bbz

中国

_
previous | next | edit
1: 2007/05/13(Sun) 23:38
中国で暮らしたい。行ったこともないけど。今突然そんなことを思った。
日本人って、神経質すぎて、もうついていけない。
2: 2007/05/13(Sun) 23:40
アメリカでも韓国でもない。中国。
基本的に私は中国文化が好きだ。子供の頃から、中国のふんいきは好きだった。
おおらかさとダサさ。単純でわかりやすいところ。ぶっきらぼうなところ。
3: 2007/05/13(Sun) 23:50
最近日本と中国、韓国との関係が悪化しているように見える。
ただしそれは2ちゃんねるとか、テレビ番組の街頭インタビューなどによるものなので、実際のところはどうかわからない。
でも、実際に付き合いのある人だったら、その人がどこの国の人なのかなんて、まったく関係ない。
4: 2007/05/13(Sun) 23:51
夜の街では、客引きをしている中国人には本気でむかついていて、
大声で怒鳴ったこともあり、俺は中国人が大嫌いだと公言していた時期もあった。
でも今は、世界中の民族で一番嫌いなのは日本人である。
5: 2007/05/13(Sun) 23:53
自国だからなにもかもが見えてしまうので、嫌いになるのだろうか?
そうかもしれない。でも、この神経質で損得勘定に長けていて人の顔色ばかりうかがって裏表があってマイナス思考で無難に無難に行こうとする性格、こういうものにはもう我慢ならない。
6: 2007/05/14(Mon) 00:00
一時期は韓国が好きだったが、今はもうコリアは日本と同様に東洋的なものをすっかり失ったように見える。日本と同じようにスレてしまって、疲弊・退廃してしまったように見える。
7: 2007/07/31(Tue) 21:30
南京大虐殺のことを授業で習った中学生の時、教科書に30万人と書いてあったような記憶がある。欄外の小さなコメントでという説もある、という程度の書き方だったかもしれない。とにかくそういう事実があった、へーということで済んだ。

最近、南京大虐殺はなかった、つまり戦闘行為の範囲であったという話をよく聞くようになった。南京の件に限らず、韓国併合や太平洋戦争自体など、日本の行為を正当化する人が増えた。

最近あまり聞かないが、10年位前、新しい教科書をつくる会というのができて、自虐史観をやめよう、というちょっとしたブームになって、私もそれに乗っていた。今ではすっかり自虐史観は廃れたようであるが、私はそれを日本人が誇りを取り戻したとか自立したとかいう風には思わない。ただ開き直っているだけだと思う。

10年くらい前なら、自虐史観を覆すような話をするのは新鮮だった。しかし今では、かつて自虐的な話を聞かされていたときのうんざり感と同じようなうんざり感を感じる。自虐的でない、というのは当たり前のことで、あえて自虐をやめようと熱くなるのは違う。歴史というのは失敗の繰り返し、奪い合いの繰り返し、欲望に振り回された愚行の寄せ集めである。それがすばらしいものであったかのように言う事は、自虐と同じようにみっともない。
^
previous | next | edit