bbz

ニュースにコメント

_
previous | next | edit
1: 2007/07/16(Mon) 21:18
地震が起きた。6強とはたいしたもんだ。阪神のときは7だった。5000人くらい死んだのに、今回はそうでもないようだ。阪神のときは火事がひどかった。それにしてもずいぶん被害が少ないようだ。やっぱり地震対策がすすんでいるのだろうか。
2: 2007/09/13(Thu) 05:39
安倍氏の辞任には参った。驚きが最初だったが悔しさも強い。
3: 2007/09/13(Thu) 05:52
党内でも味方がいなかったように見える。ただ世間に受けがよいから利用して担いでやろうという人しかいなかった。理想が高くて抽象的すぎて、周りがついていけなかった。現実の地道な問題を処理することができなかった。そこは自分でも気づき悩んでいたと思う。その末にとうとう靖国参拝をやめてしまった。わたしはこれが運の尽きだったと思う。中国などが批判をしていたけれど、靖国参拝なんかで誰も損はしないし傷つきだってしないのである。文句を言える機会ができて好都合だったくらいなのである。あの行為は象徴的なものである。決意表明である。理想があるという稀有な人だったのに、その唯一の取柄が、靖国参拝をやめたことでなくなってしまった。
4: 2007/09/14(Fri) 19:33
橋の欄干に乗せられて突き落とされ、お母さんと叫びながら落ちていったという彼女はどんな気持ちだったのだろう?頭蓋骨が陥没していたが死因は水死だったという。頭を川底か石かにぶつけて陥没しておぼれて死んだ。そんな死に方をした子供はいったいどうなってしまうのだろう?裁判をうけている母であり容疑者でもある彼女がどうなろうと関係ない。ほかにも残酷な事件で犯人が死刑になるとかならないとかが話題になっているが、そんな事はどうでもいい事である。遺族が会見して犯人を死刑にして欲しいと訴えているのをよくみるが、私は彼らは本当に被害者の事を考えているのだろうかと疑問に思う。犯人を憎んで死刑にしたところで被害者の供養にも鎮魂にもならない。魚を見たいという子を、おびえているのに欄干に乗せて、おさえてやると言っておいて、怖いと振り返った瞬間に突き落とすと、
お母さんと叫びながらまっさかさまに落ちていった・・・こんな悲しい描写は見たことがない。
5: 2007/09/14(Fri) 19:37
安倍氏のことと彩香のことで何か話したくてたまらずに久しぶりに飲食店へ行った。話していくうちにますます安倍氏がかわいそうになってきた。そして、辞任の理由もわからなくなってきた。本人があげた理由は特措法のために政局を転換させる、という事である。なんだか小沢氏との会談を断られたから、などと言っている人が多いが、それは特措法を通すには自分では力不足である事を自覚したという話にすぎず、辞めるのは特措法を通すための一点なのである。参院選での大敗には一切触れておらずこれは辞任の理由ではないし、辞める必要もない。農水大臣のあいつくスキャンダル、年金のこと、これらは野党が与党をいじめるいつもの事でこれも関係ない。ただ、誰もがそれだけだとは思わないだろう。私は健康上の理由という話をきいていったん納得しかけたのだが、本当はもっと違う理由があるように思えてきた。

本人の脱税などのスキャンダルでもない。私は誰かに退陣を勧められたのではないかと思う。特措法のためには辞めてもいい、という発言をしたときは、総理である事に疲れているのかなとも思えたが、退く事で特措法が通るなら辞めてもいい、というのは本心だったのではないだろうか。年金やスキャンダルの件であれば、辞める必要はない。ただ野党やマスコミがギャーギャー騒いでいるだけだ。しかし特措法となると話は別である。アメリカで、特措法が通らなかったら日本おしまいだぞ的な事を言われた、もしくはそういう空気を感じた、そして自分がこのまま総理でいたら野党の反感を買ってそのために反対されてしまう、そこで辞めることにした。

でも、辞めたら通るかね・・・
6: 2007/09/16(Sun) 14:17
驚きを通り越して悲しみすら感じた、と言っていたのは誰だったかな町村氏か誰かだったと思うが多くの人がそうだったと思う。あの辞任を見て無責任だとかおぼっちゃんだとか逃げだとか言う人は心が捻じ曲がりすぎだろう。辞任会見を見ている佐藤ゆかり、片山さつきの悲しさと悔しさのまじったような顔は美しくさえあった。
7: 2007/09/16(Sun) 14:36
今までもあちこちで何度か宣言しているのだが、私は民主主義を否定している。ただし現状では多数決で何かを決めるしかないかな、とは思う。学校では民主主義が再考の政治形態であるかのように教わるが、民主主義、つまり多数決は妥協でしかない。派閥がどうの政党がどうのと、自民党のやり方が批判されているけど、自民党の欠陥は民主主義の欠陥でしかなくて、民主党だって長期政権を獲得するようになったらかならず自民党のようになっていく。民主主義というのは、政治というのは神聖で清潔なものではない。清潔な政治、うそのない政治、そんなものは政治と言う概念と矛盾する。そんなことがありえるなら、政治は必要なくなる。
8: 2007/09/16(Sun) 14:42
安倍氏は特措法を通過させたら辞任するという事を小沢に伝えようとしたが外遊中にそれがセッティングされていなかったので自分の孤立を悟って辞めた、という説を聞いた。それが麻生のクーデターだというのである。それなら納得がいく。職責にしがみつくつもりはないという発言、所信表明演説もおこなって続投の決意は揺るいでいなかった事。しかし、その後に麻生氏に辞意を伝えたと言う。だがこれは本当だったのだろうか。この話は麻生氏にしかもしくはあと一人二人にしか話していないようだから、真相はわからない。もしかしたら党首会談のことをどうしたんだと問いただしたのではないか?
9: 2007/09/16(Sun) 14:47
もしそうだとしたら、安倍氏がそれを明らかにしたら、麻生氏は総裁どころが議員でさえいられなくなるだろう。福田氏が総理になって組閣をしたらどうなるのか。もしかしたら小泉並みの長期政権になったりして。なんかそんな予感がしてきた。妥協妥協でとりあえず安定したような雰囲気になって国民も安心する。
10: 2007/09/19(Wed) 20:54
私は安倍さんを支持している。今でも。小泉よりも、安倍の方が好きだ。今回の辞任には何かわけがあったのだ、と考えている。無責任だとは思わない。逃げたとも、仕事を投げ出したとも思わない。選挙に負けて責任をとって辞める、という事のほうが理解できない。それだって逃げじゃないのか。

11: 2007/10/13(Sat) 04:21
内藤を見ているとなんだか懐かしい。ああいう人は俺が子供の頃にはよくいたけど、最近見かけなくなった。おなじような事は福田総理にも感じる。ああいう柔らかい物腰のおじさんも、最近見かけなくなった。

お笑い芸人なんかはいかに異常な奴かを競うようなところがある。ダウンタウンも異常系である。とんねるずはまだ正常系に入る。江頭、ダンディ、猫ひろしなどは言うに及ばず。

スポーツマンではイチローや中田のようなクールなタイプが増えた。歯に衣着せず遠慮なくなんでも言うタイプとか。落合なんかは異常系の走りか。それでも彼の言動にはやわらかさや繊細さがある。

ホリエモン騒動のときに、彼をはじめとするITに携わる人間が軽薄でノッペリした顔をしているという声を聞いた。たしかに、最近は人の顔が、よく言えばきれいでかわいくなった。衣食住での苦労は今ほとんどない。

苦労することが良いとは思わないが、苦労しないと人間はやっぱりダメになってしまうのかな。
12: 2007/10/16(Tue) 19:58
私は亀田にはそんなに悪い印象はない。コウキについてはファンである。ダイキについてはパフォーマンスともかくとして実力に疑問を持っている。
13: 2007/10/22(Mon) 20:50
暴行事件について、夜遅くまでうろちょろしている女もどうかと思うという発言をしたことが記事になっている。何が悪いんだろう。しかも3時だそうだ。加害者の事を元気があっていいなどと言ったのは問題だと思うが、今回のような事は別にいいどころか、是非言うべきであるとさえ考える。
14: 2007/10/28(Sun) 22:02
俺はずっと亀田が負けた時の事を心配していた。こんなに虚勢をはって負けたらどうなってしまうんだろうと。今回内藤にダイキをぶつけると聞いたとき、そりゃムチャだろうと思った。コウキだったらなんとかなるかもしれないが、ダイキじゃ勝てないよ、と。そのときに、史郎さんはコウキに負けさせるわけにはいかないんでダイキを当てたんだろうな、思った。試合は思ったより接戦で、どちらにもこれといった有効打はなかったように見えた。内藤の試合をちゃんと見たのは初めてだったのだが、こんなヤツがポンサクレックによく勝ったな、と思った。ポンサクレックの試合はまったく見たことはないが防衛の数からして相当強いんだろうなと思ってたので。
15: 2007/10/28(Sun) 22:07
そしてダイキは負けた。確かにイライラするだろう、あんな相手と戦ったら。そっぽを向いてロングフックをわき腹に当ててくるような相手とやったら。まあダイキは騒がれても勝てない今までの日本人挑戦者の典型の、ストレートを打てない、フックを振り回すタイプの選手である。いくら強いフックをもっていても、ジャブとストレートを打てない選手は絶対に勝てない。コウキはその点まだマシ。コウキが内藤とやることがあるのだろうか。どっちもやりたくないだろうが、こうなったらやらないではすまないだろう。どっちが勝っても、今度はあとくされのないいい試合になると思う。
16: 2007/10/28(Sun) 22:30
世界チャンピオンを育てるのがどれほど難しいか。多少強引ではあったにしろ素人が世界チャンピオンを育てたと言うのは大変な偉業である。世界チャンピオンの育て方など誰も知らない。常識とかモラルとかが第一でないのは当然だろう。
17: 2007/11/06(Tue) 19:17
最近はすっかり日本の野球を見なくなったのだが、中日が王手をかけた試合で知らない若い選手がパーフェクトを継続中だとか言っているのでチェスをしながら見ていると、8回までいった。あと3人だ。これはいっちゃうんじゃないか?日本一を決める試合でパーフェクトってすごいな、と思っていると、落合とコーチが立ち上がった。アナウンサーが2アウトになったのに投球練習をしていないですねと言っていたのだが、さすがの落合でもここは代えないだろと笑っていたら代えてしまった。鬼だ。鬼監督だ。どうやらピッチャーが体力的にも限界だったようだが、すごい決断である。
18: 2007/11/08(Thu) 21:57
酒酔い運転で事故を起こして3人の子供がなくなった事件で、懲役25年の求刑があったそうだが、重すぎる。実質3人殺したのだ、という気持ちもわかるが、何が楽しくて3人の子を殺そうと考えるだろうか。私は最近交通事故が増えているのは運転者はもちろんだが、同乗者や歩行者も車に対する恐怖に鈍感になっていることも原因の一つであると思う。私が子供の頃は、危ないから道路ははじを歩きなさいとしつこく言われたものである。免許の取得率が大幅にあがった今、車は歩行者を優先させなければならないことを皆が知り、それが運転者ではなく歩行者としても受け止めている。本当は、信号のない横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたら車は停止線の手前で停止して歩行者がわたるのを待たねばならないのだが、そんな車は少なくとも私が普段通る道ではまず見かけない。歩行者もそれをわかっているから車が来なくなるのを待っているか、信号のある横断歩道を渡る。幼稚園児などの列に車が突っ込むという事件も何度か起きた。私はこれも、園児達が後ろからせまる車の音に振り返ることもせずに歩いていたのではないかと思えてならない。事故後に隠蔽を図ったことも罪を重くするだろうが、それにしても25年はない。
19: 2007/11/08(Thu) 21:58
小沢氏がプッツンしてしまったと言った。死語である。最近はキレるという言葉がすっかり一般化したが、キレるとプッツンするは、同じような意味で使う事もあるが基本的に違う。キレるは怒ることをさし、プッツンはバカになることをいう。
20: 2007/12/10(Mon) 19:04
ルービックキューブブームが再燃している。最初のブームのときは、速くても1分を切る人などいなかったと思う。私も中2(多分)コースに載っていた沖田浩之が考えたという攻略法を覚えたのだが2分前後かかっていた記憶がある。3年位前、家にひきこもっていたときに、ルービックキューブを見つけて自力で完成法を編み出した。といっても、昔覚えた攻略法を思い出したようなものだけど。しかしその方法では3分も切れない。自分でもやっていてココは無駄があるな、などと感じるところがある。しかし今やコンテストの優勝者は10秒くらいでそろえてしまうという。いったいどうやっているのだろう。昔の攻略法は、まず一面そろえて、その面を底にして周囲の下から2段目までをそろえて、上面に十字を作って、四隅をそろえる、というものが主流だった。まず二面そろえるやり方もある。

今ちょっと探してみた。どうやら、キューブのポジションによる手順を大量に覚えてそれを状況に応じて当てはめていくようだ。その手順もひとつずつではなく、複数を一気にそろえるもののようだ。1分でそろうとして、1秒に4手つかうとしたって240手。
21: 2007/12/13(Thu) 20:08
zepの再結成ライブの様子が、朝日新聞にカラー写真つきの記事で載っていた。JPのあたまは雪のように真っ白であった。何度か言ったように私はzepがそんなに好きではない。しかしもし日本に来たら絶対に見に行くだろう。DeepPurpleはリッチーがギターだったら見に行くかもしれない。stonesはもういい。チャックベリーも見たい。who, pistols, dylanはもちろん行く。neil youngも見たい。しかしみんな長命だな。
22: 2007/12/16(Sun) 16:19
乱射事件が起きた。もともと少しおかしい奴だったようだが、その前に続けて起こった乱射事件に触発されたのは間違いないだろう。銃の規制を強化しろと言う意見が多いようだが、そういう次元ではないと思う。人がおかしくなっているのである。しかし2ちゃんねるで犯罪予告などが書き込まれるのは本人の問題で掲示板自体に罪はないというのとは違う。
23: 2008/01/08(Tue) 19:47
今大統領予備選でヒラリーとオバマが競っていることが連日ニュースになっていて、どうやらオバマが優勢のようだ。しかし、これは民主党の予備選であって、最終的には共和党の候補と本選をおこなうんだよね?共和党の予備選の話は全く出てこない。民主の候補者がどっちになっても共和党は勝てないことがもうわかってしまっているのだろうか?もしかして共和党の予備選はまだ始まっていない?アメリカでは大統領は国民の直接選挙による投票で決まるというが、それでも最終的に候補者を選ぶのは選挙人であって国民投票ではない。日本よりは直接に近いかもしれないが、間接であることには変わりない。以前も書いたが直接民主主義が素晴らしいというのは妄念である。民主主義が徹底することは、実は民主主義の不要を意味する事になる。究極の民主主義は無政府主義である。国民の行動は各自の良心に任せられ、誰も罰しないし自由を制限することもない。各自の良心が唯一の法であるから、法律を作る人も裁く人も政治をおこなう人も必要ない。罰は自分達の良心の呵責のみである。それが究極の民主主義である。それがまかり通らないのだから、直接民主主義は不可能なのである。どこかで線を引かねばならない。
24: 2008/01/08(Tue) 19:48
「アメリカ人は(前回の選挙で)ブッシュを選んだ」というのは間違いではないかもしれないが、「アメリカ人ではブッシュを選んだ人が一番多かった」というのが正確である。この二つが同じであるとは決していえない。多数決の結果が、ひとつの意志であるというような考えは、私にはとても受け入れられない。「民意」というのは多数決の結果でひとつにまとまりなどしないだろう。民意はさまざまであって、まず候補者が絞られて妥協が起き、さらに最終的な投票結果に妥協する。自分が投票しなかった人が選ばれたって、その人の「民意」が覆るわけではない。しぶしぶ多数決に従うだけである。
25: 2008/01/15(Tue) 19:00
最近親子や夫婦などの間での殺人のニュースをよく見るが、私が覚えているもっとも古いものは、浪人生が両親をバットで殴り殺した事件である。名前が少し変わっていて、今でもそれを覚えており、インターネットでも検索できた。もう刑期を終えて出所しているらしい。私より8つくらい年上であるが、どこで何をしているのだろう。

最近の残酷な、特に子が親を殺すようなニュースを見ていて、私の両親はおびえているように見えた。私がそういうことをするのではないか、と、かすかには恐れていたと思う。私は高校生の頃からかなり両親を困らせてきた。なんだかんだで結局そこそこの大学に入れたのだが、中退してしまい、それが決定的な親不孝となった。実際に、父からお前の失敗は大学をやめたことだ、と10年くらいたってから言われた事がある。

私の父は、私を含めて子供達に勉強しろと言ったことがない。少なくとも私は言われた事はなかった。母も何も言わない。塾もいかなかったし、習い事もなんにもやっていなかった。さいわい私は勉強が嫌いではなかったので進学校といわれる高校に入学して、一浪したが大学に入れた。

しかし私はずっと大学に行く意味がわからなかった。高校進学のときからすでに、学校に行く事の意味が見出せなかった。
早く仕事をして自分でカネを稼ぎたかった。それは勉強が嫌いだからとか面倒だとか言う消極的な理由ではなかった。
勉強なんか座って本に書いてある事を覚えるだけじゃないか、それが一体何になるんだと、結局大学を辞めるまでずっとその考えは消えなかった。

確かに勉強して学校へ通うのは無難で多くの人には良い選択なのかもしれないが、私はもっといろんな可能性を試したかった。スポーツや芸術など。
26: 2008/01/20(Sun) 22:29
NHKのインサイダー取引の件で、元NHK職員の学者さんが、「インサイダー取引に刑事罰を課すことに反対」「そもそもインサイダー取引は悪くない」などと書いている。経済学の専門家で大学教授だから私なんかたちうちできるはずもない人だが、この人が一般的に言うインサイダー取引をしているのはほぼ間違いないだろう。NHK職員が今までもそのようなことをしていた、という指摘に噛み付いているのもやましさがあればこそである。このひとは元NHK職員なのである。著作権なんかない、というのと同然なことを主張している人である。システムに問題がある、モラルの問題ではない、と言っているのである。それが、それこそがNHK職員に蔓延しているモラルハザードなのである。もう、かわいそうなくらいに明白に、彼は身をもってNHKのモラルハザードっぷりを証明しているのである。
27: 2008/01/20(Sun) 22:35
この人がちょっとおかしいな、というのはこないだの大江健三郎に対するケンカのふっかけかたでも感じた。まあ大江氏に問題はあるにしてもあのイチャモンのつけかたはちょっと異常だった。そしてその後火を消すかのようにまったく違うネタを載せたのは今回と同じ。
28: 2008/01/23(Wed) 20:52
I氏の言っている事はよくわからないが、インサイダー取引をそう簡単に不正と決め付けることは難しいそうだ。そして今回のNHKの件はモラルではなく大勢に不要な情報を見せていたことが問題なのだという。しかし私はここで疑問を感じるのだが、大勢に情報を見せることがなぜ問題だったのか?それがインサイダー取引を誘発するからではないのか?だとしたら、やっぱりインサイダー取引は不正であると認識しているのではないか?まさか、不正ではないけど現状は違法でバレると世間が騒がせてはいけないというのか?インサイダー取引は問題ではないが、買収のニュースを誰でも読めるようになっていることは問題である、というのは意味がわからない。しかし今回わかったことは、おそらくインサイダー取引というのは現在でもかなり頻繁におこなわれているということだ。だから、何の理由も無く急に売買高が増えたら、誰かが情報を握って大量に売買している可能性がある。まあ、そう思わせて売買を増やそうとする者もいるかもしれないけど。
29: 2008/01/23(Wed) 20:53
今朝出勤すると誰かの机の上に白い恋人がひとつおいてあった。誰かがおみやげで買ってきたのだろう。このお菓子は以前から北海道みやげの定番で、この間の賞味期限問題があっても売れなくなるどころか品薄になって客が殺到したらしい。そして問題が落ち着いて以前のように定番として、きっと以前よりももっと、売れているだろう。私も何度もこのお菓子をおみやげにもらって食べたことがあるがおいしくもなんともなく、自分だったら絶対に買わないと思うのはもちろん、北海道行ったらこれって安直すぎだろと腹が立つことさえある。白い恋人、カトキチはともに大日本人で主人公が体に広告を出していた会社である。映画が公開されてしばらくしての問題発覚に、偶然とは思えなかった。最近続けて発覚した偽装問題だが、発覚のきっかけはなんだろうか?内部告発、ライバル会社によるスパイ活動などが考えられる。白い恋人は結果として大宣伝になった感があるが、さすがにそれをねらってわざとやったということはないだろう。
30: 2008/01/23(Wed) 20:58
同じ金額の損得では損の方を大きく感じるのは人間の性質らしい。それはわたしもパチンコで経験している。1万円勝っても「たった1万円だけか」と思うのだが、同じ金額を負けると「1万円も負けた」と、ふたつのケースは相殺されないのである。今世界で起きているという株安でも同じである。

株を持っていてもその価値はあくまでも評価額であり、今売ればこれだけの現金が入る、という仮定の金額にすぎない。「鳩山兄弟が二人で80億円損した」というのは不正確である。もし株価がさがったので売却したのなら「損」になるが、まだ株を持っているのだ。得も損もしていない。株価とはそういうものだ。

だからわたしは今回はともかく、いつも日経平均があがったさがったと一喜一憂しているのは非常におろかな事だと思う。それによって株主の心理に影響を与えることはあるだろうが、それはほんの副次的なことである。だいたい株価の上下自体が正当な評価によるものかもわからないのである。そういう不確かな評価による不確かな資産の増減が世の中を動かしている、という考えは私には到底受け入れられない。
31: 2008/01/28(Mon) 03:59
橋本徹は私よりひとつ年下である。弁護士で、花園にも行ったラガーマンで、話もおもしろいし、家庭も持っていて何一つかなうものはない。しかし彼の脱税疑惑とか弁護市懲戒免職請求の件とか、サンデージャポンの降板とか、胡散臭い奴だという印象はある。特に脱税騒動でブログだかなんだかで記者をこき下ろしていたのを読んだときには憐れみさえ覚えた。彼が大阪府知事にふさわしくないとかいうつもりはない。おそらくタレントでいたほうがカネも儲かるだろうし、本気で政治をやろうとしているのには敬服する。しかし知事って、そんなに強力な権限を持っているんだろうか?東の功績は、知事としての力ではなく、人柄と情熱が評価されて、ブーム的に宮崎が注目されてその結果副次的に観光客が増えて特産物が売れただけではないのか。民意とか国民の審判とかいうけど、知事や総理大臣が世の中を変える権力を持っている、国の行く末はリーダー次第だ、というのは民主主義の否定じゃないんだろうか。
32: 2008/01/30(Wed) 19:45
訴訟する前になんとかできなかったのだろうか。勤務状況をみると確かにひどくて、体も壊していたらしい。その原因はアルバイトなどの人がたりなかったのが原因で、そのために店長みずからシフトに入っていたそうだ。そんな状態にあるのなら、上司に相談、だめなら文句を言う、聞いてもらえないなら上の役員などに直訴する、などの方法があったはずだ。会社相手に訴訟を起こすなんて、辞表をたたきつけるよりも強い会社の否定である。私なら訴訟を起こす前に辞める。もしくは診断書を貰うなどなんだかんだ理由をつけて欠勤する。勝訴するということは、自分の言い分が正しく会社が間違っているということだ。そんな会社にどうして続けて勤務しようとするのだろう。訴訟をおこして判決が出ないと変わらないような会社にどうして勤務しようと思うのだろう。これからも改善したい事があったらそのたびに裁判を起こしていくのだろうか?わたしはまちがいなくこの店長は無能であったと思う。この人が裁判で認められたことは残業代をもらう権利だけである。自分の将来、会社の将来を犠牲にして、数百万の残業代をせしめた、それだけである。この人は数年の内にマクドナルドを退職するだろう。そして暴露本を書くとか、この手の問題を啓発する団体の役員などになるだろう。その方が向いている。こんな人はお客に笑顔を見せられないだろう。
33: 2008/02/06(Wed) 22:24
マハリシが死んだというのを、2/6 12:15に英語のRSSで知った。WPかNTのどっちかだと思うがわからない。どっちでもいい。ヤフーJではテレ朝のアナウンサーが結婚したというどうでもよすぎるニュースを伝えている。ヤフー本家には載っていた。マハリシこそどうでもいいという人もいるだろうが、ビューを稼ぐにはとてもよいネタだと思うのだがさてYJにはいつ載るだろうか。
34: 2008/02/09(Sat) 13:49
今朝地震があった。少し長くて、ストロークの長いゆれだ。さいきんよくある。こういうゆれは東北のほうが震源地のことが多い。以前にも船に乗っているように大きく揺れたことがある。いっぽう、カタカタカタ・・・・と細かくゆれる場合は、南のほうが震源の場合が多い。そしてガタン!と突き上げられるようなゆれの場合は震源が近い。私は地震がおきると適当に震源地を予想して見ることにしているが、かなりこの法則は正確に震源地を当てられる。今回は銚子沖と予想したのだが、やや北の茨城の沖のほうだった。
35: 2008/02/09(Sat) 16:30
英語のRSSフィードを登録したのだが連日大統領選のニュースが配信されている。その中にGOPという語をちらほら見かける。調べて見るとこれは Grand Old Partyの略で、共和党のことなんだそうです。
36: 2008/02/10(Sun) 04:05

3:34 (23分前)Le C.A. de Yahoo rejetterait l'OPA de Microsoft (Reuters)from Le Monde.fr : A la une
Retrouvez l'ensemble des dépêches sur ht*p://www.lemonde.fr

というフィードでyahooが買収を拒否することを知った。英語のフィードとyahoo本家で確認したけど。le mondeのフィードを登録してあるのだ。ほとんど意味はわからないが固有名詞でなんのニュースかは少しわかる。ちなみに中国の新聞もひとつ登録してある。こちらは漢字でだいたい意味がわかるのだが、餃子の件は中国では報道されていないのだろうか、見かけない。
37: 2008/02/16(Sat) 20:50
とうとう中国でも毒餃子事件が報道されはじめたようだ。「毒餃子」という文字が見え始めた。ところで餃子の餃ってどういう意味なんだろう?
38: 08/03/11(Tue) 04:53
スポーツ選手の末路というのは惨めである。高橋尚子はまだ引退もしていないので末路などというのは失礼かもしれないが、ピークを過ぎたのは間違いないだろう。昨日は夕方床屋に行った。床屋さんと常連客がマラソンの話をしていたのだが、とても淋しそうだった。私は中継は見ていず、携帯でニュースを見ただけだったのだが、とても淋しくなって、その後すさんだ夜を過ごしてしまった。渡辺二郎も引退後すさんだ人生を歩んでいる。辰吉も終盤はメッタ打ちされて負ける試合が何度かあった。落合博満も日ハムへ行った後は悲惨だった。
39: 08/03/11(Tue) 20:56
週刊文春でオバマの趣味を読んだ。愛読書は聖書、白鯨、マルコムX自伝とか。音楽はコルトレーン、マイルス、ディランとか。俺と趣味が合うな。
40: 08/03/18(Tue) 01:12
円高である。95円とか。ついこないだは120円くらいだったはず。Gibsonのギター値下げしないかな。
私がLPCustomを買ったときは定価26万円で店では16万で売っていたのだが。それくらいの値がついていたら買ってしまうかも。
41: 08/03/18(Tue) 01:13
確かその頃は1ドル108円くらいだったと思う。
42: 08/03/21(Fri) 01:19
金曜日は雨。起きたら暴風雨といってもいい天気。台風でも来たかのような。用があって出かけるが折りたたみの傘がなんどもひっくり返る。イライラして捨ててやろうかと思ったがカネがないので我慢する。なんどか室内で時間をすごすがいっこうにおさまらない。帰ってきて、寝て、さっき眼が覚めたのだが、まだ風の音がする。今年は春一番の頃から強風の日が多い。
43: 08/03/26(Wed) 01:08
眠れない。最近は体力の低下と不摂生により質のよい睡眠が取れなくなっているのだが、今夜はさらにあるニュースが私を興奮させている。それはあまりおおっぴらには報道されていないが、その第一報を聞いたとき、非常に興味を持った。そして今日、その事件にかかわる人物のことを知って、他人事ではなくなった。場所も私になじみのある場所だったし。
44: 08/04/02(Wed) 21:05
通勤の途中にMという学習塾がある。最近、そこのビルの入り口と窓がシャッターで閉ざされている。
しばらく前に、中年男がここで塾の関係者と口論していた。貸した金は返せよなどと言っていた。
経営破たんだろうか。
45: 08/05/08(Thu) 19:08
ミャンマーのサイクロンの事件は、恥ずかしながら昨日の朝インターネットでようやく知った。それまでずっと外をフラフラしていて、新聞もテレビのニュースも見ていなかったからだ。死者2万人を超えるってどういうことだ?全く想像できない。

と、自分の掲示板を見ていたら、大惨事の夢を見たことを書いている。「死者が1000万人にのぼる」と書いている。たぶん起きてすぐ書き付けたのだろうが、その夢の内容はよく覚えていない。火事で煙がもうもうと立ち上っていたのは覚えている。しかし1000万人という数字がどこから出てきたのか。

1000万人の死者といったら、東京の人口くらいだ。それが丸ごと死ぬとなったら巨大隕石が降ってくるか、生物化学兵器をばら撒かれるか、核爆弾でも落ちないとありえないだろう。

それにしても、その書き込みの時間は5/2の0:00頃である。ニュースなどによると、ミャンマーにサイクロンが来たのは現地時間5/2の夜からのようだから、どこかでニュースを見て影響された夢ではない。予知夢だ。私にはうっすらと霊感というか、予知的能力があるとは前から感じている。
46: 08/05/08(Thu) 19:09
まず1時ごろ、地震があった。軽い余震があって、しばらくたって大きくゆっくり揺れる、東北方面が震源の地震特有の揺れだ。少し大きいなと感じているとやがて静まったのでそのまま寝ていた。しばらくたってまた揺れた。先ほどのゆれより大きくて長い。上半身を起こして、本棚を押さえようかなと思っているとおさまった。パソコンをつけて、TVとネットを見た。TBSではアナウンサーがしゃべっていた。NHKはまだだ。しばらくしてNHKもアナウンサーが出てきた。ヤフーも更新された。私のところは震度4であったが、最大は5弱と、かなり大きい地震であった。その後も何度か余震があって、「ねむれねえじゃねえか」と文句を言ったりしていたがそのうち「5弱の地震が起きたくらいだからもうエネルギーが放出されて、大きいのは来ないだろう」と考えて寝た。
47: 08/05/14(Wed) 22:09
中国の地震もロイターのRSSで知った。Strong earthquake hits southwest Chinaという見出し。
BEIJING (Reuters) - An earthquake measuring 7.5 rocked China's Sichuan province on Monday, less than 100 km (60 miles) from the provincial capital of Chengdu, the U.S. Geological Survey said on its Web site.

Sichuan provinceってどこだろう?provinceはたぶん省のことだ。Chengdu?どこだろう。
調べて、四川省、成都のことだとわかった。
とてもさっぱりした簡潔な見出し。

48: 08/05/25(Sun) 09:52
サザンオールスターズが活動を休止する発表した。すると所属プロダクションの株価がさがり、カラオケのリクエストランキングではSASの曲のリクエストが急増したそうだ。大衆ってバカですね。
49: 08/05/26(Mon) 22:56
今年は雨が多いね・・・風も強い・・・台風みたいな天気がすでに数回あったよね・・・
50: 08/06/07(Sat) 06:53
国交省の職員がタクシーを使いまくっているということが、しばらく前のバンキシャで特集されていた。誰もがけしからんと思うだろうが、私はなぜ国交省なのかに注目した。なんでも、ある職員は遠回りをしてさらに有料道路を通っていたそうである。なぜそんなことをするのか?ただ楽だからタクシーで帰っているのではないのである。
これはその職員に、タクシーや道路を使うことが関連団体の利益になる、という意識があったからではないかと思う。
それはほめられたことではないし、馬鹿げているとも思うが、多分役人というのはそれくらいの不合理な動機で生きている。

といっても、民間企業が自社そして自身の利益を動機としてしか働かないのも、それはそれで気持ちが悪い。
役人のサービスが悪く無愛想な事と、サラリーマンの卑屈なまでの笑顔と低姿勢、これはどちらも利己心の表れなのである。
卑屈なサラリーマンは役人になったら必ず無愛想になるし、無愛想な役人がサラリーマンになったら卑屈なまでに低姿勢になる。
これはモラルとか心がけとかの問題ではなく、ごく単純な心理学、物理法則といってもいい。
51: 08/06/08(Sun) 20:49
秋葉原のTZoneでメモリを4GB買った。レシートを見ると時刻は12:18である。
そこから歩いてかつてLAOX computer館だった建物の脇を通り、まだ次の店が入ってないのかなどと考えつつ通り過ぎ、電卓を路上でたくさん売っている店の前を通り、日曜日はホコテンとなる通り、春日通りか?をわたって、電球がたくさんならんでいるような店の横を通って、LAOX音楽館、今は店名が変わっているけど、に入る。
キーボードをさわったりなどしてしばらくして店を出て、JR駅そばのメイドエステか何かの店の前に行列ができているのを冷ややかな目で見つつ、JR駅に入る。杖を持った、盲目らしき女の子が改札の前に立っている。

確か、13:05分発の電車が出るところだったと思う。
それには乗れず、喫煙所を探してタバコを吸おうかなと思っていたら、電車が来て、
新宿へ向かった。

そのころ、殺人事件が起きていた。
52: 08/06/10(Tue) 00:52
今回の通り魔事件の犯人も、こないだ自殺した女子アナも、目が怖い。目が死んでるというか、表情がないというか。やっぱり死を賭すような事をしでかす人は、目が逝ってしまっている。尾崎豊の最後のライブでも、目がおかしかった。

社会がどうの、格差社会がどうのバブルがどうのホコテンがどうの報道がどうの・・・・そんなものどうでもいいよ、という境地に達した人は、目が違う。
53: 08/06/12(Thu) 04:37
pujolsがstrained calfによりDL入りした・・・・まだしてないみたいだが多分だめだろう。
calfとはふくらはぎのことである。左フクラである。
彼はモンスターのような打者だが、なんか怪我がちだね。
54: 08/06/18(Wed) 02:02
宮崎勤の死刑が執行されたそうだ。よく知らないけど死刑囚の執行がいつになるかは明確な決まりはないそうである。しかし現在の法相の鳩山氏は、どんどん死刑をしたい人のようである。公にはなっていないが今回宮崎の死刑を執行したのも間違いなく彼の意向だろう。
55: 08/06/21(Sat) 01:54
こないだマンションの隣だか2個隣だかに住む男が女を自室に連れ込んで殺したという事件があった。しかし私はどうしてもその男が自室に女を連れ込むところを想像できない。
待ち伏せて女の部屋に押し入るならまだわかる。でも、刃物で脅そうが何しようが、自分の部屋をでて隣とかの部屋まで連れて行かれるなんて、どうしても理解できない。
56: 08/06/23(Mon) 21:01
こないだの岩手の地震は警報がでて実際に6+の地震が起こる様を目撃した。
TVを通してだが。

しかし、その後の被災状況は震度の割には小さかった。
1,2時間くらいNHKをずっと見ていたが、現地との電話でのやり取りでも皆落ち着いていて、
笑っている人もいて、NHKのアナウンサーのほうがよっぽど取り乱していた。
新聞にも今回発表された震度が大きすぎたのではないか、ということが書いてあった。

私が高校生だった、1986か1987年に、地学の授業で地震についての話を聞く機会があった。その地学の先生は、過去に起きた地震の規模を累積した折れ線グラフを見せて、
最近大きな地震が来ていないからそろそろ起きるおそれがあるといってニヤニヤしていた。

そして、1995年の阪神大震災が起きた頃から大きな地震がかなり頻繁に起きている。
57: 08/06/23(Mon) 21:04
昨日新宿百人町あたりを歩いていたら、あちこちでサッカーを見ている人がいた。
そういえばと、私もある場所でサッカーを見ていた。
私はそれほどサッカーが好きではないが、日本代表の試合くらいは注目して見る。
しかし、最近の日本代表の試合はつまらない。
一番おもしろかったのはオフト監督時代の、カズ、ゴン、北澤などがいた頃だ。
それ以降は、なんだか器用な選手が増えて、きれいにきれいに攻めようとする。
ドリブラーがいない。ミドルシュートを打つ選手もいない。
みていて非常に歯がゆいしつまらない。

昨日ももう後半40分くらいまで0-0で、これは引き分けで終わるなと思っていたら、
ふわりとゴール前にあがったセンタリングだかなんだかよくわからないのがそのままゴールした。
その瞬間は見ていなかったのだが、巻がボールと一緒にゴールの中にいてガッツポーズをしていたので、
てっきり巻のヘッドだと思ったらなんと巻は触れてもいなかった。

わたしは失笑した。
ワールドカップのオーストラリア戦、オリンピックでブラジルに勝った試合でもこんなゴールがあった。カッコ悪い。

私は中村俊輔が嫌いだ。なんなのあいつのあの顔。性格が顔にでている。
こないだ大久保だか誰かがドリブルでつっかけすぎると批判していたのを何かで読んだが、
俊輔みたいのが今のジャパンの主流なんだな。
中田も中盤で司令塔のような役割をしていたが、彼はドリブルもするし長いシュートも打っていた。

私は中田もあまり好きじゃなかったけど。
58: 08/06/25(Wed) 22:34
先日の秋葉の事件について、週刊文春では犯人の生い立ちについて書いていた。
あの事件について、格差社会だのワーキングプアだの派遣のありかただのに関連付ける人がいたようだが、そちらよりも家庭環境を重視した文春はさすがである。

とても厳しい親にしつけられたようである。
私は親に勉強しろなどといわれたこともないくらい、ほったらかしに育てられたので、
厳しくしつけられた人の気持ちがわからない。

わたしはむしろ放任のほうがおそろしいと思っていた。
しかし、厳しく育てるというのも、親が自分の世間体とか老後世話になろうとか
そういう動機で子供に何かさせると、ゆがんでしまうようである。
59: 08/07/17(Thu) 21:31
アメリカにいい話がない。
U先生もアメリカ人がバカになったなんて話をしている。
ドルは安くなって、赤字だの不況だのという話がいつまでも絶えない。
911から始まった対イスラム戦争もなんだか泥沼化して
今じゃ誰もあの戦争に大義名分を認めないかのような雰囲気さえある。

私は今でもアメリカを信じている。
アメリカが没落してEUや中国が台頭してくるとは、到底思えない。

しかし不安ではある。オバマが大統領になったら、
大変なことが起こりそうな気がしてならない。
なんだか国民も外国の人々もそれをわかっているような気がしてならない。
そして、本人も。あの暗い不安そうな顔はなんだろう?死神のようにすら見える。
私はオバマ氏が笑っている顔を思い浮かべることができない。
いつも憂鬱な不安そうな顔をしている。
60: 08/07/18(Fri) 21:18
野茂は私と同い年である。
結局、彼を肉眼で見る機会はなかった。

社会人になりたての頃、生命保険の外交員の人から、日ハム近鉄戦のチケットをもらった。
平日の試合だったが、新聞で予告先発を見たら野茂だった。
野茂は1年目にたしか投手のタイトルをほとんどとって、センセーションを巻き起こした。
是非見たいと思っていたので喜んでいたのだが仕事が終わらずに見逃してしまった。

それから数年経って、彼がメジャーへ挑戦するという事がニュースになった。
当時はいくら野茂でもメジャーで通用するのかということについては、疑問視する声が多かった。
前年は怪我もあったし、球団ともなかば喧嘩別れのようになっていて、
私も無理じゃないかと思っていた。

挑戦はマイナーからだった。
メジャーに昇格したことがニュースになっていたが、
その後の野茂の活躍は誰もの予想を上回った。

当時私はわけあって仕事をしていず、昼間から家にいた。
野茂の登板する試合はNHK BSで中継されていた。
一球一球を固唾を飲んで見守った。

MLBの中継じたい、見たことがなかったから、それも新鮮だった。
チームメートにピアザ、モンデシーなどがいた。

メジャーに行って、フォームがきれいになったような印象があったが、
今当時のVTRを見るとやっぱり躍動感があり相当な迫力である。

一番驚いたのは、REDSOXへ移って2回目のノーヒットノーランをやったときだ。
放出されたか、野茂のピークも過ぎたかのかな、なんて思っていたら、
ヤフーのニュースで野茂がノーヒットノーランという記事があって、
エッ!と声を出した記憶がある。

家に帰ってハイライトを見たが、ストレートがとても走っていた。
ペドロの球みたいだった。筋トレかなんかしたのかな、と感じた。
61: 08/07/18(Fri) 21:19
hendrixが燃やしたギターが競売にかけられるというニュースを見たが、
そのギターはフランクザッパが譲り受けたのではなかったっけ?
そしてそのギターでsexual harrasment in the work placeを弾いた。
何本か燃やしたうちの一本ということかな?
そんなに何本も燃やしたんだっけ?
62: 08/07/23(Wed) 20:57
システム障害が起きた。
原因はプログラムミスで、2万の銘柄数に対応すべきところを、88銘柄しか対応できていなかったというものである。

これは銘柄数の上限を数値で設定するのではなく、
領域の確保が1280バイト必要なのに4バイトしか確保していなかったためだという。

スラドによると、データサイズではなくポインタのサイズにしてしまったのではないか、という意見が多かった。
63: 08/07/24(Thu) 23:19
夕べの地震は、今までとちょっと違っていた。
最近は揺れ方で震源が予想できることは以前に述べたが、
夕べのは異質だった。
東北地方の地震の特色であるゆっくりと大きく揺れるものではない。
「モリモリモリモリ」という感じである。「ガタガタガタガタ」ではない。
なんか、やわらかい感じがしたのである。

テレビを見ていたら、確かに前回の岩手の地震とは震源の深さなども違っていた。
64: 08/07/28(Mon) 20:39
昨日は午後から豪雨と雷がすごくなり、停電まで起きた。
私は自室にいて、PCをつけてTVを見ていた。
今まで経験したことのない激しい雷だった。

クーラーをつけずに窓を開け放っていたので、
雨が部屋に吹き込んできてびしょびしょになり、
あわてて閉め、洗濯物も取り込んだ。

でもこれで涼しくなるかな、とPCでTVを見ていたら、
激しい雷鳴と同時に電気が消えた。
PCも部屋の電気も何もかもが消えた。

停電である。久しぶりのことだ。
電気を使いすぎてブレーカーが落ちることはたびたびあったのだが、
停電は記憶にないくらい久しぶりだ。

時間は6時30分くらいだったかな。
懐中電灯を持って階下に下りていくと母がろうそくに火をつけていた。
やれやれと懐中電灯を持って二階の自室に戻るとまもなく電気が復旧した。
停電していた時間は3分もなかったと思う。
バックアップに切り替わったのだろうか。たいしたものである。

記憶にある停電といえば、1999年だったかな、自衛隊機が墜落して電線を切ってしまい、当時勤務していた三鷹の事務所が停電したことがあった。
あの時もすぐに復旧した記憶がある。
・・・と思ったが確認してみると80万世帯が停電して電車まで運休し、
バックアップ回線まで同時に切断されたので復旧に時間がかかったということだった。

だが、私のいた事務所ではたしか1時間程度で復旧して、Windowsのチェックディスクを中断して何事もなかったかのように仕事を続けた記憶がある。
自衛隊機の墜落が原因だったことは後でテレビのニュースか何かを見てようやく知ったのである。
65: 08/07/28(Mon) 20:40
その墜落事故であるが、2人のパイロットは住宅地に墜落しないようギリギリまで操縦を続けた結果脱出し遅れて亡くなったらしい。

それは、異常事態発生を告げる無線連絡があってから墜落するまでに十数秒の時間がたっていること、墜落現場でパイロットが機体から離れた場所でなくなっていた、つまり脱出装置が故障していたのではなかった、などのことから推測される。

そしてたまたま事故発生時に近くにいたというある学校の校長先生の話が載っていた。その校長先生曰く、人間は本来このように自分の命をかけて大義に殉ずる本質を持っているのであって、いたずらに人間がエゴイストであるかのように喧伝するのは間違っている、と言っていた。

面白いことを言うと思って調べてみると作る会の人だった。
なるほど。

私も、考えてみることがある。
たとえば船が沈没した、飛行機などが事故にあった、その時、自分より先に他人を助けるような行動ができるだろうか、と。
新大久保の線路に人が落ちたのを救おうとして死んだ二人のような行動が私にとれるだろうか、と。

通り魔が現れた現場に居合わせたら、犯人に立ち向かっていくことができるだろうか、と。
66: 08/07/28(Mon) 20:40
なんてことを考えていたら、アメリカの教会で乱射事件が起き、
60歳くらいの男性が犯人の前に立って教会の人々を守るようにして銃殺されたという。
果たしてそんなことができるものだろうか。
67: 08/08/19(Tue) 23:30
イシンバエワの世界記録の瞬間を見逃した。
100メートルも見逃した。
タクシーに乗って携帯をみたら9.69とあって、「ロクキュウ!?」と声にだしてしまった。
返ってからリプレイを見たが、1988のソウルでドーピングしたベンジョンソンがカールルイスに圧勝したときのような、
ぶっちぎり方だった。

今回は日本勢にいまいち元気がないのはなぜだろう?
単に他国のレベルがあがっただけなのか。

いつだったか忘れたが、メダルを取ると金で300万円、銀で200万、銅で100万がもらえるようになった。

だが、結構最近だったと思う。バルセロナかアトランタくらいからじゃないかな?

それまでは金メダルなんかとっても確か一銭ももらえなかったはずだ。
だってアマチュアの大会なんだから。

しかし今ではオリンピックは国の威信をかけたえげつない争いになってしまっている。
それを象徴するのが柔道だ。
いろんな人が指摘しているが柔道は反則の取り合い、足をすくったり組ませなかったり、みていてイライラする。

5分だっけ?で勝負がつかなかったらその後先にポイントをとった方が勝ち、というルールにも疑問を抱く。

今回日本人選手がいまいちがんばれてないように見えるのは、報奨金がなくなったからではないか、と思った。
福田首相が「せいぜいがんばって」と言ったなんてことも聞いたから、あまり国家のバックアップがなかったのではないか。

ただ、国が賞金をだしてメダルを取らせる、というのは本末転倒だとは思うが。

私が高校生のときの体育の先生は、アジア大会でリレーで銀メダルをとったという人だった。
その先生が、「社会主義国なんかは金メダル取ったら一生生活の面倒をみてくれるんのに日本は何もない」なんて言ってた。その頃はJOCの報奨金はなかった。

しばらくして報奨金がでることになったという事を聞いたときには、当然だよな、と思った。
68: 08/08/21(Thu) 23:15
1ドルが108円になったとか。
まあ、アメリカだからな。みんなアメリカをなめすぎ。天下のUnited States of Americaを。
神の国を。地球上で唯一の正当な人口国家を。民族を超越した非土着的アプリオリ国家を。
69: 08/08/26(Tue) 22:00
TVタックルで、福田首相が「せいぜいがんばってください」と言った映像を初めてみた。うわさでは聞いていたが、実際見てみるとかなりの衝撃映像である。
記者会見か何かのついでに軽く言ったのかと思ったら、選手団へのあいさつの場で言っていた。それも、いったんがんばってください、と言った後に、せいぜいがんばってください、と念を押すように言ったのである。

私が見たのはその発言のところだけだったのだが、
どうやらその後に「あまりプレッシャーをかけちゃいけない」などと言っているところからして、当然だが、悪意はなかったようである。

しかし、結果的には彼がどうでもいいと思っていることがつい口に出てしまったと言う結果になった。
でも、もうちょっと当たり障りのない月並みな言葉を選べよな。
70: 08/08/28(Thu) 21:14
オリンピックで世界記録で優勝したイシンバエワにさんまがインタビューしているのを見た。
さんまが、練習ではどれくらい飛んだことがあるのかと聞いたら、なんと、練習では4.80くらいまでしか飛ばないのだそうだ。
世界新を出すのは本番でないとダメらしい。
わたしは素人考えで、練習でできないことは本番でできないから、きっと練習では何度も世界新を出していて、
それを練習でできるかどうかが問題だ、なんて思っていたのだが、そうではなかった。
71: 08/09/04(Thu) 01:42
総理大臣の交代のときにいつも思うのだが、民主主義つまり多数決つまり一般市民の投票によって選ばれる議員が選ぶ総理大臣というのはリーダーシップなどなくてもいいどころかあってはいけないのではないでしょうか、民主主義におけるリーダーとはせいぜい司会進行やく、多数決を数える係り程度の役目しかないんじゃないでしょうか、福田さんなんか、もっとも民主主義にふさわしい総理大臣だったと思いますけどね、誰がやっても何もかわらないさ、その名が内閣総理大臣である限り。
72: 08/09/05(Fri) 20:34
歴代総理大臣の一覧を見ていた。

俺が生まれたときは佐藤栄作だったのか、記憶にないな・・・
角栄もおぼえてない、三木はなんとなく覚えている、福田あたりからは総理とは何者かは理解していた、大平、ゼンコウ、そして中曽根。中曽根はやっぱり偉大だったな・・・。

そして中曽根の後。約10年間、「そうそうたる」顔ぶれである。
いったいあの10年はなんだったんだろう?
その最悪の10年の締めくくりが社会党党首村山。
わたしは彼が総理大臣になったときに日本は終わったと思った。

そして橋本が総理になって、やっとまともになるかなとほっとしたのを覚えている。
それ以後の顔ぶれは、なかなかしっかりしている。
やっぱり、中曽根から橋本の間の10年は異常事態だった。
73: 08/09/07(Sun) 11:36
実は今回のオリンピックで一番見たかったのは郭晶晶だったのだが、ハイライトですら見ていない。youtubeでは低画質だし・・・。
彼女の事を知ったのは、5月ごろだったか、妊娠したというニュースを聞いたときだ。とびきりの美人というほどでもないが、わたしにとってはとびきりだ。あの冷たい目、基本は無表情。そしてたまに笑ったときのギャップ。

そして、ライバルの事をデブ呼ばわりしただの、プライベートの画像が流出しただのということも、私にとっては彼女の魅力を増した。

つらい練習に耐え切れず、プライベートではすさんだ生活をしていたのかな、妊娠したのもなかば意図したものだったのではないか・・・・なんて思っていたらほどなくして妊娠説は否定され、ご存知のとおり彼女は当然のように2個の金メダルをとった。

かっこいい・・・かっこよすぎる・・・。
74: 08/09/07(Sun) 11:39
中絶したのではなんてうわさもあったが、多分、妊娠ネタはガセだと思う。
流出画像も一部しか見てないけど本人じゃないと思う・・・・というかニセモノであって欲しい。
75: 08/09/09(Tue) 23:28
Reuterによると、8月にジョンイルが倒れたらしい。
日本のサイトやフィードには一切そんな情報はないけど。
76: 08/09/09(Tue) 23:37
と、見たらあったけど、Reuter情報は午前中のだからね。
日本の報道はそれを見て夜になって、○○が報じた、といっているだけ。
77: 08/09/17(Wed) 22:05
テレビを何気なく見ていてチャンネルを適当に変えていたら、ボロボロになったサッカーのユニフォームが映し出された。なんだろうと思ってみていると、カミナリに打たれた少年が着ていたものだった。そして少年の背中や足の火傷ような跡の写真も写しだされた。
死んでしまったのだろうな、と思っていたら、今28歳になっていた。しかし、目が見えず、言葉もやや不自由で、車椅子で生活していた。

でもカミナリに打たれたんじゃ誰も恨みようがないよな、と思いながら見ていたら、両親は、サッカーの試合を監督していた学校の責任をめぐって裁判を起こした。一、二審で棄却されたが、最高裁で審理差し戻しがあったという。そして、今週の金曜日に判決がでるそうだ。

最高裁で差し戻されるというのは確か事実上、高裁の判決が認められないということだと、こないだの死刑判決のときに聞いた。そうだとすると、多分、16年前の落雷事故について、学校側がなんらかの賠償をすることになる。

・・・と、判決は今日だった、そして3億円の賠償命令が下った・・・。
78: 08/09/22(Mon) 21:02
メラミンが粉ミルクに混入されていた事件が連日報道されている。また中国かともう驚きもしないでいたのだが、ふと、なんでメラミンなんてものを混入させたのだろうと疑問に感じた。なんでも、タンパク質含有量を多くみせかけるためだったらしい。そうなるとこれは、先日の毒餃子事件とは性質がだいぶ異なる事件である。毒餃子の方は、管理されていないか、もしくは誰かが悪意を持ってイタズラ目的で混入したものである。しかしメラミンの方は、もっと姑息というか、偽装してもうけようという動機である。

メラミンといえば食器などに使われていて、皿などに「メラミン」とかいてあるものがある。しばらく前に有害物質が含まれているとして騒がれたことがあったのを思い出したが、結局問題はないということになったと記憶している。

しかし、食器を作るのに使われるような物質を、食品に混入させるというのはなんという大胆な発想であろうか。
79: 08/10/04(Sat) 08:12
週刊文春に選挙の予測が載っていて、民主党が過半数を上回る圧勝となっていた。
今までも自民が惨敗する、というような予測はなんどか見たが、ここまでの予測は見たことがない。
しかも衆議院だから、すなわち民主政権の誕生を意味する。

ぞっとする。
私は民主党が政権をとったら、つまり小沢一郎が首相になったら、日本にとんでもないことが起こるような気がしてならない。
村山富一の時のように。
80: 08/10/04(Sat) 08:15
まあそれはともかくとして。

私は子供のころから、自分では何もせずに反対したり文句ばかり言う人が大嫌いであった。
文句を言われながら汗をかきかき、ペコペコあやまって走り回っている人が世界を動かしていることを確信している。

民主党になんか、ぜったい任せたくない。
民主党に投票する人なんか、信用できない。
81: 08/10/09(Thu) 20:47
連日の日本人のノーベル賞受賞。
そして今日は文学賞が決まるそうだ。
村上春樹も有力な候補らしい。
俺はないと思う。
BobDylanも。
Dylanに文学賞って、本人は辞退するだろ。
82: 08/10/13(Mon) 23:06
ダウのチャートを見て。
終了間際の出来高とびはねは何?
83: 08/10/16(Thu) 06:20
未解決の殺人事件。
どれとは言わないが、未解決の事件の多くは身内の犯行ではないかという気がしている。
それは、犯人が相手の行動範囲などを熟知していて証拠を残さず目撃もされずに犯行を行えるということもあるが、それよりも、警察が身内の場合はあまり熱心に捜査ができない、もしくは捜査しないのではないか、と思っている。

警察が「本気で」捜査するかどうかは、被害者の状況にも影響されると思う。遺族がひどく悲しんだり怒ったりしている場合、または報道により社会全体が犯人を憎むようになった場合など。

たとえば、家族なら同じ家で寝泊りしている。場合によっては同じ床で。
ある晩、ふと目覚めると家族がスヤスヤと寝ている。誰にも目撃されず殺すことは簡単だ。
私は目撃者がいないということ自体、身内の犯行の可能性を高めると思う。

通り魔や恨みを持つものなどの犯行であれば、外部から接触する必要があり、それには目撃される機会が多いからだ。

これは噂程度の根も葉もない話であるが、警察は身内の犯行でほかに被害が及ばない場合、立件さえしないことがあるときいたことがある。ケンカの延長のように。
さすがに殺されたとなったらそんなことはないだろうが、殺人であっても、身内が怪しい場合は、あまり踏み込んで捜査できないのではないかと思う。

実際に家族間の殺人事件が増えているし、未解決事件の多くがそうなのではないかと思った。
84: 08/10/20(Mon) 20:16
最近の原油高は投機に原因があるということを、ニュースなどでよく聞くが本当だろうか?
私は資本主義は万能ではないとは思っているが、投資のシステムについてはそれを補う有効なものであると考えている。
需要が増えるとはすなわちよく売れることであり、よく売れるなら売り手は高値をつけることができる。よりもうけることができるのだから、もうけた資本をその品物の供給を増やすことに費やす。かくして需給関係は徐々に安定へと向かう。これが投資の存在意義である。

投機によって原油価格が上昇した、というのはおそらく正しくない見方である。そのように見えるかもしれないが、本質は、価格が上昇しようと原油の供給はおいそれと増やすことができない、つまり原油の不足に原因がある。わたしが小学生の頃、石油は近い将来枯渇すると言われていた。確か、2000年頃と言われていたのではないだろうか。その後原子力やそのたの発電技術が開発され普及して、原油の消費ペースはやや落ちたかもしれない。また、原油の埋蔵量の見積もりもまちがっていて意外に原油がまだまだ残っているという話も聞いたことがある。

価格が上昇する理由はひとつ、価値の希少性である。それが売り手の吊り上げだろうが出し惜しみだろうが、買い手の熱狂であろうが、品物が希少で多くの人が求めれば価格は上昇する。投機はそれに付随しておこなわれるものであり、投機によって価格が上昇するというのは本末転倒な考え方である。
85: 08/11/04(Tue) 22:24
昨日の夜、ニュースステーションで、自衛隊の偉い人、バクリョウチョウだかなんだかという人が、論文を書いて、
「日本は侵略国家ではない」と主張したことが問題になっているというニュースをやっていた。
ニュースステーションだから過剰に反応していると思いきや、麻生氏が出てきて「政府見解と異なるから問題だ」と言っていた。
「日本は侵略国家である」というのは政府見解だったのか・・・。確かに村山富一以後、総理は皆、第二次大戦での日本の行為について謝罪をし続けている。

しかし私は謝罪をする必要などないし、自ら「侵略した」などと言う必要もないと思う。

たとえば南京虐殺、満州国建国が侵略だったのか否か、韓国併合が侵略だったのか否か、
それらを客観的に決定することなど、誰にも、いつになっても、できない。

当事者どうしがケリをつける話である。
歴史を振り返ればそれは戦争の歴史である。強いものが弱いものを下して傘下におさめ、
あるときは支配下の国や人々がそれから離脱したり逆に転覆させたりしてきたのである。
それらを、正しかった正しくなかったなどと議論するのはまったく無駄なことである。


この論文は読んでいないが、この自衛隊の偉い人が日本のしたことは侵略なんかじゃない、という考えについては、正しいとか同意するとかいうことではない。
だが、日本は過去に過ちを犯したことを忘れてはならない、と宣伝し続けることは間違っている。

この世に誰もが認める客観的な善悪の基準などないからだ。

殺人や窃盗で犯罪者が裁かれたり、国連決議で採択したり、東京裁判のような場をもうけたりしたとしても、
それはその裁判の主催者の基準による裁判でしかない。

裁判をおこなう時点で、被告は圧倒的に不利なのである。
86: 08/11/07(Fri) 22:22
給付金が楽しみだ。
私の場合は1万5千円くらいだろうか。なんだか馬鹿げているとは思うが、少なくとも私はこのカネを受け取り次第あっという間に消費して景気回復に貢献することだろう。バラマキ政策とか選挙対策だとか言われているが、実際にこれが実施されることにより、かなりの経済効果があると思う。

どうやって給付するのかわからないが、例えば役所でクーポンを受け取るというような仕組みであれば、役所へ行くまでの交通費が発生する。ついでに買い物する人もいるだろう。わたしのような浪費家ならそのままそのカネを使って遊びに行くかもしれない。

振込みであれば、振り込み手数料が発生する。3万円以上なら315円だ。それが、1000万人でも31億5千万円である。それは税金から使われるとは言っても、銀行に流れるわけだから、少なくとも銀行員達には、給付金以上のメリットがある。そして、そのメリットがあらたな経済効果を生み、波及していく。

経済効果っていうのはそういうものでしょう?これが効果がないというなら、減税をしようと何をしようと、効果がないことになる。

貯蓄に回したら効果はない、と言う人も多いけど、貯蓄とは消費者による銀行への貸付であるということを忘れていないか?今預金の金利なんかゼロに等しい。つまり、銀行はゼロに等しい金利で何十億というカネを調達できることになるのだ、たとえ給付金が貯蓄に回ったとしても。

日本では多くがサラリーマンであり源泉徴収制度で納税しているため、自分がいくら税金を払っているか、収入からいくら控除されているか、所得税率が何パーセントなのかも自覚していない人が多い。その状態でたとえば定率減税をしたり所得税率を下げたりしても、ほとんどの人には実感がわかない、つまり効果がない。だから、誰にでもわかるように現金を渡してみる。たかだか1万5千円であるが、それでも総額2兆円?だとかである。
「減税しろ」「景気対策をしろ」というのは簡単であるが、実際に1万5千円を手にして、いかにそれが大変なことであるかを、2兆円を突っ込んでも一人には1万5千円の効果しかないことを、よく思い知るべきだ。

果たして民主党が政権をとったら、それが5万円や10万円になるような特効薬を使えるのか?と。
87: 08/11/12(Wed) 23:59
論文騒動がおさまらない。アパグループとの関係にまで問題が広がってきた。石破茂をはじめとする有名人の意見を読んだが、みな「稚拙な論理で話にならない」と一蹴している。

私も「侵略ではなかった」と主張すること自体無意味だと、論文自体はともかく、彼の行動については否定的なことを書いた。その後しばらくたって、いろんな人の意見を見聞きしているうちに、彼の行動には重要な意味があったように思えてきた。

「土下座外交」とか「自虐史観」とかいう言葉が示すように、いたずらに日本の歴史を否定して中国や韓国に謝罪をするようなことは、現在多くの人が否定しており、愛国心とか天皇とかいうものに対する日本人の姿勢も右傾化というか保守的になったように思っていたが、現実には政府見解も「侵略」だということで、公の立場にある人はそれを否定する発言もすることはできない。

それじゃ、2ちゃんねるで匿名で吠えている「ネトウヨ」と同じじゃん・・・。
88: 08/11/17(Mon) 20:14
給付金について批判的な意見が多く、学者から匿名の一般人までブログなどでそれを批判している。
が、なかには麻生を始めとして政府もそんなことは百も承知でとにかく政権を維持するため
あるいは景気対策として手を打たねばならないために愚策を承知でいや、決して愚策などではないが、批判を承知で
実行しているという意見もある。
たぶん、それが正しいのだと思う。そして、この世のあらゆる政策というのはそういうものであって、
実行するにはあまたの事情を考慮したうえでの最善の選択をしなければならず、
誰も彼もを満足させる施策などこの世にないのだ。
それは政策に限らず、企業の戦略や小さなグループでの日々の業務においても同じことである。
何かをするにあたって意見を集めて検討することは必要ではあるが、いざ実行に移すという段階になってああだこうだ批判することは、士気をさげるしさらなる無駄な批判を生むことになって、いいことはひとつもない。
評論家や新聞社、テレビなどの報道機関は、批判をすることで権力なり大企業なりの暴走を監視し抑制しているというつもりかもしれないが、ほとんどはもう決まったことを騒ぎ立て行くしかないところを足を引っ張るようなマネしかできない。
もしかしたら、先ほどの麻生の話ではないが、批判するマスコミも、「批判することがムダなのは百も承知で」言っているのかもしれない。
そうだとしたら許せないことだ。
89: 08/11/22(Sat) 12:30
有名音楽プロデューサーの詐欺事件。いっせいにそれみたことか、ザマーミロという報道がされたが、どうやらまだ彼を応援する根強いファンがいるようだ。わたしも最初は彼の音楽は嫌いだったがだんだん好きになって、カバーしたものまである。詐欺といっても大金に翻弄されありえない暴利の借金でどうにもならなくなった末の後先を考えずにしでかした過ちである。私は彼に同情する。むしろ、彼の音楽の著作権を買い取って一儲けしてやろうと考えた被害者のほうに胡散臭さを感じるくらいだ。
90: 08/11/22(Sat) 12:52
B-CAS、コピーワンス、著作権、DRM、なんたらかんたら・・・が騒がれている。既得権がどうの独禁法違反だのと物騒な事を言う人もいる。しかし、私はそんなに怒ることかよ?と疑問にすら思う。だいたい、テレビを録画したものを、自分で見た上に複製して保管したり誰かにあげたりといったことが、今までどれくらい必要だったのか?

私もVHSビデオの時代からPCで録画をするようになり、さらにHDレコーダーを買った細菌に至るまでいろんな「コンテンツ」を視聴してきた。民法の無料の放送、数百円でレンタルしたもの、ケーブルTVで視聴したもの、インターネットで「違法に」ダウンロードしたもの・・・

ほとんどは1回しか見ない。そして半分くらいは見なきゃよかったというようなものであり、傑作であっても2,3回であきる。しばらくたってまた見たいな、ということがあり、そういうときにもう一度買ったり借りたりして見ると、また同じように数回であきる。

永久保存版のコンテンツなんでものは滅多にないのである。私もそう思って、TVを録画したものをDVDなどに焼いたものがあるが、焼いた後も見ているのは本当に1枚か2枚程度。

そんなものであれば、カネを出して買ってもよい。

自分で放送を録画しそれを保存媒体にコピーしたり、エンコードデコードしたり、ハッシュをつけて放流したり、無駄な作業である。そういうことを請け負って店に流通させる仕事があるではないか。

最近横行している各種コンテンツの無断複製とその配布は、ほしいものをタダで手にいれたいというだけでなく、複製してそれを人にばらまくこと自体を愉快がっている面がある。
わたしがP2Pをやっていたときにそれを感じたし、身近にいる複製バカは間違いなくそうである。バカは中身なんか多分どうでもいいと思っているはず。映画や音楽についても信じられないくらい無知である。

もし、ハイビジョン映像やDVDがコピーフリーになったら、著作権がどうとかいうより、劣悪なコンテンツが蔓延するような気がする。
建前上は、業界の後ろ盾で売れているのではなく真に価値のあるもの以外が淘汰される、ということになりそうだが、実際は、民主主義がそうであるように、自由というのは混沌しかうまないのである。限定的な、一部分だけの自由は。
91: 08/11/25(Tue) 22:13
ツクモで買い物をしていたのは、つぶれたLAOXコンピュータ館の前にあったパーツショップがあった頃である。パーツショップが無くなってからはT-Zoneで買うことが多くなって、ツクモはパーツの値段などを調べるときにオンラインショップで検索だけして、買うのはT-Zoneというパターンだった。

特に思い入れもないのだが、民事再生を申請するような状況になっているとは全く知らなかった。私の秋葉原での買い物は、ソフマップ→ツクモまたはLaox→T-Zoneという感じで移行してきた。ソフマップもいつの間にか買収されていたし、ツクモもLaoxもダメ。パソコンって、商売としてはあんまり儲からないもんなのかな?

今調べたらソフマップがヤマギワのソフト部門を買収、ビックカメラがソフマップを買収、とあった。そういえばCDはヤマギワでよく買っていた。あの火事になったビル。火事になった頃にはもう行かなくなっていて、CDはアマゾンなどで買うようになっていた・・・。
92: 08/12/01(Mon) 21:08
ひょんなことから世田谷の一家殺人事件はどうなったかなと思って、
wikipediaを見てみた。
犯人の血液のDNA鑑定結果まで出ていて、外国人の血統が混じっているらしい。
それも、地中海とか欧州のほうの血が。
遺留品をたくさん残すなどの異常な行動は、他国人であるとすれば、少し納得が行く。
93: 08/12/02(Tue) 06:53
犯人は被害者宅のパソコンを操作しているらしいが、そのときに2ちゃんねるに書き込みをしたということが確かニュースにもなって、2001年ごろだったと思うが、2ちゃんねるのガイドラインみたいなページに「世田谷一家殺害事件の犯人の書き込み」という説明つきでそれが紹介されていた。今はもうない。

5行くらいだったかな?犬を殺したとかなんとかいう内容だったような記憶がある。いかにも殺人犯が書きそうな内容で文法が少しヘンで日本に住んではいる外国人が書きそうな文章だった。

wikipediaには予告みたいなものがあったが無関係だった、みたいなことは書いてあるが・・・

まあ、関係あるにしろないにしろ、あんな書き込みをおおっぴらに公開している2ちゃんねるの管理者ってどういう神経してんだろうな?誰だか知らないけど。
94: 08/12/02(Tue) 06:58
あれは「犯人の書き込み」と断定して紹介されてた。
劇団四季のページで予約をしようとしたとかいうのと同じように、PCのアクセス履歴と2ちゃんねるのログから判明した事実だと私は思い込んでいたのだが、そうじゃなかったのか?
95: 08/12/06(Sat) 03:17
大阪府の知事が学校での携帯電話の使用を禁止したというニュース。
子供に携帯なんかいらないとは思うが、禁止する権限なんか知事にあるのか?
どんな独裁者だよ。
96: 08/12/08(Mon) 19:50
さもしいといえば、
私が失職して求人紹介の会社で仕事を探してもらったときのこと。
紹介会社の担当者、50歳くらいだったかな、が、面接を終えた後だか前だかに喫茶店で話をしていて、いつから勤務できるかという話になり、ニヤニヤしながら失業手当をもらうために就業開始日を遅らせる人がいるよ、と私にもそういうことをするようにすすめるかのような話をされた。

私はその時、自己都合退職で失業直後であったため、失業手当などもらっておらず、すぐにでも仕事をしたいと話した。しかし、私は失礼だと憤ることこそなかったが、そんな事をするのは恥ずかしいことであるとは思った。

結局その仕事は就業を遅らせるどころか採用されなかった。
そして別の仕事をさがして請負の契約で仕事を始めた。その仕事を始めるまで失業手当はもらう資格がなく、もらえなかった。

その後少し長く働いて、久しぶりに1年まるまる仕事をして源泉徴収票の給与支給額が生涯最高金額を更新したが、その後体調不良もあって休みがちになった後、また仕事を無くした。自己都合での退職になったのだが、傷病手当を貰っていたことなどから離職票にケチがついて、会社都合での離職となった。ケチをつけたのは私ではないが、確かに私はやりたかったのだがやらせてもらえなかったのは確かで、傷病手当を貰うようなハメになったのも私の健康管理だけの所為でもない。ちなみに、詳しくは書かないが精神科で診断書を貰うような病気である。

会社都合なので、職安に行ったら2週間くらい後に失業手当が貰えることを知った。それも、かなりの額を。私はそれを知って求職意欲が一気に萎えて、結局3ヶ月まるまる手当てを貰った。合計60万くらいだったと思う。さらに、その後数ヶ月仕事をせずに実家に居て、ほぼ1年休職してようやく仕事を始めた。それはアルバイトで、週に3,4日程度の軽い仕事だった。私はその頃相当、仕事に対する情熱を失っていたのだ。
しかしやはりカネが無いことには遊ぶことも好きなものをたべたり酒を飲んだりさえもできないので、しっかり働こうという気になった。

失業と失業手当受給と職安での求職を経験したわけだが、はっきり言って何の意味も無いと思った。それどころか、職安で本気で仕事を探したり人を探している人などいるんだろうかと疑問に思った。不景気とはいえ雑誌や求人サイトがイヤというほどあるのに、職安で仕事を探す意味があるのだろうか?失業手当も、自分がそうであったように、失業者の求職意欲を確実にそぐ。失業したときに保険金を支給するよりも、再雇用をされやすくする方向にカネを使う途はないものか。バイトをすると失業手当がもらえないというのも撤廃すべきだ。
97: 08/12/08(Mon) 19:50
その会社は当時東証二部だったが、2002年に一部になったようだ。
紹介会社の担当者は採用されて当然みたいなノリだったが、、
私は紹介された時から、こんな会社無理だよと思っていた。
面接の時もうまくしゃべれず、相手がイライラしているのがわかった。
そのうち質問内容もなんだか私を挑発するような内容になってきて、
ちょっとムードが険悪になったりした。
さすがに面接の後は担当者もこりゃだめかなという顔をしていた。
98: 09/01/01(Thu) 23:51
バクリョウチョウのインタビューがSPAに載っていた。
そこで、「ゴルフにいけなくなるからクーデターはやらない」という冗談をいつも言っているという発言があった。
私はそこに彼の胡散臭さ、彼だけではない、自衛隊というものの胡散臭さを見た気がした。
99: 09/02/03(Tue) 23:17
オバマに期待している人が多いようであるが、私は彼が好きではない。
暗い顔、貧弱な体。チェンジチェンジというけれど、変わればいいってもんじゃない。
あるべき姿を示さずとにかく現状を批判することで自分達の権威を高める、
それが野党の、決して本流になれないやつらのやり方である。
100: 09/02/04(Wed) 21:13
日経新聞を取り始めたのだが、減益、減収、赤字、なんて記事ばかり。
その中で業績が好調あるいは赤字にはなっていないのは、
任天堂、JCOM、サントリー、など。
一方ヤバいのは、ソニー、トヨタ、シャープ、など。
何が違うのか。
前者は、ほどほどの娯楽。後者は、ちょっぴり贅沢してみたい、的な娯楽。
前者・・・携帯式ゲーム、ケーブルテレビとインターネット、発泡酒、ビール。
後者・・・高級車、プレステ3、大型液晶TV。

いらないものを売ってる会社の業績が悪化した、それだけです。
101: 09/02/17(Tue) 00:43
中川氏の会見。
酒ではなくて風邪薬だという。
しかしあんなろれつのまわらなさっぷりは、
政治家はもちろん、芸能人の会見でもお目にかかったことがない。
酒ならまだわかる。
もし、あれが酒のせいでないとしたら、そっちのほうがヤバい。
長渕がヨーソローの歌を出したときに、クスリもやってないのにあんな歌を書いたほうがやばいと思ったのと同じような感じ。
102: 09/04/06(Mon) 23:35
北朝鮮が人工衛星という名目でミサイル発射実験をおこなった。
ミサイルは東北の上空を通過して太平洋に落ちたらしい。
しかし、「飛翔体」「誤探知」という妙な言葉が気になった。
「ミサイル」と呼ばないのは何に対する配慮なのか。テレビでみたどこかの地方ではミサイルと読んでいたし、
「誤報」と伝えていた。
「誤探知」というといかにも機械が誤作動したかのように思えるが実際には人間の判断ミスらしい。
発射した後に国連で制裁がどうたらこうたらと言っているが、
予告した時点で空爆ものだろ!
103: 09/12/01(Tue) 06:04
2009重大ニュース候補

NYY WS制覇、松井MVP
亀田2階級制覇
三沢死す
中川昭一死す
政権交代と民主党暴走(第十位確定)
松本人志結婚
台風で電車止まる
104: Fri Jul 2 19:39:53 2010
2010年前半を終えたところで10大ニュース候補
サッカーワールドカップ16強入り
事業仕分け実施(「2位じゃダメなんですか」は流行語大賞有力候補)

これからは大胆予想

松井秀喜引退
金正日死去

105: Fri Mar 18 03:35:08 2011
もはやニュースともいえないくらいの事態。
計画停電の対象に自宅も職場もぶつかる。
日本なんか滅んでしまえとよく思うのだが、いざ本当に滅びそうになってみると、
やっぱりいとおしい・・・・とは、ならない。

原発の件は私は今のところは官房長官の言っている通りの状況だと思う。
ウソはついていない。すべての情報なんか公開できるはずはない。それは仕方がない。
だが、とっくにメルトダウンして放射性物質がばら撒かれている、などということもないと思う。

しかし、私は、もし最悪の事態になった、あるいはなりそうになったときに、日本人のかなりの人が、
自分も一緒に日本と滅びる、と言うだろうなと思っている。

買占めとか、便乗サギとか、国外避難とかが批難されているが、
生き残って未来を築いていくのはそういう人々だと思う。これはイヤミではない。

私は買占めをしたり避難したりしてまで、これから生きていきたいとは思わない。
それは、他人を不幸にしてまで、というような高尚な思いではない。
ただ、メンドクサイだけだ。

第二次大戦のときの、玉砕的な行為というのも、そういうものだと思う。
尊いものでないのはもちろん、狂気でさえもなく、怠惰なだけだったのではないか。

どこかの町で、避難を呼びかける放送をし続けて逃げ遅れた人がいたという話も、わたしは手放しに美談と讃えることができない。生き残った人は彼女(たしか若い女性だった)に申し訳ないという気持ちを一生背負うだろう。

原発の事故現場では、すでに何人、何十人という人が、自分の人生を犠牲にして、絶望的な仕事に身を捧げていると思う。もちろん、そのことは報道どころか、本人すら知らないかもしれない。

人間は、徹底的に利己的であるか、滑稽なほどお人よしであるかなのだ。
どちらにしても、たいしたものではない。
106: Fri Mar 18 03:41:42 2011
「天罰」発言については、わたしはそんなの当たり前だと思うが、さすがに公言するのはマズいだろう、と思った。


天災にあったときに、自然の前に無力なちっぽけな存在であるということを自覚するというのは、今はほとんどの人には受け入れられない考えである。

マイクロシーベルトとかミリシーベルトとかいうのがテレビなどで連日言われているが、
今の人は人間同士のあいだの「マイクロ」な話をしており、「天罰」うんぬんというのはもう単位が桁違いで、
ミリどころのさわぎでないくらい、大きな話なのである。

対自然あるいは神というものを考えたときに、誰が善人だとか誰が優秀だとか無能だとかいう区別は無きに等しい。

そういう視点というか心がまえというか、そういうものは、ほんの一握りの人以外は失ってしまっている。
Sun Mar 3 11:13:20 2013
朴槿恵大統領。暗殺された朴大統領の娘。その前に母も殺されている。独身。
自身も暴漢に襲われ顔を切られた。

彼女を見るとたまらない気持ちになる。表情は穏やかだがその目は暗い。

私は最近よくいるような、韓国を北朝鮮と一緒に憎悪する者ではないし、韓国のドラマや音楽に夢中になる人間でもない。私の韓国に対する愛着はもっと落ち着いた根拠のあるものである。

私は朴大統領の今後を非常に心配している。彼女は両親のように、そして歴代韓国大統領がそうだったように、悲劇的な最後を迎えるような気がしてならない。

本人も、そう思っているのではないだろうか。

それは別に彼女の思想や発言がどうこうだからではなく、まったくの雰囲気というか、ヤマカンみたいなものである。
107: Tue Mar 19 17:32:34 2013
WBCでワンナウト(だっけ?)1・2塁で1塁ランナーが飛び出して1・2塁間に挟まれてアウトになったのが勝負の分かれ目だったということがテレビや新聞で報道されていた。

そしてその時には「(ピッチャーのモーションが大きいから)いけたらいけ(盗塁しろ)」というサインが出ていたという。

「行けたら行け(行ってもいい)」というサインは聞いた事があるが、それを1・2塁にランナーがいる状況で出すものだろうか?

1塁ランナーは二塁ランナーが走るかどうかによって判断が制限される。

あるとすれば、二塁ランナーは走れたら走る。一塁ランナーは二塁ランナーが走ったら走る。

しかし三盗というのは確率の低いものだ。8回で2点差で負けている状況でそんなリスクをとるべきだろうか?

三塁でアウトになって二塁にランナーが残ればゲッツーがなくなっていい、という考えだろうか?
108: Wed Apr 24 13:51:04 2013
エスカレーターの事故で亡くなった人の遺族がビル管理会社などに賠償を求めたが認められない、という裁判があった。その時の事故の様子が防犯カメラ(であろう)に録画されていて、ニュースで放映されたものがyoutubeにアップロードされていたので見てみたのだが、亡くなった人はちょっと信じられないような行動をとっていた。
109: Wed Apr 24 13:57:27 2013
飲食店から10人ほどで出てきて、解散したのであろう、皆がお辞儀をする。そのあと、テーブルのようなものを片付け始め、亡くなった人はそれを少し離れたところから見ている。彼の昇進祝いの会だったということだから、枯れはゲスト扱いだったのだろうか。そして彼は少し後ろにさがって行く。エスカレーターの脇には柵があるが、彼は後ろをちらっと確認すると、何を思ったか下りエスカレーターの方へ後ろ向きに下がっていき、エスカレーターのベルトによりかかったように見える。ベルトが回転して下から上へ上がっているから当然すわることはできない。そしていったんベルトから腰を離した後、もう一度よりかかっていく。そして今度はベルトに乗るようにして体が持ち上げられてしまい、その後そこから転落していく。
110: Wed Apr 24 14:02:31 2013
不可解な行動なのだが、酒も入っていて少しふざけたようなところがあったのではないか。回転するベルトに体を触れさせて、軽く引っ張られるような動きを楽しんでいた。そして調子にのって体をあずけるようにしたらベルトに持ち上げられてしまった・・・。

宴会の後というのは、ただ酒を飲むときにはない変なうかれかたをするのは経験がある。ちょっと照れるような、恥ずかしいような、落ち着かない気持ちになる。どこかへ寄りかかったり、その辺にあるものを触ったりなでたりしたくなる。

彼は宴会のゲストだったようだし。
^
previous | next | edit