bbz

沖縄と韓国

_
previous | next | edit
1: 2006/09/24(Sun) 20:53
最近は毎週新宿へ行っている。新宿と言っても乗り降りするのは新大久保がほとんどである。新大久保で降りて右へ行くとそこはもう韓国人街である。すれ違う人もほとんど韓国語を喋っている。コンビニのレジも日本人が少ない。
2: 2006/09/24(Sun) 20:55
この通りはなんというのかわからない。途中のコンビニでハイリキかビールを買って飲みながら歩く。ハイリキがあるところは限られている。セブンイレブンで買うことが多い。ちょっと歩くとカクヤスがあってここなら190円くらいなのだが、めんどうなのでセブンで買ってしまう。そのちょっと先に金魚屋がある。最近はここでよく足が止まる。金魚か熱帯魚でも飼ってみたいなとおもう。
3: 2006/09/24(Sun) 20:58
適当なところで右に曲がると、コ汚いラブホテル街になる。料金も歌舞伎町近くのところよりちょっと安い。3000円から4000円で3時間休憩できる。そこを抜けると、職安通りだ。ドンキホーテやらでかい韓国料理店があってにぎやか。この通りをさらに渡ると、歌舞伎町になる。ホテルが巨大化してきて、ちょっと気合が入ってくる。調子がいいときはこの辺で二本目を飲む。
4: 2006/09/24(Sun) 21:00
向かうのは新宿バッティングセンターである。オスローというところもあるが、こっちの方がふんいきがいい。最近は3000円くらいあっという間になくなる。おかげで月2本くらいはコンスタントにホームランが打てるようになった。
5: 2006/09/24(Sun) 21:03
ここで汗だらだらかいて、最近ははじめの一歩を殴ることも日課になった。そして、ランチタイムが終わった3時から4時ごろに、大学路という韓国料理店へ行く。もうすっかり常連となってしまった。ユッケジャンとビールというのが多い。カネがあるときはユッケやレバ刺しを頼む。焼肉もあるのだがあまり焼肉は食べない。韓国料理店はみなそうだが、お通しみたいな前菜が5、6皿出てくるのがうれしい。
6: 2006/09/24(Sun) 21:17
最近はこういう感じなので、秋葉原、本屋、CD、といったところに行くことはすっかりなくなった。喫茶店にも行かなくなった。大好きだったコーヒーも飲まない。ルノアール的な普通の喫茶店が減って、ドトールやスタバのような硬いいすで客が充満している店が増えたせいもある。
7: 2006/09/24(Sun) 21:19
こないだ新大久保駅前通の歩道に、パチンコ屋を宣伝する3人のチンドン屋がいた。先頭の男がカネをチンチンと叩き、続く女がタイコをドンドンと叩く。まさにチンドン屋。よく名づけたものだ。3人目はクラリネットを吹いている。思わず笑ってしまった。こんな風景が見られるのも大久保ならではである。
8: 2006/09/24(Sun) 21:25
そんな週末をすごしている最近だったが、石垣島へ行って感じたものは、韓国に近い感じがした。石垣島に辛い料理はなかったし、韓国には海のイメージもないけど、なんとなく、私にとって沖縄(石垣島)と韓国は同じ外国のようにさえ感じた。
9: 2006/09/24(Sun) 21:29
そして目覚めたものは自然への愛着。一時嫌悪した自然に、最近愛着を感じ始めている。
10: 2006/09/24(Sun) 21:31
ヒッピーにはなりたくないけど、その辺の空き地にテントはってさすらって生きてみたいなどともおもう。家をたてるにしろ部屋を借りるにしろ、とにかく今の日本では寝て起きるだけでとんでもないカネが飛ぶ。寝て、起きるだけなのに。
11: 2006/09/24(Sun) 22:37
そういうわけで最近は登山、キャンプ、日曜大工、スノーケリング、ダイビングなどというものに興味を持ち始めたのだけど、いったい今まで俺は何をしていたんだろう、と考えた。
12: 2006/09/24(Sun) 22:47
風俗。酒。読書。テレビ。ギター。パソコン。精神世界。ランニング。語学。虚無的で一時的な快感しか求めない、自分を痛めつけるようなことばかりする、そういうものを私に植え付けたのは、ロックンロールではなかったかな・・・。
13: 2006/11/26(Sun) 16:32
すっかり大久保漬けの最近。毎週行く場所が秋葉原から新大久保へ変わった。今度回数券を買おうと思っている。1往復で1400円とすると、毎週1回でも7万円以上ということになる。たいしたもんだ。
14: 2006/11/26(Sun) 16:33
この辺は韓国料理屋が多く、どこの店もそうハズレない。お気に入りは大学路である。店の雰囲気もよく、お手ごろ価格で、味もよい。前菜がおいしい。もう顔なじみになっている。
15: 2006/11/26(Sun) 16:36
職安通り沿いにある両班という店は、味がよい。テハンノよりも、一枚上だ。値段も高いけど。ふんいきがちょっと私には入りづらい。テハンノみたいに一人でも気軽に入れる感じではない。
16: 2006/11/26(Sun) 16:37
高麗もおいしい。値段もそこそこする。おおきな焼肉屋である。松本人志のサインがあった。広いので一人でもはいれるが、やっぱりテハンノみたいに落ち着かない。
17: 2006/11/26(Sun) 16:42
漢拏山という店に行ってきた。ハスキーボイスのいかにも韓国人っぽいオカミさんがせっせと働いている。気さくな感じだ。客だか店員だかわからない人が出入りしていて、客かと思って入ってきたオッサンが料理を持ってきた。と思ったらてんこ盛りのご飯で食事をし始めた。日本語を話す男も一緒に加わっている。ふんいきはなかなかいい。味は合格点といったところ。ご飯のお代わりが自由のようだったがしなかった。腹が減ってしかたのないときはいいかもしれない。
18: 2006/11/26(Sun) 16:46
韓流という店。若い女性店員。狭い店だがけっこう値は張る店。一人では入りづらいのは、せまいのと、店員が若い女性であるからかな。味はよかった。
19: 2006/11/26(Sun) 16:50
韓国料理ではないが、台南担仔麺という店も最近知った。沖縄っぽいふんいきだ。お一人様でも全然大丈夫。ツァーセータンというのが私の好物。「中国で一番おいしい食べ方のエビ」とかいうのがあって、頼んでみたが、あげたのを塩かけて食べるんだけどそんなに特別おいしくもなかった。でも、なんでもうまい店。
20: 2006/11/26(Sun) 16:53
ハズレはほとんどないんだけど名前は忘れたが狭くておばさんふたりがやってるプルコギを食べた店はダメだった。味もいまいちだし出てくるのも遅かったし。目の前のカウンターに一人ですわってんのにオーダー忘れやがった。
21: 2006/11/26(Sun) 16:58
これも中華だが、新大久保駅近くの、大久保通りを入ったすぐのところにある、福壽飯店もなかなかよい。メニューにはないがタンメンを頼むとおばさんが厨房に「白いスープで野菜たくさん」などと説明して作ってくれた。ただ、洗い場が厨房の外にあっておばさんが洗いながら食事をだすのはちょっとヤだったな。
22: 2006/11/26(Sun) 17:02
大久保ではないが上野などにあるビビンパハウスも行きつけだ。カルビ麺は毎日でも食べたい。しかしネットでのクチコミ評価がいまいちだな。不潔とか。くさいとか。そんなことないけど。
23: 2006/11/26(Sun) 17:10
ほかにも行きたい店がいくつかあるのだが、一人では入りにくい。
24: 2006/12/18(Mon) 19:59
テハンノがつぶれた・・・2階の看板はついているのだが店の電気は消えている。経営苦しかったのか・・・ぐるなびにも広告出してなかったけど・・・俺の行きつけになるような店ってつぶれるんだよね・・・
25: 2007/01/09(Tue) 00:23
つぶれてなかった。土日は休みになったみたい。
26: 2007/04/23(Mon) 23:54
さあそろそろ沖縄へ行く準備をしようか。もう今週末から連休だ。5月、6月、7月、8月。まだ早いか。
27: 2007/06/30(Sat) 00:31
さあ、梅雨明けだ。沖縄の一番いい季節がやってきた。夏休みは8月なのだが、7月の3連休に軽く本島に行ってみようかと思ったがカネがない。
28: 2007/06/30(Sat) 01:00
高校生のとき館山に行ったのだが、そのときの感動は今でも覚えている。イセエビやカキをとったり、イワシの群れにでくわしたり。7月の連休はとりあえず館山にしようかな。
29: 2007/07/06(Fri) 21:15
1.石垣島を拠点に、西表、小浜、黒島に行く。2.宮古島3.慶良間諸島西表には非常に行きたいのだが2年連続で石垣島はどうかと思う。石垣島そのものにはあまりよい印象はない。ただ八重山諸島は宝石のようで非常に魅力がある。
30: 2007/07/13(Fri) 21:17
沖縄は遠いからカネがかかると思うでしょう?じつはそうでもないんだ。いまどきどこかに旅行に行けば、一泊1万くらいかかってしまうでしょう?沖縄なら、ドミトリーとか安い民宿があるので、3000円くらいで個室に、ドミトリーでよければ1000円とかもあるんです。それから沖縄は自然が美しくて楽しいので、グルメを楽しむ暇がない。だから長期滞在するなら、カネがかからないんですよ。
31: 2007/08/01(Wed) 22:07
今年は沖縄本島に行く。石垣島のときのように離島に行くつもりなのだが、どうも船が少なくて混むようである。アカ島まで50分と90分という倍近い差がある
32: 2007/08/04(Sat) 00:46
いよいよ明日から沖縄へいくのだが5時に神戸について9時に出る。4時間ある。最初はメシでも食うかと思っていたがどうせなら神戸で遊ぼうかと思い始めた。しかし9時に出発ということは遅くとも30分前、できれば1時間前には空港に戻っていたい。そうすると遅くとも7時半には遊び終える。5時着だから早くても6時スタート。無理だ。やっぱりご飯たべるくらいが精一杯。
33: 2007/08/08(Wed) 02:18
今年はタクシーに一度も乗らなかった。家に帰るまで。食事でもいちばん高くて3千何百円。酒もそんなに飲まず。
34: 2007/08/08(Wed) 02:25
準備、プラン、運はほぼ完璧であった。ひとつ残念だったのは、カメラのことだ。東京で例の水中用カメラが980円と、現地の半額くらいで売られていたので2個買っていった。空港でのチェックでフィルムが焼けてしまうとの情報を得ていたので、カギなどと一緒に外にだしたのだが、今思うとそれがいけなかったか。あれは別に金属じゃないからかばんに入れたままの方がよかったのか・・・。さらに今回は往復ともに乗り継ぎだったのと、現地でDPEしてくれるところが見つからなかったために、空港でのチェックを合計4回受けたのである。係員は「メーカーからは問題ないといわれています」と言っていたのだが、帰ってきて現像してみると、全体に青みがかってしまっていた。青いフィルターをかけ、さらに全体的に薄くしたような色。
35: 2007/08/08(Wed) 02:27
その代わり、出発前に入手したデジカメのWater Proofケースが大活躍した。これがなかったら悲惨なことになっていたところだった。
36: 2007/08/08(Wed) 02:30
失敗とまではいえないのだが、反省点というか要改善点は、荷物が重すぎたこと。リュックだったのでなんとかしょえたが、最終日にはシリの外側が筋肉痛になり、足首がむくんでいた。
37: 2007/08/08(Wed) 02:33
今度は、ライフジャケットとフィンを使ってみたい。ただ、アカ島のニシ浜のような狭いエリアだったら意味がないな。今度は魚の写真を取る事に専念して、ホテルで成果を確認して再チャレンジとかしてみたい。もぐったりもしてみたい。もぐるといってもダイビングじゃなくて。小さいボートに小さいイカリをつんでいって、ちょっと沖にとめておくとか。
38: 2007/08/08(Wed) 04:37
3泊中、まともに寝れた日はない。ずっと興奮していたのが前提にあり、1泊目はクーラーがひどい音をたてていた。二泊目、三泊目は日焼けでヒリヒリしていたため。多分2、3時間しか寝てない。テレビはあんまりやってないし。
39: 2007/08/08(Wed) 05:54
今回疑問に思った事がいくつかある。ひとつは、久高島へ行ったときに思ったことだが、「離島の電気はどうやって供給されているのか?」ということである。発電所らしきものがあるとは思えない。島を歩き回っていると、塔があって、てっぺんにアンテナのようなものがあり、「高電圧注意」とかいう注意書きがあった。私の予想としては、クダカくらいの近さであれば、海底ケーブルで電気を引っ張っている。しかし、石垣島くらいになると無理だろう。いったい・・・・?
40: 2007/08/08(Wed) 06:02
もうひとつは疑問というか不思議というか、ぼんやり考えたこと。今回は神戸乗り継ぎだったので4回のフライトを経験した。パイロットはそのうち3回が外人。飛行機はスカイマークの、ジャンボジェット機ではなく、去年那覇から石垣まで行ったのと同じサイズの小さいもの。座席が左右2つずつしかないものである。小さいほうが気流の影響を受けやすいのだろう、揺れが大きい。4回も乗れば飛行機が苦手な私も慣れてきたが、それにしてもこんなものをよく空に飛ばそうと思いつくな、と考えた。食品やら電化製品についてはあんなにこうるさい注意書きや検査をするのに、こんなものを大空に、どんな天気になるかもわからないところへ飛ばすなんて。万一エンジンが止まったら?翼がポキンと折れたら?パイロットが居眠りしたら?飛行機を制御しているコンピュータがハングアップしたら?リブートしたら?・・・・などということが絶対にないとはいえないだろう。
41: 2007/08/08(Wed) 06:04
オスタカヤマに落ちた飛行機のこと、911の事件のこと、しばらく前にフライトシミュレーターマニアの男が操縦桿を握ってレインボーブリッジをくぐろうとした事など、実際そういうことが起きているわけだから。しかし、911の件はありえないだろ?あれってどうやって操縦桿を奪ったんだっけ?
42: 2007/08/08(Wed) 06:10
あんな最後を迎えたわけだから誰も真相はわからないか・・・拳銃なんか持ち込めないし・・・。客や乗務員をどうやって従わせたんだろう・・・?俺なんか携帯電話やカギやカメラでビクビクしているというのに・・・。
43: 2007/08/08(Wed) 07:20
ナイフと爆弾で脅したらしい。
44: 2007/08/08(Wed) 07:28
フライトシミュレーター狂のほうは、精神異常の男だったようだが、包丁で乗務員を脅し、コクピットに入り、最終的には機長を刺し殺して操縦桿を握った。その後引きずり出されて飛行機は無事だったが機長が死んだ。考えられない事件である。しかし、刃物で乗務員をおどしてコクピットにそう簡単に入れるのだろうか?もう少し乗務員には毅然とした態度が求められるのではないのか?
45: 2007/08/08(Wed) 07:31
私もそろそろ40歳だ。上空から眼下の町並みというか山並みというか、を見ながら、細ーい道路がずっと延びている、送電線をつなぐ鉄塔がたっている、海岸の埋立地のタンクのようなものを見て、こういうものを作ってきたのも俺とおなじくらいの男達なんだろうなと考える。いったいどうしてそんなことを思いついたんだろう?
46: 2007/08/08(Wed) 07:33
戦争や研究のために命知らずな男が危険をかえりみずに飛ぶならまだわかるが、一般市民をたくさんのせて、赤ん坊からお年寄りまで乗せて大量に運ぶというのは、なんという大胆な発想だろうか。よく、航空機の事故の確率は鉄道よりも低い、などというが。
47: 2007/08/08(Wed) 07:38
確率だけでいえば車のほうがよっぽど怖い。正確な数字はしらないが自動車の交通事故による死者は航空機とは比べ物にならないだろう。とはいっても私は車もあまり好きではない。タクシーやバスには乗るが、最近は自分で運転する事はまずない。飛行機ほどではないにしても、自動車の仕組みも信頼できない。いつ、突然エンジンが火を噴くかわからない。対向車がセンターラインをはみ出した、などというニュースをたまにきく。そんなこと、万が一にもあったらいけないだろう。でも、容易に起こりうる。
48: 2007/08/08(Wed) 07:42
去年飛行機に乗ったとき、恐怖心を打ち消すために考えた理屈は、確固として存在していると思い込んでいる地面だって、翼とエンジンによって作り出される浮力と同じ物理現象にすぎない、というものだった。しかし、やっぱり高所から落ちる可能性というのは非常におそろしいものだ。車に乗っていて衝突する、病気で死ぬ、誰かに刺される、打たれる、というのとは違う特別な恐怖がある。
49: 2007/08/08(Wed) 07:44
車はエンジンが止まっても停止するだけである。ドアが突然おっこちても車を止めればすむ。しかし飛行機はエンジンが止まったら落っこちるのだ。まあ、子供のマンガみたいに突然ストンと落ちはしないのだろうが。
50: 2007/08/08(Wed) 07:45
後もうひとつ重要なのは、コクピットの様子がまったくわからないこと。そしてどういう航路をとって飛ぶのかがわからないこと。機体が傾くのは予定通りなのか、なんらかのアクシデントなのか、などがわからないのが非常に不安である。
51: 2007/08/08(Wed) 07:47
今回怖かったのは、羽田から神戸にいく便で、主翼のフラップが突然バタンと開いて高度が下がり始めたときである。これは着陸のために高度を下げただけなのであるが、これは絶対に乗務員が事前に高度を下げる旨をアナウンスすべきではないか?
52: 2007/08/08(Wed) 07:52
こんかい初めてスカイマークの飛行機に乗ったのだが、たまたまかもしれないが、サービスが一段落ちるように感じた。まず、飛行機に案内する時間がほぼ毎回遅れる。乗り継ぎであることにあきらかに不慣れ。他社で乗り継ぎをしたことはないが。往路の神戸から那覇へのパイロットは操縦がうまかったように感じた。ほとんど揺れなかった。気候のせいかもしれないが。復路の神戸から羽田までのパイロットは唯一の日本人だった。たしかヤギさんという人だったか。これも非常に微妙かつ主観的な印象なのだが、日本人パイロットは操作が繊細だが、繊細すぎて不安・不快を感じさせるようなところがある気がした。ちょっと航路をずれただけどすぐに修正するような。外人は結果往来で多少ずれてもそのまま飛んでく、というようなところがあるように、なんの根拠もない印象だけど、感じた。
53: 2007/08/08(Wed) 08:49
富士山が見えた少し後に、小さな半島のつけあたりに、きれいなうす緑色のすり鉢をひっくり返したようなものがあったがなんだろう?人工物に見えた。
54: 2007/08/08(Wed) 09:54
でも、俺が撮ってきた程度の魚の写真だったら、あの程度のシュノーケリングだったら、館山くらいで十分じゃないのかなんて思えてきた。館山なら日帰りも可能。今度行ってみるかな。
55: 2007/08/08(Wed) 09:56
なんか頭がクラクラする。ふくらはぎのあたりが突っ張った感じでむくんでるように感じる。日焼けのせいか?顔を洗うとなんだか顔にハリがある。尻の筋肉痛はもしかして泳いだせい?いや、やっぱり重いリュックのせいだよな。重さ測ろうと思ってたけど忘れた。10Kgはないけど5Kgはあったと思う。
56: 2007/08/08(Wed) 09:57
基本的に俺は遊び下手で、遊び足りない。子供の頃は毎日だるくてつまらなかったな。テレビ、ラジオ、本の方が好きだった。せいぜい草野球程度かな、外は。空が晴れてて気持ちいいなんて思うようになったのは35歳くらいから。
57: 2007/08/10(Fri) 11:11
アカ島のニシ浜には監視員が二人いたしパラソルもたくさんたってたし、遊泳区域も結構狭く区切られていて、石垣とその周辺の島々のときのようなほったらかしではなかった。シーズンだったからだろうか。遊泳禁止区域のブイ付近までいったのだがさあこっからサンゴが見えてくるぞ、というところだった。
58: 2007/08/10(Fri) 11:12
魚図鑑のDVDを買ってきて撮った魚の名前を調べた。判明したのは、ムラサメモンガラ、モンガラカワハギ、ホンソメワケベラ、オジサン、ハマフエフキ、ムスジなんとか、ツノダシ、など。半分くらいはまだ不明である。
59: 2007/08/10(Fri) 11:13
図鑑を見ていると伊豆や八丈島で撮った、というものが結構ある。こんどは伊豆あたりに行ってみようか。飛行機に乗らずに住む。土日で行けるし。
60: 08/03/16(Sun) 20:35
沖縄っていいなあと実感した瞬間というのは、石垣島からどこかの島へ行って船で帰ってくるときに、雨が降ってきた。折り畳み傘を持っていたので、それをさして船を下りたのだが、もうめんどくさくなって傘を閉じた。雨はすぐやんで、日が出てきた。ホテルまでずぶぬれのまま歩いた。沖縄は湿気がある。暑いのでぬれたからってカゼをひくこともない。靴は海の中でもはけるものだし、短パンにTシャツである。そのとき、まるで自分が水の中にいるような気がした。海人(うみんちゅ)ってこういうことかな、と思った。
61: 08/04/13(Sun) 02:13
私が親韓的であることはこのスレを読んでもすぐにわかるであろう。でも私はそのことを普通だと、人として当然だと考えている。
62: 08/04/13(Sun) 02:18
私が最近週末になるとすごしている街には韓国人と韓国料理店があふれている。コリアンタウンと言ってもいいくらいである。コリアンだけでなく、中国人、タイ人も多い。私はそういう、片言の日本語をしゃべるアジアの外国人たちとここ10年くらい交際しているので、当然彼らに対して親近感がある。だいたい、日本人は繊細でよそよそしすぎる。日本人以外のアジア人はみなおおらかで、さっぱりしている。肌の色や顔のつくりはほとんど同じなのだが、私は表情で日本人かどうかがわかる。日本人は神経質な冷たい、緊張した表情をしている。非日本のアジア人は子供のように無邪気でリラックスした顔をしている。ああ、こういう表情をした人最近みかけないなと見ていると、必ず韓国語か中国語を話す。
63: 08/04/13(Sun) 02:22
2ちゃんねるなどでは韓国人や中国人を蔑視する書き込みがよくある。半分遊びのようなものではあろうが。しかし、差別とかイジメとかいうものは遊びだという考えから発生するものである。そして私は思うのだが、今日本に暮らしていて、在日朝鮮人と友達になったり仕事の同僚になったりすることが、いい年になってまったくない人なんているのだろうか?違う民族に対して多少の違和感を抱くのは当然だとは思うが、いまさら民族がどうこうと言っている場合じゃないんじゃないのか?
64: 08/04/13(Sun) 02:25
私は学生時代、「在日」なんてことは考えたこともないくらいだったのだが、2ちゃんねるなどで在日とか部落とかを気にする人がこんなにもいるのかと知り、そういえばあの人は在日だったんだな、という人が何人かいる。その人たちの中には親友といってもいい人もいるし、その人がいじめられるとか在日だと陰口をたたかれるようなことも全くなかった。在日朝鮮人の差別なんて、関東大震災の頃の、終わった話じゃないのかと思っていた。
65: 08/04/13(Sun) 02:30
私の数少ないとりえのひとつは、誰にもわけへだてをしないということである。老若男女国籍職業出身地学歴等で。コンビニや飲食店の学生のアルバイトにも、丁寧語を使う。「敬語」ではなく、「丁寧語」である。敬語は丁寧語を含んでいうのかもしれないが、私は年上かどうかで敬語にしたりタメ口にしたりという習慣が嫌いである。そんな習慣が通用するのは中学と高校の6年間だけだろう。
66: 08/04/13(Sun) 02:34
今、結婚するなら、と考えている女性がいるのだが、彼女は中国人である。本名も年齢もしらないのだが、出会ってからもう3年になる。それほど親密に交際しているわけではなく、普通の人にしたら結婚を考えるような関係ではないだろうが、私は人との交際がほとんどないので、私にしてはかなりの親密な仲なのである。
67: 08/04/13(Sun) 02:35
以前職場にいた人で中国人が奥さんの人がいたのだが、いろいろと苦労しているという話をしていた。私は中国人となんか結婚するからだよ、俺は絶対しないのに、と思っていたが、今そうなりかけている。
68: 08/04/13(Sun) 02:39
話が前後するが、わたしが自分の子供くらいの少年少女にも丁寧語で話すのは、ひとつは他人であるからであり、ひとつはその人との関係はあくまでも買い物などの社会的な関係であって人と人のなまなましい心のぶつかりあいではないからである。
69: 08/04/13(Sun) 02:55
私はおとなしそうで、言うときは言う。今日も言ってやった。バッティングセンターが非常に混んでいた。小学生くらいの子が、打席に入った。そこは打ち頃の打席なので人気がある。私はあまり露骨に待ってますよという感じで後ろで待つことはせず、それとなく立って開いたら打ちたいなーという空気を見せる。私が打席に入ったときは、後ろに誰もいない場合を除いて、まず1打席で終了する。ずっと見ていたわけではないが、周りの打席が交代している様子からして、その子は2打席続けて打っていた。その時点でふてぇガキだとは思ったが、2回くらいならまあ許せる。見ていると母親らしき女が来て、ドアを開けて打席の後ろに立った。私は後ろに立って、次に打ちたいという意思を見せた。母親は振り返って私の姿を確認した。これで次は交代するだろう、と待っていた。2打席目が終わった。しかしその子は後ろで待っている私に一瞥をくれることもなく、また打ち始めた。3打席目である。わたしはドアを蹴ってやろうかと思ったが我慢して別の打席の空きを探した。しかしどこも空いていないので、また例の子供の打席の後ろに戻って待った。ドアの前で仁王立ちして待った。その子の3打席目が終わった。さすがにもう空けるだろうと思っていたらその子が続行した。4打席目である。私はドアを開けた。「こんなに混んでんのに何回連続で打ってんだよお前ら!いい加減にしろよ!」と怒鳴ってドアをバタン!と閉めたつもりがドアの構造上静かにしまった。母親が「ハイ」とバカにした返事をした。私はバッティングセンターを出て、結婚しようかと思っている彼女に会いに行った。
70: 08/05/19(Mon) 22:43
今年も沖縄に行きたい。トップ3候補は、西表島、久米島、宮古島。しかしこれらの島だとちょっと割高になる。別に伊豆とか館山でもいいかななんて思ったこともあるが、やっぱり沖縄は違う。空気も、日差しも、海も、人も。東京人が少ない。それも重要である。
71: 08/06/01(Sun) 19:30
早く沖縄に行きたい。リフレッシュしたい。あの冗談みたいなきれいな海と色とりどりの魚たちを見たい。オリオンビールを飲みまくってアタマをカラッポにしたい。
72: 08/07/01(Tue) 21:24
おい!もう7月だよ。沖縄ツアーの予約しなきゃ!!ということであるオンライン予約可能なサイトで見積もってみた。3泊4日で。8/5出発。一番上にでてきたつまり安いツアー。久米島 68800宮古島 75800石垣島 88800西表島 105800なるほど。だいたい行きたい度と価格は比例している。それにしても西表は高いな。まあ一番遠いしな。久米島はビーチが少なくて魚があまりいなそう。でも俺なんか魚はちょろちょろいるくらいのほうがいいかもな。
73: 08/07/01(Tue) 21:28
那覇スタンダードクラスというのにすると、45800
74: 08/07/03(Thu) 23:47
久米島にしました。比較的安いし、静かそうだし、人もそんなにいなさそうだし。今年は夏休みは好きな時期にとれそうだし。
75: 08/08/01(Fri) 22:54
さあ、いよいよ来週です・・・・が、なんか情報を探していると嫌な予感がしてきます。ハイライトと思われるはての浜のシュノーケリング動画をいくつか見ましたが、ムラサメモンガラがうじゃうじゃいます。海底はしらっちゃけています。一見きれいですが、これはアカ島で見たのよりさらに激しい、死んだ珊瑚じゃないでしょうか。ムラモン以外に目立つのが、半透明なシッポが三日月のようになったイワシみたいな魚。それ以外にはあまりいない。だって、生きた珊瑚がいないのだから・・・。まあ、行ってみないとわからないからな。あとは、アーラ浜というのが人が少なくて穴場らしい。久米島には何もないとかいう話もあって、じゃあトナキ島にでも行こうかと思ったが、トナキには日帰りできない。今回は全泊ホテルなので、それを捨てるのももったいないし。まあ、なんだかんだ言っても沖縄なんでね。大丈夫でしょう。
76: 08/08/02(Sat) 10:37
トナキに行くのは日程的に無理がある。はての浜に行けなくなってしまう。なので今回ははての浜に賭けてみる。初日: 16:05久米空港着 シンリ浜へ行く。チャリかバイクを借りてその辺をうろつく。二日目: シュノーケリング三日目: ダイビング四日目: 日の出と同時くらいに起きてアーラ浜へ。時間があればイーフビーチへ行く。シュノーケルとダイビングを予約してしまった。6000円+16800円。モンガラばっかりじゃつまんないからな。
77: 08/08/04(Mon) 18:04
飛行機はJTAのボーイング737-400だ。
JTAに乗るのは初めてだ。去年は神戸経由のスカイマークで、あまり快適とはいえない空の旅だった。ボーイングならでかいからあまりゆれないかな。
石垣に行った時は那覇から小さい飛行機で少し怖かった。
78: 08/08/06(Wed) 07:26
チャオ!
79: 08/08/07(Thu) 03:19
はての浜はきれいだったが魚はすくない。続いてアーラ浜へ。明日レンタカーで行く予定だが下見をかねてタクシーで。子供が数人いる。海はやや濁っているが、なんとなくがいそう。左右に岩場があるがど真ん中にミニゴムボートに乗って入る。見飽きた小さな魚しかいないなと、でかいタイ系の魚。ウオーと叫ぶ。夢中でシャッターを切るが、後で見たらほとんど捉えられていない。そしてカメラの電池が切れた。
80: 08/08/11(Mon) 22:00
時が経つにつれて
久米島へ行った事が失敗だったように思えてきた・・・
まあ、沖縄も広いからね。いろんな島があるしね。
81: 08/09/11(Thu) 20:56
これは書いてなかったよね・・・
思い出して見るととてもいい思い出のひとつなんだけど、
空港を出て歩いて球場を過ぎた頃に、小学生くらいの女の子たちとすれ違ったんだ。
3、4人だったかな、ころころと軽く太っていて、沖縄人っぽい、目がくりっとした濃い顔をしてたんだけど、
その子達がキャッキャと騒いでいるんだね。
そして、縄跳びをつないで輪にしたようなヒモの中にはいって、「シュッシュッポッポ、シュッポッポ」という、
僕が彼女たちくらいの年の頃にやった、いわゆる「電車ゴッコ」をやっていたんだ。
そんなシーンを目撃したのは、記憶にないくらい久しぶりで衝撃的だった。
僕は小さい子供たちが遊んでいるところに声をかけたり目を細めて微笑んだりはしないクチなんだけど、
そのときはさすがの僕も、ニコリと微笑んで彼女たちとすれ違ったよ。
82: 08/09/11(Thu) 21:00
なんで今頃こんなことを思い出したかっていうと、鼠先輩の歌を通して聴いて見たいと思ってyoutubeを見たからなんだ。

で、なんで鼠先輩なんかの歌を聴きたいかと思ったかというと、しばらく前にダウンタウンDXで歌っていたのを見て、ポッポポッポ・・・・というところでキーをあげていくところが、ちょっといいなと思ったからなんだ。
83: 08/10/12(Sun) 11:10
夏休みに沖縄にいったというと、「(わざわざ)沖縄(まで)行ってなにすんの(何が楽しいのあんなとこ、遠いし暑いし)?」という人がいる。
すいませんといいたくなるような口調で。

海がきれいです。空もきれいです。
くうきもキレイです。サカナがたくさんいます。動植物が関東と違って異国のようです。
それでいてパスポートもいりません。物価が安いです。人が素朴です。
あとはなんとなくです。

あと、海は、さんご礁のため遠浅で波がほとんどなく、静かできれいです。そこが普通の海と違うところです。
84: 09/07/23(Thu) 23:49
8/6

15:55空港着
16:30ホテル着
初日は買い物くらいか

8/7

船で伊良部島へ
うぷゆう 7:40

2時か3時ごろ帰ってきて
民宿へ行って
バイクで池間島へ

8/8

車で島を回る。
吉野海岸、新城、池間島、来間島



8/9 12:25発

85: 09/07/24(Fri) 00:01
そうです、宮古島へ行くのです。

行きたいところは、伊良部島、吉野海岸、新城海岸、池間島、来間島などです。
今年は車を長めに借りて、夕日や星空や日の出を観察したいと思ってます。
いま無期限断酒中で、沖縄行ったときくらい酒は解禁と思っていたのですが、
なんか、飲まなくていいかなと思えてきました。
車にも乗るし。

デジカメ、ラッシュガード、ライフジャケットなどを用意していこう。
86: 09/07/24(Fri) 00:05
宮古島と言えば吉野海岸というくらい有名だし、私もここへ行くために宮古島へ行くようなものである。
しかし、ちょっと調べてみると、観光客の増加により海岸は混雑し、サンゴも荒れ、車は近くに止められず、
盗難被害も増えており、魚は観光客用に餌付けされているなど、すっかり行く気をなくさせるような情報が出てくる。
87: 09/07/24(Fri) 00:08
というわけで、吉野海岸は現状確認程度に行くことにして、
メインは伊良部島そして来間島とする。
沖縄は荒れつつあるという話はよく聞くが、離島へ行くとまだまだひっそりとしていて、
ビーチに誰もいないという場所もけっこうある。
88: 09/07/24(Fri) 00:10
初めて行った黒島は、夕方近かったせいもあったろうが、3、4人しかいなかった。
久米島のアーラ浜も、2、3人いただけ。
そういう場所を求めて行くのである。
89: 09/07/24(Fri) 00:15
必要なもの

<必須>
・サングラス
・帽子
・日焼け止め
・はいたまま海に入れる靴

<シュノーケリングに必須>
・ゴーグル
・シュノーケル
・防水ケースとデジカメ
・ミニボート

<あるとよい>
・ライフジャケット
・ラッシュガード
・フィン

^
previous | next | edit