bbz

ドン近眼

_
previous | next | edit
1: 2007/05/09(Wed) 21:51
私がカプセルホテルのバイトをしていたとき、予約していた部屋に他の客を入れてしまったことがある。カプセルといっても場所や位置で快適度は大きく異なるため客としてはどこで寝るかにこだわりがあるのである。特にその客が予約した部屋は428号室であった。下段にあり、普通のカプセルはハチノスのようにたてに入るが、横から入れるという、カプセルとしてはVIPルームである。4階のカプセルはそうなっているため、常連が多い。
2: 2007/05/09(Wed) 21:51
チェックインは午後4時からで、私はその時間からの当番であった。当然客はまだだれもいない。フロントの後ろに、格子状に区切られた鍵置き場があり、予約が入るとメモ書きを貼り付けておくのだが、1枚プラスチックの札が入れてあった。外出したときは赤い札を入れるなどの決まりがあるのだが、みなれない青い札が入っていた。私は取り忘れだと思ってその札をとって、重ねてある札の中にいれた。
3: 2007/05/09(Wed) 21:52
その客がきたのは8時ごろだったろうか。予約した部屋がすでに埋まっていたのでその旨伝えると、ものすごい勢いで怒り出した。カミナリとはこういうのを言うのだと思った。手が震えた。私はただ平謝りし、マネージャーも謝ってくれてなんとかおさまった。
4: 2007/05/09(Wed) 21:52
しかし実は、そのときは私は自分が札をとったためだとはまだ気づいていなかった。後日札を整理していて、青い札に「428○○様」と名前を書いた紙がはってあったのを見つけ、ああこれだったのか、とその時初めて気づいたが、あの時その札が入っていたのに自分が取り去ってしまったとは、誰にも言えなかった。まあ、怒鳴られたのは俺だからいいだろう。
5: 2007/05/09(Wed) 21:53
それから数日後、その客が来た。私は何事もなかったように受付をすすめた。その客はメガネをかけているのだが「お兄さんもドン近眼かい?」と子供のような笑顔で聞いてきた。私はようやく自分の過ちが許されたと安心した。

^
previous | next | edit