bbz

インターネット

_
previous | next
201: 09/11/23(Mon) 12:16
話がそれた。

2ちゃんねるを皆がブラウザで利用すると、
ページのリロードが発生する。
ひとりが書き込むたびにサーバが表示を更新するのである。
これが非常に高負荷となるらしい。

専用ブラウザであれば、各クライアントとの間でpost getをするだけなので、
通信が発生するのは同じだが、サーバの表示更新は発生せず、
表示処理は各クライアントでおこなうため負荷が軽減されるのである。
202: 09/11/23(Mon) 12:23
ただし、今でも基本はhtmlの掲示板なので、少ないにしてもリロードは発生している。

そこで、完全にhtml表示をなくしてしまえないだろうかというのが
私の考えである。
203: 09/12/27(Sun) 15:31
あまりに誰も彼もがtwitterのことばかり言うので、しばらく前にアカウントだけ作って放置していたのだが、
だれかれ構わずfollowしてみた。
政治家、有名企業の代表、タレントと、どこの誰かもわからない人の何を食べただの何をしたいだの、まったく意味のわからないつぶやきなどが混ざって表示される。
tweenというクライアントソフトをインストールして、それらの発言をタブで分ける。
そうすると2ちゃんねるの板のようになる。
2ちゃんねると違うのは、自分で板を作って人を集めること。
そして、集めた人たちは自分達がどこの板にいるのかを知らないこと。
これは2ちゃんねるよりもカオスな状態だ。
204: 09/12/27(Sun) 15:33
そして、初めて2ちゃんねるをのぞいたときもそうだったのだが、
こういう、誰が誰に言っているのか、本当のことなのかハッタリなのか、本音か弱音かよくわからないような発言の山を見ていると、想像力がかきたてられ、自分がボーっしていることに不安を感じる。
205: 09/12/29(Tue) 00:17
ところで文末になうをつけるのはなんだい?
全部なうじゃないのかい?
「銀座なう」「うなぎなう」「縄をなう」とか言ったらすべるだろうななどと考える・・・
いい年してなにが「なう」だよ!

206: 10/01/24(Sun) 15:06
タグクラウドというものがある。よく使用される語を大きく表示するのである。ブログとか、twitterの発言などに使われている。
私も、自分の掲示板のレス数に応じてスレッド一覧の文字の大きさを変えてみた。どのスレが活発か一目瞭然である。
あと、iPhoneでタッチするときにも便利。

この方法は非常に簡単でいろんな分野に応用がききそうだ。
207: 10/01/24(Sun) 15:17
test
208: 10/01/24(Sun) 15:19
test iphone. iphone. iphone.
209: 10/02/05(Fri) 05:58
var google.language.Languages = {
'AFRIKAANS' : 'af',
'ALBANIAN' : 'sq',
'AMHARIC' : 'am',
'ARABIC' : 'ar',
'ARMENIAN' : 'hy',
'AZERBAIJANI' : 'az',
'BASQUE' : 'eu',
'BELARUSIAN' : 'be',
'BENGALI' : 'bn',
'BIHARI' : 'bh',
'BULGARIAN' : 'bg',
'BURMESE' : 'my',
'CATALAN' : 'ca',
'CHEROKEE' : 'chr',
'CHINESE' : 'zh',
'CHINESE_SIMPLIFIED' : 'zh-CN',
'CHINESE_TRADITIONAL' : 'zh-TW',
'CROATIAN' : 'hr',
'CZECH' : 'cs',
'DANISH' : 'da',
'DHIVEHI' : 'dv',
'DUTCH': 'nl',
'ENGLISH' : 'en',
'ESPERANTO' : 'eo',
'ESTONIAN' : 'et',
'FILIPINO' : 'tl',
'FINNISH' : 'fi',
'FRENCH' : 'fr',
'GALICIAN' : 'gl',
'GEORGIAN' : 'ka',
'GERMAN' : 'de',
'GREEK' : 'el',
'GUARANI' : 'gn',
'GUJARATI' : 'gu',
'HEBREW' : 'iw',
'HINDI' : 'hi',
'HUNGARIAN' : 'hu',
'ICELANDIC' : 'is',
'INDONESIAN' : 'id',
'INUKTITUT' : 'iu',
'ITALIAN' : 'it',
'JAPANESE' : 'ja',
'KANNADA' : 'kn',
'KAZAKH' : 'kk',
'KHMER' : 'km',
'KOREAN' : 'ko',
'KURDISH': 'ku',
'KYRGYZ': 'ky',
'LAOTHIAN': 'lo',
'LATVIAN' : 'lv',
'LITHUANIAN' : 'lt',
'MACEDONIAN' : 'mk',
'MALAY' : 'ms',
'MALAYALAM' : 'ml',
'MALTESE' : 'mt',
'MARATHI' : 'mr',
'MONGOLIAN' : 'mn',
'NEPALI' : 'ne',
'NORWEGIAN' : 'no',
'ORIYA' : 'or',
'PASHTO' : 'ps',
'PERSIAN' : 'fa',
'POLISH' : 'pl',
'PORTUGUESE' : 'pt-PT',
'PUNJABI' : 'pa',
'ROMANIAN' : 'ro',
'RUSSIAN' : 'ru',
'SANSKRIT' : 'sa',
'SERBIAN' : 'sr',
'SINDHI' : 'sd',
'SINHALESE' : 'si',
'SLOVAK' : 'sk',
'SLOVENIAN' : 'sl',
'SPANISH' : 'es',
'SWAHILI' : 'sw',
'SWEDISH' : 'sv',
'TAJIK' : 'tg',
'TAMIL' : 'ta',
'TAGALOG' : 'tl',
'TELUGU' : 'te',
'THAI' : 'th',
'TIBETAN' : 'bo',
'TURKISH' : 'tr',
'UKRAINIAN' : 'uk',
'URDU' : 'ur',
'UZBEK' : 'uz',
'UIGHUR' : 'ug',
'VIETNAMESE' : 'vi',
'UNKNOWN' : ''
};
210: 10/02/05(Fri) 06:00
'ARABIC' : 'ar',
'CHINESE' : 'zh',
'CHINESE_SIMPLIFIED' : 'zh-CN',
'CHINESE_TRADITIONAL' : 'zh-TW',
'DUTCH': 'nl',
'ENGLISH' : 'en',
'FRENCH' : 'fr',
'GERMAN' : 'de',
'GREEK' : 'el',
'HEBREW' : 'iw',
'HINDI' : 'hi',
'ITALIAN' : 'it',
'JAPANESE' : 'ja',
'KOREAN' : 'ko',
'PORTUGUESE' : 'pt-PT',
'RUSSIAN' : 'ru',
'SANSKRIT' : 'sa',
'SPANISH' : 'es',
'THAI' : 'th',
211: 10/02/05(Fri) 08:07
googleのサンプルから、一部の言語だけを選び、翻訳元の言語はコードをタイプして指定し、
ボタンを押すと翻訳するようにした。
翻訳結果がどんどん追加されてしまうのは後で直す。
これで世界各国のtweetを翻訳してみたが、どこの国も似たような事話してるね。
ネクサスワンがどうした、リアディゾンがどうした、寒いね、何を食べておいしかった、とか。
212: 10/02/05(Fri) 08:09
java scriptが、しばらく見ないうちに大変なことになっていた。
これプラス、ajaxだのgoogle apiだのによって、かなりおもしろいことができるようになっている。
Fri Nov 11 03:26:22 2011
このページでは、書き込みしたときにuser agentのホスト名をチェックしている。
私が利用しているプロバイダのホストでないと書き込みができない。

こうしたのは、ときどき無意味な文字列が書き込まれる「荒らし」を経験したからだ。
だがその嵐はおそらくそんなに強い悪意のあるものではなく、遊び半分のようなものだと思われる。
たぶん自分が荒らしているサイトが誰なのかも、もしかしたら荒らしていること自体知らないかもしれない。
whoisで調べるとアクセス元は海外である。踏み台にしているだけかもしれないが。

たとえこれが私を知っている者あるいは私が書いたことに憤りを覚えたものが嫌がらせでやっていることであっても、
このページの内容が消えてしまうとか、運用不能になりさせしなければいい。

ただ、このページは実験場でもあって、本当は荒らしなどできないようなものにしたいとは思っている。

213: Fri Nov 11 03:34:08 2011
でも、荒らし対策によってサービスそのものが不便になることだけは避けたい。

普通は、この手のものは書き込みするものはアカウントとパスワードを入力して認証させる。
さらに、CAPTCHAとかいうものを使うのも当たり前になっている。
多分、サービスとして公開するにはそれらのことは必須だろう。

だが、私はそれがすごくわずらわしく感じている。
いったいいくつのアカウントとパスワードを私は持っているのだろう?

誰だって、全部同じにしてしまおうと思うだろう。
214: Fri Nov 11 03:35:43 2011
このページでは、荒らしもさっき言った程度しかないし、プライバシーに関わるような情報もないのでログインすらしなくても書けるようにしている。

実は、どこかの誰かに書き込みをしてもらいたいとさえ思っているくらいである。
^
previous | next



log