bbz

トッキョキョカキョク

_
previous | next | edit
1: 2007/06/09(Sat) 02:29
最近また夜中にホトトギスが鳴き出した。
初夏を告げる鳴き声であるがウグイスと違ってあまり美しい鳴き声ではない。むしろうるさい。確か去年から気になりだした。以前にも書いたような記憶があるが見つからない。しかし、若い頃はホトトギスの声なんか聞いた覚えはなかった。どうして最近になって気になるようになったのだろう。
2: 2007/06/25(Mon) 21:12
帰りにT駅前の木に鳥が群がっていた。
あれはなんという鳥だろう?スズメよりちょっと大きいくらいだろうか。
駅前の木に群がってチーパーピーチュクと騒いでいるのである。
みんな見上げていた。蒸し暑いと出てくるのだろうか。
3: 2007/07/07(Sat) 06:42
昨日は帰りに電線に固まってとまっていた。数百はいた。1000を超えていたかもしれない。気持ち悪い。
4: 2007/07/10(Tue) 22:00
ムクドリのようです。各地で同じようなことで困っているみたいです。
5: 2007/07/18(Wed) 21:05
駅前の街路樹に群がって鳴き声やフンで困っているところがたくさんあるようで、大きい群れになると数万羽にもなるそうだ。群れをつくるのはムクドリの習性であって別に環境破壊によりおかしくなったわけではないようだ。ただし木が少なくなったから街路樹に集まるようになった、ということはあるだろう。自然というのは怖いものだ。なめてはいけない。自然を守る、なんて悠長なことは言っていられないのだ。人間は必死に自然とたたかいねじ伏せてきた。自然が人をいやすなんてとんでもないことだ。
6: 2007/07/24(Tue) 19:19
夕べは最近よくあることだが酒を飲みすぎて気絶するように眠ってしまい夜中にトイレに起きてそのまま眠れなくなってしまった。3時ごろだったのでまだ暗くて寝ようとしたのだがよく眠れなかった。そして明るくなってきて、新聞配達のバイクが来てポストがガタンといった。鳥がやけにうるさい。鳥は毎朝こんなにさえずっていたっけ?ここも田舎なのかな、などと考えていると何かの鳥がさえずりながら遠ざかっていった。そしてもう起きなければならない頃になって、ハトがなきだした。ボーボー、ッボボー、ボーボー、ッボボーという、子供の頃から聞いていたあの声である。ハトはどうしてあんな声をだすのだろう?ハトがあの鳴き方をするのはどんなときなのだろう。公園などでハトが群れているところでは、クルックルッというような短い声で鳴いている。あまり楽しそうな鳴き声ではない。
7: 2007/07/28(Sat) 02:18
今朝いつものように自転車で駅へ向かっていたら停まっている車の前輪のところに、木の枝のようなものがついているのが目に入った。そんなところいつも見ていないのになぜか目に入った。タイヤの上の、ボディがかぶさっている下側に、絡みつくようにくっついていたのだ。学校にあった、大きな竹箒に使われるあの枝のようなものだ。

しかしなんだか不自然である。まるで足が生えていて掴まっているようである。いや、確かに掴まっている。これは木の枝ではない、ナナフシだ!と、通り過ぎかけたが引き返して、近くでよく見てみた。体長は30センチ近かった。4本の足で車にぶら下がっていた。昆虫なら6本のはずだが見えない。触覚も目玉も見つからなかったが、絶対あれは木の枝ではない、生物である。

調べたところ、前足二本は触覚とともに体と一直線になるようにぴんと伸ばすようだ。私が頭かと思ってみていたのは多分反対側である。のっぺらぼうだったから。

ナナフシの存在は図鑑で知っていたのだが実物を見たのは初めてである。しかし不思議な生き物だな。こういう生き物をみると進化論なんか絶対に信じられない。イタズラで創ったとしか思えない。
8: 08/03/09(Sun) 09:23
走り終わって近所を歩いていたらすぐそばでウグイスの声がする。そーっと声の方へ近寄っていくと、木の茂みのなかから声が聞こえている。じっと待っているとウグイスが飛び出してきて、隣の枯れ木に止まってまた一声鳴いた。近くで聞くと、管楽器のようななかなか深い音色であった。今日はなんだかいいことがありそうだ。
9: 08/03/09(Sun) 09:24
ちなみにウグイスというのは見た目はとても地味ですずめより地味なくらいだ。ウグイス色というと少し黄色っぽい緑色のように誤解していたのだが、それはメジロの体色であって、ウグイス色というのはもう少しくすんだ、暗い色である。
10: 08/05/23(Fri) 23:41
昨日帰り道に鳴き声が聞こえたと思ったら、一晩中ないていた、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、
トッキョキョカキョキュキョク、トッキョキョク・・・・なんて。
もう夏が来たのか。

目には青葉山ほととぎす初がつを

きっと私が子供の頃から、タバコをすっていた頃も、キャバクラへ行って泥酔して倒れるように寝ていた頃も、
夜眠れずにヘッドホンでpink floydやらdylanやらsex pistolsやらを聴いていた頃も、ずっと、ホトトギスは今頃の季節に
鳴いていたんだと思う。

その鳴き声をホトトギスの鳴き声として聞けるようになった、私のほうが変わったのだと思う。
そして多分というか、間違いなく、そのきっかけは5月11日に死んだ父である。
11: 08/05/23(Fri) 23:44
ホトトギスになって父が初夏になるとやってくる、なんてことは考えられないけど、
もしかしたら世の中そんなものなのかもね。
小学生の頃に読んだ童話のような世界が、ピノキオとかガリバーとか、
その他の童話が一番、この世の真理を正しく表現しているんじゃないかなって、
高校生の頃から、ずっと思っている。
12: Mon Mar 25 08:48:32 2013
最近聞える鳥の鳴き声は、「ツピー、ツピー、ツピー」あるいは「ツツピー、ツツピー、ツツピー」という声である。この鳴き声も今まで気に留めたことはなかったのだが、特徴のある強い声である。
13: Mon Mar 25 08:49:50 2013
インターネットで調べて、シジュウカラらしいことがわかった。シジュウカラという名前は何度も聞いたことがあるが、どんな鳥だかはわからない。インターネットの情報によるとスズメくらいの大きさで、特に珍しい鳥でもないらしい。
14: Mon Mar 25 08:52:40 2013
それから、鳴き声が聞えると窓を開けてその姿を探した。何日かして、隣の家の屋根にそれらしき姿を見つけた。するとスズメがやってきてシジュウカラを追い払った。しばらく窓を開けたまま見ていると、また一羽白っぽい小鳥が飛んできて、それを追いかけるようにもう一羽が飛んで私の目の前をブーンという羽ばたきの音が聞こえるくらいの近くを通り過ぎていった。
15: Mon Mar 25 08:55:38 2013
それから数日後の曇った日曜日の朝、ツツピーツツピーという声が聞えたので窓を開けると、電線に一羽シジュウカラが留まっていた。逃げられないようにそっと離れて双眼鏡をさがし、のぞいてみた。頭が黒いが顔の横は白く、体は灰色で尾がすこし長い。ツツピーと鳴くたびに小さなくちばしが開くのが見えた。かなり力をこめて強く鳴いている。
16: Mon Mar 25 08:56:18 2013
最初に気になったときは「ツピーツピーツピー」だったが、最近は「ツツピーツツピー」になった。おそらくなんらかの意味があるのだろう。
^
previous | next | edit