bbz

私は死刑に反対です

_
previous | next | edit
1: 08/04/22(Tue) 19:28
例の事件でついに死刑の判決がでた。ついに死刑か、遺族の無念も少しは晴れたか、と思ったら「上告する」という記事が。よく見ると高裁つまり2審の判決である。この事件は1審が無期判決で控訴して2審も無期判決になったあと、最高裁から再審命令(?)があって、3回目の裁判だがまだ2審だったのである。2審の判決が不適切だから上告して最高裁で争うのではなかったのかと、いまさらながら疑問に思った。よくわからないが、過去のニュースや今回の判決の騒がれ方からして、高裁での判決はそう簡単にくつがえるものではないようだ。控訴と上告は判決を不服としてもう一度裁判をやるという同じようなものだと思っていたが、呼び方が違うように少し異質なもので、最高裁はそれまでの2回の裁判をなかったことにして改めて3回目の裁判をやるようなものではないらしい。だから、2審の判決を差し戻して、2審をやり直させたのである。まあ、実質最高裁でひっくり返したようなものだと思うが。
2: 08/04/22(Tue) 19:31
判決理由に、死刑になりたくないがためにアレコレ行ったことが情状酌量の余地をなくした、というのがあった。それを読んで、もしかしたら被告の弁護団は、彼を死刑にするためにあえて荒唐無稽かつ支離滅裂ないいわけをさせて、裁判長のシンショウ(?)を悪くさせたのではないか、死刑を決定付けたのは実は彼ら被告の弁護団なのではないか、なんていうのは考えすぎだよね。
3: 08/04/23(Wed) 01:37
でも、裁判官には死刑を言い渡したくない、という気持ちはあるだろう。以前、死刑ではないが、靖国に関する裁判で、憲法違反ではないが不適切だ、みたいなことを言った裁判官がいた。往生際が悪いというか、自分の手は汚さずに言いたいことだけ言いやがってというか、ちょっと男らしくないな、と思ったことがある。今回も、2審の判決をやり直せということで、最高裁が差し戻した。私はてっきり、そういう場合は最高裁で「2審の判決は不適当です、死刑ですやっぱり」とやるのが最高裁だと思っていた。しかし、私の目には、「俺死刑宣告したくねえよ、お前やれよ」「えーまじっすかキツいっすねえ・・・どうすっかなあ・・・」というような責任の押し付け合いのようにしか見えない。
^
previous | next | edit