bbz

インターネット

_
previous | next
1: 2005/04/01(Fri) 09:06
最近はインターネットに接続して情報収集したりすることを「ネットする」と言い、
「ネットで調べた」「ネットにあるよ」などという風にも使う。

ネットとはインターネットの略語であり、
インターネットはネットワーク同士のネットワークという意味だが今では固有名詞になっている。

単体で使用していたPCをネットに接続することで可能性が広がった。
しかし最初コンピュータが通信を開始したときは、われわれはそれを「オンライン」と呼んでいた。

その当時の通信は遠隔地にある別のコンピュータと、電話回線を使用して接続していた。
通信は1対1であり、コネクション型であった。パケット通信でもなかった。
TCP/IPなどというものは知らなかった。プロトコルという言葉さえ知らなかった。
通信速度も遅かった。
もちろんやりとりするのは文字だけで、絵や動画をやりとりすることなど、
考えても見なかったが、それでも遠隔地と接続されていることに感動したものである。

オンラインショッピングという言葉は今でも使われている。
2: 2007/09/04(Tue) 20:53
朝日新聞に誰かがwikipediaの記述をそのまま転載して問題になったという記事が載っていた。そしてwikipediaにも誤りは多いので鵜呑みにすると危険、というような事が書いてあった。逆でしょう。どこの誰が書いているかわからないwikipediaなどは信用しないのが原則である。しかしそれにしては信頼できる記述も多い、というのがWikipediaの正しい見方である。

野口ユキオ氏が、そういう話をしていた。wikipediaは結構信用できる、という事の方が大事。私も最近は何かあると検索ワードにwikiをつけて探すことがよくある。wikiに載っているかどうか、サーチしたときにwikiがどれくら上位にくるか、そしてwikiにどれだけ記載があるか、ということも重要な情報源である。

ある語について検索してwikiのページが上位に来たら、その語はあまり内容がないことが多い。意味はよくわからないけど最近よく聞く、そういう言葉はwikiを参照されやすい。と思ったがほとんどの語でwikiのページがトップか3番目くらいまでに表示される。
3: 2007/09/17(Mon) 06:01
p2pは人生を破壊する。
まず、睡眠不足になる。それから低質なコンテンツを大量に見聞きして感性がすさむ。寝不足とイライラで体調をくずす。仕事に差し支える。朝起きられなくなる。仕事をしても集中できずミスも増える。悪循環。
4: 2007/09/19(Wed) 20:55
この間台風が珍しく関東に上陸したときに車で駅まで行ったときにあることを思いついた。同じように自家用車で駅まで行く人が多くて非常に道が混んでいた。バスやタクシーもその混雑に巻き込まれている。しかし自家用車というのは効率が悪い。ドライバー一人にたいして一人か二人しか運べない。みんな行き先は同じである。バスを普段の倍くらい運行すればもっと効率よく人を運べるだろう。この混雑を見て、インターネットの混雑もこのようなものではないかと思った。人気のあるサイトやサービスに人が殺到すると、同じ宛先への同じリクエストが殺到する。ユーザーからサーバまでの経路は途中からは一緒である。バスのように同じ宛先へのパケットをまとめて転送したら効率がいいのではないだろうか?と。あとから気づいたのだが、その対策として生まれたのがキャッシュ、プロキシといった技術である。リクエストをまとめることは難しいので、宛先を途中まで持ってきたのだ。さらにマルチキャストという技術もある。これは、サービス提供者が主体となって送信するのである。ただし、サービスを受けたいユーザに限定して送信する。どうやってユーザを選んで送信するかはちょっと複雑な仕組みがある。
5: 2007/09/19(Wed) 20:57
メールは毎日チェックする。PCには1日平均5通くらいくるだろうか。しかしその中に顔見知りの生きた人間とのやりとりはまずない。そんなメールは1年に1回あるかどうかだ。来るのは登録したマガジンとフィルタを通り抜けたSPAM。後はネットで会員登録したときや買い物した時のの確認メールくらいである。携帯は週に1,2通。こちらもマガジンを1つ購読している。SPAMはまったく来ない。ときどき自分のPCからメモを送る事がある。あとは家族に遅くなるだのという連絡をするくらい。電話はほとんどしない。問い合わせとか何かの予約とか、そういうときだけ。
メールの情報としての価値は非常に低下している。特定の個人どうしで連絡しあう意味がなくなってきている。本当に純粋な交遊などでなければ、たとえば何かを相談するとか、頼むとか、教えてくれとか、そういうことなら掲示板などですんでしまうからだ。
6: 2007/09/22(Sat) 11:50
引っ越しました。ヤフーのホスティングです。一番安いところでもPHPが使えたのでこれにしました。このBBSが使いたかったので。無事データも移行できました。
7: 2007/09/22(Sat) 17:08
いつの間にかケータイ対応になってた。
8: 2007/09/23(Sun) 01:54
youtubeのビデオは、下記のようにするとダウンロードできる。

http://www.youtube.com/watch?v=xxxxxxxxxx
http://cache.googlevideo.com/get_video?video_id=xxxxxxxxx

これはFLVというflashを利用したビデオフォーマットらしい。
ffdshowというcodecをインストールすると、media player classicで再生できるようになる。
9: 2007/09/24(Mon) 10:40
bitcomet0.93はvistaでは使えないのだろうか。タスクが表示されずup/downともに0である。しかし0.7をアンインストールしたのに既存タスクを認識するのはなぜだろうか・・・
10: 2007/10/03(Wed) 04:30
マイナーな事を検索しているとたまにひっかかるのだが、いやたまではないな、結構よくひっかかるのだが、MLのアーカイブのようなページがあるが非常に見にくい。ただしこれはページのレイアウトの問題ではなく、MLの本質である。MLは議論に向かない。ある問題についてのトラッキングにも向かない。今の職場は両方をMLでやるのでやりにくくて仕方ない。
11: 2007/10/03(Wed) 04:36
というかMLはいったい何の役に立つのだろう?MLがよくないのは、誰宛なのかがあいまいになること、特定の人があて先ならMLに送る必要がないことである。会社での使われ方は、情報共有という名目で、つまり内輪で変なことをやってないかを監視するような目的である。
12: 2007/10/03(Wed) 04:41
何か聞きたいことがあるときに、誰か教えてください、というようなメールを出すとする。このときに、それが誰でもわかるようなものであっても、誰にもわからないようなものであっても、答えが返ってこない。誰でもわかるような質問だと、わざわざ俺が答えるまでもないなとみんなが考えるからだ。同様に、こんなこと俺が言わなくても誰かが言うよな、ということにもなりがちである。
13: 2007/10/03(Wed) 04:51
2ちゃんねるのような、スレッドフローティング方式掲示板を採用すべきである。ブログではなくて。ツリー式はだめである。・・・つくろうかな。原理は2ちゃんねると専用ブラウザと同じ。それにいろいろと付加していく。たとえばID必須。たとえば連投不可。この方式の唯一にして致命的な欠陥は、利用者が膨大でしかもアクセス頻度が高くないと意味がないことである。管理人もそれを知っているからカキコミ内容をほぼ野放しにしているのであろう。
14: 2007/10/03(Wed) 05:00
誹謗中傷とか差別のカキコミが絶えないことは2ちゃんねるの罪でありなんとかしなければならないことだが、2ちゃんねるという掲示板の欠陥ではない。それは2ちゃんねるが盛り上がる原動力である。
15: 2007/10/03(Wed) 05:11
こんなところには自分以外誰も来ていないようであるが、セイシェルドメインからのアクセスがある。セイシェル・・・どこかで聞き覚えのある国名・・・とwikipediaを見て思い出した。昔はやったアダルト電話サービスの着信先である。インターネットでも多分同様だろう、セイシェルにいる暇人がアクセスしたのではなく、セイシェルという国にはなんらかの目的でそこを経由させたい者がダミーで利用しているのだ。
16: 2007/10/03(Wed) 05:14
あるサイトにこんな文句が・・・
「Seychelles の略。アフリカの東海岸、マダガスカルの北方に浮かぶ群島国家セーシェル共和国のドメインです。セキュリティを重視するサイトに最適です。 」
なんでやねん!
17: 2007/10/03(Wed) 05:27
・・・と思ったらドメイン取得代行サービスではどこもそんなことを言っているな。そしてAPNICがセーシェルに登記しているという。中立で登記が簡単なのが理由らしい。
18: 2007/10/03(Wed) 21:42
httpsで始まるサイトにアクセスすると証明書が表示されることがある。初めてアクセスするときに出るのかな?しかし私はこの証明書の意味がわからない。それが本物かどうかを確認するすべがないからだ。同様にソフトウェアをダウンロードする場合に、この会社を信用しますか?というのが出てくることがある。これもテキストで社名が表示されるだけで、本当にその会社なのかを確認するすべがない。
19: 2007/10/16(Tue) 20:00
デビッドボウイが、ミュージシャンがCDなどの録音した媒体で稼ぐ時代が終わり、
これからはライブで稼ぐようになるだろう、と言ったらしい。あるブログのコメントに書いてあったのだが、先ほど見に行ったらなぜか消えていた。しかし私はその発言を聴いたときにちょっとした衝撃を受けた。デビッドボウイを見直した。なるほど、そういう事か、と。音楽は生演奏を聞くものであって、録音したものなど、絵画で言うリトグラフのようなものだ。価値はガクンと落ちる。私は最近、あまり音楽を聴かなくなった。以前は家にいるときはずっと音楽を聴いていたのに。寝るときはヘッドホンをして子守唄のように音楽を聴いていた。最近はテレビを見ることが増えた。それからインターネット。ヘッドホンをしているのはかわらないが、音楽は聴かない。テレビとインターネットがほとんど。おもしろいテレビがないときにはPCにコピーしてあるファイルを聴く。しかし最近はMP3やCDを聴く事がなんかつらくなってきた。私は音質にこだわらない。というかよくわからない。聴く音楽もクラシックとかジャズとかは少ない。だから音質はあまり関係ない。
20: 2007/10/21(Sun) 17:30
私はインターネットを利用するようになった10年以上前からずっとYahoo! Japanをトップページにしている。検索はIE7の検索バーでGoogleをデフォルトにして使っている。Googleが出始めの頃は、Yahooで見つからなければGoogleで探すという使い方をしていたが、Google/Yahooツールバーができてからはその必要もなくなり、最近Yahooの検索方式がGoogleと同じになってからはYahooを使う意味がほとんどなくなった。
21: 2007/10/21(Sun) 17:33
そして最近、ホームページをGoogleニュースにしてみたのだが、表示内容が多すぎる。それからGoogleでやっているブログも始めてみた。
22: 2007/11/02(Fri) xx:xx
また夜中に起きてしまって、自分のサイトのアクセス解析を見てみた。いつの間にかサーチエンジンの検索結果が表示されていたのだが、それはほとんどがネットワークに関連する事だった。そういえば私は一応ネットワークエンジニアです、と言ってよいような仕事をしている。
タイトルもそういえばネットワーク用語である。愚痴とか妄想みたいな事ばかり書いていたような気がしていたのだが、ネットワーク関連の話はわれながらなかなかおもしろいものがあった。
23: 2007/11/06(Tue) 19:13
youtubeにはMLBの映像が全くないのには恐れ入る。テレビ番組なども削除されるが、MLBの徹底振りは尋常ではない。今までに一度も見た覚えがない。あるのは観客席からプライベートに撮った映像だけである。まあめぼしいものはMLBのサイトで見れるからそんなに困らないが。専門の職員がいるのだろう。24時間体制で監視していないとあんなに徹底して削除できない。もしくはあらかじめyoutubeにMLBから載せるなと言っているのかもしれない。
24: 2007/11/06(Tue) 19:18
わけあってまたマンガ喫茶へいくハメになった。しかし昨日はちょうどボクシングの世界タイトル中継があったのでそれを見ればいい、と考えていた。PCのディスプレイがTVを兼ねており、入力を切り替えることでTVとPCモニタを変更するのである。IO-DATAの17インチである。これいいな、と思ったが、重要な欠陥に気づいた。TVを見ながらパソコンを使えないのだ。入力切替をしてさらにヘッドホンも差し替える必要がある。今や私はパソコンなしでTVを見ることはほとんどできない。昨日の試合であれば、会場はどこなんだとか、坂田と相手の戦績はどうだとか、調べたかったのだが切り替えているうちに大事なシーンを見逃してしまうかもしれないのでできなかった。ボクシングのCMは1分しかないのでCM中に切り替えるのも難しい。そのほかの番組でも実況をしながら見る。
テレビとインターネットの融合を、放送局やらTVメーカーやらが目指しているようだが、なかなかうまくいかない。ハイビジョンのデータ放送は、インタフェースが悪すぎて使い物にならない。両手で打てるQWERTY配列のキーボードとマウスがないとだめだ。インターネット放送もほとんど普及していない。だからパソコンにTVボードを入れて、小さなWindowで隅っこに表示させている。つまんなくなればほかの事をする。おもしろい番組が始まればWindowを大きくし、目が離せなくなれば最大化するのである。
いつの間にか自分のPCのスペックが外のPCを越えるようになった。昔は会社やカフェにあるようなPCにはとても手が出せなかったのだが、今は新しいものが出るとすぐに買うようになった。OSも1・2年まったものだったが今はすぐ買う。
おどろいたのはカフェのPCにWinMX, Winny, bitcometなどがインストールしてあったことだ。MXってもう使えなくなったんじゃなかったっけ?
見ようとDVDを持っていったのだが、スゴ録からダビングしたものは見れなかった。家でも確認してみたが、スゴ録からダビングしたものはファイナライズをしても全部見れなかった。
25: 2007/11/26(Mon) 19:17
pointcastってどうして廃れたんだろう。これは新しいインターネットの使い方だと感動したもんだけど。
26: 2007/11/27(Tue) 21:00
私はhtmlエディタとして秀丸を使っている。秀丸はhtmlエディタとして作られてはいないが、よく使うタグをマクロとして登録して呼び出していた。しかし私はOSをよく再インストールするので、秀丸もすぐ初期状態になってしまい今はマクロすら使わずタグを手で書いたりコピペしたり置換したりしている。私の書くHTMLファイルは自分用のメモみたいなものばかりなのでそれで十分なのだが、表を作るときだけは手書きだときつい。OfficeをインストールするとWordがhtmlエディタになってしまうがWordは信じられないくらいに余計なタグが大量につくのでわざわざ秀丸で開いている。しかしもう表を作るだけのためにWordを使う事にした。あとは見出しのスタイルを選択できるのも便利だ。まあ別に余計なタグがついていても重くなるわけでもないのでまあいいとしようか。
27: 2007/11/30(Fri) 00:14
Frickrというサービスがあるらしいね。igoogleをいじっていたらリンクされた。名前は聞いていた。なんだろうこれは。画像アップローダみたいなものだろうか。おっちゃんねるのすごいヤツみたいなのかな。おっちゃんねるの名前は初めて出すけど、ぶっちゃけ、めちゃめちゃ見てます。
28: 2007/12/05(Wed) 21:30
仕事で調べ物をしていると、@IT、zdnet、cnetなどによくたどり着く。一見多様で豊富な情報があるが、今までこれらのサイトの情報が役にたったことはあまりない。役に立つのは個人が備忘録のように書き留めた情報の方が多い。いまあげたようなサイトは広告が多く、記事の一つ一つが短すぎる。とっとと廃れちまえこんなサイト!
29: 2007/12/05(Wed) 22:26
マークアンドリーセンが作ったとか言うningに行って登録してみた。・・・・あー、こういうのはいらない。誰でもSNSを作れると言う触れ込みらしいが私はそういうグループを作るのは大嫌い。徒党を組む、排他的な、陰口を言ってよそ者を馬鹿にして身内で盛り上がるような、ムラ社会的なそういうものは私がこの世で憎むものの筆頭である。
30: 2007/12/05(Wed) 22:27
frickrはやっぱりよくわからない。俺にはおっちゃんねるで十分。
31: 2007/12/05(Wed) 22:45
近頃しょうもない動画サイトが乱立しているようですな。FC2とか。ぜんぜん面白くない。ニコニコ動画とか見てるヤツって何なの?
32: 2007/12/10(Mon) 19:06
もう随分前から目にするこの言葉。あらためてどういうものか再度しらべてみて、要するにページをリロードせずに画面を更新する機能で、google mapなどに使われているものだそうだ。以上。
33: 2007/12/10(Mon) 19:07
ajaxのことね
34: 2007/12/10(Mon) 19:07
y!auctionが取引ナビを取り入れた。メールを使わずに連絡をとれるのはいいのだが、私は今までに2回くらい、これで投稿したつもりが投稿できていなかったことがあった。多分確認画面が表示されたときに投稿したと思い込んでしまったのだと思う。でもこの私が2回も忘れるなんて、きっとインタフェースに難がある、間違いない。
35: 2007/12/11(Tue) 02:40
前も書いたが私はオークションの価格は送料込みにしている。送料を別にすると、相手に送付手段を選ばせたり、住所がわかるまで振り込み金額が確定しないなど面倒だからだ。最悪なのは着払いである。いつも家にいる人ならそれでもいいかもしれないが、ほとんどの人は昼間は仕事で家を空けている。たとえ家族であろうと、金を払ってもらうのを頼むのは面倒である。荷物を受け取ってもらうことだって、それくらいいいじゃないかと思うかもしれないが、私はイヤだ。たまに頼まれることがあるのだが本当にイヤだ。なぜなら時間をとられるからだ。荷物を受け取るのなんか一瞬じゃないかって?そうじゃない、時間指定の宅配だって2時間くらいは幅がある。18-20時に配達します、と言われたら18時には家にいなければならず、20時までは家にいることを想定して予定をたてねばならない。そしてもし18時半に荷物が来たら、20時まで在宅することを想定してたてた予定がまたくずれるのである。だから私はアマゾンよりも、7andyの自分で荷物を取りにいくシステムが気に入っている。
36: 2007/12/11(Tue) 02:43
宅配便は留守だったら不在通知をいれて再配達してくれるが、私はこれは本当に無駄なシステムだと思う。配達している人は仕事だからいいのかもしれないが、わざわざその人の家まで行って呼び鈴を押して留守だとわかって不在通知を入れて車に乗って帰る。しばらくしてまた来る。まだいない。誰だって帰ってきたら呼んでくれ、と思うだろう。絶対そうすべきだ。カネの問題じゃない。こういうムダは大嫌いだ。
37: 2007/12/11(Tue) 02:57
7andyというのはコンビニを私書箱のように使えるシステムである。もちろん無料で。
Eメールのシステムでたとえるなら、通常の宅配は受信者がメールサーバを持つようなものである。プロバイダのPOPサーバにメールを取りに行くのが普通だよね。いやもっと悪い。だってメール受信者が在宅していないと受け取れないんだから。そんなシステム、例をあげることもできないくらいにありえない。
38: 2007/12/11(Tue) 03:02
こういう発想をしない人が増えている。仕事でも、社会でも。動けばいいとしか考えず、よりよいものを作り出そうという気持ちがない。コストがどうのと言い出して、現状を変えることをしない。大企業病である。結局日本は大企業病に負けている。ベンチャーとか言って起業しても結局は上場を目指している。お前も結局大企業になりてぇんじゃねえかよ(笑)
大企業を否定しているんじゃなくて、他人が儲けてるのがシャクで自分が儲けたいだけじゃないですか。商売なんか神聖でもなんでもないよ。別にカネ儲けを否定しないけど余計な大義名分を語るなといいたい。
39: 2007/12/11(Tue) 03:52
時刻表のサービスはいくつかある。適当なキーワードで検索すると上位に表示されるものを見てみたが、私の見たい時刻表ではなかった。これは私が利用している駅が特殊なせいもあるだろうが。私が利用している駅はJRしか走っていないが、東京へ出るときに乗る電車は4種類ある。これはもうなれてしまったが、あらためて考えると結構複雑である。各駅停車、快速、普通列車、X線の4本。各駅停車に乗ることはもうほとんどない。快速・普通・X線というのは名前こそ違うが、東京に行く利用者にとってこの3つはほぼ同じものである。違いは、普通列車にはグリーン車がついていて一部の駅に停車しないこと、X線は始発駅が通常と異なることくらいである。有名な時刻表サービスでは、これらの時刻を別の時刻表として表示してしまっているのである。その点JRの時刻表はさすがで、すべてまとめて記号や色で区別している。まあ駅にある時刻表をそのまま載せているだけなんだけど。この辺はシステムの効率とかを考えたら無理もないことかもしれない。先ほど効率について述べたがこういうことは効率ばかり考えていると失敗する例である。
40: 2007/12/11(Tue) 03:56
私は最近グリーン車に乗るようになった。運賃が倍になるのだが、土日であればほとんど人がのっていない。1車両に二人乗っていたら混んでるな、と思うくらいである。当然とても静かである。読書はもちろん、食事もできる。酒も飲める。30分だけだが、無我の境地になれる。至福の時間といったら言い過ぎかもしれないが、それくらい快適である。駅について次の電車にグリーン車がついていたら酒を買って乗る。ついていなくても、グリーン車つきの電車が来るまで10分程度であればそれを待って乗る。そして今では時刻表を見てグリーン車を狙って乗るようになったというわけである。
41: 2007/12/11(Tue) 20:02
techcrunchというサイトのフィードを購読するようになったのだが、2週間くらいずっとtechchurchだと思い込んでいた。以上。
42: 2007/12/13(Thu) 20:09
昼休みは売店でパンかオニギリを買うようになった。そしてパソコンでブログやニュースのフィードを見る。本当は業務に関係のないインターネット利用は禁じられているのだが無視している。あまりにも非常識な使い方をしなければ許されるだろうと思っている。昼休みになると非常に重くなるのでみんな見ているのだろう。最近は家でインターネットを使用していてページが表示されるのが遅くてイライラすることはほとんど無くなったが、仕事場ではイライラさせられる。そもそも私のようなものが重さの原因なので文句も言えないのだが。しかし、ITproとかCnetとかNikkeiBPとかのサイトは重い。広告まみれでたいした内容でもないものが何ページにもわけられている。もう、この手のサイトは廃れていくだろう。いや、廃れろ。
43: 2007/12/16(Sun) 16:56
いらないが結構高かったので捨てるにはもったいない本があった。オークションに出そうかと思ったがアマゾンとどっちにしようか迷った。最初はアマゾンにしようと手続きをすすめていったが、最後に出品に630円かかることを知ってやめた。たぶん本であればオークションよりもアマゾンの方が参照数が多いと思うが、手数料の高さや価格を固定しなければならないことなどを考えるとどっちもどっちかなと、結局オークションに出した。
44: 2007/12/18(Tue) 20:43
monqy

サーチすると27ページ、992件ヒットする。
この中に入らないはずがないと思うのだが。
私の個人的なページに手当たり次第リンクさせてみようか?
45: 2007/12/18(Tue) 20:43
ギャル文字というのがある。アルファベットや記号を組み合わせたり読み替えたりする遊びである。たとえば、「ノし」と書いてカタカナのハに読ませるとか。ひらがなのなをわざわざ「ナょ」と書くとか。「ネ申」とかも含まれるかな。私はこれのalphabetバージョンを最近使うようになった。いろんなサービスでアカウントを作ることがあるが、これだけ利用者が増えると、辞書に載っているような単語はほとんど登録されているものである。そこで、このギャル文字の方法を使う。たとえば、「lc」で「k」とか。「cl」で「d」とか。「nn」で「m」とか。これを使うとなんとなくカッコいいIDが取れる。読み替えなくてもよいような。マジおすすめ。
46: 2007/12/20(Thu) 02:20
今オークションに4点出品している。合計で2万くらいはいくだろうと見込んでいるが、まだ1.5万くらいである。しかしオークションというのは終了直前にガンガン値があがるものである。競輪で鐘がなるまではだらだら走っているようなものである。年末でボーナスが入って酒宴の機会も増えて気が大きくなった人がエイヤと値を吊り上げることを期待している。
47: 2007/12/21(Fri) 05:54
ほとんど横流しのあるデバイスは思ったほどの値がつかなかったが、本が意外な高値をつけた。古本屋じゃ絶対にありえない値がついている。
48: 2007/12/24(Mon) 13:11
本は冊子小包(今はゆうメールと呼ぶ)で送るつもりだったが、面倒なので宅急便にした。冊子小包は中身が見えるようにするか、発送依頼時に中を見せて書籍であることを確認してもらってから封をする必要がある。土曜日に受け付けてくれる郵便局は少し遠いので、そこまでするのは面倒だと、近所の宅急便集配所へ持っていった。集配所に持っていくとコンビニより100円安いのである。荷物は2つとも関西方面宛てだったのだが、850円と950円だった。たしかゆうメールは2kgまで450円、3kgまでが550円。倍の値段である。こんなに違うんなら遠くても郵便局へ行くべきだったなと後悔した。しかもゆうメールは料金は全国一律である。これを見逃していた。さらにヤフオクではYahooゆうパックというサービスがあって、WEBで伝票入力をして番号を発行し、その番号をコンビニの端末に入力すると荷札が印刷されるというすばらしいサービスまである。残念ながらもう宅急便を使う理由がなくなった。
49: 2007/12/24(Mon) 13:16
それから、今回は使わなかったが受け取り後決済サービスも使えるようにした。昔はそんなことは怖くてできなかったが、今ははがきを送って住所が確認できないと取引ができなくなっているから詐欺的なことにひっかかることはまずないだろう。かんたん決済とか、こういうものはなるべくなんでもOKにしている。
50: 2007/12/24(Mon) 13:17
受け取り後決済サービスはJNBと提携している。JNBもすばらしいサービスをおこなっている。これでデビットカードが使えるようになったら完璧なんだけどな・・・どうして使えないのか本当に疑問だ。
51: 2007/12/24(Mon) 13:19
まあ今は誰でもクレジットカード使うからな・・・そんなに需要がないんだろう。むしろなんでクレジットカードじゃなくてデビットなの?という疑問を抱く人のほうが多いかもしれない。わたしもあんなことがなければデビットなんか使うことはなかっただろうし。
52: 2007/12/25(Tue) 22:44
ヤフオクで、ノークレームノーリターンで、とかキャンセルお断り、と書いている人がいるが、
そんなの当たり前だと思う。私も最初の頃はそんなことを書いたかもしれないが、
今は何も書かない。幸いクレームもリターンもキャンセルも経験したことがない。

1回、落札したものが5日くらい経過してもとどかないことがあった。もちろん入金済みである。
その時は相手が業者で忙しかったのか、催促メールをだしたらお詫びのメールがあって
すぐに届いた。

今回は落札から5日たっている。ただし間に3連休があって、業者だったら休日は対応しないこともありうると思って休み明けまで待った。本当はネットオークションで休日対応しないのはどうかと思うが。しかも落札は3連休に入る2日前の木曜である。連休で振込みが遅れないようにわざわざ木曜の夜終了にしたのである。

私は今までに次点を繰り上げたことがない。繰上げされた事もない。まあ出品者としては10日とか2週間くらい待ってもいいのだが、もしそのままキャンセルになって繰り上げる次点の落札者の立場を考えると1週間が限度かな。

しかし本音を言わせてもらうなら、ヤフオクに参加するならイーバンクかJNBの口座を持つべきだ。そして落札後1時間以内に出品者でも落札者でも連絡を入れ、落札者はその連絡を受け取って1時間以内に入金する。上記のネットバンクなら即時振り込まれる。そして出品者は入金のあった翌日に発送し、翌日届く。落札の2日後には取引が終了することになる。

今回の失敗の原因は、しいて言うなら、
・落札したばかりの商品をすぐ出品したことで怪しまれた。
・商品名にciscoの文字を入れなかった。
・落札後の連絡が終了して4時間半後の夜中の3時半だった。
(その日は飲み会があって落札前に帰ってきたのだが寝てしまった)

くらいかな。
53: 2007/12/25(Tue) 22:48
催促したら返事が来た。メールを見逃していたそうだ。たくさん取引しているようだからそういうこともあるだろう。それはいいや。

入金はイーバンクを予定しています、だって。イーバンクなら今すぐ振り込めよ。金がないのかよ。
54: 2007/12/25(Tue) 22:59
gmailがヤフオクの通知メールをSPAM扱いしている。いくらなんでもそりゃないだろ、ぐーぐるさんよ
55: 2007/12/28(Fri) 01:50
サッカー選手に闘莉王という選手がいるが、2ちゃんねるなどでは釣男と呼ばれている。これはそう書くとおもしろいからというよりも、メンドクサイからだと思う。釣男だけでなくほかにもこのような当て字は良く使われるが私は大嫌いである。なぜなら漢字は表意文字であり、字が変わるとそこから受ける視覚的イメージが変わってしまうからである。
56: 2007/12/28(Fri) 01:51
ヤフオクの常識の続き。

出品・落札システム手数料は出品者が払う。
振り込み手数料は振り込む人が払う。
発送のために聞いた電話番号には電話しない。
もちろんその住所宛に手紙をだしたりたずねて行ったりしない。
入金・発送時には取引ナビで連絡する。
落札者の場合荷物着の通知と評価を兼ねる。
入札・出品のキャンセルは最低の行為。
まちがって入札しても黙って料金を払い、不要ならそのまま出品せよ。私はそうしたことがある。
もうけようと思うな。
ショップはウザい。
平日を24時間はさんで振込みがないのは異常。事情があるなら事前に入金予定を知らせること。
57: 2007/12/28(Fri) 01:55
最近ものすごい量のフィードを飛ばし読みしている。全文読むのはほんの一部である。以前文句を言った日経BPとかITメディアなどのフィードである。そしてその記事の文体の特徴が見えてきた。日経BPの雑誌の記事などの文体と同じだ。一言では言えないのだが・・・。

確かに簡潔で読みやすいのだが、なんか、周到すぎて気持ち悪いと感じるようになった。もっと思うままにだらだらと書いてもいいんじゃないか、という気がする。起承転結を意識しすぎな感じもする。
58: 2007/12/28(Fri) 01:58
SPAで西村の連載が始まった。コメントのしようがないくらいどうでもいい内容だった。気になったのは句点または読点の連続である。
。。。。とか、、、、、とか書く人がたまにいるが、それがそのまま縦書きの活字になっているのだ。気持ち悪い。
まあ、横書きでも気持ち悪くて私は絶対に使わない。・・・を使う。
59: 2007/12/28(Fri) 02:05
gmailでラベルとフィルタを設定してみた。サブフォルダは作成できないようだが、ラベルで代用できる。アーカイブという機能もある。いままでのメールクライアントとは少し違うがそのうちすぐなれるだろう。yahooと違って何かするたびに全画面リロードされないのがajax技術らしい。
60: 2007/12/28(Fri) 02:09
techcrunchはけっこう面白いけど、訳がなんかむかつく。ローンチとかエンベッドとかいう言葉を、こんなの常識だろみたいな感じでカタカナにしていたりするところとかが・・・。
61: 2008/01/08(Tue) 19:44
今入札している商品の出品者は非常に好感が持てる。商品をいつ買ったか、なぜ手放すのか、ACアダプターが付属しない、などのことが文章で書かれている。「文章で」書かれていることが特にわたしには快かった。評価を見なくても、この人は信頼できると思った。一応見てみたがもちろんすべて「大変良い」であった。余計な宣伝文句をつけたり、ページレイアウトを凝ったり、大きな写真を何枚もつけたりするよりは、必要な事項をわかりやすく伝える方が大事である。
62: 2008/01/11(Fri) 19:04
最近二人の業者と思われる相手と取引したのだが、あまりいい相手ではなかった。一人目は5日間連絡がなかった。3連休を挟んだので大目に見たが、ネットオークションで即日連絡がないのはマナー違反だ。二人目も翌朝になっても連絡がないので先に振り込んだ。すると翌日の午後になって送料が足りないという。商品の説明を見ると2個目からは梱包量がかかるというのだ。ちなみに商品はPCのメモリである。これに追加料金を取りますか・・・。ちゃんと説明に書いてあったのでよく読まなかった私が悪いのだが、これもマナー違反である、私からすれば。そして入金確認後、「明日発送します」との連絡。業者だからまとめて発送する都合があるのだろうか。結局、オークション終了して商品を受け取るまで4日かかった。発送の連絡もなかった。もし明日中に届かなかったら評価はつけない。悪い評価をつけると報復されたりするとイヤだから、私は気に入らない相手には評価をつけないことにした。例の5日連絡がなかった相手にそうした。相手も評価をつけないし、評価を催促することもない。私は今まですべてのオークションで大変良いを相手につけていた。何度か評価されないことはあったが、悪い評価は付いた事がない。

今後はなるべく業者はさける。
63: 2008/01/16(Wed) 22:24
ついに会社から個人PCの点検依頼が来た。P2Pソフトがインストールされているか、会社や顧客のドメイン名を含むメールを送受信していないかなどを調べるものらしい。私は全く見に覚えがないので、ツールを適用せずに自己責任での点検という事にした。しかしツールを適用しなかったことが今後の契約に影響するというのは杞憂だとしても、プラスになることは絶対にないだろう。

最初は社員だけで、その話を聞いたときはバカげている、俺なら絶対に拒否する、と思っていたのだが、いざ自分のところに依頼が来ると、そう簡単にはねつけることもできなかった。個人のPCを調査することは明らかにやりすぎだと思うのだが、情報流出はいつまでたってもなくならないのでやむなく踏み切ったのだろう。

中にはこれに反感を持って、この調査依頼に関する資料を故意に流出させる輩がでてくるのではないだろうか。私もムカツキが頂点に達したらやりかねない。自分が流したという証拠を残さずに流す自信はある。フラッシュメモリに入れて持ち出すのは簡単だ。後はファイルが自分の扱ったものであるという痕跡があればそれを消すだけである。

私は基本的にWinnyとか2ちゃんねるについてはガンガン取り締まる事に賛成である。Winnyなんか人としてやってはいけないと思う。2ちゃんねるは見るな書くなとまでは言わないが、今すぐに閉鎖してもよいと思う。でも、会社が社員が家庭で使っているパソコンの中身を調べるのはいくらなんでもやりすぎだ。
64: 2008/01/24(Thu) 23:13
アクセスログで、どんな言葉をサーチしてたどりついているのか調べて見た。圧倒的に多いのはdelphiだった。特にキャプとindyについては実際に苦労して作りながら調べたことなので、比較的価値のある情報となったようだ。次に多いのがネットワーク、cisco関連である。これは意外だったのだが、私の本職だからこれももっと気合を入れて書かねばならない。やっぱり誰かに見られると励みになるものだ。faviconへのアクセスがちらほら見られる。それもうれしい。browserによっては自動でアクセスするものもあるらしいので一概にお気に入りに入れたとは言えないらしいが。
65: 2008/01/24(Thu) 23:23
バッティングについてもいくつかアクセスがあったがお気に入りに入れた人はいないようだ。まあド素人だからしょうがないけど。
66: 2008/01/24(Thu) 23:24
音楽や太宰についてもfaviconアクセスがあったのはうれしかった。
67: 2008/01/24(Thu) 23:27
情報としての価値は、具体性と実体験をともなっているか、であるようだ。奇抜さや派手さよりも、そっちのほうが大事である。
68: 2008/01/25(Fri) 21:53
テレビのコメンテーターやちょっと硬いことを書くブロガーがよく「フィナンシャルタイムズに・・・」というのを聞く。それは日本の閉鎖性とか特殊性とか後進性を語るときの枕詞のように使われている。私もずっと前、もう10年くらい前だろうか、報道2001とか見ていた頃、竹村健一もよく引用していたので、インターネットも使えるんだから読まなきゃいけないと、FTやNYタイムズなどを読んでみた事があるが、特に読んでよかったと思うようなことはなかった。確かに日本で騒がれている事が海外ではどう報じられているのか、また海外ではどのようなことが起きているのかを知らないでいるのは、鎖国時代の人間とほとんど変わらない。
69: 2008/01/29(Tue) 21:21
tech crunchなどの翻訳文がなぜ不快なのかわからなかったのだが、今日原文を読んでみて少しわかった。英語の文章というのは非常にぶっきら棒なのである。ご存知のように英語には日本語のような多様な「文末言葉」がない。である、です、ます、だよ、ですよ、なんだよ、なのである、等。そのため、バカ正直に翻訳するなら、ですます調またはである調で統一することになるが、そうすると非常に文章が単調になる。・・・です。・・・です。・・ではなく、・・です。・・・でしたが、・・・です。など。そこで翻訳者は文脈によって、・・・です。・・・ともいえる。・・・なのだが・・・というわけでもないのだ。なぜなら・・・は・・・であるからだ。などとやって自然な日本語になるようにしている。きっと文の長さも連結、分断して調節しているだろう。そういう表面的なとりつくろいがなんともいえない不快を生んでいるのではないだろうか。
70: 2008/01/30(Wed) 19:44
私はプロバイダの料金をよく滞納する。1回なら翌月にあわせて請求されるだけだが、2ヶ月連続で滞納すると督促状が来て期限までに払わないと停止するという警告がくる。先月その2ヶ月連続滞納をやって警告が来たばかりなのだが、その料金を支払った翌月にあたる今月もまた滞納した。すると、その引き落とし日の2日後の朝、ネットもTVも使えなくなった。ケーブル回線のプロバイダで、TVも契約しているのだ。母がTVが映らないというので、もしや、とネットを確認したら使えない。とうとう止められたか、と愕然とした。確かに滞納しているからといって突然止めたりはしないものだが、私はいつ止められても文句は言えないなという意識があった。しかしネットもTVもないというのはなんというさびしさだろう。しかも今はカネがなくて、今週末は家にこもらなくてはならないのだ。何をしようか。本を読むか。走るか。通勤の途上で、いかに自分がネットやTVに依存しているかを痛感した。しかし、もし地震があったり、病気をしたり、戦争がおきたりしたら、ネットやTVどころの騒ぎではない。そんなときに、わたしはまともでいられるだろうか。わたしが日頃感じているいろいろな誘惑を断ち切ることというのは、TVやネットのような生易しいものではない。TVやネットすら我慢できないようではこの先ろくな人間にならないだろう。そしてこんなにしょっちゅう滞納している原因の浪費も、いい加減やめないとヤバいぞ・・・などと考えながらプロバイダのホームページを見ると、火災がおきてサービスが停止していたとの情報が。でも、いっそ1ヶ月くらい止められていた方が自分にとってはよかったような気さえした。
71: 2008/01/30(Wed) 19:44
今頃ようやく気づいた。TVや電車の広告で、商品名などを検索してね、というようなことをする本当の理由に。それはWEBはCMで伝えきれない情報を提供できるという程度の理由だとおもっていたのだが、本当の狙いはたくさん検索させることによるサイトの検索ランキング上昇である。SCOだっけ?だからどこもかしこもやっているのである。なんで気づいたかというと、自分のサイトのアクセスログを見ていて、けっこうgoogleでサーチして来る人がいて、サーチ結果もよく見られているページが上に来ているのがおもしろくて、自分でなんども検索しているうちに、いろんな人に検索させれば上位になるんだ、と気づいたからである。
72: 2008/01/31(Thu) 21:16
RSSフィードにFT, NYtimes, Washington Times, Slash dotなどの英語のフィードを追加した。英語のフィードはさーっと走り読みできないが、ジュリアーニが大統領選から撤退したとか、ブリトニースピアーズが救急車で運ばれたなどのニュースが読めた。withdrawってこういうときに使うのかとか、なかなか勉強になる。
73: 2008/02/06(Wed) 22:16
今考えている事は、携帯で自宅のPCにアクセスすること。といっても、VPNとかリモートデスクトップとかではない。H*TPDをあげてブラウザでアクセスするのでもない。それならすでに可能になっている。そうではなくて、メールを送ってそれに返信させる。ひとつは、デスクトップを画像にして送る。もうひとつは、WEBにアクセスして、必要な情報だけを抜き取ってテキストにして転送する。

携帯がいくら進化しても、両手でブラインドタッチができるキーボードが装着されることはないだろう・・・と書こうとして、ほんとにないか?と思った。これは検討事項としよう。

デスクトップをキャプチャすることは非常に簡単である。キャプチャした画像というのは不思議なものである。実際に見ているデスクトップと寸分たがわぬ画像なのであるが、当然ボタンなどはクリックしても反応しないし、内容も更新されない。
「死んだ情報」である。だが、何度も言うが見た目は「全く」同じなのである。
同じというか、そのものなのである。

しかし、一般的にWEBなどの情報を画像としたものは、そのものとは区別されるだろう。それはシステムに詳しい人ほどそうである。素人は絵だろうと文字だろうとわかればいいが、プロは.bmpだったら書いてあることを無視しかねない。
74: 2008/02/06(Wed) 22:16
MSがyahooに買収を提案し、それにgoogleがケチをつけ、yahooは対抗策を考えているというニュース。激しくどうでもいい。買収が成立しても何も変わらないと思う。googleがケチをつけたのが意外だったくらいだ。てっきり内々に合意しているのかと思ったらそうではなかったようだ。私がyahooで検索しなくなったのは、検索アルゴリズムがgoogleと同様になったのが最終的なきっかけである。それまではyahooというのはある意味WEBをフィルタリングしてくれていたようなところがあった。しかしもう、そのフィルタリングはほとんど不可能になったから、アルゴリズムの変更自体は無理もないことだったのだろう。今はもうyahooで検索する理由はまったくない。だからMSが買収してもどうにもならない。googleが1人勝ちになったのは、windowsが1人勝ちになったのと同じような理由であることはMSもわかっていると思うのだが。
75: 2008/02/06(Wed) 22:25
英語のRSSを読むのは日本語のように速くできない。といっても日本語でも読むのは20件に1件くらいだろうか。ほとんど全速でスクロールしている。英語の場合は一応見出しを読んでみないとわからない。読んでもわからない場合も多い。しかし、日英共通の、重大なニュースかどうかを見極めるポイントがひとつわかった。単純な見出しほど中身がある。洒落だったり、慣用句などをもじったような見出しのニュースはくだらない場合が多い。ジュリアーニの撤退、MSの買収提案などはどこも同じような見出しである。たとえばもし大統領が暗殺されたら、絶対にブッシュが撃たれて殺されたということがわかる見出しになるだろう。「大国に衝撃、あの人が大変な事に」なんて見出しには絶対ならない。
76: 2008/02/06(Wed) 22:27
会社のPCががんじがらめになっている。gmailやy!mailなどのWEBメールが使えなくなり、さらには個人のUSBメモリも使えなくなりそうである。WEBの私的利用は禁じられているがガンガン業務に関係ないサイトを見ている。今はヒマなせいもあるが。まあ、調べ物していたらなんだこれおもしろそうだなというのが出てきてちょっとクリックしてみるなんて止められない。なので、仕事中に見つけたおもしろいものはY!ノートパッドに貼り付けている。WEBMAILを禁止するならこれも禁止しないといけないと思うんだけど。そのうち使えなくなるかもな。なんとかしないと。
77: 2008/02/08(Fri) 21:34
PCがブラウザでなんでもやる日など永遠に来ない。メインフレームと端末の時代を知っている私達にとって、PCの出現は画期的なことだった。ブラウザでなんでもやるのは要するにシンクライアント、メインフレーム時代に戻る事である。メインフレームと違ってサーバが多数で構成されて雲のようになっているのでわかりにくいが、端末が増えるほど重くなるのは同じである。

多分、これからはPCがサーバとクライアントを両方兼ねるようになると思う。P2Pのような形態である。そのためには、NATが邪魔になる。そのためには、v6が必要。たぶん、10年後にはインターネットはP2Pになって、みんながサーバになることができるようになっていると思う。ht*p,smtp,pop,telnet,ftpなどは動いているのが当たり前のようになる。同時にファイアウォールも必須となり、必要な相手の必要なサービスしか使用しない。今のファイアウォールは素人には設定が難しいが、それも誰でもできるようになる。MSあたりがそれを作ってくれるだろう。

今はブロードバンドルーターが、NATが、実質上のファイアウォールとなっている。それがなくなる日が来る。今はインターネットに接続するためにISPを経由しているが、みんなが直接インターネットに接続する日が来る。来なければならない。リモートデスクトップやvirtual pcのような機能も当たり前になる。1台のPCでwin,mac,linuxが同時に稼動するようになる。そうなってくるともう、OSなんかどうでもよくなる。

ちなみにそのためにNGNのようなインフラを作る必要は無い。逆に、P2P的なインターネットが実現していくと同時にNGNが廃れていくだろう。

今は昨夜の酒が残っていてまともじゃないからこんなことを書いている。なんの根拠もないカンで言っているだけなのだが、われながらなかなかいい線いっていると思う。

NATがなくなりISPがなくなることで、匿名問題も解決する。ISPは全くなくなりはしないだろうが、今のようにインターネットアクセスというものをサービスとして提供することはなくなると思う。そうすると、インターネットに接続されているノードに到達できることになる。もちろん、アクセスを制限することもできる。

みんながサーバーになれば、みんながアクセス者の情報を把握できる。わたしも最近自分で借りているサーバのログを見ているのだが、プロバイダ、OS、ブラウザ、検索語がわかると、かなりアクセス者の素性がわかる。個人特定まではできないが、複数のアクセスが同一人物かどうかはかなりの精度でわかる。みんながサーバーになって、アクセス者の情報が把握できるようになれば、今よりは無責任な行為が減るのではないだろうか。
78: 2008/02/19(Tue) 00:29
フィードが多くなりすぎたので、減らすことにした。何を減らそうか迷った挙句、日経BPを消した。正直、もったいない。興味ある話題も多い。しかし、ここは、ログインさせてしょうもない記事を何回にも分割させるのがウザすぎる。読めないルモンドや中国語のフィードを残しても、日経BPを消した。ITProとかも同類。お前らそのうち誰にも読まれなくなるぞ。
79: 2008/02/19(Tue) 00:33
2月16日,东方卫视《环球新闻站》播出“日本事发地还中国饺子清白”,以上是视频内容。

これは、中国側には問題がない、という記事だろうか?
動画が一緒についているが見てない。
正直、この事件はどうでもいい。
先週末、二日連続で普段食べない餃子を食べた。
そのうち一軒の店は、客用のテーブルの上でこれ見よがしに餃子を包んでいた。
80: 2008/02/19(Tue) 21:16
ie7のタブにはアイコンが表示されている。これはfaviconだな。IE7の人のfaviconアクセスはお気に入りとは限らない。ただしアクセスして時間を置いてからfaviconにアクセスしていたらお気に入りかな。でも最初にアクセスしてあったら後で再アクセスはしないか。
81: 2008/02/19(Tue) 21:19
1chが失敗したのは、反2chを意識しすぎて、内容に管理者が手を出してしまったことだ。2chだって、管理者が自分でスレをたてたりしたらつまらなくってしかたがなかっただろう。
自分でももし掲示板をつくったら管理者であるという権限をおおいに利用してガンガン内容を検閲して削除しまくり、こういうスレはウザいから立てるなとかいうのはもちろん、自分のいいたいことをぶちまけるようなスレを乱立させてしまうだろう・・・
82: 2008/02/19(Tue) 21:20
searchエンジンもいろいろサービスができているようだ。携帯サイト専用検索エンジンとか、検索ランキングを調整できるとか、しかしgoogleは、検索アルゴリズムだけでトップにのしあがったようなものだ。

altavistaなどの「ロボット型」サーチエンジンというのは昔からあった。それでもヤフー的な人為的なカテゴライズによるディレクトリサービスが使われていたのは、ゴミのような検索結果が大量に表示されてしまうからだった。しかしgoogleはそれを排除する事に成功した。簡単に言えば「リンクが多いサイトほど信頼度が高い」という原則に基づいてランク付けをする。それに加えてさまざまな「反則」行為をおこなっているものを除外しているようだ。

だが、もうひとつ重要な事は、広告との連動である。広告の売り上げが直接ランクに影響することはないようだが、広告を載せることにより収入が得られるため、サイト主はランク上位に載せるように努力する。広告主はランク上位のサイトを選んで広告を載せる。
83: 2008/02/19(Tue) 21:24
私は予言する、10年後にはみなさんのPCのIPアドレスはv6になっていると。NATがなくなっていると。NATって何ですか、これこれこういうものだよ、フーン昔はめんどくさい事してたんですね、という会話をする時代がくると。v4アドレスをたとえ自由に売買できるようになろうと、v6は必要になると。v6が必要なのは単に数が足りないというだけの理由ではないと。たしかに今はv6は必要ではない。しかし、この業界はとくに、必要だから生まれたサービスや製品なんて少ない。こんなのつくってみましたどうですか、おおなんだこれおもしれーな、何かにつかえねーかな、ためしに使ってみてください、ちょっと大変になってきたんで有償にさせていただきます、という感じで育ってきたのである。v6も同様である。
84: 2008/02/20(Wed) 19:12
nonymous coward曰く、というフィードを時々みるのでなんだろうと調べてみるとスラッシュドットで使われている名無しさんのことだそうだ。
coward....
85: 2008/02/22(Fri) 23:30
私は基本的に今をときめくビジネスマンが嫌いだ。ねたましいというのが一番の理由だとは思うが。しかし、ブログを読んでいる一人については、尊敬はしないがたいしたもんだと思う。彼は自分の経歴や会社の内情のようなこともけっこう書いている。どうして儲かるのか、どうやって儲けているのか、なども。それは普通なら企業秘密であって公開しないだろうと思われるようなことだ。そして彼がそれを公開しているのは、別に宣伝でもなければ、公開することで自分にも情報が入ってくるとかいうことでもなく、単純に話したくて仕方がないように、単に思いがあふれているだけのように思える。それはもちろん素晴らしいことである。ブログを始めとして多くの人が誰に頼まれるでもなく貴重な情報を提供しあっているのは、アフィリエイトとか広告収入とかがあるためではない。私はいずれ、インターネットでの直接の広告、つまりバナーを張るような広告は、廃れていくと思う。TVのCMがHDDレコーダーなどの出現で廃れていくように。これからは、コンテンツ自体が広告になっていく。サブリミナルのように刷り込んで、なんとなく買わせるというような方式は廃れていく。

上記の若社長によると、携帯はユーザに課金できるから儲かるそうだ。言われてみると確かに携帯は有料サイトが多い。インターネット接続自体のコストが高い。PCより圧倒的に使い勝手も悪いし情報量も少ないのに。いつでもどこでもアクセスできる、という理由なのだろうか。
着メロとかゲームとかニュース配信とか、私も数百円程度なら払った事がある。しかし今考えると法外といっていいくらい割高だった。たとえばドラクエは、1ヶ月500円かかった。ドラクエなんか1ヶ月もやれば飽きる。わたしはまさか毎月課金されるとは思わず、登録したままにしておいたら、なんか余計な課金があって確認して気づいた。ちなみにドラクエ1、2、FF2と、
1500円を3ヶ月くらい払ってしまったのである。ボッタクリだよこんなの!これもそのうち廃れると思う。

とにかくインターネットを使わせることでカネを取るな。こういう楽しいサービスがあります、その仕組みにはインターネットを利用しています、というのなら許せるが、インターネットを使ってどうにか金儲けができないかという動機で作られた意地汚いサービスは5年くらいのうちに一掃される。インターネットがビジネスチャンスを生んで景気も回復する、とかいうことを言うやつも消えてなくなる。
86: 08/03/31(Mon) 19:29
私はテレビが大好きで家にいるときはほとんどテレビをつけっぱなしである。PCがつけっぱなしなのは言うまでもない。テレビはそのPC上でアプリケーションとして起動している。これは単にPCでTVを見るというだけではなく、インターネットと放送の融合ということを、個人的に実現しているのである。融合というとおおげさかもしれない。ただテレビで見た情報を検索して情報を得たり、番組表を見たり、実況したりしているだけだから。自分でも融合なんてつもりはまったく無くて、いつの間にかこうなっていて、今ではインターネットもテレビもどっちも無くてはならないものになっている。しかし私はEPGとかiLinkとかいう、技術的な「融合」は使っていない。まずPCでの録画はまだ実用的でない。ディスクも食うし、ちょっと重いことをするとこま落ちしてしまう。PCで録画するのは、音楽のPVとか漫才とかだけである。映画などはHDDレコーダーに入れておく。HDDレコーダーはキャッシュのようなもので、とりあえず保存する場所である。ほとんどの番組は見たら即削除である。まったく見ないで削除ということもよくある。それでいいのである。これは永久保存版だ、と思ったものはDVDに焼いたりするが、そんなものは1年に1回もない。それにDVDの寿命というのはそんなに長くないらしいからHDDにおいておいて、コピーして引き継いだほうが寿命が長いかもしれない。

2ちゃんねるはなくなってもいいのだが、実況だけはなくなると寂しい。twitterというのがどういうサービスかいまいちわからないのだが、
2ちゃんの実況的な軽いノリなのではないかと思う。実況では普通のSNSとか掲示板では重過ぎる。一瞬にして流れ去るおしゃべりであるから、とにかく早く気軽に大勢が参加できることが大事である。連投規制とかハンドル必須とかの規制はできる限りとっぱらうべきである。
そうすると誹謗中傷とか差別発言が起きそうでおきなくなる。だって一瞬で消えてしまうから。書いてもやりがいがないしNGにされるのがオチである。そうやって気軽に手軽に参加できるようになると、何がおもしろいかも風速をみれば想像がつく。ただし、2ちゃんねるの風速と視聴率にはかなり開きがあるが。

私はインターネットの規制強化も必要であるとは思うが、その一方、実況のようなほとんど野放しな場所も必要だと思う。要は、図書館、ファストフード店、レストラン、料亭、喫茶店、ゲームセンター、駅など、さまざまな場所があって、誰でも気軽に入れるところとそうでないところを区別するということである。どこでも図書館みたいに私語厳禁にするのも、居酒屋みたいにワイワイ騒ぐようにするのも無理がある。2ちゃんねるは硬い事からののしりあいまで全部扱おうとしているが、もう硬い事を扱うのには限界が来ている。
87: 08/04/13(Sun) 11:06
私が利用しているCATV会社が160Mのサービスを始めた。全く興味がない。しばらく前まではインターネットは遅くてイライラすることが多くて、すこしでも速いサービスを選んできた。しかし今は速さについては全く不安がない。P2Pでもやらない限り必要ないだろう。そしてこのCATV会社では少なくともwinnyは使えない。しかし、winnyの使用制限をしていることについては、私はこの会社を評価している。むしろ、これだけ問題になっているwinnyを、制限しようと思えばできるのにしていないISPについて疑問を抱く。よくインターネットは自由で何も制限がない、管理するのは間違っている、自由だからここまで発展してきたのだ、という人がいるが、私はそうではないと思う。ISPでNICやレジストラなどと仕事をしてきた私にはインターネットが決してアングラな草の根運動ではないことをよく知っている。
88: 08/04/25(Fri) 22:06
このページのアクセスログに記録された検索ワードで自分でも検索している。前後にどんなページがリストされていて、自分がどのような位置にいるかを確認するためだ。そのとき、自分のページにアクセスしてしまうと余計なログが残ってしまうので、キャッシュを見るようにしている。そんなことをするようになって、気づいた。アクセスされた形跡を残したくない場合は、キャッシュを見ればよいのだと。知っている人のブログとか、掲示板の場合に。

cacheといえば、the whoに cache, cacheという曲がある。日本盤のCDを買うと、この曲のタイトルがカタカナで「カチェカチェ」となっていた。最近どこかでみたら「キャッシュキャッシュ」となっていたようだ。cacheという言葉は最近PCやインターネット界でよく使われるので、誰かが指摘したのだろう。まあcacheと書いてあってカシェと読むこと自体は許せるとしても、その人はこの曲で「キャッシュ、キャーッシュ」と歌っているのを聴きもしなかったのだろうか。聴いても「カッチェ、カーッチェ」と聞えたのだろうか。そうだとしたら相当な思い込みだ。
89: 08/04/30(Wed) 21:56
あるログファイルに「タワツウ」という文字列があった。文字化けだろうなとは思ったが、何か意味がありげで面白いなと思って、googleでサーチしてみた。すると、1394タワツウ、ATAPIタワツウ、USBタワツウ、などがでてきた。そのうちのひとつに、タイトルは化けていたが本文は化けていないものがあり、化けているのは「接続」であることがわかった。なるほど、1394,ATAPI,USB、どれも「接続」が付く。さらに調べると「PPPタワツウ」なども出てきた。こうなったら自分でも文字化けさせたくて、秀丸で「接続」とだけ書いたHTMLファイルを作って文字コードをEUCにして保存したら、見事「タワツウ」と表示された。ささやかではあるがなんともいえない達成感である。
90: 08/04/30(Wed) 22:00
youtubeを見るときは、たいてい関連動画を次々に見る。今までは新しいタブで開いてポーズボタンを押して、一つずつ見ていたのだが、昨日、再生リストとかいう昨日があることを知った。画像の左下にある「+」を押すと、リストに追加されていくのだ。ただし難点がいくつかある。リストにいれたはいいが、見てみたらつまらなかったり見たいものではなかった場合に飛ばすことができない。最後まで早送りってできたっけ?できなかった気がする。なので、リストにある次の動画をクリックして再生させる。そうすると、なぜかリストの再生が停止してしまう。
もうひとつは、youtubeの動画はポーズを押してもダウンロードは進むので、ダウンロードが終わるか再生には追いつかれないくらい進むのを待てば、再生中に止まってイライラすることがないのだが、再生リストに追加しただけではダウンロードはされない。また、ニコニコ動画ではポーズするとダウンロードも止まる。だから、私はニコ動は音を消して別タブでいったん再生させてからもう一回見る。この辺は、再生速度とダウンロード状況から途中で止まらないように再生するように改善してほしいところだ。
91: 08/05/02(Fri) 04:46
インターネットを本気で規制しようという動きがある。硫化水素を発生させる方法がネットで広まって自殺する人があいついでおり問題となっている。匿名をいいことに誹謗中傷や無責任な発言を繰り返すことも、問題とまではいかないまでも批判されている。いっぽう身分をあきらかにした人の失言や思わぬ個人情報の流出により「炎上」することも絶えず起きている。
92: 08/05/02(Fri) 04:54
有名なブロガーのI氏が、常々日本人の「個」の無さ、ムラ社会、匿名発言批判などをしている。ネット規制についても批判的である。が、そういう「日本は世界のなかで見ると異常な非常識な国である」という自虐的な姿勢は、悲しいことであるが、私を含めて日本人に少なからずみられる国民性なのである。わたしは「国民性」というものをあまり信じないが、日本はやはり少し変わっている。多分、地理的か民族的に孤立した島国であることが強く影響していると思う。侵略されたことが無いというのもよく聞くが、60年くらい前にアメリカに侵略されたんじゃないのかな?こんなの侵略のうちに入らないのだろうか。
93: 08/05/02(Fri) 04:58
I氏は日本人離れした欧米人ともわたりあえる珍しい優秀な人間であるとしよう。「日本人は私のような自立した人間になれ」とブログで主張するのも結構である。さぞかし気持ちのいいことだろう。しかし私も含めて日本人はそんなことをいくら言っても変わらないと思う。そんなことができる人は教祖様であるが、彼はきっと無神論者であろう。作家のO氏などを批判しているのも相対的に左翼が嫌いもしくは自分がNHK出身なので左翼根性がしみついていることの自覚から来る生理的な批判であろう。
94: 08/05/02(Fri) 05:02
とりあえずネットについて言えば、たとえ日本人のやり方が世界とは変わっていて、匿名で無駄な情報ばかり送受信しているとしても、現状そうなのだから仕方が無い。それはおかしいから変えろと叫ぶことは止めはしないが殺人は悪いことだからやめましょうというくらい効果のないことだ。だから、とりあえず規制するしかない。
95: 08/05/02(Fri) 05:05
中国ではgoogleの検索結果などをかなりフィルタリングしているときいたことがある。ほかの国はどうなのだろうか。アメリカも、google earthで軍事上の機密になるような映像を修正したという話をきいたこともある。それは当然やるだろう。この手の「情報操作がある」という情報はたまに聞くが、その情報も操作されているかもしれないので最後は信じるかどうかになってくる。そんなことをいうと織田信長の実在すら怪しくなってしまう。
96: 08/05/02(Fri) 05:06
私はハタチの頃に、「客観的」になることをやめた。というか、そんなことは不可能であることを悟った。それからは、一見ただのわがまま、傍若無人、感情と本能にまかせて生きる理性の無い人間のように生きてきた。
97: 08/05/02(Fri) 05:10
だから、日本人としてどうか、世界の常識はどうか、なんてことはどうでもいい。とりあえず匿名での無駄なおしゃべりはうざい。遊んでるだけなら許せるが、自殺幇助や犯罪予告や集団での強いもの・弱いものいじめは断固として規制すべきである。他国が規制しないのは、規制しなくてよい状態だからである。わが国は規制しなければならない残念な国なのだ。規制は無いに越したことはないが、規制せずに自殺や犯罪を野放しにして自由の代償だと言っていることはできない。
98: 08/05/02(Fri) 05:24
I氏はキリスト教を持ち出してきているのだが、彼は多分自分はキリスト教徒ではないが強い個人であるというだろう。私はそこが気に食わないのだ。おそらく「神は信じないが個人主義という点でキリスト教は評価できる」などと抜かすだろう。クリスチャンは個人主義者などではない。信仰と社会を関連付けたのはマックスウェーバーとかが勝手にこじつけただけである。クリスチャンは自己犠牲と愛他精神があるからどんな困難も乗り越えるのである。個人主義とか自立とかそんな話ではないのである。所詮はジャーナリストあがりの世間知らずの学者のたわごとである。言っておくが私は決して自分の発言を匿名だからといって無責任な言いっぱなしだと、イナゴだとか卑下するつもりはない。I氏の発言が気分を害するか自己嫌悪をおこさせしかしないように、私の発言も多くの人を傷つけるだろう。だから個人名はださないし、ひっそりと誰にも存在を教えていないような場所でつぶやいているのである。
99: 08/05/02(Fri) 05:54
そもそも「規制」とは倫理・道徳的な意味を持っている。単に「社会の秩序を保つ」というだけでなく、人の主義や心に踏み込む。だから、危険でもある。I氏がどこまでの意味を「キリスト教」に持たせているのかわからないが、多分、社会の構成要素の一部として、心のよりどころ程度に、風俗のひとつ程度にしか考えていないだろう。キリスト教が、すでに「規制」的な働きをしていることは見ていないだろう。なぜキリスト教が個人を確立させるのか、キリスト教なしに個人を確立するというのはどういうことなのか、仏教徒であることが人を自立させるのか、考えているのだろうか?日本にも教会はあるしクリスチャンもいるだろう。なかには本当の信仰者もいる。そうだ。日本人であることとクリスチャンであることは、またく次元の違う話で、排他的でもない。学者さんというのはそういう人たちなのかもしれないが、信仰と国は関係ない。ある国があってその国民はある宗教を信仰している、というのは社会科の先生の考えでしかなくて、それは間違いである。そもそもアメリカ合衆国というのは、神の名の下に、クリスチャンたちが建国した国なのである。信仰が先にあったのである。
100: 08/05/02(Fri) 05:58
私は日本人であるという自覚はあるが、それは単に地理的に日本に生まれたという意味しかない。民族の違いも、地理的なものと同程度の、たまたまそう生まれたという自覚しかない。愛国心とか自分の民族についての誇りとかいうものも、まったくといっていいほど、無い。ただ、自分がかわいいのは当然である。それはもはや物理法則である。生き物としての本能よりもっと原始的なものである。だから、それを意識して持とう、なんてことは全く考えない。どんな生き物だって、生まれて物心がついたら海に飛び込んで死んでいったら気味が悪い。
^
previous | next



log