bbz

青色申告

_
previous | next | edit
1: Fri Feb 17 04:49:27 2012
今年で青色申告二回目である。

青色申告用のソフトは1万弱くらいで売られているが、この程度はエクセルもしくはそれと同等の表計算ソフトがあれば誰でもできる。
2: Fri Feb 17 04:56:02 2012
その方法を伝授致そう。

青色申告のゴールは「確定申告書(B)」を作成することである。

3: Fri Feb 17 04:58:28 2012
確定申告書に記載するものは主に以下の3つである。

1.収入
2.所得
3.控除額
4: Fri Feb 17 05:01:00 2012
所得というのは簡単に言うと、「収入から経費を引いたもの」である。
「控除額」というのは、経費以外で控除対照となるもの、諸保険料などのことである。

収入、所得、控除額を記載したものが第一表で、
第二表に所得と控除額の内訳が記載される。
5: Fri Feb 17 05:03:21 2012
そして、この確定申告書を書こうとしたら、必要となるものが「青色申告決算書」であり、その他の帳簿である。

「確定申告書+各種帳簿」とは考えない。
確定申告書を作成するために必要な帳簿の提出をするだけである。
6: Fri Feb 17 05:04:13 2012
「確定申告書」および「青色申告決算書」は、国税庁のホームページでインタラクティブに作成することができる。この2点についてはExcelもいらない。
7: Fri Feb 17 05:07:31 2012
「青色申告決算書」は、4ページある。

1.損益計算書
2.月別売上(収入)金額及び仕入金額など
3.減価償却費の計算、地代家賃の内訳など
4.貸借対照表
8: Fri Feb 17 05:10:41 2012
1.損益計算書

これは「確定申告書」の「収入」「所得」の内訳である。
「所得」とは「収入から経費を除いたもの」であり、
その経費の内訳を記載するのである。

「水道光熱費」「旅費交通費」「通信費」「地代家賃」などである。
9: Fri Feb 17 05:15:25 2012
2.月別売上(収入)金額及び仕入金額など

これは「収入」の内訳である。
1月から12月まで、月別の売上を記載する。

「給料賃金の内訳」「専従者給与の内訳」については、私は従業員がいないのでここは書かない。

「貸倒引当金繰入額の計算」という欄があるが、ここも書かない。
カシダオレヒキアテキンって何?

「青色申告特別控除額の計算」という欄が右下にあるが、
ここには所得金額と青色申告特別控除額の65万円が記載される。
確か国税庁のサイトの案内にしたがって作成していくと勝手に記載される。
10: Fri Feb 17 05:17:49 2012
3.減価償却費の計算、地代家賃の内訳など

私は減価償却するようなものは持っていない。

「利子割引料」って何?書かない。

「税理士・弁護士等の報酬・料金の内訳」
たかが青色申告ごときに税理士や弁護士は不要。

「地代家賃の内訳」
私は自宅を事務所に兼ねているのでここは書く。
11: Fri Feb 17 05:25:41 2012
4.貸借対照表

1月1日にいくら持っていて、12月31日にいくら持っていたかを書く。
現金、預金、売掛金。

私の場合報酬が月末締め翌々月払いなので、年度末には2ヶ月分の未回収の売掛金が残ることになる。「売掛金」などという意識はないのだが、カッコよくいうとそうなる。

「負債・資本の部」に、この売掛金の額と同じものを、「未収入金」として書く。

「事業主貸」は、要するに「生活費」である。

「元入金」ってなんだっけな・・・

私は貸借対照表は期首と期末の現金・預金と売掛金・未収入金を書いて、
あとは左右が同じになるように事業主貸を入れている。

私の場合は収入≒生活費なので。
12: Fri Feb 17 05:35:44 2012
以上が確定申告書として必要な書類であるが、これを書くにはいくらもらっていくら使ったかの記録が必要である。

その記録とは、銀行の入出金明細と領収書(レシート)、国民年金の領収書、国民健康保険の領収書である。(年金と健保は口座引き落としにしていないので)

まず銀行の入出金明細をWEBからcsvファイルで持ってくる。
銀行によって多少フォーマットが異なり、余計な項目があるのでそれを削るなりしてそろえる。

これが「預金出納帳」である。

銀行の入出金明細があれば、水道光熱費、地代家賃、売上等がほとんど把握できる。


13: Fri Feb 17 05:40:45 2012
銀行の入出金明細に乗らないのが、現金の動きである。
タクシーに乗ったとか、現金で何かを買ったとか。
私は領収書を入れる箱を持っていて、そこに全部放り込んでいる。
コンビニでなんか買ったものとか、銀行で出金した明細とか、全部放り込んでいる。
そして時々それをひっくり返し、ビールを1本買ったとかいうレシートを選りだして捨てる。銀行の入出金明細もWEBで取れるのでそれも捨てる。

銀行引き落としにしている水道光熱費や携帯電話やインターネットのプロバイダの料金などが残高不足で落ちずに現金で払った場合はその領収書を集めておき、ホチキスで止める。これがけっこうある。全部銀行で落ちるように気をつけていれば楽なのだが、領収書さえとっておけば後でまとめるのはたいした手間ではない。
14: Fri Feb 17 05:42:48 2012
それらの現金の動きはエクセルでファイルを作って、「現金出納帳」として作成する。

ゲンキンスイトウチョウなどという名前がついているがおこづかい帳のようなものだ。

15: Fri Feb 17 05:50:34 2012
去年私が提出した帳簿

仕訳帳
現金出納帳
預金出納帳
売掛帳
総勘定元帳
経費帳

16: Fri Feb 17 05:54:37 2012
「青色申告承認申請書」には、「備付帳簿名」という項目があって、
提出する書類を自分で選んでマルをつけるようになっている。
つまり、どの帳簿を提出しろと義務付けられているわけではない。

そこに記載されている帳簿は以下である。(○は私がマルをつけたもの)

○現金出納帳・○売掛帳・○買掛帳・○経費帳・○固定資産台帳・預金出納長・帳, 手形記入帳・債権債務記入帳・○総勘定元帳・○仕訳帳・○入金伝票・○出金伝票・振替伝票・現金式簡易帳簿・その他
17: Fri Feb 17 05:56:02 2012
「固定資産台帳」は、○をつけたが固定資産がないので提出しなかった。
入金・出金伝票も○をつけたが提出していない。
預金出納長は○をつけなかったが提出した。

別にここで選んだものを提出しなかったからどうなるというものでもないようだ。
18: Fri Feb 17 06:00:36 2012
経費帳、現金出納帳、預金出納帳くらいあればいいんじゃないかな・・・
19: Fri Feb 17 06:02:41 2012
私は社会人なりたての頃、簿記入門とかいう本を買って、簿記3級のワークブックとかもちょっとやってみたりしたことはある。

会社の経理部とかでは仕訳とか伝票発行とかしているのだろうか?
20: Fri Feb 17 07:50:03 2012
各帳簿を作ったら、当然つじつまがあわねばならない。
が、私は最初はつじつまが合わなくてもいいので適当に入れる。
そして納税額がいくらになるかをいっぺん出してみる。
このときあまりに高かったらなんか抜けてるな、と帳簿の漏れを探す。
ここで妥当な額であれば、たとえ記帳もれがあってもかまわない。
本当はいけないのだろうが。
21: Fri Feb 17 07:54:55 2012
確定申告をしない人は、確定申告には領収書が必要だと思っているかもしれないが、
そんなことはない。
確定申告書に領収書を添付していたら膨大になるしそんなものをいちいちチェックはできない。

詳しいことはわからないが、国税庁も収入と経費の金額くらいしかチェックしないようである。

業種によって経費がどれくらいなのか、というのがわかっているようで、その妥当な比率からあまりにかけ離れているようだとチェックが入るらしい。
チェックが入るというのは事業者の所に行って帳簿をチェックするのである。このときにはじめて領収書が必要となる。

私は経験がないが、おそらく領収書がなかったら経費として認められない、とはならないと思う。そんなことをチェックするほうが税金のムダ使いになってしまう。
22: Fri Feb 17 07:57:56 2012
私は個人事業主なので確定申告を書いているのだが、
これはメンドクサイことはメンドクサイが、それほどたいしたものでもない。
最近は書くのが楽しみになってさえいる。

よく、サラリーマンも全員確定申告したほうがいい、と言われる。
私も賛成である。
しかし、多くの人が言うように、「自分がいくら税金を払っているかを自覚するため」
などという理由ではない。
23: Fri Feb 17 08:00:44 2012
確定申告について調べると、税理士などはいかに払う税金を少なくするかの方法を必死に説いている。確定申告を書くことは国との戦いであるかのような態度である。「自分がどれだけ税金を払っているかを自覚する」というのも、「こんなにたくさんの税金を払わされているという自覚」という意味である。「自分はこれっぽっちの税金しか払っていないのか」などと考える人はいないかのような言い方だが、私は自分の納税額の少なさを痛感した。
24: Sat Mar 10 00:21:34 2012
とかなんとかいって、ものすごく苦労した。
間違いなく市販のソフトを使ったほうが速かったし正確でもあったであろう。

最後のほうでは、「収入は売上が発生した時点のものか、入金があった時点のものか」などという疑問すら湧いた。

印刷しては修正するということを何度も繰り返した。
25: Sat Mar 10 00:24:10 2012
ただ、いつも思うのだが、仕訳帳とか総勘定元帳とかいうものについて、どうして統一されたフォーマットを用意しないのだろう?

そこまで指定しないのは、メンドクサイのか、そこまで強制できないのか。

26: Sun Feb 10 22:49:39 2013
三回目の申告を終えた。去年は雇用された、つまり正社員になったので、実質個人事業主の廃業である。
三回申告書を書いたが、結局最後まで帳簿の意義がよくわからなかった。
一番わからないのは貸借対照表である。
自動作成コーナーで、どことどこは一致していなければいけない、というのに従い、無理やり数字を合わせた。
こんなことだから事業主としてやっていけなかったのだろう・・・。
27: Thu Apr 30 04:21:22 2015
延納を申告したが、1回目の引き落としができなかったら、全額の請求が来た。
さらに、1万円弱の追徴課税が来た。
^
previous | next | edit