかしてこの大原則が間違っているんじゃないか?と思ったのだ。
124: Mon Jun 24 21:25:26 2013
日本人の一般FX投資家は、「逆張り」をする人が多いという。つまり、相場が上昇傾向の時にその売り注文を出し、下降しているときに買い注文を出す。

チャートを見ていると常に上下に変動している。その変動は見る期間、いわゆる「足」の長さによって変わってくるが、大きな傾向と小さな傾向がある。今年の春ごろ、20円くらいの円安があったが、それもあがったりさがったりしながらだんだんあがっていったのである。
125: Mon Jun 24 21:30:07 2013
買い注文を出す時は、投資家が「あがる」と判断する時である。順張り派は、今あがっているからもっとあがる、と考え、逆張りをする人は、これだけあがったらそろそろさがるだろう、と判断する。
126: Mon Jun 24 21:40:15 2013
私は自分がどちらかと考えたことはなかったが、やはり逆張り派だったように思う。

そして、わたしの相場の読み方にはほとんど何の根拠もない。なんとなく、ずっとあがってるからそろそろさがるんじゃないか・・・と漠然と考えていただけである。
127: Mon Jun 24 21:46:55 2013
そして、私はプロのトレーダーやFXを専業にしている個人投資家(それもプロと呼べるかもしれないが)達は、研究や経験を積んで相場の読みの精度をあげているのだと思っていた。

しかし今日思ったのは、もしかしてプロは相場を読むことなどあきらめているのではないか?ということだ。

WEBで見たどこかの投資会社かFX業者か忘れたが、そんなことを言っている広告があった。
128: Mon Jun 24 22:02:30 2013
もちろんプロはチャートは注視して分析もしているだろう。予測もしている。だが、それらは素人が考えているように「安く買って高く売り抜ける」などという単純なものではなく、あくまでも相場の動きにすばやく反応できるようにしているだけではないか。
129: Tue Jun 25 13:33:34 2013
逆張りといっても、そろそろ下がる・上がると考えて売買するわけだ。

その根拠は人さまざまだが、何かしらの下がりすぎ・上がりすぎと判断する状況があるわけだ。

そういう意味で言うと、その状況にあてはまるならそれはある意味順張りではないだろうか?


逆に、順張りも、そのトレンドが継続するだろうというなんらかの根拠を持って売買するわけで、単に上がった、買おう、ではないはずだ。

そう考えたら、順・逆張りという区別はあまり意味がなく、「このあと相場が上下どちらへ行くか」ということを予測した結果にすぎない。
130: Wed Jun 26 01:17:09 2013
FXでの「1枚」である1万通貨とはどういう意味か。

ドル円で1枚買うということは、1万ドルぶんを買うということか?

そういうことだね。

今目の前で125枚買っている人がいるのだが、この人は125万ドルぶんの取引をしているということだ。

askは98.78くらいなので、1億2347万5000円ということになる。

1pip(1銭)動くと1万円以上動く。

レバレッジ25倍とすると、4939000円必要ということか。
131: Wed Jun 26 01:18:52 2013
今日本にはこんな人がたくさんいるのか。

132: Thu Jun 27 06:30:43 2013
6億円男と、最近放送しながら勝ち続けている二人に共通しているのが、ある時を境に勝ちだしたということである。

また、「最初は負けたが何年かして勝てるようになった」という人もいる。
133: Thu Jun 27 06:33:05 2013
投資の勝ち負けというのは、本当に相場を見る目を養って勝てるようになる場合と、たまたま自分の手法が有効な相場の状態になっただけの場合があるのではないか。
^
previous | next | edit