bbz

be patient

_
previous | next | edit
1: 2007/05/06(Sun) 00:25
最近、イライラしている。寝ても醒めてもイライラしている。眠れなかったり食欲がなくなったりするほど深刻なものではないけれど、もう1年くらい続いているだろうか。
2: 2007/05/06(Sun) 00:30
それは最近蔓延している利己主義に対してである。個人主義を通りこして利己主義がはびこってきた。「自分さがし」というのもそのひとつである。個人投資家の増加もその一つである。赤ちゃんポストもその一つである。葬儀を親族で密葬にするのもその一つである。核家族化もそうである。家事を夫婦で分担することもそうである。
3: 2007/05/06(Sun) 00:31
winnyなどによる違法コピーの蔓延もそうである。できちゃった結婚もそうである。
4: 2007/05/06(Sun) 00:33
最近、シャイな人を見かけなくなった。
まったく無神経であるか、社交を切り捨てて閉じこもってしまうか。
苦手だけどしかたなく顔を赤くして汗をかきながら人と接する、そういう人がいなくなった。顔をくしゃくしゃにして、ひとに怒鳴られたり冷たくあしらわれてもペコペコしたりなだめたりしながらその場を丸くおさめようとする人がいなくなった。
5: 2007/05/06(Sun) 00:35
自分がしていることはすべて正しいことであると考える人が増えた。
もしくは、悪いことでも、罪であっても、多数がおこなう行為であれば許されると主張する人が増えた。
6: 2007/05/06(Sun) 00:38
卑劣な行為をおこなうことを恥と考えない人が増えた。道端に吸殻をすてたりゴミを捨てたり、家庭のゴミをコンビニのゴミ箱に捨てたり。
人ごみで人にぶつかってもあやまらない。それどころか、黙って押しのけて通る。ひとことスイマセンということをしない。
7: 2007/05/25(Fri) 22:41
日曜日に宅急便で荷物を送った。オークションで出品したものである。3個あって送料は全部で3810円だった。私の前にひとり客がいて、一つの荷物を出していたのだが、1万円札を出したら受付の女性が露骨に嫌な顔をして細かいのありませんか?と聞いたがそのおばさんの客は顔色ひとつ変えずにないです、と1万円札を出した。私も1万円札しかないのはわかっていたのでちょっとまずいかなと思ったのだが、3000円こえるからまあアリだろう、と1万10円を出した。すると受付の女性は私をにらみつけて、「お客様!細かいのありませんか?」とものすごい剣幕で聞いてきた。どいつもこいつもいい加減にしろよ!というカオだった。私は、ないんですよ・・・とニヤニヤしながら言ったら、800円ないですか?といわれたので財布をのぞいてみたがない。でもよく考えたら800円あったら1000円札が1枚余計にいる。なくて困っていたのは1000円札ではなく100円玉だったのか・・・。それにしても。いまどき1万円札出してイヤな顔されるとは思わなかった。雨などで駅から自宅へタクシーに乗ると1000円前後なのだが、その時は1万円しかないとコンビニへいってペットボトルを1本買ってくずしていたので、しばらくこのような事を言われたことはなかった。3800円で1万円だして、細かいのないですか、はないだろう!荷物を出したところはコンビニではなくて、宅急便の集配所である。たしか、こっちで出すと100円安いのである。なのでいつもこっちに来ていたのだが、ふと、あれ?なんでコンビニじゃなくてこっちに来てるんだっけ?とわからなくなった。とても天気がよくていい気分だったののに一気に不快になった。
8: 2007/07/09(Mon) 19:46
昨日コンビニで信じられない事が起きた。最近お気に入りのサントリーの水割りを取ってレジに持っていった。これは水割りの中でも高価な品でニッカは150円くらいなのにこれは200円するのである。私は「袋要らないです」と早口に言って二百円をおいてさっさと店を出ようとしたら、店員が「300円です」と言った。読み間違いではない。レジにも「300」と表示されている。「300円?」と私がおどろいて聞き返すと、店員はレジのボタンをちょちょいと押して、「すいません、200円です」とすぐに訂正した。びっくりしたなあとつぶやきながら店を出たが、まてよ、と思った。バーコードを読み取って金額表示するのにどうして価格が変わるのか。バーコードを読みとったかどうかも見ていなかったが多分今コンビニのレジを手打ちするところはほとんどないだろう。ちなみにそこはファミリーマートだった。バーコードの誤認識だろうか?それも考えにくい。仮に誤認識だったとして、店員はどうしてすぐに本当の価格が200円であるとわかったのだろうか?そのとき、彼は商品を一瞥することもなく、レジの方をちらっと見てあ、200円です、と即座に訂正したのである。多分これはヤツのせこい小遣い稼ぎワザであろう。私が出て行った後でレジを訂正して100円を懐にいれるつもりだったのである。指摘されたらすいませんと何食わぬカオで訂正すればよいのだ。私は気分が悪くなった。しかし引き返して文句を言うほどでもない。正直、その瞬間は気づかなかったのである。俺もなめられたもんだ。
9: 2007/07/12(Thu) 02:37
冷静に考えてみると、ただレジボーイが200円の表示を300円に見間違えただけだったような気がする。きっとそうだ。正直、酔っていたし。
10: 2007/07/15(Sun) 00:04
台風が近づいていて雨なのはわかっていたけどいつものように外に出た。今朝は週末恒例の早朝覚醒で4時半頃おきて酒を飲んでいたのでだるい。いつものように新大久保で降りて歩いたらズボンがびしょびしょになってしまった。ハラが減ったがどの店にもなぜか入れない。結局そのまま何もしないで新大久保へ戻ってきた。上野で弁当を買ってグリーン車で帰ってきた。一駅寝過ごしてしまった。帰ってきてまた一眠り。睡眠がうまくとれていない。酒のせいだ。危険だ。
11: 2007/07/15(Sun) 00:08
明日はもっと雨が強くなりそうなので、酒と食べ物を買って、家にこもる準備をした。しかし家でやることなど何もない。ギターでも弾こうかと思ったがさっき小一時間弾いて満足してしまった。でもⅠ―Ⅳ―Ⅴ7―ⅠのⅤ7が重要なことを改めて確認できたのは収穫だった。like a rolling stoneも、C - F - G7 とやるとなんだかいい感じ。
12: 2007/07/15(Sun) 18:01
雨はたいしたことはなかった。
もう太平洋に抜けたようだ。
明日は台風一過で空気も多少きれいだろう。
13: 2007/07/16(Mon) 21:13
イライラはしないが、むなしい。つまらない。ときめかない。酒ばっかり飲んでるからシラフに耐えられなくなってしまったのだろうか。いやそれだけじゃないはずだ。毎日がつまらない。特に職場がつまらない。仕事がつまらないというのはそうとうの苦痛である。仕事だからおもしろいことばかりでもない、ということはあるだろうが、それならそうと割り切ってテキトーにやりたいのに、楽しいと思い込もうとしている人たちがイヤだ。
14: 2007/07/20(Fri) 23:55
簾って外にかけるものなのか?私は最近簾を買って、部屋にある3箇所の窓の内側にかけている。朝まぶしくて目が覚めてしまうからだ。簾の効果は絶大で、非常によく眠れるようになった。日よけだけではなく、なんとなく涼しげな感じになるのもよい。私の部屋は和室で障子なので、カーテンがない。考えてみればカーテンもなしに今まで過ごしていたのは異常だったのかもしれない。簾を使うようになって、よその家で簾を使っているのが目に付くようになったのだが、みんな外にかけている。外にかけると風で飛んでいかないようにしっかり付けないといけないなあと考えながら、そもそも簾って外にかけるものなのかと疑問に思った。外掛け内掛け、両方あるようだ。竹の簾は高級品、葦の簾は葦=悪しに通じることからよしずと呼ぶことなどがわかった。窓から10センチほど離してかけると空気の膜ができてよいらしい。
15: 2007/08/08(Wed) 07:02
神戸空港からモノレールに乗って、三宮駅で降りた。自動改札は圧倒的に出る人が多い。こういうとき、どちらかのハシが逆方向の人のために入り口専用になっているものである。そのときはそうなっていたか確認したわけではないが、多分鳴っていたと思う。と、その駅から出て行く人の波の中で、自動改札の切符をいれるところにたって首をひねっている男がいる。つれも一人二人いた。見ていると彼は、駅から途絶えるなく人がでてくる自動改札機の出口で、無理やり切符を突っ込んでいるのである。それは自動改札の仕組みがわからない顔ではなかった。一瞬の隙をついて自分が切符を入れて、この流れを止めようとしているのである。私はこの男を見て、ヤツを思い出した。
16: 2007/08/08(Wed) 07:06
そして、ヤツも関西で育ったことを思い出し、ヤツのむかつくところは関西人らしさではないか?とほとんど確信した。大江戸線の駅に江戸しぐさとかいうマナーをよびかけるポスターがある。たとえばすれ違うときにかさをちょっとよけるとか。席をつめるとか。そしてお礼も軽く会釈をするとか。そういうものは関西にはない。奪い合いである。われ先われ先である。ただ、それはそんなに真剣なエゴではないようである。親しいし別にみんなしょーもない市民やないか何きどっとんねん、という軽いノリなのだろう、その気持ちはわかる。俺も人間がみなわがままでろくでなしであり、それを自覚して生きていかねばならないことには賛成だ。
17: 2007/08/08(Wed) 07:15
しかし、俺は仕事のうえでは他人と一線を引く。引かねばならないと思う。プライベートなことには立ち入らない。でも、相手の気持ちを読む、どうすべきかの方向を考えるという事は、つねにおこなう。他人だから言わなきゃわからない、というような一線の引き方ではない。ヤツにはその辺がわからないのだ。
18: 2007/08/13(Mon) 22:03
コンビニのレジに休止中の札がおいてあることがよくある。そして一つのレジに列ができると店員がやってきてお待ちのお客様どうぞ、といってその札を取る。その時の態度がまるで待ってるようだからもう一つレジを開けてやったぞ、と言わんばかりである。だいたい、ちょっとレジを離れるだけで札を立てるな、と。どうせ人が来たら帰ってくるんだから札を立てずに客を並ばせたって同じじゃないか。列が長くなってから、もう一個レジが空くと、どの辺であれば列を離脱できるか迷う。
たとえば5人並んでいて自分が3番目だったら。
19: 2007/08/23(Thu) 19:42
こぎれいという言葉はほめ言葉なのか?
少なくとも最大級の賛辞ではない。
見下ろしたような、ちょっとバカにさえしているようなニュアンスを感じる。
誰かが自分の部屋に来て、「こぎれいな部屋ですね」と言ったとしたら、
あんまりいい気持ちはしないと思う。
上司が「なかなかこぎれいにしてるな」などというのならいいが、
後輩が「こぎれいな部屋ですね」といったらちょっとムカっとくる。

本来の意味はどうだか知らないが、
だいたいこんなあいまいな言葉を使うのが悪い。
きれいですね、でいいじゃないか。
20: 2007/08/24(Fri) 21:30
先日むかついたこと。JRの自動改札に定期をあてたら反応しない事がある。その時は私は駅に入ろうとしていたのだが、出る人の方が圧倒的に多かった。私が改札に近づくと手前側は出てくる人が絶えなかったので、2,3台奥の方へ回って財布をあてた。するとその時自動改札が反応しなかった。あれと思って当てなおそうとしたら何と、反対側から人が入ってきた。私に気づかなかったどころか、何やってんだよジャマだなというような顔をして突進してきたので私はあわてて下がって、別の改札機から入っていった。私だったら、たとえ改札機があいていても、反対側に人がいたらそこには入らない。ラッシュなどで圧倒的に片方向が混雑する事はよくあるが、そういうときだからといって、奪い合うように改札を通るようなマネはみっともないと考えている。そう、急いでいるとか損とか得とかではなく、みっともない、かっこ悪いと思うのだ。そういう感覚が最近失われているのを感じる。それが世間を殺伐とさせている。
21: 2007/08/24(Fri) 21:31
これもよくあることなのだが、駅で切符を買おうと券売機に並んでいるとよく割り込まれる。割り込まれるのは券売機だけではないが、とくに券売機では激しい。券売機で並びながら上方の路線図などを見ているからだと思う。また私は並ぶ時に人との間隔を広く取る傾向がある。しかし私は絶対に列に割り込むようなことはしない。それはマナーの問題ではない。美学の問題である。確かに券売機の前で並んでいるのかどうかよくわからない人がいる。しかし私はそういうあいまいな人がいるところは避けて、あきらかに空いているところへ、たとえ遠くにあろうと、歩いていく。だいたい券売機がはじからはじまでびっしり並んでいる事などあまりない。
たいてい端のほうは空いているものである。電車の席もそうだ。階段のすぐそばの入り口に我先に乗り込んで席を奪い合っているが、先頭あるいは末端の車両に行けばガラすきなことはよくある。長年混雑している常磐線を乗ってきているので、混雑の対応には慣れている。基本的に混雑は避ける。無理して乗らない。ただし乗ったらもう荷物になったような覚悟を決める。
22: 2007/09/07(Fri) 02:28
私は心配性というか繊細というか神経質というか自意識過剰というかとにかくいろんなことに躊躇しためらい再考に再考を重ねて迷って迷いまくる人間である。今晩は台風がやってきて強風と豪雨でやかましい。いっこうに眠くならない。
23: 2007/09/12(Wed) 19:40
・・・奴って何なの?というレスまたはスレを最近よく見かける。私も作ってみた。すでに書いたものも含まれている。

吉野家を吉野家の牛丼って一回長くしてから再短縮して吉牛って言ってる奴って何なの?
駅の階段で傘の真ん中あたりを持って後ろに傘の先端を突き出してる奴って何なの?
駅の切符の販売機の前で切符を買った後にずっと立って何かやってる奴って何なの?
実況板でsageてる奴って何なの?
トリップつけてAA使いまくって無内容な書き込みしてる奴って何なの?
トイレで個室に入ったとたんにガラガラガラとトイレットペーパー使う奴って何なの?
トイレでトイレットペーパーをいつまでもガラガラガラガラ使ってる奴って何なの?
トイレで手を洗う時にハンカチを口にくわえてる奴って何なの?
トイレで隣の人をちらちら見る奴って何なの?
小便する時に便器に体を密着させてる奴って何なの?
朝子供つれてものすごくゆっくり歩きながらしゃべってる母親達って何なの?
就職面接でタメ口な面接官って何なの?
エアコンがあるのにつけないで暑い暑いとずっと文句言ってる奴ってなんなの?
無問題とか言ってる奴って何なの?
シリアルを尻って言うやつ何なの?
ネ申とか言ってるやつって何なの?
24: 2007/09/13(Thu) 05:24
最近発見した。PCマニアは英語が苦手。あえてオタクという言葉は避ける。PCマニアというのは、PCを使って何かをすることではなく、PCそのものについて興味を示す者を指す。身近にこういう人間を二人知っている。毎日一緒に仕事をした。二人ともまあ悪い人間ではないのだがだんだんイライラしてきて最終的には敵になった。
25: 2007/09/13(Thu) 05:31
二人とも英語がまったくといっていいほどできない。whiteのつづりがでてこなかったりする。PCにかんする英語は、どうも英語としては理解していないようである。二人は極端な例だが、SEやプログラマの中には英語に拒否反応を示す人がおおい。プログラムなんか英語とほとんどかわらないと思うのだが。英語を嫌う人は理系の人に多い。嫌いだから理系になったのかもしれないが。たぶん英語が原則だけおぼえれば万事に通用するようなものでないことに耐えられないのだと思う。その辺は私の得意なところである。私はまったく逆で、この世の中に原理原則通りの事など存在しない、すべてはその場限りの特例であると、世の中のあらゆる現象はすべて奇跡であると考えているくらいである。
26: 2007/09/13(Thu) 05:36
理不尽なことにも耐えられる。しかし困るのはそれが周囲の人間には耐えられないことだ。私の忍耐力は大変なものなので、一緒にいる人はすぐに音をあげる。まあ、怒り出すのが先だが。彼らはそういうときに私のしていることが理不尽であるとかメチャクチャであるとかいい加減であると言うのである。しかしレンガを一つ一つ積み上げるような思考と行動原理が生み出すものはピラミッドのような無用の長物である。たしかにピラミッド自体はすばらしい建造物であろう。奇跡のようなものであろう。しかしピラミッドが有名なのはそれが何のために作られたかがよくわからないからなのである。
27: 2007/09/14(Fri) 19:35
slamというのは擬音語なのだろうか?だとしたらカッコいい擬音である。ドアが閉まる音を「スラム!」と表現するなんて、素晴らしいセンスである。私はいつも8時少し前くらいに起きるのであるが、その1時間くらい前から目が覚めている事が多い。最近は酒の飲みすぎと運動不足などのせいだと思うが眠りがあさく、明るさと先に起きた家族のたてる物音で目がさめてしまう。特にトイレのドアをバタン!と閉める音には飛び上がりそうになる。私はうるさい音が嫌いだし、自分がうるさい音を出すのもイヤだ。大きな声で話す人が大嫌い。カツゼツをはっきりしすぎるのもイヤだ。関西人がネクタイのクを強調するような言い方とか、語尾のすを強調したり延ばしたりするのも嫌い。私は語尾はほとんど聞こえないくらいに弱くする。
語尾をはっきりしゃべるのは、何を言っているのか、肯定か否定かなどをはっきりさせて気持ちいいのかもしれないが、語尾次第で何を言っているのかがわからなくなるようならその発言自体が不適当なのだ。「夕べは暑くてとても寝苦しかったから全然・・・」ときたらもう「眠れなかった」以外の言葉は来ないだろう。このように言葉の意味というのは、相手にすべての音が伝わった後に頭の中で組み立てられて意味を判定する、というような伝わり方はしない。だんだん明るくなるような、もやが晴れていくような感じで段階的に伝わっていくのである。「主語がない」とか「5W1Hを明確に」などとは特に仕事をしているときに注意されることであるが、行間や背景や相手の意図を全く読まずに文字やことばだけから判断しようとするほうが間違っている。
28: 2007/09/15(Sat) 01:26
もう一人当てはまる人間を思い出した。彼は今俺を悩ましている男と非常によく似ている。カネをたくさん貯めているのも同じ。よく言えば正義感が強く、はっきりとモノを言う。ただし遠慮がなさすぎるので人から疎まれる。彼も英語はあまり得意じゃなかった。突然大声で怒鳴ったりした。
29: 2007/09/17(Mon) 22:32
どうしたらいいか、わかった。
簡単なことだ。
小学生の頃から知ってた事。
全員許して、みんな仲良くすること。
痛みをすべて、俺が飲み込んで、笑ってごまかすこと。
30: 2007/09/28(Fri) 00:52
眠れない。許して笑って・・・では済まされない。酒飲んでも、眠れない。
31: 2007/10/19(Fri) 03:27
小便するときにズボンを下ろしてるやつって何なの?
トイレで手を洗った後ハンカチで手を拭かずに髪の毛さわるやつって何なの?
32: 2007/11/15(Thu) 19:34
初心者向けを馬鹿にするな。初心者向けに何かを説明するのは大切だしそれなりの技術も必要である。たとえばWindowsはコンピュータの初心者向け技術であろう。Linuxユーザはバカにするけど、Windowsのおかげでどれだけの文化が世界に広まったことか。以前にもどこかに書いたがインターネットの普及の最大の要因は大量に存在していたWindowsユーザによるところだと思う。
そういう初心者を馬鹿にする風潮のあるLinuxの世界やプログラミングなどでも、初心者には冷たい。初心者にかまっているヒマがないのが一番の理由であろうが、初心者に伝授するすべを知らないのも大きな理由である。この手の世界は標準が先にあっておそれに準拠するというのではなく、なんとなく作って広まったら後で標準になる、という世界であるから、教えようがないのだ。ごく基本的なことなら原理原則もあるが、ほとんどはTIPSとしてその場限りのマメ知識である。
33: 2007/12/01(Sat) 14:13
カレーをすすって食うやつって何なの?
34: 2007/12/03(Mon) 19:59
つまりね、誰が言ってる事が正しいとか、どちらの言い分が正しいとか、その人の発言が間違っているとかどうかは重要じゃないんだ。問題はその発言によって人がどう動くか、その発言によってある問題にみなが注目し、多くの意見が誘発され、結果として事態が改善される、それが大事なのである。

いわゆる議論好きな人、理屈っぽい人、ディベート好きな人はそれがわかっていない。自分がスジの通った事を言って気持ちよくなりたいだけなのだ。

流行語になっている空気が読めない、というのもそういう意味だ。なんだか理不尽な事でも妥協しろというようなニュアンスもなくもないが、本来の意味はそういうことではない。

揚げ足取りや枝葉末節にこだわらないで、本質を見極め、一番大事なのは言うだけなくてなんとかしろってこと。
35: 2007/12/05(Wed) 21:43
寒いんだかなんだか知らないけどホームじゃなくて階段の上で電車待ってる奴って何なの?
36: 2007/12/05(Wed) 22:58
SLで日本語チャットしてるヤツって何なの?
37: 2007/12/06(Thu) 20:12
最近通勤途中で見かける人にあだ名をつけて遊んでいる。自分の心の中でつぶやいてニヤついているだけであるが。
こまきちゃん・・・既出
魔人・・・既出
フランケン・・・顔が青白く猫背で背が高い男
プーマン・・・背中にPUMAとかかれたパーカーを着た、姿勢がよくアスリートっぽい女の子
ロックンローラー・・・ロックンローラーのようなジャラジャラした服装の男
ズボン吊・・・ズボンにベルトをせずにポケットにつっこんだ手でひっぱりあげるようにしている痩せているが腹がぽっこり出た浮浪者のような男
38: 2007/12/06(Thu) 22:24
ケンタッキーでゴキブリを揚げたということが問題となったかと思えばデタラメでしたで落ち着いたかと思えばほんとにデタラメなのか?なんてことになっているが、俺から言わしてもらえばいまさらケンタッキーだの吉野家だのマックだのの厨房でナニが起きてるかを騒いでんじゃないよ、といいたい。みんな成人するかしないかのアルバイトだろ?朝晩催眠にかかったようにオナニーしてるアンちゃんやネェちゃんたちだろ?ムシャクシャする年頃だろ?居酒屋だったらチューハイに陰毛いれたり唾はいたりするだろ?そんなこと、今まで想定してなかったの?みんな石鹸で手を洗ってお客様に喜んでもらいたいからつらいことがあっても我慢して笑顔でいよう、お金の問題じゃない、お客様の笑顔が私の生きがいなんだ、とかいってヤツらがハンバーガー焼いたりコーラいれたりしてると思ってたの?どんだけオメデテーんだよお前ら!!!
39: 2007/12/08(Sat) 09:05
いつも乗っている電車は15両編成が普通なのだが時々10両編成の電車がくる。そして普段の乗車位置で待っていると10両編成の場合は移動しなければならない。このあいだ10両編成の最後尾に乗って降りようとしたら、降車駅でそうやって移動してきた人数人がドアの前に立っていた。ドアのど真ん中に20歳くらいの若者が立ちはだかっている。降りようとする俺を見ても微動だにしない。ここはよけてはいけないと3秒くらい待ったが奴は俺が立っている理由が理解できないようだったので、軽く体をひねってやつを突き飛ばしぎみに降りた。
40: 2007/12/08(Sat) 09:10
ドアの脇にたって降りる人がいなくなったら乗る、ということを知らないのだ。きっと彼は乗ったあとドアの脇に寄りかかっていたりするだろう。ドアの脇に立つのは私も好きだが開く側のドアになったら私は反対側へ移動する。込んでいるときは乗車したらいすの真ん中の位置までいってつり革につかまる。隣に人がいるところは開いていてもまず座らない。ただし端っこであればすわることもある。ただ開いている席の前に立つと座りたい人が座りにくいのでその前に立つこともさける。
41: 2007/12/08(Sat) 09:14
会社などで、電動ではないがバネでゆっくりしまっていくドアを開けるとき、後に続く人のために押さえている人がいるが、あれはありがた迷惑である。その人のために急がなければならないし、押さえてもらったら軽く会釈くらいしないと失礼みたいだ。私は押さえることもしないし、押さえてもらっても会釈しない。笑顔でこっちを見てさあどうぞ見たいな顔をされたときは仕方ないから軽く頭をさげたりはするが。だいたい俺が気に入らないのは、こういうことを休日遊びに出かけた先でやらないのに会社でだけすることだ。それがムラ意識、身内主義、共通の敵を作って結束を高めるというやらしい思想なんだよ。
42: 2007/12/10(Mon) 00:16
今日吉野家いったんです久しぶりに吉野家
そしたらなんか店がこじゃれててファミレスみたいなつくりになってたんです
そんで並頼んだんだら肉が少なくて
後半はメシと紅しょうがだけになってたんです
Uの字のカウンターはなくて
帰ろうとしたら呼び止められて
後払いなこと忘れてたんです
おまえらドシロートは空海のショッパイラーメンでも食ってろってこった
43: 2007/12/26(Wed) 05:55
最近はふとした時に、それは寝床で目がさえてしまったときや、トイレにいったとき、洗面所で鏡を見たとき、バスに乗っているときなどであるが、過去に誰かからしかられたり文句を言われたりした事を思い出す。私はめったにというか記憶にないくらい、人に面と向かって文句を言わない。客の立場ではたまに言うが、仕事上文句を言うことはほとんどない。私は少し雑なところがあって、メールなどでも誤記をすることがよくある。たとえば毎日出すメールで、昨日のメールをコピーして日付を変えずにそのまま出してしまうとか。しかし私はその手のミスはそんなに致命的だとは思っていない。それどころか、そういうミスさえしなければ仕事をうまくやっていると思っている人の事を問題だと思っているくらいである。
44: 2007/12/26(Wed) 06:00
大企業になるほどそういう人が多い。ミスをしないこと、自分の守備範囲を限定してそこからはみ出すことには一切関心を持たず、そこでおきている問題に対して自分が動くことはせずに文句ばかり言う人。分担は必要だがその分担の責任を果たすことは前提であり、当たり前のことである。しかし人間のやっている仕事はレンガ積みでもなければ将棋でもない。ルールの変更もあるし守備範囲も時々刻々と変わる。相手によって常識も用語も変わっていく。そういうイレギュラーに対し、「それは私の仕事じゃない」「そんなの聞いてない」と言って動かない奴。
45: 2007/12/26(Wed) 06:06
ケツをたたいてそういうイレギュラーに対応させると、言われたとおりにしか動かず、そのイレギュラーをレギュラーの仕事に組み込む姿勢がない奴。通常やっている仕事にイレギュラーがおきたら、それに対応して、そのままにしている奴。後で誰かが同じことをしようとしたら、「それは○○じゃなくて××です」という奴。ゲーマーだゲーマー。攻略本を見て攻略したらオシマイ。あれやってこれやってうまくいったらそれで終わり。ラスボスを倒したらはいオシマイ。
46: 2007/12/26(Wed) 06:12
なぜそうなるかというと、彼らは労働者であるという意識しかなく、誰かにサービスを提供しているという意識がないからだ。今はあるサービスを提供するのに複数の会社が階層構造をとるのが当たり前だから、A社がB社の客である、ということがあるが、その関係も最終的にサービスを享受する人のための関係であり、サービス享受者の利益を第一に考えるべきであって、それに反することであればたとえ直接の顧客はA社であろうと、意見すべきなのである。
47: 2007/12/26(Wed) 06:15
これは上下関係でも言えることである。お客のためには、上司にも反発するのである。社長よりも10円でも払ってくれる客のほうが偉いのである。ところがほとんどのサラリーマンは客を敵のように考えいかに彼らを出し抜くかを考えている。偽装とか汚職とかが問題になっている。騒ぎすぎな感もあるが、「客」を意識しなくなったことがこういう問題の増加の一因である。
48: 2007/12/26(Wed) 06:23
なぜ「客」を意識しなくなったか、「サービス」という意識がなくなったか。これは市場原理、実力主義に対する妄信の結果である。かつての日本は雇用が安定していて、一度就職した会社には定年まで勤めることが普通だった。給与は良くも悪くもあまり変わらない。よっぽどのことがなければ長く勤めるにつれて昇給していった。そういう社会で働く人が求める働き甲斐というのは抽象的なものになる。もしその社員が待遇に満足していれば、その抽象的な働き甲斐は明るいものになる。それが「お客様に喜んでもらうこと」といったようなことである。それが不景気になるまでの日本にはあった。しかし不景気になって、ビッグバンだとかグローバルスタンダードだとか構造改革だとかいうことになってきたころから、日本式がすべて否定されてしまい、年功序列や終身雇用とともに、「お客様に喜んでいただく」という美徳までも否定されてしまったのである。
49: 2007/12/26(Wed) 06:28
とは言っても、日本はいまだに欧米にはなれていない。翻訳するのが精一杯で、消化しきれない。「欧米か!」と馬鹿にされるのがオチである。そして、実力主義を導入した結果、形式はそのまま残って、不合理ではあったが美徳であったサービスの精神だけがなくなるという最悪の事態になった。
50: 2007/12/26(Wed) 06:31
ただ、実力主義を導入したら廃れてしまうサービス精神というのも、結局わが身かわいさからのサービス精神に過ぎなかったとも言える。今の日本は本音が見えてしまったのだ。しかしいざ本音をさらけだしてしまうと、偽善のほうがまだマシだった、とみんな思っているのではないだろうか。
51: 2007/12/26(Wed) 06:34
結局は、理想の欠如である。日本が間違っていたとするなら、それは理想が間違っていたのである。国の愛し方が変態的だったのである。それが欧米人にはキモかったのである。とりあえずそういうのやめろ、とキモいカップルが引き離されたところである。たしかに日本にはキモいところがあった。それはみんな認めるだろう。キモいのはやっぱりよくない。
52: 2008/01/06(Sun) 11:45
最近の女は亭主のことを「ダンナ」か「ダーリン」と呼ぶ。少し前までは「主人」が一般的だったと思う。男女平等だからということだろう。どちらも不快な呼び方である。明らかに「男も女も対等だから」という主張を全身から発している。ダーリンのほうがダンナよりはましかもしれないが、ただの恋人のような扱いはダンナ以上に不快に感じることもある。
53: 2008/01/06(Sun) 11:48
そして男は妻を「奥さん」と言う。私が子供のころに自分の妻を奥さんとよぶような大人は見たことがなかった。奥さんって敬語じゃないのか?互いに敬うのはいいけど、他人の前で夫婦を敬語で呼び合うのはいかん。こういう優先順位もくずれいている。客>社長>上司>自分。他人>親戚>親>自分というような。
54: 2008/01/08(Tue) 19:49
最近ずっと昼食はオニギリかサンドウィッチを買って食べていたのだが、とてもおなかがすいて、久しぶりに食堂で食べた。どうして食欲が増したのだろうと考えてもわからなかったが、
しばらくして気づいた。年末年始で9日休んだからだ。リフレッシュしてストレスがなくなったのだ。それしかない。
55: 2008/01/18(Fri) 01:06
出会い系のサクラ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>マルチ商法
56: 2008/01/20(Sun) 18:18
最近私の職場である若者がマルチ商法を始めてそれをきっかけに転職してしまった。上司や同僚はよっぽどショックだったのか今だに毎日そのことを話題にしている。私は以前、求人広告に載っていたアルバイトの説明会に参加したらそれがマルチ商法だったことがある。30万円くらいの羽毛布団を買って、それを5人に紹介すると、その5人から5%だかのバックが入るというのである。わたしは、正直言うと、いまだにマルチ商法やねずみ講の何がいけないのかがわからない。ただ、なんとなくそんなうまくいくはずがないだろう、と感じる。だいたい、もしそれが成立するなら、別に布団なんか買わずに、上納金のやりとりだけをおこなえばよいことになる。
57: 2008/01/20(Sun) 18:20
ある人が5人の人を集めて、「俺に1万円ずつくれ」と言ったとする。そしてその5人が、同じように5人ずつ集めて俺に1万円ずつくれ、と言う。1万円払って5万円もらえるわけだ。なんて簡単なんだろう!
58: 2008/01/20(Sun) 18:22
とりあえずwikipediaをみてみると、結局は「人口が有限で会員の増加に限界があるから」というのがいけないと書いてあった。それだけなんだろうか?
59: 2008/01/20(Sun) 18:24
わたしがあんまりマルチ商法に腹がたたないのは、商売自体がそんなきれいなものではないと考えているし、商売で利益を得られる根拠がわからないからである。マルチはそのインチキさがあからさまなだけで。
60: 2008/01/20(Sun) 18:36
誰だってモノを売るとき利益をつけて売るよね?その利益で生活するよね?そうじゃなきゃ生活できないからね。そしてモノを買ったり家賃を払ったりするよね?それを払う相手は同様に利益を得ているよね?
61: 2008/01/20(Sun) 18:40
まあよくわからないけど、お客さんから利益を負担していただいている、おそれいります、と感謝することで許してもらえるのだと思っている。もし正当な利益だったら「ありがとうございます」なんていう必要ないもんね。そうだ、客に頭をさげて礼を言っていることが、商売で得る利益が不当、とまではいわないまでも、合理的なものではないということを証明している。
62: 2008/01/23(Wed) 20:52
最近はパソコンのキーボードとマウスばかりいじっていて、字を書くどころか読書もほとんどしないようなありさまである。きっといろんな感覚が鈍っているだろう。子供の頃は絵を書いたり、紙を切ったり貼ったり、笛を吹いたり、跳び箱を飛んだりドッジボールをしたりといろんなことをしていたから、いろんな刺激を受けていたが、今はそれがない。
63: 2008/01/26(Sat) 07:04
NHKでキレる大人についての番組があった。>>22 で触れた江戸しぐさを紹介していた。キレる人が増えたのには、キレる側とキレさせる側両方に原因がある。そして世代間の断絶というか相互理解の難しさはいつの時代にもある。あきらかに人心は荒廃している。公共の乗り物内や混雑した場所でのマナーは無いも同然。
64: 2008/01/26(Sat) 07:09
「江戸しぐさ」というのは、ダンディズムである。コミュニケーション技術ではない。多分この番組を見た人も、出演者も、企画した人も、それを理解できている人は少ないと思う。席を譲るとかいう行為は無償の行為であって、それに対する感謝は求めないどころかくどい感謝に対しては不快をおぼえるくらいである。キレている大人の半分くくらいはこのダンディズムを理解していない者に対する怒りのぶつけどころがなくて爆発しているのだと思う。
65: 2008/01/26(Sat) 07:13
そもそも、「江戸しぐさ」などと名前をつけてそれを推奨すること自体が江戸っ子から言わせれば無粋なのである。わたしが子供の頃には、そういうさりげないマナーをみにつけたカッコいい大人やアニキみたいな人がいたものである。自分が正しい・悪くないというのを論理的に主張するなんて、一番カッコ悪いことだった。
66: 2008/01/26(Sat) 07:19
そうそう、自分が正しい、相手が悪い、誰が正しい、誰が悪い、そんなのどうでもいいのである。子供が泣いてたら助けてやる、年寄りがヨボヨボ歩いていたら助けてやる、それだけである。「わたしは助けてもらえる資格があるから助けてください」「あなたには助けてもらう資格はないから助けてあげません」こんなことは考えることすら許されないことである。
67: 2008/01/26(Sat) 10:02
昨日の番組だけでなく最近はあちこちで子供も大人も「キレる」原因は何か、ということでカルシウムが不足しているだの更年期だの果ては遺伝子だの異常気象だの言い出しているが、そんな「科学的」な原因で解決する問題ではない。「キレる」というのは、正当でない、理不尽な感情の沸騰なのである。そこに科学は無力である。キレている人に向かって論理的に「あなたはああしてこうしたからけないのです、怒るのは不当ですからおとなしくしましょう」なんていったらますます怒りが増幅するだけである。
68: 2008/01/26(Sat) 10:11
私はこんなスレッドをたてたくらいだから最近よくキレるので、キレる心理はよくわかっている。キレる対象は、わかりやすく言うなら、偽善である。相手があからさまに自分に対して危害をくわえたり迷惑をかけたときには人は怒りはしてもキレたりはしない。
69: 2008/01/26(Sat) 10:16
1.お前が悪いけど我慢してあげているという態度
2.客だから理不尽な事を言われても従いますという態度(もちろん理不尽な事は言っていないという前提で)
3.志が同じだからではなく、利害が一致するという理由で作られた偽りのチームワークや友情
4.その場にいない人間をけなすことで結束を高める
70: 2008/01/26(Sat) 10:25
ちょっと抽象的だな。具体例をあげよう。
歩いていたら警察にいきなり「あなた職業何?」と聞かれた。職務質問である。「警察だ」の一言もなしに。パトカー乗って制服着てるからわかるでしょうというのだろう。わたしはそのとき酒を飲んでいてさらにキレやすくなっていたので「何でそんなこと言わなくちゃいけないの?」と思いっきり不快な顔で聞いた。ここで肝心なのは、沈着冷静に言わないことだ。感情をあらわにする。それが私の主張でもあるのだ。感情の問題なのだ。「今あなたパトカーみて引き返したでしょ。ポケットの中見せてください」「任意なの?じゃあ拒否します」「ちょっとだけだから、やましいことがなければいいでしょ別に」「何もなかったらどうすんの?」
行こうとすると無線でどこかに連絡し始めた。そのときは待ち合わせをしていたのでめんどくさいから応じた。ポケット、財布、かばんの中を調べられた。終わっても礼もわびもない。
71: 2008/01/26(Sat) 10:25
キレるといっても手はださないよ。そんな勇気はない。飲み屋で女の子をびんたしたことはあるがそれはキレたのではなくて酒乱のせい。あと看板をけり壊したりしたことはある。それくらい。
72: 2008/01/26(Sat) 10:41
職質はそれから1ヶ月もしないうちにもう一度された。今度は道端でバッティングセンターで録画したムービーを見ていたときだ。例によって身分を名乗らずに突然「ちょっとポケットの中見せてくれる」と来た。「いやだよ。どこの誰だよお前は」と相手の名前を言わせたが興奮して覚えていない。「2じらのxxです」「ニジラって何だよニジラじゃわかんねえよ」「警察です」「最初っから警察って言えよニジラなんて言われたって誰もわかんねえだろ」「持ち物見せてもらえる?」「なんで?道端でケータイ見てちゃいけないの?」と食ってかかっていると警官がもう一人きた。ホリエモンそっくりな気の弱そうな奴で、「すいませんねちょっと協力してください」などと言うので少し落ち着いてポケットの中身などを見せた。帽子の中に持ち物を入れろというので乱暴にぼんぼん放り込んでいたら相手の手が震えていた。今思うと寒かっただけかもしれないがちょっとやりすぎたかなと思ってトーンダウンした。しかし終わった後も「ったくムカつくなあ」などとぶつぶついいながら思い切り不快感を、遺憾ではなくて不快感を表明して立ち去った。
73: 2008/01/26(Sat) 10:51
これは恥ずかしいことだがあれほどキレたのも珍しいので恥をしのんで書こう。

tじょあjがのbじゃおじょjさで、おhごあsjhふぉsfjdしていたら、バオjトjタオシじょいになって、警察を呼ばれた。そいつがjfぁsじょあいsjふぉあと言ったからじょあごあおあおあjfと言い返した。しばらくしてそいつはjごあsjふぉあsふぉでfじゃそあ;あl;あ;あ・・・・・。

やっぱり書けない。なぜならそいつは俺の個人情報を握っているからだ。そいつが万一これを見つけたらどんなことになるかわからない。
74: 2008/01/26(Sat) 10:56
あとは飲み屋だな・・・。通っていて指名していたコがいたのだが、そのコにアフターを断られてキレたことがある。それが先ほど書いた看板をけり壊した時である。どうして断られただけでそんなにキレたのかよく覚えていないが、女の子だけの集まりだから来ないでというようなことを言われたのは記憶している。
75: 2008/01/26(Sat) 11:05
もうひとつ思い出した。それと同じころのことだが、仕事をしていた5人くらいのチームのリーダーが抜けて後任のリーダーが来たのだが、その人がチーム内の年上のメンバーにタメ口をきいたことなどでそのメンバーとの中が険悪になり、ついに朝のミーティングでその人がリーダーを批判して「こんなリーダーでは危険だ」見たいなことを言った。その後、常駐している会社へ移動する途中で、そのリーダー批判をした人と一緒に喫茶店に行って少し話をした。私はその人をなだめたつもりで、少しいいことをしたくらいの気でいた。その人は用があるとかで私が先に客先に着いて、後からその人が来た。その人は私を見ると、「○○さんの話聞いて思ったんだけどさ」とそこで言葉をとめたので、「なんですか」ときくと「アンタ、何もわかってないわ」とはき捨てるように言われた。わたしはもう我慢できなくて「わかってないって何がですか?」と強い口調できくと、「いろいろ」などと言って答えなかった。わたしは興奮してその後しばらく仕事が手につかなかった。
76: 2008/01/26(Sat) 11:14
今、わたしはその人と同じような立場にいる。チームリーダーは1つ2つだけど年下で、私は年長で若い奴はリーダーと仲良くやっている。正直嫉妬心や疎外感、不安のようなものはある。
77: 2008/01/26(Sat) 11:23
その人はその、「何もわかってないわ」発言を最後にその職場を去った。そして私はその後しばらくして出社拒否状態となってしまった。
復帰してしばらくしたら公認のリーダーが独立するということでそこを去った。その後中国人が来たり、新しいリーダーをどうするかなどでいろいろゴタゴタがあって、わたしはまた出社拒否になって、クビになった。
78: 2008/01/26(Sat) 11:25
こうやって振り返って見ると、私はけっこう職場でイザコザを起こしてきた。クセのある人間なんだろうな。無口で気が弱いくせにガンコという、厄介な性格。基本的にまじめでなんでもやるんだけど、仕事が雑。そしてミスを指摘されるとプライドが高いので傷ついたりふてくされたりする。
79: 2008/01/26(Sat) 11:27
そう、このプライドというものが、厄介なんだよね。もちろん持っていなきゃダメなんだけど、ただの見栄や仮面と勘違いすることも多い。
80: 2008/01/26(Sat) 12:30
議論してどうにかなることなんかどうでもいいことでしかない。
議論ですべてが解決するなら強行採決なんかおこらないのである。
政党も派閥もいらないのである。
81: 2008/01/26(Sat) 12:32
議論やディベートが強い、得意なんていう奴は、俺から言わせたら靴の紐を結ぶのがうまいって自慢してるぐらい滑稽。
82: 2008/01/29(Tue) 20:20
わたしは今の職場でなんだか馬鹿にされてます。今までの経歴はほとんど何も話してないのですが。そんなに馬鹿じゃないのに。ただ、いえるのは、優秀な人ほど人を馬鹿にしない。何もできない人ほど人を馬鹿にして責める。
83: 2008/01/29(Tue) 21:21
接客業では靴を見て客を判断するという話を聞いたのだが、それでサービスを差別でもするのだろうか。汚い靴を履いているから下衆なやつだと。それとも逆に靴が汚い奴は下衆野郎だから気をつかわないとクレームとかをいわれやすいとか。
84: 2008/01/31(Thu) 21:11
あなたは自分の考えとかポリシーといったものを誤解している。あなたが主張しているのはただの自分の好き嫌いや感情である。自分の考えを持てというのは、わがままを言え、という事ではない。ポリシーというのは、感情や好き嫌いを超えるものである。ポリシーを貫くことは時には自分の損になることもある。それでも貫くからこそポリシーなのであって、ただ自分の考えを頑固に主張して誰に言われても撤回しないというのは、ポリシーを貫いているのではなくただのわがまま、強欲、無神経である。
85: 2008/02/04(Mon) 22:59
私は人間的にちょっと問題はあると思うが、我慢できるし外面はいいので、仕事はうまくこなす。問題のある性格は押し殺しておけばよい。そのかわり宴会や社員旅行は苦痛だけど。しかし、そんな私も最近仕事で苦労している。どうしてだろうと振り返ってみると、どうやらネットワーク関連の仕事に足を踏み入れたときから、苦労が始まったように思う。私はもともとアプリケーションの開発をしていた。いわゆるSEである。SEの意味は非常に広くてあいまいであるが、アプリケーションを作る人、というのがもっとも近いと思う。アプリケーションを載せるOSやらHWやらプロトコルやらの知識も必要なので、いろんなことに通じている必要があるが、やっぱり担当はアプリケーションというソフトウェア、ユーザーインターフェースと言ってもよいかもしれない。ネットワークの世界に来て苦労した理由のひとつは、もちろん知識不足も一因であろうが、もう数年もたってそれなりの知識はだいたい身についてきたかなと思えるが苦労は耐えない。アプリケーションのときだって、最初は何も知らなかったし、何もかもをやりながら覚えてきたのである。まずいえることは、ネットワーカーは客と接する事が少ないという事。そして、営業やSEから客の無理難題を押し付けられているような意識があるように見える。アプリケーションエンジニア(SE)は、客側のエンジニアである。システムと客の要求をすり合わせる立場である。客よりはマシだとしても、所詮SEなので、詳しい事は知らない。ヘタに知ってるつもりで素人よりタチが悪かったりする。でもお客のために仕事をしているのだから、お客の「無理」が通ることになる。そういう風にエンジニア達は思っている。そういうグチをよく聞く。でも、それは無理でもなんでもない。お客だから無理を言う権利がある、と考えることさえ間違っている。ネットワーカーは、目立たない仕事である。動いてあたりまえ、水道や電線とおなじようなものである。うまく動いてもほめられるのはユーザーインタフェースであるアプリケーションである。だからネットワーカーはおもしろくない。私も一応ネットワークエンジニアのようなことを数年してきたが、おもしろくない。やりがいがない。アプリのときもやりがいはなかなか感じられなかったが、それはせっかく作ったものをひっくり返されるとか、せっかく作っても使われないとか、しょうもないものしか作れないという理由であって、SEそのものがつまらないのではなかった。しかしNEは、NEそのものがつまらない。やりがいもないし、周囲の不満も強い。自分も不満を感じている。将来もあまり明るくない。
86: 2008/02/11(Mon) 12:35
私が今ストレスを感じているのは、職場にいる人の性格というか仕事のやり方のせいである。それはもう社風といってもいいくらいなのだが、
よく言えば論理的に筋道立てて考え、感情や思いつきにながされない。
しかし、悪く言えば、未知なこと、不合理なこと、あいまいなことに対応できない。そして、これは何度も言っているが、「仕事」というのはそういうことだらけなのである。論理的に解決できることなら、「IT」によって、コンピュータにやらせればいいのである。それ以外の交渉、問題そのものをあぶりだすこと、やってみないとどうなるかわからないことは、人間がやるしかない。どうしてやらなくちゃいけないのとか、やっても意味がないとか、小学校の算数ドリルのようなことばかりが仕事じゃないんですよ。
大人の世界ってそうでしょう?バイトと仕事は違うんだってことが、社会人になったらわからなかった?
そうそう、その人達は、バイトが仕切り方が悪いとふて腐れるような感じだよ。
87: 2008/02/11(Mon) 12:37
技術者だから、というのがあるのかもしれないが、これも常々言っていることだが、ほんとうに技術だけを極められるのはごく一部の研究者だからね。民間企業で働いてる人は基本は誰でも商人なんだから。お客さんの顔色伺ってヘイヘイと手をスリスリしていないとダメなんだぜ?
88: 2008/02/19(Tue) 21:17
今壁にぶつかっている。それも自分の今までの生き方を考え直さなければ超えられないような、厚くて高い壁である。私は今ある機能の内容を調べているのだが、それがどんな目的・理由で使用するのかがわからない。今までであれば、周りの人に聞けばだいたいわかった。
自分の知識が少なく、技術も未熟だったから、わからないことは人に聞けばよかった。しかし最近、誰に聞いてもわからないとか、誰に聞けばいいのかわからない事が増えた。しかし考えてみると、近くの誰かに聞いて答えがでるようなことなら、まさにガキの使いでもできることである。答えがでないなら、アプローチを変えてみるとか、逆にその事をどうして知りたいのかとか何のために知りたいのかとかを聞くとかしてみる。
89: 2008/02/19(Tue) 21:30
ひところはイライラしてアタマも回らず、決断もなかなかできないことが多かったが、最近そこから抜け出せそうな感じがしている。その苦労は自分とは違うタイプの人間との食い違いによるところが大きかった。そして、その際にもしかして自分のやり方は間違っていたのか、今まで甘やかされてきたのか、だからこんな現状なのかと、絶望しかかっていた。しかし最近、そんなに自分を卑下する事はない、違いは差異であって優劣ではないと、せいぜいが適性の違い、育った文化の違いだろうと、思えるようになってきた。自分の思考法や仕事の進め方でも、人のやり方をまねてみることもしてみた。なるほどねと思うこともあったが、やっぱりこれじゃできない、と思うこともあった。考え方や仕事の仕方には矛盾するようなアプローチがある。それをジレンマと考えるとつらくなってしまうが、状況に応じて使い分けるようにすれば楽になる。たとえば最近よく言っているレンガを積むような思考。これは効率が悪かったり方向性を誤ると危険だが、着実にミスなくすすめることができる。しかし語学ではレンガ積み思考は厳禁である。基本は丸暗記でよくわからないところがあってもとりあえず置いておいて全体を捉える。レンガを積むというより岩を砕く感じである。私はこちら側に偏っている傾向がある。この違いは文系・理系の違いといってもいいかもしれない。レンガ積みが怖いのは、方向性を見失いがちなことと、細部にこだわるあまりに重要な事を忘れてしまう事だ。小事がいい加減なら全体もいい加減、という理屈もわかるが、小事が完璧なら全体も完璧、とは絶対にならない。やはり常に全体を、結果を意識することは重要だと思う。自分の持ち場だけを几帳面にこなしてあとはよろしく、は通用しない。
90: 2008/02/28(Thu) 05:14
またイライラ再発。よく見かけるが口もきいたことのない人に怒られた。わたしの不注意といえないこともないが、多分関係者を集めて話し合えばわたしの過失はせいぜい2/10程度だろう。しかし理解できないのはその怒った人の態度である。もう、こいつまたやりやがったないい加減にしろよというノリなのである。この職場はそういうノリの人が多い。おかしいよ、ここは。今までの職場でも不快な思いはしてきたが、ここは異常。廊下ですれ違うときも横に並んで歩いてたり、ぶつかっても謝らなかったり、混んでいる場所では押しのけるようにしたり・・・ラッシュの電車の中みたいな状況。
91: 2008/02/28(Thu) 05:17
こんな時間に酒のんだら駄目だよな・・・でも飲むぞ頭にきたから。
頭にきたから酒を飲むって危険だな。でも飲むぞ。わたしは8時におきればよいので、6時半から90分も寝れば十分。あと一時間、酒を飲んでぼんやりします。じゃあ。
92: 2008/02/29(Fri) 20:10
ある人が本を読むと金持ちになれると書いていた。本を読んでいるかどうかで勝ち組になれるかどうかが決まるというのだ。最低である。よくそんなことを公言できるものだと呆れる。IT業界人の品性下劣さは目に余る。実際にどんな本を読んでいるかといえばハウツー物や軽い自己啓発的な小金稼ぎ目的がみえみえの軽薄なものばかりである。別のところでも書いたがいくら読書をたくさんしてもその人の中身は変わらず、個性に磨きがかかるだけである。
93: 08/03/01(Sat) 09:20
せっかくの天気のいい土曜日の朝なのにイライラが最高潮である。非常に感情の起伏が激しい。誰かが常にストレスの対象になる。
94: 08/03/01(Sat) 09:30
第一印象というのは、下手にその人と話したり何かするよりもよっぽど正確にその人の素性を伝えるものである。私が今の職場に来たときに、もう一人一緒に来た人がいるのだが、その人の印象はよくなかった。無愛想で傲慢で、かといって豪放磊落でもなく神経質で気難しそうな感じ。非常に冷たい印象である。なんとか合わせてやってきたがいまだに苦手である。もう一人、これは新人であるが、彼の印象もよくなかった。無表情で傲慢なのは彼も同じである。社風なのだろうか?しかし彼には神経質なところがない。でも豪快な正確なのではなく、とことん無神経で厚顔なのである。二人ともあまり見たことのないタイプである。二人とも排他的で身内にやさしいが外部のものに対して明確に一線を引く。非常に周到で表裏を使い分ける。なんともいえない卑しさが漂っている。
95: 08/03/01(Sat) 09:36
よく考えて見ると、その二人に限らず、その会社の社員には変わり者が多い。わたしも機嫌がいいときには個性的な人が多いななどと思っていられるが、今などはロクな奴がいない会社だなと呆れ返っている。
96: 08/03/11(Tue) 04:47
久しぶりに銀行へ行った。銀行でしか払えないものを払う為である。とてもすいていて、カウンターに1人、椅子に座っている人が1人だけいた。カウンターの客は「預金」のコーナーにいた。「入金」のコーナーには札が立っていて、「おとなりのカウンターをご利用ください」と書いてある。そしてその隣のカウンターとは預金コーナーであり、ただ1人の客がいるところである。わたしは立ってその人の後ろで待った。私以外に誰も待っていないから、必要ないだろうと、札を取らずに。すると、入金コーナーのカウンターのところに女性が来て、「ご入金でしたらこちらにお名前とお電話番号を書いてそちらの札を取っておまちください」と笑顔ではあったが銀行でカネ払った事ねえのかよコイツという気持ちをにじませた顔で私に指示した。その瞬間、私に3つくらいの憤りの要因が襲ってきた。まず、なんで入金コーナーを預金コーナーと兼ねさせるのか。そんなことをするなら最初からカウンターを用途別にわけるな。次に、いつものことだがどうして入金時に名前と電話番号を書くのか。どこでもそうさせられるが絶対に不要である。そして、こっちは立って待ってるのにわざわざ札を取らせるな。というような事である。その瞬間に私は今日はイライラしてるな、と自覚した。椅子に座って待つと1分もたたないうちに「2番の札をお持ちのお客様・・・」と呼び出された。カネを払った後、少し間があった。まさか、また座って待てというのかと思ったがさすがにそれはなかった。もしそんな事いわれていたらふざけんなとっととやれよ!とわめいていたかもしれない。
97: 08/03/11(Tue) 04:47
エスカレーターの片側をあけることに反対している人が、教えて掲示板で意見を募っていた。歩くなら階段を使えというのである。こいつバカじゃねえのと笑いながらレスを見てみると、意外な事に多くの人が賛成していた。私の中ではあけるのは当然であり、立ったまま登る事はまずない。急いでいるなら階段を、というが、エスカレーターを歩く方がもっと速いからそうしているのである。最近はエスカレーターしかないところが多いし。一番速い手段を選んでいるだけである。
98: 08/03/18(Tue) 22:38
ここ1、2年、身近にいる大嫌いな人に悩まされている。最近少し和らいでいたのだがここ数日またぶり返している。あんまり嫌なので転職することにした。彼自身も嫌なのだが、彼の所属する会社の人間は皆嫌なのだ。最初からそれは感じていたが仕事が忙しかったので忘れていたのだが、暇になった最近はまた気になるようになってきて、ついに決別を決意したのである。
99: 08/03/18(Tue) 22:40
なんともいえない卑しさ、意地汚さ、表裏の使い分け、自己中心性、品のなさ・・・・
IT業界ではめずらしくないが、さすがの私もうんざりしている。
100: 08/04/16(Wed) 22:43
私はあるところのパスワードをbepatientにしているのだが、この語はタイプミスしやすい。まさに、Be patient であり、わたしにふさわしいパスワードである。
101: 08/04/21(Mon) 02:04
仏の顔もスリータイムズって言葉もあるからね。500回くらい仏の顔してきたけどそろそろ・・・
102: 08/04/23(Wed) 01:31
ある土曜日、ホームの一番はしに近いところで立って電車を待っていた。
白線の内側の黄色いボコボコがある手前のあたりに、ボーっと立っていた。
遠くからベビーカーを押す、俺よりちょっと年下かなというオトーサンがやってきた。
俺も子供ほしーなー、でも結婚どころか彼女もいねーしwww
とか思っていたらそのオトーサンはまっすぐ俺に向かって進んでくる。
俺は、ん?と思ってそのオトーサンの顔をみたが明らかに
「おいテメー、こちとらガキ養ってんだぞお気楽な独身センズリ野郎はどけよ」
という表情をしている。俺は
「結婚してガキ作ったのはてめえの意志だろうが原因があっての結果だろうがコウノトリがもってきたのかよそのガキをよ」
と思いながらどいてたまるかと思っていたが、1メートルくらい前まで来たところで3歩下がった。
俺の目の前を悠然と通り過ぎるオトーサンの横顔にむかって
「てめえ何様のつもりだよだいたいベビーカーなんか乗せてんじゃねえよガキくらい自分でしょえやこのヘタレが」と言ってやった
心の中で
103: 08/04/29(Tue) 12:20
なんか最近俺の職場での立場がいい加減で仕事をしない奴みたいになっているように思えてならない。基本的にクソがつくくらいマジメで、要領はそんなによくないが淡々と仕事をこなすことだけが俺の取り柄だとおもっていたのに。そういわれたわけではないが、特にいっしょにやっている若い奴が、まるで老いぼれに対するような態度で接してくる。そいつには今までボロクソ言ってきたのでやり返されてるのかもしれない。ただし仕事ができないとかさぼっているとか思われるのは非常に心外である。わたしはのらりくらりとした感じを装っているが、多分彼にはそういう高度な態度が理解できないのだろう。機械のようにマジレス反応をしてきていちいち怒る。懐の狭さ、許容量の小ささ。暇さえあれば陰口を言っている。悪いのは彼だけではない。彼の会社が非常に独善排他的な強欲な社風である。大会社の下請けで食っているクセにまるで自分たちがその大会社を支えてやってるかのような思いあがり。はずかしげもなく阿諛追従しおこぼれにあずかりペコペコアタマを下げるかわりに自分たちが少しでも優位な立場に立てば相手をコテンパンにこき下ろす。俺は絶対にこいつらのようにはならない。
104: 08/04/29(Tue) 12:24
昔の運動部のような。動物をしつけるような。動物が獲物をとりあうような。そういう雰囲気。目が死んでいて余裕がない。食い物にガメツイ。音楽とか小説とかに興味がない。スポーツにも興味がない。つきあいでやる遊びも仕事のため。余裕がない。遊びがない。早く辞めたい。こいつらと別れたい。
105: 08/04/29(Tue) 12:29
仕事のやり方がどうも合わない。わたしは今まで、自分が何かやったらその事を周知して情報を共有する。それは、別に皆に良かれと思ってしているのではなく、それ以前の仕事として当然だと考えるからである。むしろ、情報を共有しないことは自分が責められることであると考えてきた。今でもそう考えている。ところが彼らは、それをしない。しかも、忘れているとか面倒だとか言うのではなく、自分が苦労してやったことを人に簡単に教えたくない、というポリシーをもってやっているのだ。だから他社の人間といっしょに何かをやるとき、当然先に手をつけていた彼らは仕事の内容をかれらにオリエンテーションのようなことをして伝える。それは、なんか書いていてハラがたってきたが、善意でもなんでもなくて、常識以前の、仕事の一部なのである。
106: 08/04/29(Tue) 12:38
われわれの仕事はOJTがほとんどである。日々新しいことを学び忘れていく。そして、そのときに各員が担当する仕事のボリュームや質にはどうしても偏りが生まれる。あたらしい装置やソフトウェアを使うときに、使い方のわからないものがよってたかってつついたってはかどらない。人数が生きてくるのは定型的な仕事を切り出した後である。ところが、人がアサインされているからということで、何もわからない状態でみんなでワイワイガヤガヤとやりたがるのが今の職場のやり方である。自分が仕事をしていないと思われたくないからみな参加して、わからないものたちがわからないことを言い合う。それを「議論」という。私は何度か言っているが、「議論」の効用に対しては非常に疑問を持っている。議論は仕事を停滞させたり止めたりすることはあっても、進めることはない。おそらく、不景気で人があまっているから、自然とそういう仕事の進め方になるのだろう。わたしの今までの職場では、とにかく進むことが必要だった。万全を期した完璧な状態など待っていられない。とりあえずすすめて、問題があればそこで戻ってやり直す。そのときには関係者から文句をいわれるがペコペコとアタマをさげるしかない。仕事というのはそういうものだというのは、もう常識となっていた。
107: 08/04/29(Tue) 12:40
しかし、ほとんど失業状態に近い毎日を過ごすうちに、その常識が通用しなくなってきた。完璧を期す余裕があるのだ。それどころか余計なことをする暇まである。それどころか、全力で仕事をすすめて時間があまっては困るような状態ですらある。
108: 08/04/29(Tue) 12:47
私はエンドユーザ、法人、社内の他部署のそれぞれが顧客となるケースを経験してきた。経験のない人はエンドユーザは無理難題やクレームを言ってくるだろう、と思うかもしれないがそれは逆である。もちろん中にはクレーマーのような客もいるがそれは例外である。客と私の間に、営業に始まっていくつかのホップを経て私のところにミッションがやってくる。その間にいる人たちは、何かをすることによって自分の仕事として、生活の糧を得ている。そのとき、往々にして自分の位置が見えなくなる。仕事は、その人を食わせるために存在しているのではない、このことが忘れられがちである。極端な話、中間のわれわれが何かをすることによって客に余計なコストを払わせたり、サービスの質が低下することさえある。
109: 08/04/29(Tue) 12:49
客は、自分の求めるものが得られればそう怒りはしないが、中間で手を入れている人々は、客が求めていることよりも、自分がしなければならない苦労の方を考える。客にサービスをするために形成された組織であるから、その目的に反することを求めると組織に軋轢を生じさせる。
110: 08/04/29(Tue) 22:28
あーつまらん。つまらん休日だった。ほとんど部屋でゴロゴロして、ちょっと掃除のようなことはしたが、ずっとyoutubeでお笑いなどを見ていた。夜になってもテレビが死ぬほどつまらない。
111: 08/04/30(Wed) 00:09
気に入らない人に対してもっとも有効なその人を苦しめる方法は、無視。
112: 08/05/02(Fri) 01:17
平日の休みだったので、去年失くしたキャッシュカードの再発行をしようと銀行へ行った。待っている人は5人程度だったので例の番号札を取ろうとすると女性の行員が立ちはだかっていた。案内をしているというより、立ちはだかっていた。用はなんだ、旧何銀行だと聞いてきて答えると2階へ行けと言う。何で二階なんだよめんどくせえな、旧銀行がどうこうってそっちの都合だろとぶつぶつ言いながら二階へ。なんだか騒がしい。待っている客は20人くらいいただろうか。番号札を取ろうとするとまたもや女性行員が立ちはだかっていて下にいた行員と全く同じ事を聞かれてイライラしながら答えるが札がない。そしてただいまの待ち時間90分と表示されている。もうイライラを通り越して呆れてしまい「90分?じゃあいいや」と即効で立ち去った。1階に降りガラガラに空いた1階フロアを見ると怒りがこみあげてきて、「90分またせといてなんでこっちはこんなに空いてんだよふざけんなよ」と周りの客に聞こえるような声で文句を言いつつその銀行を後にした。まったく銀行ってのは訪れるたびに必ず俺を不快にさせてくれる。
113: 08/05/03(Sat) 12:17
昨日は朝3時頃起きてしまいそのままずっとおきていて朝方ちょっと眠ったくらいで出かけた。最近は土曜日はいつもそんな感じでだるくて最悪の体調である。夕方まで回復することなく、天気もパットせず、おとなしく帰ることにした。その日は、たんすの引き出しにはいっていたもう10年くらい使っていないzippoを見つけて、火をつけてみたくなり、オイルを買おうと思っていた。帰り道にコンビニでビールと一緒にオイルを買った。320円くらいだった。そして上野の暗い路地でたってオイルをそそいだ。確実に職務質問対象の行動だなと思いながら。無事オイルをいれおえて、シュボっと点灯した。その瞬間、俺の不快の70パーセントくらいが吹き飛んだ。別にタバコをすったわけでもない。その後も、カチン、とふたを開けてシュボっと火をつけることを何度か繰り返すとだんだん快活になってきた。そして自動販売機でショートホープを買った。300円もする。私が初めてすったタバコであるが、当時は220円だった。
114: 08/05/03(Sat) 12:21
ホープはきついタバコであるが、ヘタにニコチン・タールの少ないたばこをスパスパすうとかえって頭が痛くなったり気持ち悪くなったりする。じゃあピースは、というわけで何度か吸ってみたがあれは吸えなかった。人間の吸うもんじゃないと思う。フィルターがないので口に葉っぱが入るのも嫌だし。タバコを吸っていた頃は、どうしようもない何かがあるときに、きついドラッグに手を出すような感じでたまに吸っていた。
115: 08/05/03(Sat) 12:25
今度、タスポだとかいうカードを持っていないとタバコがすえなくなる、というニュースをしょっちゅうやっているのを見て、なんだかタバコがすいたくなってきた。そしてこのあいだジムジャームッシュのコーヒーアンドシガレッツという映画を見て、たまらなく吸いたくなった。
私は昔は酒を飲まなかった。30歳くらいまで、見るのも嫌だった。食事も粗末なものばかりたべていた。だからやせてて、体重も60kgなかった。軽くうつ状態だった。いつも眠くてだるくて疲れていた。あせもかかない。最近は酒びたりといっていいほど飲むし、週末はコリアンをたくさん食べる。ちょっと飲みすぎな感がある。
116: 08/05/07(Wed) 19:59
コンビニのレジが2つあって人も二人以上いるのに、片方があいていて客を並ばせる店がある。結構よくある。そして並んでから、気づく。気づかなくて「お願いしまーす」と呼ぶ場合もある。そのときもう一方のレジにつく店員はほぼ間違いなく「こっちでもやってやるよ」という態度である。なぜそういう態度だといえるかというと、お詫びの言葉がないからである。「申し訳ありません」でなくても「お待たせいたしました」の一言でよい。しかしそんなことを言う人を見たことがない。コンビニ店員も商品を陳列したり掃除をしたりレジを整理したりいろいろとやることがあるのはわかる。しかし、レジでのお金と商品のやり取りの優先度が最高であることは間違いないはずだ。客を待たしておいて掃除も陳列もあったものであない。客が来たときにはいらっしゃいませといっているのだから、客が来たことはわかっているはずだ。客が来たらその人がレジに来るのを待ち構えるくらいが当然だと思う。何か作業をしていて客が入ってきたら作業を止めてレジで待つ、俺が店長になったらそうするように教育する。
117: 08/06/03(Tue) 22:33
以前東京の葛飾区に一人で住んでいた。
ワンルームでロフトのついているアパートである。
冬になってエアコンが故障した。
家に帰ってきて寒い寒いとエアコンをつけると、
なかなか暖かくならないと思ったら、5分程度で止まってしまう。
必ずというわけではないのだが、どうも寒いときに限って止まるような気がする。
また、止まるときは必ずスイッチをいれて5分くらいしてからで、
何時間も動作しているときに突然止まることはない。

電気屋を呼んだのだが状況が再現しないので電気屋もどうしようもない。
フタを空けてフィルタを見るとホコリがびっしりたまっていた。
電気屋は勝ち誇ったように「これじゃエアコンがかわいそうですよ。あ、フィルターはちゃんとかわかしてから付けてくださいね」
と笑いながら帰っていった。

しかし、フィルタを掃除してもその現象が解決することはなかった。
ある日、また5分くらいして止まった。
「またかよ!まったく寒い日に限って止まりやがる!雨も降ってるし!」
とつぶやいて気づいた。そういえば止まるときは雨や雪の日が多い。
室外機がどうにかなっているのでは?と外へ出てみた。

すると、なんということだろう!室外機のファンが凍り付いているのだ。
上から水が垂れて、つららのようにファンを固めていた。

室外機がラックのようなところに収められているのだが、
その天井から水滴が私の部屋のエアコンの室外機の上に滴っていて、
それが凍りついたのである。
ラックには天井にたまった水を下方に排出するための細いチューブが付いているのだが、
そのチューブが割れていたか何かで水がもれており、私の室外機に滴っていたのだ。

寒い日、天気の悪い日に止まる、稼働中には止まらない、すべて釈然とした。
本来は管理人に修理を頼むべきところだが、面倒くさいのでその辺にあった木の板か何かを室外機の上において、
水をしのいだ。

この前来た電気屋に、ホコリのせいじゃない、室外機が凍り付いていたんだ、と言ってやりたかったが、
わたしもそこまで大人気ないことはしない。
118: 08/06/04(Wed) 04:22
今、機嫌がよい。もうすぐ給料日だからだとは思うのだが、それ以外にも理由がある。
ひとつはオークションでカネが入ったこと。おこづかい程度だが。そして、もうひとつ重要なこと。そのオークションで落札された品物を発送するために、箱を作った。作ったといってもダンボール箱をちょっと変形しただけだが。

荷物の大きさにあわせてダンボールをカッターで切り、布テープでつないだのだが、思いのほかうまくいって、とても気持ちよかった。天気がよかったので洗濯して、ひさしぶりに布団を干した。外へは出かけず、カネも使わなかった。というか1000円しかないので使いたくても使えなかった。
119: 08/06/07(Sat) 07:11
ビックカメラで買い物をした。金を払おうとレジにいくと、一人客がいる。私はレジに並ぶのが大嫌いなので、近くの品物を物色するフリをしながらレジが空くのを待った。しかし私が行く度に誰かがいる。並ぶまでは行かないが、常に客がいる。

仕方がないので並ぶことにした。この手の店はポイントカードがどうの保証書がどうのと会計に時間がかかる。私の前の客も時間がかかっている。客がカネを出すだかなんだかで、少し間があいた。すると店員が「お待ちのお客様」と私に声をかけた。あ、このスキに俺の会計もやってくれるのかなと思ったら、「おそれいりますが入り口側にお並びください」といって、床に「入口」とかかれた方を指さした。私はコンビニのレジのように前の客の後ろにならんでいたのだが、ビックカメラのその店では、レジカウンターに沿うように横に並ぶことになっていたのだ。

まあ、それはいいけどさ、一人しかいないじゃん、客。俺しか。
別に俺出口をふさいでるわけでもないしさ。その客だって他に誰もいないのに出口方向に進まなきゃならないの?

と一瞬にしてむかつき、俺の顔は般若のようになっていただろう。
帽子を目深にかぶりうつむき加減にしてあまり顔は見えないようにしつつ、露骨に怒りを表情にだした。

「ポイントカードはお持ちですか」
「ないです」
あえてきこえるかきこえないかくらいの小声で言う。

「ポイントカード・・・」
とまた言うので聞こえなかったのだと思って店員が言い終わらないうちに
「ないです」と少し大きな声で言うと

「おつくりしますか」
と聞いてきたので
「いらない」
と普段はレジでは少年少女にたいしても丁寧語を使う私が、不快さを表すためにぶっきらぼうにタメ口をきいた。

「ポイントカードはお持ちですか」
「ないです」
「ポイントカードをお作りしますか」
機械じゃあるまいし。

「ポイントカードはお持ちですか」
「ないです」
「お作りしますか」
だろ、そこは。そこは主語を省くところだろう。
その主語は省くべきだろう。

その店内はエスカレーターののぼり・くだりの位置があっちこっちしている。
のぼり、くだりを同じ側によせろと。

何か、わざわざ途中でフロアを通過させて少しでも多く商品を買わせようという戦略か?
それがお前らの商売のやり方か?
120: 08/06/07(Sat) 09:50
腹がたつまではいかなかったが、昨日行った床屋。
店は大きくてイスが5台くらいある。古くて、65歳くらいの夫婦とその息子とおぼしき40歳くらいの店員。

張り紙がしてある。

お願ひ
荒肌の人、血吹く肌の人の顔剃りは
衛生上の理由によりふかぼりしない
ことになって居りますのでご了承下さい

「荒肌」「血吹く肌」という言葉は初めてみた。言わんとしていることはわかるが。

金曜の昼で、わたしの前に一人客がいて、お父さんが担当していたが、
私が来ると奥さんがでてきて切ってくれた。
頭を洗うときに息子が出てきて手伝ったが、
頭の触り方が弱くて気持ち悪かった。

店内にはTBSラジオが流れている。永六輔とか大沢悠里とか、30年くらい前の番組がまだやっている。おくの部屋では笑っていいともを見ているようだ。別に見るのはいいが、笑い声がまったく聞こえてこない。

最後に奥さんは私の頭にBRAVASのヘアトニックをしこたま振りかけた。
そしてドライヤーでセットをした後、「何かつけますか」と聞いたがもう遅い。
すっかりオッサンの匂いになってしまった。

121: 08/06/21(Sat) 11:41
仕事が遅くなったので、普段行かないファミレスへ行ったら、絵に描いたような慇懃無礼な店員がいた。
言葉遣いは決しておかしくないのだが基本的に無表情で早口である。

タバコを吸うといったら「あちらの2列の席へどうぞ」と言う。
2列の席へどうぞ?そこには4人がけの席が二つあいていた。
この2つの席のどちらかに座れということか。

一番端の席にしようとしたらそこはトイレのすぐ脇だった。
俺は飲食店へ行くと狙ったかのようにトイレ脇の席に座ることが多い。
トイレ脇はアレか、でもいいや、と座ろうとすると、席に灰皿とコップが残っている。
なんだよこんな席すすめんなよと思って隣の席にすわる。

注文するとビールはすぐに来たが食べ物がなかなか来ない。
どうせ冷凍かなんかをチンしてるだけなんだろうに遅ぇなァなどと思っていると
ようやく持ってきた。

すると、店員が「そちらのメニューを閉じていただけますか」と言った。
テーブルの上に大きく広げてあったおすすめメニューなどと書かれたものの事である。
それは決して私が広げたのではなく最初からそういう風においてあったのである。
まるでテーブルクロスのように。

てめぇで閉じろよと思ったがしぶしぶ閉じた。
わたしはみるみるうちに不快になっていき、
また顔が般若風に変貌していくのがわかった。

近くに大学生と思われる4人が、甲高いネチネチした声で
内容は全く覚えていないがとにかく不快な話をしていた。
私は携帯のチェスをメクラ滅法にさしていた。
酔いと疲れとイライラで考えることができない。

やがて「キメーんだよおまえら」と声にだしてつぶやき始めた。
何度も何度も。
隣の席のカップルが席を立った。
俺のブツブツが気持ち悪かったのかもしれない。

大学生達は少し離れているのでさすがに聞こえないだろう。
相変わらず気持ち悪い話をしている。
私の飲食店での滞在時間は非常に短い。
食事が全部なくなったらすぐ席を立つ。

レジに行くと誰もいない。
座席においてあるのと同じ呼び出しボタンを押す。
さっきの店員が出てくる。
慇懃無礼に会計をすませ、
すっかり機嫌を悪くして店を出た。

その前にあるセブンイレブンで、タバコを買う。
最近は銘柄がバカみたいに多様化してライトだのメンソールだのスーパーライトだのいろいろあるので、
番号を指定して買っているのは知っていたが、
自分はかっこよく「マルボロ」とぼそっと、「ライトだのメンソールだのそんなの吸うわけねえだろ一番きついマルボロだよボックスとか紙とかめんどくせえんだよどっちでもいいからよこせよ」というニュアンスをにじませながら買いたかったのだが、
やっぱりずらりとならんだ多種多様なたばこ群を目の前にするとそれはできず、さっきみたいな慇懃無礼な店員で面倒なことになるのもイヤなので、おとなしく49番と番号を指定してマルボロを買った。
122: 08/07/03(Thu) 23:32
最近はすっかりpatientになって声を荒げることも減ってきた。
今日のできことにも、別にイライラすることもなく、むしろちょっと物悲しかった。
駅で電車を待っているとすぐ背後で女の子の声がする。
「コーティングするから・・・大丈夫だから・・・本人がイヤなんだから・・・大丈夫だよ・・・・削るっていっても全部削るわけじゃないから・・・」
携帯で誰かと話してるんだろうなとはすぐわかったのだが、やっぱり自分のすぐ近くで大きな声で話されるのはあまり気持ちよくない。
電車が来てそのコも電車に乗った。そのまま話し続けている。
「医学的にどうこうっていうより、自分がいやなんだからさ、そんなたいしたことじゃないよ」
どうやらどこかを整形手術するようだ。その事を親に話しているのだろうか。
そりゃ止めるよ、わが子が整形手術するなんて言ったら。
それほど親にとって悲しいことはないだろう。自分の生んだ子が、自分と自分の愛する人の遺伝子を受け継いだコが、その体が気に食わないので切ったり削ったりするなんて言ったら。
あまりジロジロは見れなかったが、普通のコである。
どこを削るんだろう?削るといったらアゴ?でもコーティングするっていってたから、見える場所か?歯?

お母さん、多分お母さんだろう話相手は、泣いてるぜ今頃。絶対やめろよ整形なんか。
やるなら黙って勝手にやれよ。
123: 08/07/06(Sun) 09:46
ちょっと時間をつぶす必要があったので久しぶりにパチンコ屋へ入った。勝つ気は全くなくて、すいているシマに座る。冬ソナの台だった。予告とかスーパーリーチがやたらにあって、しらじらしい。しかしチェジウはかわいいというかきれいというか素晴らしいなと思っていると、4000円くらいで確変であたった。時間のないときに限ってこういうことになるものだ。

上皿に球がいっぱいになったので箱に落とそうとレバーを動かすと、球が箱で跳ねて次々に飛び出していく。足元は球だらけになった。たまらずに店員を呼ぶ。店員は箱の交換だと思ったようだが、箱がまだほとんどカラなのを見て、「どうしたんですか?」と不思議な顔をしている。私は球が箱から飛び出てしまうことを半分怒り気味に訴えると、店員は足元の球を拾ったり手で跳ねる玉を押さえてみたりしたが、根本的な解決はされることなく、結局ほったらかされた。

ある程度球がたまるとハネなくなったのでわたしもあきらめて打ちつづけ、二箱目のときはレバーを使わず手で箱に移した。今気づいたが、そういえば普通のパチンコは上皿と下皿があって、下皿から箱に落ちるようになっていたんだっけ。

あと、その店の箱はなぜか底が湾曲していて真ん中が盛り上がっている。そして騒音防止のためだろうか、マットのようなものがひいてある。しかしこれが災いして、その湾曲してマットをひいた箱に球が跳ね返って外に出るのである。

しかし、周りの客はそんなことはなかったようである。たまたま私の台の具合が悪かったのか。それとも客はこのことを知っていて皆手で球を移していたのだろうか。

結局2000円くらい買ったので、よかったけど、負けていようものなら店長を呼び出していたところだ。
124: 08/07/17(Thu) 21:33
私が最近ムカつく理由のひとつが見えた。
それは、最近増えているのではないかと思うのだが、話をするときに小出しに情報を出して、部分的に否定を重ねるやり方である。要は揚げ足取り、ああ言えばこう言う方式である。

たとえば。飲食店でハウスボトルのジンロをストレートで飲んでいたらついた女が笑って
ジンロはストレートで飲むような酒じゃないという。俺が甘いのは好きじゃないというと、ジンロは甘いよという。じゃあストレートで飲んでいいんじゃねえかよと思ったが
あまりにムカついてしゃべる気にもならず黙っていた。

だいたいね、来ていきなりジンロの飲み方の否定から入るって何よ
125: 08/09/03(Wed) 23:29
最近このスレに書くことも減ってやれやれと思っていたんだけど、また書かねばならなくなってしまった。
そして、私がpatientにならねばならない対象がなんであるのかを、多分最初からわかってはいたのだろうが、あらためて認識した。
その根本の原因から生み出される枝葉に対して、私はアレコレ言ってきたのだが、根本的な原因は、やっぱり、この仕事場に来たとき、いや、実は来る前から感じていた、自分とは絶対に相容れない人間だったのである。
126: 08/09/03(Wed) 23:33
その人は、ごく普通の人間である。別に人格に問題があるわけでもない。
そして、私もうだつはあがらないが、ごく平凡な、どこにでもいる男である。
しかし、この二人、どんなことがあっても笑顔で握手はできない、そういう宿命にある。

わたしは今まで、学校でも職場でもバイト先でも親戚でもなんでも、常にわきあいあいと、仲良くやってきた。多少のいざこざはあっても、最終的には仲良く、出会えてよかったよ、というくらいのノリで付き合えてきた。

しかし、今私が毎日顔を合わせている人は、私の40年に及ぶ人生のなかで唯一と言ってもいい、けっしてお互いが笑顔になれない、物理的には近いがメンタル・霊・心理・感情的には地球の裏側くらい離れた人なのである。
127: 08/10/03(Fri) 20:46
残り蚊

夕べはいつの間にか眠っていて2時ごろ目が覚めた。
すると左手の人差し指と親指あたりがほのかにかゆい。
どうも蚊にさされたようである。
もうすっかり涼しくなったのにまだ蚊がいるのか、と
寝ようとしたら、プーンという蚊の羽音が。
私はこれを聞いてしまうともう、眠れない。

電気をつけて布団の上に座ってしばらく待つが、
蚊は現れない。

しかたがないので蚊取り線香を焚く。
蚊がいそうな机の下などを狙って置いて見るが、
なかなかあらわれない。

しかたないので布団の足元の方に置く。
あまり長時間焚くと服などににおいが付くのが嫌だ。

と、10分くらいしたら、小さな蚊が私のほうに向かってきた。
瞬殺。

蚊取り線香を消したが、すっかり目がさえてしまった。

しかし蚊というものは、刺したらとっとと逃げればよいのに、
何度も刺しに来るから最後には殺される。
128: 08/10/17(Fri) 23:31
そろそろ気づけよ、お前ら
129: 09/01/13(Tue) 22:53
朝の東海道線。東京発。
座席は全部埋まっていて立っている人がちらほらいる程度の混雑。
男の子の話し声が聞こえる。
母親と二人で座っている。
何を話しているのかはわからないが、4、5歳くらいだろうか、
言葉をおぼえてしゃべることが楽しくて仕方ないという風で、
たいして意味のないことをとりとめもなくしゃべっている。
まあそれはそんなに気にはならない。

気になったのは、母親のほうだ。
彼女は、息子の声がやや高くなると、
「シーッ」と言う。
それが、10秒に一回くらいある。
彼の話にたいする答えやあいづちは聞こえず、
「シーッ」という不快な摩擦音だけが、間欠泉のように聞こえる。

彼女は息子の声が乗客に迷惑をかけていると思ったのかもしれないが、
彼女のシーッのほうが、少なくとも私には不快でたまらなかった。
そして息子はそのシーッを完全に無視していた。
母親も、息子のことを本気で叱って静かにさせようという気はさらさらないのだろう。

結局30分くらい、息子はしゃべり続け、母親は10秒おきにシーッと言い続け、降りていった。
130: 09/03/05(Thu) 22:28
滞納していた地方税を銀行で払った。
地方税は滞納するとコンビニでは受け付けてもらえなくなる。
いつも銀行にいくと血管が切れそうになるのだが、
今日もいつものようにイラつかせてくれた。
本当に、銀行というのは一体、何を目的として存在しているのだろうか?
いやがらせだろうか?
もう、銀行で税金の払い込みを受け付けるのをやめてもらえないだろうか?
全部コンビニでやるようにしてもらえないだろうか?
どうしてカネをやりとりするのが本業の銀行のほうが、
コンビニより時間がかかり、名前と電話番号だけを書かされたり、
10分くらいまたされるハメになるのか?
131: 09/06/13(Sat) 05:56
最近はウォシュレットのついているトイレが増えて、職場とかゲームセンターとかの公共の場にもつくようになった。
そんな昨今、「外のトイレのウォシュレットは汚いから使わない」という声をちらほら聞くようになった。
そういえば、洋式の便器にも、他人の肌が触れた便座に座りたくないという人がいる。

・・・おまえらのケツはどんだけクリーンなんだよ?
おまえのウンコはおまえ以外の大衆のクソと違って、メタリックブルーに輝いて花のような香りでもたちのぼってんのか?
132: 09/06/14(Sun) 10:18
土曜の夜、SJKから湘南SJKラインの下りに乗って帰った。
この電車は埼玉方面からくるのですでに乗客がいる。
グリーン車も、40%くらいの乗車率だろうか。窓際はほとんどうまっている。
しかたないので通路の内側に座る。

しかし、入った車両の最前列の二人は、ともに荷物を隣の席においている。
その後ろの片側も同様。反対側は何もおいてなかったのでそこに座った。

私の後から来た客が、その荷物を置いている客に「すいません」というと
ようやく荷物をどける。黙って。謝るのは荷物を置いてた方だろ!

電車のシートに荷物を置くのは、普通の、グリーン車でないシートの場合は、
よっぽどすいてない場合以外はみられない。

しかし、グリーン車だと、なぜか平気で置くのである。
どうしてだろうか?

私は、30分くらいの乗車時間で車両に私しか客がいないような状況でも、
隣のシートに荷物を置いたことはない。

むしろ、追加料金をはらうグリーン車では、一般のシートに増して、
自席以外の場所を占拠することははばかられる。

133: 09/07/01(Wed) 23:42
最近よくジュンク堂書店に行くようになったのだが、
ここのレジがなっとらん。
まず遅い。すぐ行列になる。
カネのやり取り、カバーをつけるかとかレシートを挟みますとか大きいほう一千二千三千、とか、
とにかく遅くてイライラする。静かな店なので怒鳴ることもできない。
134: 09/07/29(Wed) 23:21
一人暮らしを始めて半年が経った。
浪費家なので心配していたが、信じられないくらいの質素な生活を送れて
われながら驚いている。
やればできるものだ。
135: 09/07/29(Wed) 23:22
そういう生活をしていて感じるのは、
多分、日本というのは余計なお世話な商品が多いことである。
136: 09/07/29(Wed) 23:24
たとえば、こないだ気づいたのは、ペットボトルのラベルのをはがすためについているミシン目が、はがしやすいようにと、最初のほうの目が大きくなっていたことだ。

お客の立場に立っていいことをしたつもりになっているのかもしれないが、
そんなことを仕事にしている人がいると思うとアホらしい。
137: 09/07/29(Wed) 23:25
聞いた話だが、携帯電話などの開いたり閉じたりしたときのカチっという音、あれが心地よいものになるように研究している人がいるとか。
138: 09/07/29(Wed) 23:27
レジ。
「1万円からお預かりしましたので、大きいほうがこちら7千円と・・・細かいほうが300円でございます。」
「こちらカバーをおかけしてよろしいでしょうか?」
「それではレシートを挟ませて頂きます。おそれいりますが店内ではレシートを挟んでお持ちくださるようお願いいたします。」
「ありがとうございました、またお越しくださいませ・・・」

いいからとっとと釣りと商品渡して帰らせろよ!!
139: 09/07/29(Wed) 23:29
なにがイライラするって、
そういう過剰なまでの丁寧な接客、しつこいまでの客の意志の確認が、
客のためを思ってのものではなく、
客とのトラブルを避けるため、もしくは自分たちが丁寧な接客をしているということをアピールするために、つまりは客のためではなく自分たちのためにおこなっていることである。
140: 09/07/29(Wed) 23:32
毎朝通る駅ビルにあるパン屋。
スタッフはみな若い女性である。
「いらっしゃいませ、いかがでしょうかーーーーー?」
と語尾を鼻にかけた声で長く伸ばしてゆっくりと語尾を上げる。
これも自分たちが気持ちよくてやっているだけなのである。
私は意地でもこの店では買い物をしないことに決めている。
そのパン屋だけでなく、駅ビル全体で買い物をしないことにしている。
そういう客は私だけではないはずだ。
あたかも客のためであるかのように見せた、利己的な接客態度を嫌悪する人は。
141: 09/09/05(Sat) 11:06
使い捨てのコンタクトを違う種類のものに変えることになって
眼科で検診を受けているとき
「一度はずしたコンタクトは捨ててください」と言われたので
「え、もう一度つけちゃいけないんですか」と聞いたら
「今までどんな使い方してたかしりませんが一度はずしたらもうつけないでください」と言われた。
「あ、そうですか」とその場は流したが、『今までどんな使い方してたか知りませんが』は余計な、
まわりくどい、遠まわしないやみったらしい言葉だ。
まだ大学を出たばかりのような若い男だった。
そのうち大金持ちになるんだろうな・・・
142: 09/09/05(Sat) 11:10
もういっこネタがあったのに忘れてしまった
143: 09/09/06(Sun) 11:14
思い出した。

ある、大衆的ではあるがちょっとおしゃれな感じの服屋でポロシャツを選んでいたときのこと。
私は背は175cmくらいで、若いころはシャツは基本的にLを着ていた。
最近はやせたせいか、Lサイズ自体が大きくなったのか、Lだと大きすぎることが多くなった。
いいなとおもったシャツがあったので、サイズを探しているときに、
LかMかで迷ったので店員に「Mでもいいですかね?」と聞くと店員は
「Sでもいいくらいです」と言った。
いくらなんでも175の男にSは小さいだろうとちょっとムッとしたが受け流した。
が、そのシャツを着たり脱いだりするときによく思い出す・・・。
144: Wed Sep 21 23:09:12 2011
仕事を休む。
台風が来て大雨。
昼間で寝ていたが、ビールでも買ってこようと外へ出る。
最寄のコンビニに瓶ビールがあったと思っていたらなくて、あちこち探したなく、仕方がないから酒屋に行ったが酒屋にもなかった。

酒屋はもう一軒あるのを覚えていたので、ここになかったらあきらめるかとそこへ向かった。
145: Wed Sep 21 23:14:33 2011
その酒屋は最近改装した。一度入ったことがあるが、なんだかかび臭いような臭いが少し気になった。
改装したからもうそんなことは無いだろうと入ってみたら、猫が3匹いた。
店の奥に入っていくと臭い。猫の臭いか、その糞尿の臭いかしらないが、
人の口に入れるものを売る店でこんな臭いをさせてはダメだろう。

瓶ビールはなかった。
店を出ようとして、店主らしき男がレジにいたので、「瓶ビールはないんですか」と、期待しないで聞いたら、
「冷えてないのしかないんですよ」と言う。
別に今すぐ飲むわけじゃないからそれでかまわないのだが、店主は『冷えてなきゃダメですよね』という顔をしてまったく売る気がない。
私は別にそれでいいんだけどな、と思いながら「冷えてないのならあるんですか?」と聞くと、
「中瓶しかないんですよ」と、やっぱり探しにいくそぶりも見せない。
中瓶おおいにけっこう、というか中瓶を買いに来たのにな・・・と思いつつも、
猫の臭さもあったしもういいやとあきらめてそこを出た。
146: Wed Sep 21 23:17:16 2011
結局駅ビル内にある少しおしゃれな食料品店に行って、エビスビールを買った。633mlというのは中瓶?大瓶?
どっちでもいいが、アサヒやキリンの瓶ビールはなかった。
瓶も缶も味はかわらないのかな。

でも瓶ビールを、栓を抜いて飲みたかったのだ。
^
previous | next | edit