bbz

インターネット

_
all | 1-100 101-200 201-300
101: 08/05/02(Fri) 06:05
神の名の下に建国された国なんかアメリカしかない・・・と思いかけて、日本もかつては神国であったことを思い出した。しかしアメリカ人にとっては天皇という偶像をあがめる異教徒であって神の国であるとはみなしていなかっただろう。だが、先の大戦において、天皇がどこまで実権を持っていたのかはよくわからない。軍に担がれたのか、そこまでいかないにしても言いなりになっていたのか、もしくは天皇も軍もみな無自覚に失敗していったのか。
102: 08/05/02(Fri) 06:09
小林よしのりのゴー宣は最近ではもう気持ち悪くてすっかり読まなくなったが、多分彼は天皇制というのも日本の伝統であり文化であるから尊重されるべきだった、とか考えているだろう。私は天皇制を廃止しろとまでは言わないしとても言えないが、天皇は偶像であるのは間違いないと思う。ただ人は本物の神をしらなければ偶像なしには生きられないから、ただ偶像を破壊してもあらたな偶像を人は作るから無駄であることも知っている。だからわたしは天皇陛下に手を振る人を暖かく見守っている。お人形で遊ぶ子供たちを見ているようなものである。
103: 08/05/02(Fri) 06:12
神も天皇も信じない、信じるのは真理と己の理性のみ、という人々を私はもっとも憎む。それが、その「真理」とそれを認識する「理性」、それこそこの世でもっとも恐ろしい偶像でありそのの名を悪魔と呼ぶのである。
104: 08/05/02(Fri) 06:18
わたしはさっきから偉そうに神だの信仰だのと語っているが、私は神を感じてしまったのである。それは、高校生からハタチくらいにかけての数年に激しかった。読書や人との会話や映画やスポーツやら、いろんなことを経てはいたが、わたしは自分が神に語りかけられているのを、呼ばれているのを感じていた。わかりやすく言うと、頭がおかしくなっていた。
105: 08/05/02(Fri) 06:19
しかし、わたしは自分は異常なのではなく、優越しているのだ、選ばれし男なのだ、拾い上げられたのだ、選抜されたのだ、と意識していた。だから、カネもなく、学歴も肩書きもないのに、世の中をハナで笑っていたのである。
106: 08/05/02(Fri) 06:26
バラバという映画がある。バラバというのはキリストの隣で十字架についていた強盗かなんかで、一人は許すという慣例で、イエスとどっちを許すのかということになったときに、許された男である。その男はその後不思議な人生を歩む。たしか、ものすごい強運になるのである。そしてたしかローマ帝国の皇帝が楽しんでいたという格闘の選手になる。格闘といってもそれは殺しあいなのだが、バラバは無敵でだれにも負けないのである。不死身の人間になるのである。私は、自分の人生も、バラバのようだと感じていた。不死身ではないが、仕事でもなんでも、常に誰かに助けられ目をかけられ、うまく切り抜けられてきた。何かが俺を護っている、そういう意識が常にあった。
107: 08/05/08(Thu) 19:09
ある人がブラウザの違いについて述べており、IEはフニャっとしていてFirefoxはカシっとしている、なんて言っていた。PCの動作などで、もっさりしているとかサクサクしているなんていうのはよくきくが、それと同じようなものだろう。IEよりFirefoxがよいというのである。

そんなのほとんど思い込みじゃないのか。だいいち、ブラウザにそんな深刻なパフォーマンスが要求されることはあまりない。ほとんどがネットワーク接続環境そのものの問題であって、ブラウザの性能に影響されるパフォーマンスを感じられる人なんて神経質すぎると思う。

それに、たとえばIEとFirefoxを比較するとしても、たぶんどちらかをメインに使用していて、全く同じ条件で同じサイトを閲覧することなどほとんどないし、どっちか一方を多く使っているから操作のなれもあるし動作にクセがあったとしても、それにも慣れているから、普段使わないものを使って違和感を感じるのは当然で、それを性能差であると判断するのは非常に難しいはずだ。

あと、重要なのはブラウザにはキャッシュ機能があることで、普段閲覧しているサイトの情報はキャッシュされていて速く読める。しかし新しいブラウザを入れた直後はそれがないからどうしても遅い。それも考慮しなければならない。
108: 08/05/13(Tue) 01:17
インターネット文系。IT文系。というジャンルが成立しつつある。

インターネットやPCは理系のモノである時代は終わった。インストール・アップデート・TIPS・裏ワザなどで楽しむ時代が終わった。

SNSやら動画サイトを使いこなしてコミュニケーションや作品創作を行う人たち、IT文系とかIT芸術系。IT体育会系とはゲーマーのことか。

IT理系は裏方となっていきそのうち誰もやりたがらなくなるだろう。
給料も安くなっていくはず。
109: 08/05/17(Sat) 01:10
スラドに山手線の現在位置を無線LANを使ってiPhoneに表示するというアプリが紹介されていた。いらねーよ!しつこいほど次はどこだ、どこに着いただ、どこ線は乗り換えだ、京浜東北は今快速運転中だのというアナウンスが流れてるしドアの上にも次はどこという表示がでてるし。それが見えなかったとしても1,2分で次の駅に着くから。

gpsといえばAUのezナビウォークという機能があって、これは時々使う。私はよく歩くのだが、正しい道を知らないのにあてずっぽうに歩いてとんでもない方へ行ってしまうことがあるので。
車には乗らないので、カーナビは使わない。そういえばもう、車にはまったく乗らなくなってしまった。最後に車を運転したのはいつだろう?おととし石垣島へ行ったときが最後かな?

今ではタクシーもカーナビがついているのが当たり前になった。こないだタクシーに乗ったときの話。

新宿をあるいていた私は所用があって目黒に行くことになった。山手線で10分くらいか。しかし駅まで歩いて15分くらいの場所にいて、疲れていて歩く元気もなかったのでタクシーを捕まえることにした。

靖国通りを西の方に歩いて、交差点の近くでタクシーを止めた。
「目黒までお願いします」
運転手は私より年下の若くて運転手になりたてのようで、緊張した顔である。
「ご希望の経路はございますか」
「いえ、おまかせします」

なかなか発車しない。普通タクシーは乗るや否やとりあえず走り出すものだが。
「カーナビを使ってもよろしいでしょうか」
と断りをいれた後、彼はカーナビを操作し、「め、ぐ、ろ」と行き先を指定した。
カーナビの指示が表示されてようやく、「それでは発車いたします」と宣言して
車が動き出した。もう乗ってから3分くらいたっていた。

それだけ。別にオチはないです。
110: 08/05/27(Tue) 21:17
ヤフオクで即決を持ちかけられた。初めての経験である。
願ってもないチャンスだ、いくらで応じようかな・・・と考えたが、待てよ、と思いとどまった。

もしいくらで応じる、と言ってその価格で応じた後ですぐにそれより高値がついたら?
応じると提示した価格で入札されなかったら?
などと不安になってきたので、サーチしてみた。

どうやら、それに応じて取引をすることはシステム外取引となり、違反となるようである。
わたしは即決を依頼する人に悪意はなく、単にできるだけ安く落札したいだけだとは思うのだが・・・

結局断りました。
111: 08/05/29(Thu) 03:51
即決について、その後も気になって調べてみた。
オークションでは即決を持ちかけて安く落札したものを高く転売するセコイ奴がいるようだ。
私も何度か転売のようなことをしたことがあるが、それは落札したものに満足できなかったとかカネに困ったとかのためで、転売して利益をあげようなどと思ったわけではない。実際、自分が落札した価格より高く売れたことはない。
112: 08/05/29(Thu) 04:58
ヤフオクの即決依頼について、まだ考えている。
即決依頼をする人に対して怒っている人も多く、
詐欺だとまで言う人までいる。

あまりほめられたことではないし、
落札希望価格というものを設定することで即決に応じる意思表示ができるのだからそれをしていないということは即決の意思はないと考えるのが常識であろう。

ただ、ヤフオクのシステムもいろいろなオプションがあるし、
新しく追加されたりもしているし、慣れてない人なら知らないとか、
設定し忘れているとかもあるかもしれないから、
あえて質問してきたとも考えられる。

悪意がなく、本当に安く買いたい一心で即決を依頼してきたとしよう。

そういう人がきっといるだろうから、なぜ即決依頼をしてはいけないのかを
教えてあげます。

たとえば、新品で5万円くらいの品物を出品したとする。
ほとんど使っていなくてきれいな品物である。
3万円くらいで落ちるかな、と考えていたとする。

1万円で入札があった。
そのとき、即決依頼が来た。
出品者はカネに困っていたので2万円なら応じることにした。

さて、どうやって質問者に伝えようか?
2万円で応じます、という回答を公開したらみながそれを見る。
しかし、質問者に対する回答だからおそらくその質問者以外が入札したら、
質問者は困るであろう。

わたしなら、そういうやりとりがあるような品物への入札はしない。
もしかして、「即決の約束をしてしまったので取り消させてくれ」
というようなことになるかもしれない。

また、2万で応じようとおもって、返事もした後で、
3万で入札されたらどうなるだろう?

入札者もかわいそうだし、出品者も損である。

だいたい個人で交渉している時点でもう、オークションでなくなっているわけである。

これは店でモノを買うときに値切るような軽い気持ちなのかもしれないが、
買い物なら店員と1対1だからありうるかもしれないが、
オークションは期日を設定して多数の人に公開しておこなっているものであるから
個別の交渉は反則である。


今回、私に質問してきた人は、評価が6と少なく、しかも買っているものがすべてチケットであった。
悪い評価はなかったが、転売目的のにおいがした。
また、質問の文章の語尾が「でしょーか」となっていたのも気になる。

友達ならまだしも、見ず知らずの相手にそんな言葉遣いをするのはケンカを売っているようなものだ。
2ちゃんねるやチャットじゃあるまいし。
性別は女性となっていたがそんなものは信用できない。

というわけで、要するにわたしは即決依頼をされたことに、
だんだん不愉快を感じているのである。
113: 08/06/03(Tue) 22:35
techcrunchのフィードを購読しているのだが、毎日twitterの話題がでてくる。
facebookも多い。どちらともSNSの一種らしいのだが、どんなものかよくわからない。
twitterは登録してみたのだがfriendを登録する、というステップになってやめた。
だってfriendなんかいないから。
私はmixiに招待されたことがあるが、一回も更新しないでいたら追放されてしまった。
それ以来SNSの類には一切手をだしていない。

いろんな話を聞いていると、どうもtwitterというのは2ちゃんねるの実況的なノリのようだと思う。きっとそうだろう。

わたしはハンドルとかフレンドとかいうものは使わない。
どこの誰だかわからないことを前提でネットは読んだり書いたりしている。
114: 08/06/04(Wed) 20:59
cisco says
Stop guessing. Search smarter. Get results.
115: 08/06/18(Wed) 21:18
私はメールでも2ちゃんねるでもなんでも、人の文章を引用して、特定箇所にコメントするのが嫌いだ。読みにくいし、揚げ足取りみたいだから。メールで返信や転送をする場合、引用はするが、それに対するコメントなどはなるべくアタマのほうにまとめて書く。引用文はあくまでも参考程度で。
116: 08/06/18(Wed) 23:40
文章というのは有機体だから。1センテンスだけを取り上げても意味は持たないから。
添削とか、文法チェックとか、誤字脱字の指摘とか、そういうのではない限り。
117: 08/06/28(Sat) 08:33
微妙な嵐がやってくるようになった。しかし、多分自動によるあまり悪意のないものであろう。しかしけしからんので対策をした。ほんのささやかな対策ではあるが。いつのまにか私はPHPプログラマになっていた。
118: 08/06/28(Sat) 08:48
気がついたのだが属性の設定がやばいことになっていた。本気で荒らそうと思えば何でもできるようになっていた。
119: 08/06/28(Sat) 09:39
このページには画像を一切使用していない。小さなgifファイルのひとつたりとも。
ログ解析はグラフ表示のためなどに小さな画像ファイルを使っているが、本当はそれもなくしたい。さっき、タグを使えば画像を貼れることにいまさらながら気づいた。
まあ、あえて画像を使わないようにしているのだが。

基本的にこの掲示板は2ちゃんねる方式をマネしている。フローティングスレッド方式というのか?あめぞう式と言ったほうがいいのか。sageとかもあるし、画像を使わないのも2ちゃんにならったのである。極力軽くシンプルにして中身で勝負、ということである。

画像を使えるようにしてしまうと、携帯で表示できるようにサイズを制限するなどのことが必要になってくるし。
120: 08/06/28(Sat) 09:43
家ではブラウザで表示が遅いとかいうことで悩まされることはほとんどなくなったが、会社ではよくある。携帯で見ることも増えてきた。あとはマンガ喫茶やらでも。いつでもどこでも誰でも気軽にアクセスできることを心がけている。

絵、写真、動画、音声、いろんなメディアがあるが、言葉ほど雄弁なメディアはない。言葉で伝えられないことはない。愛も、美も、正義も、真理も、すべて言葉で、というか言葉でしか伝えることはできない。
121: 08/07/01(Tue) 22:00
近頃めっきりこのページにgoogleから来る人がいなくなった。
まあ、こんなページに来る人がいるほうが不思議だったんだけど。
理由はちゃんとあって、robot(s?).txtをしばらく前に置いた。
ただもう1ヶ月くらいたってるんじゃないかな。
きたらきたでいやだし、来ないとなんか淋しいね。
また気が向いたらrobotを消してみよう。
122: 08/07/04(Fri) 00:22
最近、ひっそりと書いているブログがあるのだが、我ながらなかなか痛快でおもしろいし、時々ナイスなフレーズが書けるのでその語句でgoogleでサーチしてみると、見事トップに表示されたりしている。そして、つい数時間前に書いた記事がもう検索結果に表示されている。このページの内容はそんなすぐに出てこないのに。
123: 08/07/04(Fri) 23:32
自分の文章を読むのは大好きなのだが、最近、クセが見抜かれると怖いな、と思う。
私のクセは、
英語を全部小文字でかく。
すぐ改行する。
一文が長い。
AAは使わない。
wwwはたくさんつける。
ヤシとかオマイとかは使わず、奴、お前、てめえとかを使う。
うるせえなとかばかじゃねえのとか死ねよとかいうストレートな罵倒をする。

基本的に文法には忠実で誤字脱字も少ない。
あまりヒネったことは書かない。
124: 08/08/02(Sat) 21:42
このページへのアクセスが激減した。
robots.txtのせいかと思っていたのだが、ひとつのスレだけについてはいまだにログが残る。
それに、以前はgoogleで引っかかった内容が出てこなくなった。そう、このページにアクセスがあるのはほぼ100% google経由である。
125: 08/08/02(Sat) 21:48
だから、これはgoogleのなんらかの基準によりキャッシュからはじかれたのである。
逆に言うと、いまだにサーチされるスレは、googleのお墨付きを得たわけである。
そのスレは、主に音楽についてのレビューのようなスレである。音楽といってもほとんど洋楽ポップスといわれる分野。そうか、俺が世間に通用するのはITでも文学でも宗教でもなかったのか・・・。
126: 08/08/21(Thu) 20:37
アクセスログがほとんど空っぽで張り合いがないので、robots.txtを消した。
さっそく、googlebotがおいでなすった。
127: 08/08/23(Sat) 07:56
aaa
128: 08/08/23(Sat) 07:57
と同時に嵐もやってきた。ホストのチェックをすることにした。
129: 08/08/25(Mon) 03:13
よく、「ポチッとな」とか「ポチッと」と書いてあるのを目にするがわたしはこの言葉が大嫌いでもちろん言ったことも使ったこともない。一体誰が言い始めたのか調べてみたらどうもタイムボカンだかヤッターマンだかで使われていたようだ。わたしはタイムボカンは見ていたがその後のシリーズは見ていない。しかしポチッとななんてセリフは記憶にない。
130: 08/09/02(Tue) 23:13
情操の奇形児

まだ2ちゃんねるを見はじめの頃、そこにうごめく人とは思えないような発想や感情をぶちまけている様子に面食らっていた。
「最低」「人でなし」「卑怯者」「ダメ人間」「鬼畜」どんな言葉でも表現できない、不気味で憎たらしい、嫌悪すべき人種たちに。
そしてある日、確か2ちゃんねるで何かのレスをしたときだったと思うが、私は「情操の奇形児」という言葉を書いた。これだ。我ながら的確に言い当てたと思って、実際に使ってみたことがあるが、かなり相手の感情を損ねたようだった。彼らには偽悪的な所もあるようなので、「最低な人間だ」などという言葉を投げつけても全然意に介さず、あざ笑っているだけである。
しかし、「奇形」となると話は別だ。それは生まれもってそなわった性質で、本人の意思でなったのでもなければ意思で正常に戻せるわけでもない。彼らは肉体と、知識や知能といったものにはまあ精通しているといってもいいが、こと感情や情操になるとまったく制御が利かない。なので、彼らは感情を見せず、感情的になることを敗北とみなすところがある。そして情操となるともうお手上げだ。情操というのは喜怒哀楽というような動物にでもありそうな基本的な情動ではなく、哀れみとか、同情とか、慈悲とか、美を鑑賞するとか、色彩や音にたいする感性のことである。これらはハウツー本を読んだり塾などで教わることのできない、日々のすごし方によって培われていくごまかしのきかないものである。「人に迷惑をかけなければなんでもやっていい」などという低い見地による自己抑制などとは全く違うものである。これらが彼らには決定的に欠けている。善悪とか常識とか社会性などではない。人をののしったり無根拠に恣意的に差別するのは、判断力の欠陥ではなくて感性の、情操の欠陥なのである。アタマの問題ではないのである、ココロといってもまだ少し違う。そこでわたしは、「情操の奇形児」という言葉を選んだのである。
131: 08/09/03(Wed) 22:32
IE8をインストールしていい気になっていたところにchromeというgoogle作のブラウザがリリースされた。新聞にもデカデカと、なんと今朝の1面に載っていた。ブラウザなんてなんでもいいじゃねえかよ何を騒いでいるんだよと鼻で笑っていた。仕事場でクロームのレビューを見たらメチャメチャ速いと書いてあり、すでにベータがダウンロードできることを知り、試してみた。確かにメチャメチャ速い。軽い。今までブラウザが遅いのは職場のネットが遅いせいだとずっとあきらめていたのだがそれだけではなかったようだ。正直言って、もうIE8なんか使う気になれない。FireFoxやSafariとかOperaなども使ってみたことはあるが、これほど軽く動いたブラウザは見たことがない。アドレスバーで検索ができてしまうのもすごい。

おそらく、MSとgoogleの間で熾烈なスパイ合戦が繰り広げられただろうと思う。現時点ではchromeの勝ちなのは間違いない。ただ、なんかchromeは軽すぎて何か致命的な未サポート機能があるような気がしてならない。

しかし、軽い。笑っちゃうくらい軽い。そこは誰もが認めていて「最初だから」「機能を追加していけば重くなる」なんていわれているくらいである。
132: 08/09/03(Wed) 22:33
私はRSSをgoogleリーダーで購読している。今日、Chromeのベータ版がリリースされたのでその反応をslashdotで見ようと思ったのだが、googleリーダーに登録したslashdotのフィードにはまだそのスレ(?)がなかった。更新ボタンを何度押しても変わらない。あまりにいつまでたっても更新されないので、そんなはずはない、とslashdotのサイトを直接見に行ったらやはりすでにそのスレはあった。なのに、googleリーダーでは更新されないのだ。

今までにも、他のフィードでもそういうことがあった。更新がないのに間違ってそのスレを開いたら更新されていた、ということが。そのときは単に更新タイミングがズレていただけだろう、と思っていたのだが、そうではなかったようだ。

多分、RSSの配信自体が、更新してから一定の時間を待たないとされないのではないかと思っている。あくまでもRSSなので、サイトが更新されたかどうかを定期的に確認するわけではない、のか?
133: 08/09/05(Fri) 20:34
IEがクソミソにけなされているが、それをずっと使っている私としてはあまりいい気持ちではない。
FireFoxなどと厳密に比較したわけではないが使ったことはある。
でも、別に動作が軽いとは思わなかったし、フォントに違和感があって使わなかった。
クロームをつかっってみてわかったのだが、IEの表示は美しくやわらかい。目に優しいといってもいい。いっぽう、FFなどはスカスカした感じがする。

正確な表現は忘れてしまったが、ある人が「IEはモッサリ、FireFoxはカッチリ」などという比較をしていた人がいて、そのときは読み流していたが今思うとそれ完全にお前の主観じゃねえかって笑えるんだけど、その程度だと思う。
134: 08/09/05(Fri) 21:47
ニコニコ動画についてのニュースとかをよく目にするんだけど、youtubeのサルマネじゃないのかな?
なんどか見たことはある。youtubeにはない動画を見るために。でもyoutubeにはない、ウリである動画上のコメントは、すかさずOFFにした。その後もリンクが貼られてたりして見に行ったときはまずコメントをOFFする。そのまえに、パスワードをいちいち入れさせられるのが面倒で、いつもイライラしてる。俺は、OSをしょっちゅう再インストールするんで。
135: 08/09/10(Wed) 00:00
ホスティング先を変えてから、user agentは、softbank, IE8, Chrome以外いません。
最先端の人しか来てません。Googleで検索したって引っかかりません!!!
136: 08/09/14(Sun) 23:48
firefoxでもそうなってたんだけど、IE8になったら、起動時に毎回、セッションが正常に終了しませんでしたみたいなメッセージが出るけど何?めちゃめちゃうっとうしいんですけど?ウィンドウをバツボタンで閉じちゃダメなの?
137: 08/10/14(Tue) 21:00
オークションで、複数IDを使って落札価格のつり上げをしている人がいるという話を聞いたのだが、私はそれを簡単にダメだとは言えないと思う。

もしその自演によって高値をつけた後に、誰も入札しなければその人は損も得もしないからだ。たとえ自演によって吊り上げられた価格であろうと、それを上回る価格をつけてでも入札したいのなら、それはあなたにとって適切な価格であるということだ。法外に高いと考えるなら入札しなければいいのだから。

吊り上げをしている人は、せこいしみっともないとは思うが、許せないとまでは思わない。そして、その行為を非難して、少しでも安い値段で買おうとしている人も、それと同じくらいせこくてみっともないと思う。
138: 08/10/22(Wed) 20:37
TVキャプ画面アップローダーシステム改善

1.横画像送信。

携帯は縦長の画面なので、それように画像を90度回転させたものを送信する。

2.複数HTML設置

PC用はリフレッシュを5秒で、携帯用は10秒で、
低帯域用には30秒など、HTMLファイルをわける。
画像サイズを分けてもよい。1.の縦長画面版もそれで選ぶ。

139: 08/10/24(Fri) 23:39
スラッシュドットは職場では暇つぶしにもってこいだけど家では見るのも嫌。
2ちゃんねるは職場では見れないし、検索してスレが引っかかるとうっとうしいけど、家では日課のように見てるし書き込みもする。
どっちもどっちで、公の場で私はXXXXをよく見てます、とは言いたくない、言えない場である。
140: 08/10/25(Sat) 06:10
orb

TVは見れるのだが、DVDを見ているのをストリームできないのかな・・・?
141: 08/10/25(Sat) 11:20
しかしまあ、登録アカウントの多いこと。とりあえず必需のアカウントだけでも10個ほどある。
WEBメールx3 gmail 銀行x4 株 オンラインショップx2 などなど・・・
メールアドレスの変更をしているのだが今もうあと二つ変更の必要のあるアカウントが見つかった。
142: 08/10/25(Sat) 11:31
ブログもたくさんある。
はてな、ameba、blogger、ヤフー、FC2と。
全部中途半端だ。まあ、人に読ませたいようなことなんか書かないのでいいんだけど。
自分の心情と頭の整理のための場所なので。
コメントとかトラックバックなんて不毛な論争になるか、無意味な馴れ合いになるかだし。
143: 08/10/29(Wed) 22:25
また新たな事実が発覚した。
先日出勤前に何気なく眼に入ったwinfast pvr3000の箱に、
orbのロゴが・・・。なんとバンドルされていた・・・。
・・・・・・orb
144: 08/11/19(Wed) 21:56
私がセブンアンドワイを使い始めたのは、ある事情でクレジットカードを持たなくなったためだったのだが、最近VISA debitカードを使い始めてまたamazonを使うようになった。
が、最近また7andyで買うようになってきた。それは、amazonが宅配するからである。宅配というのは便利なようで、実はそうではない。常時家にいる人ならいいが、平日日中は仕事だし土日はほとんど出かけている私は、夜に時間指定でもしないと、宅配の荷物を受け取れない。家族に頼んでもいいのだが、それは家族に留守番を申し付ける、つまり、荷物が来るまで家にいさせることになるので、あまりやりたくない。自分が頼まれるときに一番嫌なのがこの手の「来たら・・・してね」というものである。それがいつ来るかわからない、来ないかもしれないとなるともう、発狂しそうになる。

宅配は、ヤマトとか佐川であれば、留守だったらまた来てくれる。しかし、最近のアマゾンの宅配をする業者はそのような大手ではなく、聞いた事もない運送屋のことがある。多分、運送業者が再委託しているのだと思う。それくらいしてももうかるのがアマゾンなのだ。包装も過剰だし。わたしはそのうちアマゾンがつぶれるまでは行かなくても業績が降下するときが来ると思っている。

先日アマゾンで買った本を配送した業者がそうだったのだが、再配達はせずに、「都合のいい時間を教えてください」という紙が残されていた。その紙を見たときにはもう夜中の12時を過ぎていた。もちろん電話できない。結局最初の配達の二日後にようやく手にすることができた。

7andyのコンビニに取りに行くシステムはすばらしい。カネをその場で払えるのもいい。数百円の代金でも何の遠慮もなしに1万円札を出せる。宅配は、たとえ再送してくれたとしても、受け取るまで待たねばならない。時間指定というのもあるが、それだって2時間くらいの幅があるのだ。まあ、30分から1時間のうちには来るだろう。しかし、少なくとも指定時間の開始時刻には必ず家に居なければならない。そしていつ来るかわからないから、最大2時間の余裕を見て次の予定を立てる必要があり、早く届けば届いたで予定のスケジュールが変更になってしまう。7andyであれば、自分の都合のよい時に取りにいける。7andyにはほとんどレビューが付いていないが、レビューはアマゾンを見て7andyで買う。
絶版モノを中古で売っている場合はアマゾンを使うが、それ以外は7andy。

最近アマゾンもコンビニ止めをやり始めたらしいがローソンのみだ。私の家の近くにはローソンがないので無意味。
145: 08/11/19(Wed) 22:16
同じようなことを考えている人がいないかと思って検索してみたが、あまりいないようである。が、再配達を頼んだのに遅れたとか来なかったとか、指定時間に10分遅れて帰宅したらもう来ていた、などという文句をつらねている人は結構居た。まあ、指定時間内に来ないとかいうのは怒っていいかもしれないが、指定時間直後に来てたと文句を言うのはわがままにもほどがある。18:00~の指定で18:01に来ていたことに対して文句を言っているのだ。こんなやつとは友達になれないどころか仕事も一緒にしたくない。電車で隣の席に座るのも嫌だ。私はこういう、「こっちは客だ、カネ払ってんだからいうこと聞け」とか「高いカネ払ってるんだからわがまま言わなきゃ損」という態度ほどキライなものはない。カッとなって怒鳴るというのは許せる。むしろ、最近そういう人が減って内側に溜め込んだあげく爆発させてとんでもない事件を起こしたり引きこもったり死んでしまったりするのは問題だと思う。
話がそれたが、私は宅配の再配達システム自体、いや、もう宅配システム自体がサービスとして曲がり角に来ていると思う。もう全部コンビニ止めでいいんじゃないか、ってくらい。
146: 08/11/25(Tue) 22:12
インターネットの父などと呼ばれているサーフ氏(Vinton Gray Cerf)が、もう1年くらい前だろうか、来日し、日経コミュニケーションにインタビューが掲載された。その中でNGNについて否定的な、それも「かならず失敗する」というような、全面的な否定のコメントが載っていた。その理由のひとつに、「インターネットは放送に向かない」というものがあった。私は当時はそれがいまひとつピンとこなかった。ネット放送はすぐにでも始まるだろうと思っていた。だが、最近、携帯でワンセグ放送を見たり、PCでTVカードを使ってTVを見ることで四苦八苦したりしているうちに、サーフ氏の言うことがわかってきて、「ネットTV」というようなものがそう簡単に実現するものではない、と考えるようになった。

youtubeとかGAOとか、tvantsとか、ニコニコ動画とか、jcomオンデマンドとか、広義には「ネットTV」といえそうなものを使ってみたが、間違いなく言えるのは、「TV放送には品質が遠く及ばない」ということである。

わたしは今、「通信と放送の融合」を実現させている。それは、「パソコン上でTVを見つつそれを2ちゃんねるで実況する」というものである。2ちゃんねるを見たり書き込んだりしている人は多いと思うが、実況に使っている人はまだまだ少ないのではないだろうか。
実況は楽しい。番組にもよるが、ニュースやスポーツは実況なしではいられないほどだ。
当然、録画した番組は実況できない。

147: 08/11/27(Thu) 19:57
インターネットとテレビの融合の続き。
TV画面をリモコン操作して、データを受信したり、アンケートに答えたりするなどの「インタラクティブ」なことが、「融合」であると考えているようである。特に、テレビ側の人たちは。
しかし、それらの事はたいしておもしろくないし、操作も面倒である。
やっぱり、データ(ほとんど文字)の送受信には、キーボードが必要である。
音声入力、手書き入力が、いつかは標準入力として実現するかもしれないが、かなり先のこと、私が死ぬ頃ではないかと思う。

その頃になっても無理じゃないかと思うくらいだ。
手書き入力がどんなに精巧になっても、キーボード入力には速度は到底及ばないだろう。
いまPCに打鍵している文章を紙に書くより打鍵したほうが間違いなく速い。

音声入力なら速度としてはいい勝負かキーボードより速いかもしれないが、
どうしても話言葉になってしまうだろう。論文のようなものを書くなら、やっぱり打鍵だ。

だから、TVにキーボードをつける必要があるのだ。そして、当然テレビ画面と文字の入出力画面が分かれる必要がある。
それは、リモコンによって切り替えたりL字画面で割り込ませたりするのではダメだ。
そこで私は、TVにキーボードをつけるのではなく、キーボードがついているパソコンでTVを表示する、という方法にしたのだ。

最初は、融合なんて事を考えていたわけではなかった。
単に、パソコンでもTVが見れるのはおもしろいな、と興味本位で使ってみただけである。
しかしいまや、私のPCはほとんどTVを見るための装置となっている。といっても、PCがTVに置き換わったのではない。
PC上で見るテレビは、いままでのTVに付加価値が付いたものである。
まず、画面のスクリーンショットや録画が、気の向いたときに行なえる。そして、これが重要なのだが、それを瞬時にインターネットによって見知らぬ他人と共有できるのである。
共有できるのは録画データだけでなく、感想や、放送された内容についての補足情報とか、裏話とか、出演者のプロフィールとかもある。

インターネットに接続したパソコンでは、放送内容に関する情報を検索して把握できる。
たとえば、この映画はいつ作成されたもので、その時監督は何歳だった、出演者は何歳だった、その出演者は他にどんな映画にでていたか、などが瞬時にわかる。

スポーツなら選手やチームの成績などが調べられる。BS放送などで提供される「データ」などとは比較にならないくらいの情報量である。

2ちゃんねるの「実況」は、現状はほとんどくだらないおしゃべりでしかないが、
このシステム、「放送」をインターネットで共有するシステムは、もっと創造的なものに変化していきそうな気がする。
148: 08/11/27(Thu) 21:01
最近WIRED VISIONのフィードを読み始めたのだが、面白い。
話題はITにとどまらず、ガイジンが見た日本の地下鉄事情にまでおよび、
単なる情報でなく、読んでいて微笑ましい。
149: 08/11/29(Sat) 10:56
WIREDもそうだが、最近ブログなどに動画が貼られることが増えた。2ちゃんねるでも動画のリンクが貼られることがある。
私はこれがあまり好きではない。動画というメディアは、文字とはかなり異質で、視聴者を強く拘束する。文字や絵や写真の場合、情報をはしょって自分に必要なものだけを読んだり見たりすることができるが、動画は再生が終わるまで何がおこるかわからないのでずっと画面を見つめている必要がある。このような性質をなんと呼ぶのだろうか?
150: 08/11/29(Sat) 10:59
私のサイトには動画はおろか写真も絵もアイコンもない。文字だけで構成されている。リンクもなるべく書かないようにしている。これはなるべく軽くするという目的なのだが、それはサーバーの負荷とか、表示に時間がかからないようにとかいうだけではなく、読むときのアタマとココロの負荷も考えてのことである。
151: 08/11/29(Sat) 11:06
仕事でも、図に描いたり表にしたりすることを求められる場合があるが、それは補足にすぎず、「それが何であるか」を伝えるのは「ことば」なのである。いついかなるときにも。
152: 08/11/29(Sat) 11:11
私は子供の頃マンガをよく読んでいた。そして両親をはじめとするオトナ達がマンガを読まないことが不思議でたまらなかった。あるとき母が「マンガは絵と文字を両方よまなきゃいけないから疲れる」と言っていたが、最近それがわかるようになってきた。
153: 08/11/29(Sat) 11:14
今はオトナもマンガを読む。というか、子供の頃マンガを読んでいた世代が大人になった。そして、マンガも日本の誇る偉大な文化である、ということも言われるようになった。昨日、コンビニにバガボンドの29巻がおいてあったので、買ってきた。そろそろ最終巻かなと思ったのだがまだだった。このマンガがそんなに好きなわけではないのだが、武蔵と小次郎の対決の場面だけはどうなったのか、非常に興味がある。
154: 08/11/29(Sat) 11:17
マンガを久しぶりに読んで、といってもバガボンドは読むというより眺めるようなマンガであるが、思ったのは、やはりマンガというのは言葉も絵も精度がワンランク落ちるものだということである。それぞれが芸術を生む媒体であるが、マンガとなったときにはせいぜい「文化」レベルにしかならない。文字や絵を芸術としてとらえようとすると、「疲れる」。
155: 08/11/29(Sat) 11:21
バガボンドは29巻にもなるとかなり絵が洗練されてきているが、それでも老人とか子供とかになると拙くて、こどものラクガキみたいになっている。エヴァンゲリオンでも、オトナの男が描けてなかった。
156: 08/11/29(Sat) 11:28
40歳になった今思うマンガとは、せいぜいが「文化」どまりのもの、映画やロックンロールなどのような「娯楽」にすぎない。
そのような文化や娯楽には、主張、感情、商売っ気、そういうものが強すぎるのである。
芸術は、そういうものを通り越して、わかりにくくて刺激も少なく、なんの役にもたたず儲からず、多くの人には喜ばれない。
ロクでもないものは売れないが、高尚すぎても売れないのである。
157: 08/11/29(Sat) 12:38
動画というのは、あたかも人がその場にいるかのような現実感というかホンモノ感というものがあるが、やっぱりカメラを通して撮られた、ごく限られた事物の一側面しか捉えていない。

行ったことのない場所、会ったことのない人が撮影されたものを見るとそれはあまり感じられないが、見慣れた場所や人をテレビや写真で見ると、なんだかくすぐったいようなおかしさを覚えることがよくある。それは、なんか気取ってるように見えたり、本当はそんなカッコいいもんじゃないのになんだかもっともらしく体裁つけているというような、偽りの感じである。
158: 08/11/29(Sat) 12:41
私は人と面と向かって話すのが非常に苦手である。それは、ただ人見知りするとか恥しがりやだとか、外見にコンプレックスを感じているとかいうことではない。自分と相手以外に何も対象物がないと、自分の感覚から感情から記憶から予測から何から何までその人に集中してしまい、軽くパニックになる。そして、相手も自分に対してそのような状態になっているのではと思うとそのパニックがループしストームと化す。

映画などで、登場人物がアップになって、会話するときに変わりばんこに映るような場面でもそれに近いものを感じて、息苦しくなって見ていられない。
159: 08/11/29(Sat) 13:02
私はL・Dゾンが大好きだ。ああいう派手なわかりやすい顔が。ちょっとバカっぽいところも、エロいところも好きだ。
久しぶりに彼女のブログを覗いてみた。カタコトのような変な日本語は相変わらずだな・・・と微笑みつつ見ていたが、
何かおかしい・・・・。変なことは変だが言い回しが堅苦しいというか古臭いというか・・・。
彼女はたぶん、翻訳ソフトを使ってるね。
160: 08/12/03(Wed) 01:11
私はI田氏を信じない。ときどきなるほどと思うこともいうが、ほとんどは正しいかどうかの前に意味すらわからない。
しかし、彼が何か責任を負う立場に立ったとき、正解も不正解もない、大勢の命や生活をあずかった立場に立ったときに何か行動する選択をしたときに、そしてそれが失敗した時に、責任を取る姿が想像できない。その前に、彼は、そんな危険な立場に絶対自分の身をおかないだろう。いつも、部外者の立場で、何をしても言ってもなるほど、そういう考えもあるか、という立場にしかいず、人の背後から盲点をつくようなそんな立場で一生すごして、いつの間にか死んでいく、そういう人生を歩むタイプだ。絶対大臣にもならないし、人のために命をささげることもなく、新聞に訃報が載ったらこの人誰ならいい方、あいつくたばったか、といわれるのがせいぜい。
161: 08/12/11(Thu) 22:29
yahoo mailとかhot mailとかは、フリーメールなのでなんかのアカウント登録では使えなかったのだが、
gmailはなぜか権威があるみたいですね。
でも、私はgmailとyahoo mailの何が違うのかわからない。
違いは検索できることくらいでしょうか。
でもメールなんかサーチしなきゃ見つからないようなやり取りはしないし・・・

致命的なのが送受信が遅いこと。
ふつう、emailというものは瞬時に送信されるものである。
こないだあるメールを送ったら7分くらいかかった。
ふざけんなよ
調子にのってんなよ
google。
162: 08/12/22(Mon) 16:47
googleリーダーがすっかりメインアプリケーションのひとつになった。
フィードには3種類ある。
1.タイトルをクリックすると、中身が全部読めるもの(U先生)
2.中身の一部だけ読めるもの(I先生、スラド、Reuter)
3.中身はサイトに飛ばないと読めないもの(NIKKEIBPなど)

全部読めてしまうのは、U先生のブログのようなものならよいが、
あまり長くて小難しいことが全部表示されるのもうざいかもしれない。

その点、バランスが取れているのはスラドだ。
タイトルを見て興味のわいたものをとりあえずクリックすると、
タレコミ主と呼ばれる記事紹介の一部だけが表示される。

さらに興味がわけば、その続きはサイトに飛べば、掲示板的な議論が読める。

スラドは型式としてはブログとそれに対するコメントであるが、
本質は掲示板であって、ニュースそのものは酒の肴のようなものである。
163: 08/12/22(Mon) 16:47
会員登録をクリックしてメールアドレスをいれるとそこにメールが届き、
そこに書いてあるリンクをクリックすると会員登録ページへ進む。
そのページは20分とか一定の時間内しか有効にならない。

進むと名前などを入力して登録が完了し、パスワードが発行される。

ログインするとようこそxxxさん、と表示される。
パスワードはサイトから変更できる。

退会はアカウントを入力して退会しますをクリックするとメールが届いて退会できる。

という、どこにでもあるような仕組みを、自分で作ってみなさい。
164: 09/01/05(Mon) 00:31
youtube では見れない動画が ニコニコで見れる。それでも見れないものは yourhostfileで見れる。
いいんだろうか、こんなことで。
165: 09/01/10(Sat) 10:10
yourfilehostでした。
で、見れない。ネームサーバでアドレスが引けないので、
単なる障害ではない。
166: 09/01/31(Sat) 21:37
xpにIEを入れようとIEのサイトに行ったら、8がリリース候補版とかいうものになっていた。
入れてみた。
167: 09/03/01(Sun) 01:26
ぷららのひかりTVを申し込んだ。
さっき、セットアップして見ているが、画像や音声が乱れることはいっさいなく、CATVのように快適に視聴できている。
しかし、問題はコンテンツ、つまり見ることのできるチャンネルである。
民放、NHKが見れない・・・。もう、意味がない。
肉の無い焼肉屋にいるような気分だ。

ひかりTVで地デジなどを見れるのは、「フレッツ光ネクスト」を利用しているごく一部の地域(東京と大阪)だけだそうである。
NGNである。

ただ、ネクストでないと地デジ(別にアナログ放送でもいいのだが)が見れないというのは、
まったく政治的というか、サービス提供者の都合というか思惑のためではないのか?
他のチャンネルは何の問題もなく視聴できているのだから、あとはどんなコンテンツを流すかだけである。
というか、コンテンツをどうしてサービス提供者が、ここでいうサービスとはインターネットとか放送のことであるが、
選ぶのだろうか?通信会社、もう名前をだしてしまうがNTTは、どうしてコンテンツにまで口を出すのか?
枠を提供したら、その中に何を入れようと、枠を作った奴らに口を出す筋合いはない。

168: 09/03/01(Sun) 01:36
最初はひかりTVだからダメなのかと思ったらそうではなく、フレッツテレビを申し込んだら数時間後に電話がかかってきて、現在利用中のVDSL方式のBフレッツでは使えないというのだ。

これは「ネクスト」じゃないとダメ、というのとはまた違う話かもしれないが、
やはり、サービス提供者がコンテンツを選んでいるのである。
何度も言うが、今こうしてVDSL方式のBフレッツで問題なく視聴ができている。
あとは、何を流すかだけだ。
それは、通信事業者やプロバイダーが関知することではないだろう?
何か、日テレを見るのとアニマックスを見るのとで、使用帯域が違うとでも言うのか?

これが、NGNが犯している過ちをよくあらわしている。
NGNは、インターネットを特定の用途に利用するための、特定の網にしてしまったのである。
今はそれでも機能するかもしれない。
しかし今後、通信機器や技術の変化が起きたときに、そのたびにNGNは仕様を変更し、根本からの修正を迫られる。そのたびに回線障害やサービス停止が起きるのである。

その前に、地デジを特定の料金の高い新しいサービスでしか見れなくするなどの姿勢は、必ずユーザに見限られ、それに取って代わるより柔軟で自由で安価なサービスにとって代わられるだろう。
169: 09/03/01(Sun) 01:37
で、そのより柔軟で自由で安価なサービスとは、
今私達が利用しているインターネットである。

ちゃんちゃん、と。
170: 09/03/01(Sun) 01:50
著作権とか、放送地域制限などの理由があるようだが、
それはさておいて、やっぱりいまひとつ納得できない。
生放送があるからだろうか?
今見ている番組は映画など録画されたもので、ダウンロードして再生しているのとあまり変わらない。
しかし、やっぱりナマだろうが録画だろうが関係ないよな・・・
今ひかりTVのページを見たら、ネクスト利用者でも地デジの受信にはいろいろ制限や問題があるようだ。画質が違うとかチャンネル切り替えが遅いとか。
171: 09/03/01(Sun) 01:52
なぜ私がこんなに強気にNGNを否定しているかというと、インターネットの父ヴィントンサーフ氏が否定していたからである。それも、過去に何度か同じような試みをして失敗したのを見ての意見である。

そこで述べていたのが、まずインターネットはユーザの利用用途に関知しないということ、
そして放送がインターネットには不向きである、ということであった。
172: 09/03/01(Sun) 01:56
ここで私が考えたのが、「放送とは何か」ということである。
私はテレビが大好きなのであるが、それは放送されている番組がおもしろいとかためになるということに加えて、「同時に同じものを視聴することを他者と共有する」ということがある。そして、それが「放送」の本質ではないだろうか。
ただ動く映像と音を流すのが放送ではない。「ライブ性」と言ってもいいかもしれないが、私はライブ性とも違うと考えている。録画番組でも、同時に多数が視聴すればそれが当てはまる。
173: 09/03/01(Sun) 01:58
そもそも、「ライブ性」というと、いち早く結果を知ることができるとか、今起きている事実を瞬時に知ることができるとか、いうことを指す。
天気予報とか、ニュースとかにはライブ性が必要というか、それがなければ予報にもニュースにもならない。
しかし、ただそれだけなら放送でなくてもインターネットで十分というか、インターネットのほうが勝る。天気予報やニュースは、速報を除いて決まった時間にしか放送されないからだ。

やはり放送の本質とは、「共有」にある。
174: 09/03/01(Sun) 02:02
それからもう一つ、需要、つまり視聴率。
現在、主要な放送は広告によって収入を得ている。
そしてその広告料は視聴率によって決定される。
だから放送局はより視聴率の高い番組を作る。
それによってより高品質な番組が作られる、
合理的なシステムに見える。
175: 09/03/01(Sun) 02:07
ただし、視聴率というものが需要をきれいに反映するわけではない。
たとえば名作映画を放送して高視聴率を獲得するのは、それが名作であるからというより、
TVでないとみられないもしくはTVなら無料で見られるからである。
本当に見たければ映画館へ行くなりDVDを買うなりすればよい。

スポーツ中継でも、多くの人が注目するゲームには多額の放送権利料が設定され、
それは独占される。

なぜ独占されなければならないのか。
176: 09/03/01(Sun) 02:11
もし、技術や著作権や法的な問題が一切無いとして、
TV放送がインターネットにより可能になったとしたらどうなるだろうか?

違うのは放送を媒介するものが電波になるかインターネットになるかだけである。

177: 09/03/01(Sun) 02:18
youtubeなど、ダウンロードして再生するものと、放送の違い。
何度も言うがそれは単なるライブ性の有無だけではない。

ライブ性ではなく、唯一性。
そのときそこでしか見られないものだからという価値。

たとえば毎週やっている帯番組だって、ほとんど録画したものである。
つまらないところ、都合の悪いところは編集され、加工されつくしたものを
われわれは見ている。

178: 09/03/01(Sun) 02:29
> テレコム産業側は、音声や動画の配信にはQoSが必要だ、
> やれコントロールやインテリジェンスが必要だと主張するが、
> 「パケット交換ネットワークのほうがうまく機能するし、より柔軟だ」と述べた。

これである。サーフ氏は、NGNどころか、QoSさえ否定しているのである。
インタビューでは述べられていないが、多分マルチキャストも否定しているのではないだろうか?

ただ、「QoSよりパケット交換ネットワークのほうが機能する」
ということについては、あまり詳しく述べられておらず、わたしもそこはよく理解できない。
179: 09/03/01(Sun) 02:35
そもそも、どうして放送をインターネットで流すことになったのだろうか?

放送とはbroadcastである。一斉通信である。ある領域のユーザーに対して、それが存在するかどうかにかかわらず通信をおこなうのである。

インターネットでもbroadcastは使われるが、なるべく使用しないように、最低限の利用にとどめられる。TCP/IPとはいかにブロードキャストを減らし、ブロードキャストの届く範囲を小さくするかを目指している。

ここが放送と相性のよくない理由である。
インターネットでの放送にはマルチキャストが使用されていると思われる。
放送というのは多数の人が同じ内容を受信するのだから、
個々の相手に同じ内容を配信するのは効率が悪い。

そのためのプロトコルである。
わたしもちょっとかかわったことがあるが、
感じたのは「本当にこれが機能するのか?」ということである。
実際にマルチキャストによってインターネットで放送が実現する様は見たことがないのでわからない。

180: 09/03/01(Sun) 02:38
わたしはついこないだまでCATVを利用していた。インターネットもCATVで利用していた。
そして、その使い心地はすばらしかった。
地デジに移行したときも、レンタルしているチューナーを代えるだけで、受信機はそのままで利用できた。
181: 09/03/01(Sun) 03:20
>>179
これに尽きるな。
そもそも放送はbroadcast、何もさえぎるものがない空中に、さえぎられては困る空中に、電波を放出してなされる。
そして、受信設備を持ってさえいれば、誰でもそれを受信できる。
そして、受信者数が多かろうが何をしようが、放送者の負荷は変わらず、むしろ多数に受信してもらうことが、喜ばしい。

インターネットは逆。ブロードキャストによる通信ではノードの増加につれて使用効率が悪化する。
通信は必要なときに必要な分だけおこなわれる。
インターネットは自由な通信のようだが、放送はそれ以上に自由である。
だってただの垂れ流しなんだから。

182: 09/03/01(Sun) 03:30
でさ、今、Bフレッツ VDSLタイプで、ひかりTVとひかり電話が、何の問題もなく使えている。
べつにこれらはNGNで使用しているわけではない。
民放とNHKが見たいからもし提供されれば多少料金が高くなろうとネクストに変えるかも知れないが、不可解ではある。なんでネクストじゃなきゃダメなんだ、と。
183: 09/05/16(Sat) 13:16
いまどき自分のサイトに音楽流してる奴ってなんなの?

184: 09/10/07(Wed) 06:13
2ちゃんねるのIDというのがある。
匿名でもこれはuniqueなので、どこの誰かはわからないが、少なくとも同一人物であることはわかる。
なので、変な事を言うとIDを晒されたりなんどもレスをつけられたりする。

だが、このIDは英数字8文字をランダムに選択した無意味な文字列である。

これを、人名にしたらどうだろうか?
英数字8文字だと何通りになるのだろうか。気が遠くなるようなパターンがあるだろう。
それだから逆算ができないのである。

しかし、あるスレッドでおしゃべりする程度なら、そんなに大きな枠を用意する必要はない。

「名前」という欄がある。他の掲示板でもハンドルネームとか言う。
トリップというものもある。

しかし、それらは任意に設定できるし、単純なもので特徴がなさすぎることが多い。
たとえば、太郎とか、ネコ大好きとか、ウルトラマンとか。

そうではなくて、システムで強制的に名前を付与するのである。

185: 09/10/07(Wed) 06:17
その名前は、インターネットから拾ってくる。
個人名などインターネットを探せば無限にある。
そして、それを無作為に拾ってきて、付与する。IDとして。

自分でつけるのでも、選ぶのでもない。
そうすると、実際の名前に近くなる。
名前がその人を作っていくかもしれない。

自分でつけたハンドルは逆で、自分の絞りカスのようなものである。
その名前がその人に作用することは少ない。

だが、システムがつけた名前であれば、その人は名前によって変わり、
他から見ても、その人のイメージが創りあげられる。

2ちゃんのIDでも、偶然意味ある文字列だったり、同じ文字が連続していたりすれば、
それが注目されるのである。そういう楽しみがある。
そこをさらに進んで、名前を付与するのである。

186: 09/10/07(Wed) 06:22
問題はどうやって名前を選択するかである。

まず思いつくのは、有名人、つまりWEBに多く見られる名前ほど、付与されにくくする必要がある。

ほとんどの場合は名前を聞いてもどこの誰だかわからないような名前が付与されることが望ましい。

何かの条件で、有名人の名前が付与されるようにする。
それも、ただの確率の問題ではつまらない。

スレの混雑度とか、書き込んだ時間帯とか、板の種類とか、OSやらプロバイダやらから必然性のある名前であるとおもしろい。

IPアドレスから国を区別して、その国の名前にするのもおもしろいだろう。

そしてたとえば、OCNだったら藤のつく名前とか、NIFTYだったら口がつくとか。



187: 09/10/07(Wed) 06:25
コンピュータが「名前」を使う場合は、無意味な数字でなく意味がある文字列にすることで識別しやすいように、人が付けるものであった。

何かをするときには、「名前」をつける必要があった。メール、ドメイン名、ホスト名など。

しかし、そんなものはuniqueで何かしらの意味があればなんでもよいのだ。

なんでもいいから勝手につけてくれよ、という人が多いはずだ。
188: 09/10/07(Wed) 06:27
IDというものはそういうものであった。
あなたのIDはxxxxxです、と、無意味な英数字が発行される。
人はそれをどこかにメモしておく。

名前は重複があり得るのでIDになり得ない。
そう、IDというのはuniqueである必要があるのである。
そして名前はuniqueである必要はないが、ほぼuniqueである。

ここが名前の面白さである。
同姓同名の人がいると区別に困るよりも、その偶然に驚くほうが大きいだろう。
189: 09/10/07(Wed) 06:42
2ちゃんねるなどの匿名コミュニケーションは、まじめな事をしようとすると誹謗中傷とか無責任とか犯罪予告などの問題がいろいろあるのだが、遊ぶのには面白いことがたくさんある。

私の2ちゃんねるに対するスタンスは完全に遊び、おふざけが前提である。「嘘を嘘と見抜く」のではなく、原則、すべてを嘘とする。

すべてが嘘であると、人はどうなるか。
不思議なことに、本当のことを言ってしまうのである。

なんだか意味がわからないが、何を言っても責任がない、ウソをついても怒られない、損もしない、ということになったとき、
人はウソをつかない。ウソをつくのはそれによって何かを隠したり、気をひいておいて実際には違うことをしたりするためである。

しかしすべてがウソの世界でウソをついても何の効力もない。そもそも隠すことも損することもないのだから。

このことは今まで仮想世界の欠点、問題、つまらなさ、不毛さとしされてきた。

しかし今私は、その利用のしかたがなんとなく見えてきたのである。

190: 09/10/09(Fri) 21:27
さすがに個人名ではいくら仮想とはいえ誤解のタネになるだろうから
源よりともとか織田信長とか聖徳太子とか、そういうとこからとるかな。
191: 09/10/31(Sat) 13:01
わたしは2ちゃんねるで実況しているときに矢印遊びをよくやる。
そして、当てるのがうまい。
矢印は、みんなが同じようなことを考えて、
似た様なカキコミが連発しそうなときに使う。
または、賛否両論がわかれそうなときに、上下に矢印を向けるという手もある。

だが矢印遊びは、誰かが言いそうなことを当てることだけが目的ではなく、
むしろ、予想もしなかったレスに向けられて意外な組み合わせになることがおもしろいのである。

わたしはいろんなWEBなどのサービスを使っていて、
ゲームもそうであるが、そういう偶然が重なって何か意味のあるものができる、というものが好きだ。
自分でもそういうものが提供できたらいいと思っている。

コンピュータというのは記憶や検索は基本的にミスなく完璧にこなす。
今まではそのことばかりに注目し、定型作業を自動化するとか膨大な資料を電子化するということに使われてきた。

しかし、コンピューターはそのような整理、圧縮的な作業と反対に、
メチャクチャにかき回して乱雑な状態を作るのも得意なのである。

そんな状態は何の役にも立たないと思えるが、実はそうではない。
そういう混沌が必要な場合がある。

匿名についても問題が多いが、私は匿名であるからこそ、ウソか本当かわからないからこそのおもしろさがあると思っている。
それは、「身分がわからないから好き勝手なことができる」などという低級な考えではなくて。
192: 09/10/31(Sat) 13:08
コンピュータを使っていて悩むとまでは行かなくても面倒なのが名前をつけることである。
何か文章を書いて保存しようとすると名前をつけねばならない。
同じ名前の重複は許されない。
しかし場所が違うと重複が許され、そうすると今度は同じ名前のファイルがあちこちにできて、どれが最新なのかとかどっちが正しいのかなどで困ることになる。
また、名前と中身の関連はまったく任意で、拡張子さえ任意である。
任意というよりも恣意である。

だから、名前を見れば内容はだいたい想像がつくが、厳密に名前から内容を特定できるかといえばそれは無理だ。

そのため、仕事では命名規則を定めたり、保存するフォルダを決めたり、アクセスを制限したりして、情報の整理をはかる。

しかし、わたしはいつも、その手の管理が、コンピューターの、ソフトウェアの良さを殺してしまっていることを痛感していた。

2ちゃんねるとか、WEBとかの一見混沌でしかない場所のほうが実は情報がフィルタされて有益なものが淘汰され浮かび上がってくるという面もある。

これはほとんどの人が予想もしなかったことだろう。
193: 09/10/31(Sat) 13:14
私はコンピュータとソフトウェアとネットワークにかかわる仕事をずっとしてきて、
「ヘタな考え休むに似たり」というのがポリシーのようになってきている。

管理しようとするなかれ、規則を作るなかれ、とにかくやってみろ、
やりながら考えろ、積み重ねてもほとんどは最後に崩して作り直すことになる、
その繰り返しだ。

そして繰り返していくうちに、うわずみのように本当にやるべきこと、最低限の管理すべきことが浮かび上がってくる。それをそっと掬い取るのである。

ただ大事なのは、やみくもにやればいいというわけではない。
理想を持ちそれを目指して進むことである。

周りをみていると理想を持って仕事をしている人はほとんどいない。
せいぜいが職場のチームであぶれないように気をつける程度である。

しかし、卑近な理想ほど、方向を誤りやすい。
理想は高く遠くに持つほどよい。

バスケットボールをやっていたとき、敵陣でリバウンドを取ったらまず自陣のゴールを見ろ、
と教わった。そうすれば全体が見える。近くにいる敵を見たり、足元を見てはいけないのである。
194: 09/11/23(Mon) 11:44
実況サーバーを作りたい。
「実況」というのは、主にテレビを見ながら、それについてわいわいがやがや
とりとめもないことを書き散らすことである。

私はあるサイトを利用しているのだが、
これは今や時代遅れの感すらある、「掲示板」システムである。
195: 09/11/23(Mon) 11:52
掲示板というのは、各ユーザがHTTPサーバにPOSTするという、
中央集権システムである。

混雑すればサーバがダウンする。
1秒に100個の書き込みがあるくらいになるとダウンするだろうか。

今は分散の時代である。

私が今考えているのは、書き込み内容を保存せずに
メモリ上に保持するだけにできないか、ということである。

実況というのは、その場限りのものである。
私の利用する掲示板ではログがサーバにも自分のPCにも残るが、
決して見ることはない。

ログを残さなければ、嵐や犯罪行為も比較的少ないはずだ。

クライアントにメッセージを送信できさえすれば、
後はそれを保存するかどうかはクライアント次第である。

サービス提供者としては、複数のメッセージを一時的にまとめて、
ひとつにして各クライアントに返すだけである。

P2P的な感じである。

皆が共有する以上、メモリ上であれ、ごく短時間であれ、
サーバがそれを保持することは必要であろう。
必要か?なくせないか?

なくせるような気がしてならない。
何かいい方法はないか・・・
196: 09/11/23(Mon) 12:04
もうめんどくさいので言ってしまうが、わたしが実況しているのは2ちゃんねるである。
2ちゃんねるはもともとブラウザで書き込むものであったが、
利用者が増えるにつれて、専用ブラウザというものができてきて、
その利用が推奨されるようになった。

2ちゃんねるに書き込み、読む方法は公開されている。
公開といっても、どこかに仕様書などがあるわけではない。(と思う)
が、読み書きをするときにキャプチャをとったりすれば、
誰にでもデータフォーマットや読み書き方法はわかる、という意味での公開である。
197: 09/11/23(Mon) 12:06
ただし、書き込みについてはいわゆる「荒らし」等の対策のため、
クッキーの設定とか、一定時間内の連続投稿を禁じるとか、
書き込みにはユーザーが責任を持つ等の注意書きの確認が必要とか、
いうことがある。また、それでも荒らしをおこなえば「規制」という名の締め出しを食らう。
198: 09/11/23(Mon) 12:07
大規模サイトには荒らし、不正アクセス、犯罪予告、犯罪に利用されるなどの問題がつきまとう。

わたしはそれらも考慮したうえで、2ちゃんねるよりもっと分散的なサービスを考えているのである。
199: 09/11/23(Mon) 12:09
多分、twitterがそれに近いのであろうと思っている。
私はしばらく前にtwitterのことを知ってまず感じたことは「これは2ちゃんの実況みたいなノリだな」ということであった。

私も使ってみたのだが、ユーザー登録をして、今何をしているかという質問に対して「起きた」などと書いて、それで終わってしまった。

その次に、誰かをfollowし、そしてfollowされなければ何もはじまらないのである。
200: 09/11/23(Mon) 12:12
ただ、私はたとえそれが仮名であろうが、ユーザーがある特定の人間であることがわかってしまうシステムはいやだった。
それではSNSとかブログのコメントと同じだからだ。
そう、twitterもSNSの一種とされている。

わたしはSNSの類は一切利用していない。
ブログはいくつか書いているがすべてコメント欄を閉じている。
それでは公開する意味がないではないかと思うかもしれないがそんなことはない。

こんなブログでも、googleでサーチして訪れる人がけっこういるのである。
まったく宣伝などしなくても、1年も書いていれば毎日数十のアクセスが来るようになる。
私にとってはアクセスログの件数とその検索内容だけで、十分な貴重なユーザーの意見となるのである。
^
all | 1-100 101-200 201-300



log